トップページ > カテゴリー 'インプラントのブログ'

インプラントのブログ

インプラント ブリッジ 虎ノ門内幸町新橋霞ヶ関 歯科歯医者



お仕事がお忙しく、歯の治療は後々になってしまい、当院を受診された患者さま。
下、奥歯のインプラントブリッジ治療が終わりました。

「奥歯で噛めるのは久しぶりだよ(^^)」笑顔でお帰りになりました。

2本のインプラントフィクスチャーを埋入設置して、インプラントでブリッジを製作しました。実際は3本の歯を失っている症例ですが、このようなブリッジも可能です。

入れ歯は残っている歯に「引っ掛けて」歯を補う治療。
ブリッジは残っている歯を「削ってかぶせる」治療。
いずれも「残っている歯に負担を強いる治療」です。

「噛める」ことは、美味しい食事ができるということ。
硬いものが噛めるということ。硬い「タンパク質」を摂取することが出来るということ。つまりは「全身の健康に寄与」するということです。

右の図は、「欠損ドミノ」。
1つの歯を失うことで、ドミノ倒しのように残りの歯を失い、それに伴い、成人病である「高血圧」「心疾患」「糖尿病」「ガン」などへとつながっていく。まさにドミノ倒しのように歯の欠損が全身へと広がることをあらわしているのです。

1つ1つの歯には役割があります。1つ1つの歯を大切に。早期に徹底して治療に臨み、一生に一度の治療、やり直しのない歯科治療。当院の目標です。





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 



インプラント 内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者



〇 痛みがない(無痛麻酔・無痛手術)
〇 治療時間は30分ほど
〇 腫れない 手術後も痛くない


抜歯と同時にインプラントを埋入設置する手術を抜歯即時インプラント手術といいます。

従来の方法より、様々な面で早い治療法。抜歯即時インプラント手術
・ 手術回数が少なく
・ 痛みが少なく
・ 期間が半年から1年少ない

当院では徹底した根管治療で歯を残しますが、それでもダメならば無痛インプラント手術に移行します。当院が進めるエンドインプラントロジーは世界のスタンダードです。。

ブリッジや入れ歯は、残っている歯を削り、引っ掛ける負担のかかる治療法であるのに対して、インプラント治療は残っている歯を助ける治療法です。

お困りの際はご相談ください。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


インプラント メタルトライ 内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者

インプラント治療、わからないことばかりですよね!

インプラント治療に関わらず、歯医者さんでの治療は何をしているのかわからない。患者さまも不安でならないでしょう。私は親が歯医者ではありません、そのため患者さま視線での見方ができるようです。「歯医者では毎回何をしているんだろう?」そんな疑問がありました。

疑問は不安に変わり、不安では信頼したいけど、できません。
そのため、宮崎歯科医院では、術前、術中、術後を静止画や動画で記録をして患者さまに治療後におみせするようにしています!

これまで見えなかった治療が見えることで、不安も解消され、明るい笑顔でお帰りになる方が多いのも当院の特徴かもしれません。

天然歯を削ってかぶせたりした場合、30ミクロンほどの余裕がありますが、インプラントは骨に埋め込む治療のため、その余裕がありません。そのため、通常の歯科治療以上に「精度にこだわる!」必要があるのです!

動画は下顎の奥歯に入れたインプラントフィクスチャーを「歯根」とし、それに差し込む上部構造(人工の歯)を試適して、その精度やかみあわせを確認している作業です。これをメタルトライといいます。

精度にこだわり、やり直しのない歯科治療を目指す!当院の目標です!





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 


歯を抜いたらどうする?どうなる?インプラント?



歯を抜いたら「ブリッジ」、歯を抜いたら「入れ歯」が簡単で安い治療、、、と思っていませんか?

保険治療でブリッジができるんだから、それでいいじゃん!なんて本気で思っていませんか???

抜いたままでいいじゃん!なんて思っていませんか?

確かに、保険治療でブリッジでも比較的問題ない「だろう」症例もあります。インプラント治療はしてはいけない症例もあります。インプラント治療がすべてではないのです!

お迷いの際は、当院までご来院ください、わかりやすくアドバイスさせて頂きます。

「身体に異物を埋め込むなんて、、、」とお考えの方も多い。確かに、一度埋め込んだら取るのは難しい。だからこそ、信頼できる歯医者さん、インプラント症例数の多い歯医者さんでインプラント治療はした方がいいでしょう!

ブリッジは、抜いた歯の両隣の歯を削り、つなげて負担をかける治療法です。
入れ歯は、残っている歯にワイヤーを引っ掛けて負担をかける治療法です。

昔はそれしかありませんでした。いまは違います。

インプラント治療は、抜いた歯をを人工歯根で再生し、残っている歯を助ける治療法です。

わかります!インプラント治療は、「
残っている歯を助けてくれるメリットの大きい治療法」であることから、費用負担は大きいのが決断を鈍らせるかもしれません。

しかし、当院では簡単には歯を抜きません!

徹底した根管治療を行い歯を残します(当院の根管治療については症例報告を、ブログをぜひご一読ください!)。簡単に抜いてはいけません!

徹底した根管治療をしてもダメな場合もあります。その時は、症例数の多い信頼できる歯医者さんでインプラント治療をしたいですね!

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯を抜いた後の治療

歯は抜いてはいけません、簡単に抜いてはいけません!
治療後に多少違和感が残ったとしても、やはり抜かない方がいい。
当院ではできる限り歯を抜かない治療を行います。

しかし、むし歯・歯周病は「唾液中に存在する細菌バクテリアの感染症」です。
無理して歯を抜かずに残すことで、感染が拡がり、悪い歯だけでなく、その周りの歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、となりの歯にまで感染が拡大してしまうことがある、、、。こんなときは、無理して残してはいけないのです。

私も奥歯をひとつ失った経緯があります。
30年以上も前に根管治療を施した奥歯。腫れを繰り返していたので信頼できる歯医者さんに診てもらいました。結果は「歯根破折」。右上の写真のように、歯根が折れてしまい、周囲の歯槽骨を無くしていました。あまり痛みはなかったのですが、さすがに周囲の歯槽骨をこれ以上失ってはいけない!早々に抜歯してもらいました。

このような症例では「抜歯」が最適な治療法となるのです。

抜歯後の治療法には、ブリッジ、入れ歯、移植、インプラントの治療法があります。

治療法選択でとても大切なことは、「残っている歯にこれ以上負担をかけない治療法を選択すること!」です。

そもそも抜歯に至った歯は、「これまで一生懸命頑張って働いてくれていた歯」つまり「負担がかかっていた歯」です。その歯がなくなってしまったのだから、抜歯後は、残っている歯に負担がかかることになります。

負担がかかっているのに、更に歯を削ってつなげてかぶせる「ブリッジ」。残っている歯に引っ掛ける「入れ歯」。治療法としていいわけがありません。治療しているはずが、残っている健康な歯に負担を強いているのです。

失ったのならば、もう1度、歯を補ってあげる。「削ったり、つなげたり、ひっかけて」残っている歯に頼るのではなく、「足してあげる」。この考え方にはインプラント治療が最適です。世界ではスタンダードな考え方、日本でも当院でも当たり前の考え方になってきました。

当院では徹底した歯周病治療と根管治療で歯を残しますが、それも叶わない時もあります。本日だけでもインプラント4症例。

そのうちの1症例、本日はインプラント上部構造の装着、治療の終了日でした。右写真は2本奥歯を抜歯した症例です。

本症例では、親知らずが残っていたので「長いブリッジ」を装着することはできましたが、それでは「長く持ちません」。負担がかかってダメになって抜歯したのだから、4本分を2本で支えるブリッジが持つわけがありません。また、1度治したら、何度も再治療したくないですよね?私は絶対にしたくない。ならばインプラントです。



上CT画像の患者さまは「根管治療」で当院を受診されました。ややチャレンジングな患歯ではありましたが、何とか残すべく全力で根管治療を行い、症状は緩解しました。その後、歯に負担の少ないファイバーコアを装着し仮歯を装着、しばらく経過を観察し、本当に咀嚼や嚥下などの機能に耐えうるか?を診ました。しかししばらくすると歯ぐきが腫れてきました。残っている歯の厚みも非常に薄かったことから「歯根が破折」したのでしょう。患者さまに説明させて頂き、抜歯即時インプラント手術となりました。

やるべきことをしてダメならば、適切な事後処置を施すことが、問題の更なる拡大を防止します。いま、徹底した治療を施すことが、次へとつながります。

いま米国の根管治療専門医機関では、「インプラント」をその教育に取り入れるようになりました。インプラントと根管治療は対峙する治療法。インプラントは歯を抜歯した後の治療法、根管治療は歯を抜かないように残す治療法です。その抜かないようにする治療法である根管治療の専門医が「インプラント」を学びはじめています。それは、徹底した根管治療を行い、徹底した歯根端切除術を行っても「残せない、抜歯せざる得ない歯」があることを意味しており、そのような症例では、さらなる炎症拡大による「歯槽骨の喪失(とけてなくなる」を予防し、早々に機能回復をするために、インプラントが必要であることを意味しています。

当院ではこの考え方、つまり「エンドインプラントロジー」の考え方を基軸に日々の臨床に取り組んでいます。

抜歯はしたくない。私もしたくない。
だから徹底した根管治療を行う、そのためには適切なコンセプトと道具立てが不可欠。マイクロスコープやラバーダム、CTなどがそれでしょう!
それでもだめならば、早々にインプラント治療を!
この判断を早期に適切に行えるよう日々精進しております。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


根管治療後に抜歯してインプラント



根尖病変と歯ぐきの腫れを主訴として拝見した患者さま。

歯ぐきの腫れの原因は根尖病変根管充填材も歯根先端より飛び出てしまっており、それが感染源となり周囲の歯槽骨を溶かしていました。

このような症例では腫れ以外、あまり痛みを伴いません。患者さまにご説明し、消炎処置前提の根管治療を行いましたが症状は緩解しなかったため、抜歯のご説明をさせていただきました。

適切な根管治療を行っても、治らない歯もあります。
そうような時は、さらなる炎症拡大を防ぐためにも「抜歯」が最適な治療法となります。

本症例では、病変も大きかったため、歯根端切除術の適応外でした。そのため、
抜歯と同時にソケットプリザベーションを行い経過を観察しました。後に患者さまよりインプラント治療のご希望をいただき、手術をおこない、本日上部構造をセットしました。当院では上部構造は原則スクリューリテイン方式


本症例のように、まずは根管治療を行い、歯を抜かないようにする。その後症状が改善しない場合は歯根端切除術を行い、さらに歯を抜かないようにしつつ、周囲歯槽骨を無くさないようにする。それでもダメならば、ソケットプリザベーションor抜歯即時埋入インプラント手術に移行する。

当院では、根管治療にだけ頼るのではなく、その後を見据えた治療が必要であると考えています。それにはエンド―インプラントロジーの考え方が必要です。徹底した根管治療(エンド)で残せなかった場合は、すみやかにインプラントできるような環境づくりを口腔内につくっておく、これがとても大切です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


インプラント 安全性

左下奥歯に長らく入れ歯を使用されていた患者さま。インプラント治療をご決断され、本日その治療が終了となりました。

2本のインプラントを埋入し、上部構造はハイブリッドセラミックスを使用。スクリューリテイン方式の上部構造としました。

当院では多くの症例を施術しておりますが、上手くいかなかった症例は1例のみ。100パーセント近い成功率です

術前のCTによる精査と問診。かみあわせに配慮した上部構造の製作により、失敗するのが難しいほどです。

手術時間も短時間で来院回数も少ないインプラント治療。残っている歯に負担をかけるブリッジや入れ歯に比べ、残っている歯を助けるインプラント治療は、スタンダード治療です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 



インプラント 虎ノ門 霞ヶ関 内幸町 新橋



左下奥歯のインプラント治療の症例。インプラント手術後、3か月後に型どりします。通常、次回にはインプラントの上部構造、つまり人工の歯が入りますが、当院では「+1ステップ」あります。写真はその時の写真、「メタルトライ」といいます

かたどりして精密のそのかみあわせを採得して模型上に口内を精密に再現します。その精度にはミクロン単位が必要です。
天然歯の周囲には「歯根膜」という感覚受容器があるため、30ミクロンほどの「遊び」が存在します。しかし、インプラントは「骨」に直接結合しているため、その遊びがありません。

メタルトライでは、以下の点をチェックし補正します。
・シリコン印象(かたどり)の誤差
・模型材の硬化時に生じる寸法誤差
・かみあわせの誤差
・型どり時の下顎骨の変形誤差
こういった多くの誤差を残したまま上部構造を製作すると、骨内に埋め込んだインプラントフィクスチャーにひずみを加えるだけでなく、かみあわせにも問題を残してしまいます。天然歯以上にインプラント上部構造ではその「ミクロン精度」が問われるのです。

専門的な内容かもしれませんが、当院では治療のひとつひとつのステップを確実に診療を進めます。やり直しのない徹底した治療、当院の目標です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


 

 

歯が折れた 抜歯 その後どうする?



上顎の奥歯(6番目、第1大臼歯)の根管治療をすべく、銀合金のかぶせもの(インレー)を外しました。この歯の歯根は3つ。その中に根管(神経)は3つ~4つです。術前のレントゲンからも根尖病変の大きさは認められました。実際外してみた状態が下の写真です。



術前の歯周病の検査にて、その病変の大きさは推測しておりましたが、内側の歯根が割れてしまっていました。そこから感染が拡がり、周囲の歯槽骨を大きく溶かしていました。患者様に提案し、CTを撮影。その根尖病変の大きさを把握した上で、今後どのように治療計画をたてて進めていくかを話しあいました。

① 抜歯 ブリッジ
② 抜歯 メリーランドブリッジ
③ 一部抜歯 連結ブリッジ(ルートアンプテーション)
④ 抜歯 その後ソケットリフトあるいはサイナスリフトしてインプラント
入れ歯(スマイルデンチャー)


治療計画は多岐にわたります。それによって、次なる「適切な」治療法は異なります。
患者様のご希望に沿った治療法を、患者様と共に悩み、選択します。

歯医者が提案する治療法が、患者様にとって必ずしも「最高」とはなりません。
最高でなくても、最善となる治療を!当院の目標です!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。




インプラント 虎ノ門霞ヶ関新橋



数年前より当院を受診して頂いている患者様の1症例。

左下の奥歯(上レントゲン写真の黄色矢印)を失いそのままとしていた患者様。もともと噛む力がとても強い骨格をされていることもあり、負担のかかる歯の「やり直し治療」を繰り返されていました(上写真赤矢印)。

上レントゲン写真を診て頂くとわかる通り、奥歯しか治療されていません(レントゲン上に白く写ったかぶせもの)。もし、むし歯になり易い方ならば、唾液中にむし歯の菌が多いため、全部の歯に処置した跡があるはずです。つまり、この患者様が治療に至る原因は「かみあわせ」。強い咬合力を持つがゆえに、歯が欠けて治療に至るというのがこの患者様の病因なのです。

右上写真は1年前と来院時のレントゲン写真の比較です。赤矢印の歯根が折れているのがわかります。すべての患者様で言えることではありませんが、噛む力の強い方は、抜いたまま歯を放置することで、残っている歯に負担がかかり、このような結果を招くことが多い実感があります。残った歯の負担を軽減するインプラント治療は歯に優しい治療といえます。


折れた歯を抜歯後に患者さまのご希望もあり、インプラント治療をすることとなりました。抜歯後3カ月に行いました。抜歯の際に歯槽骨を失わないようにソケットプリザベーションを行ったことで、歯槽骨は再生されていました。写真は術後のCT画像です。術前のCTシミュレーション通りの結果が得られています。
今後は2~3カ月後に2次オペを行い、3~4か月後には治療を終了する予定です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。