トップページ > かみあわせのブログ > 手を抜くほうが疲れる

手を抜くほうが疲れる

平成25年12月16日

「ごみをまたいで歩く」

こんな光景を見かける事があります。

きづかないのか、きづかぬふりをしているのか。。。

きづかないのであれば、その方の「物の見方」に疑問が残る。

きづかぬふりをしているならば、その方の「心の在り方」に疑問が残る。

いずれにせよ残念なことです。

『手を抜くほうが疲れる』 木村拓哉さんの言葉です。

要らぬ考えを巡らせる程、心が疲労する事はありません。

面倒くさがり、自分のもっている力を出し惜しみする心。これはとても心が疲労する考え方です。

自分の力は、消費すればするほど、空っぽになり、さらにチャージできるエネルギーは多くなるものです。疲れたなら休めばいい。

宮﨑歯科医院では、 「ごみをまたぐ」ような診療は致しません。

CT口腔内写真を用いて診査を行い、そのままを患者さまに伝えます。

時には見たくないご自身の現状も御有りでしょう。
現状をご理解頂き、共にゴールを目指しましょう。

まずは ちいさな一歩。そこからです。