トップページ > カテゴリー 'インプラントのブログ'

インプラントのブログ

インプラント 安全 保険?東京都内歯医者



みんな誰しも痛みは苦手だし、避けたいものですね。歯医者なんてできれば行きたくないと思うのが普通です(笑)。

本日は、「痛いことがとてもとても苦手」な患者さまのインプラント手術でした。
奥歯2本の同時手術。当院では無痛麻酔、無痛手術ですが、とても敏感な患者さま。こちらも少々緊張してしまいました(笑)。

術前にサージカルガイドを製作し、インプラントシミュレーションをした上での安全確実なるインプラント手術。時間は30分程、手際よく終わりました。

緊張すると麻酔が覚めるも速い!手術終了近くで「すこしジワーっと痛んできました」との患者さまのお言葉に、追加の麻酔と痛みの出ないような一工夫。

インプラント手術は「保険適用外治療」ですが、残った歯に負担をかけない優しい治療です。第2の永久歯と言われるインプラント。当院では無痛麻酔、無痛手術を目指し手術を行っています。ご質問などございますときはお気軽にスタッフまでお問い合わせください!


インプラント手術 無痛 東京都内歯医者虎ノ門神谷町



インプラントは2回の手術が必要です。
1回目は骨にインプラントを埋入します。骨にインプラントが結合するのを数カ月待ってから、2回目の手術を行います。(詳細は左ボタンをクリック、ご参照ください)

上記写真は先週末金曜日の2症例。右下奥歯に1本と左下奥歯に2本の2名の患者さまでした。2回目のオペ(手術)は30分程です。痛みもなく、あと少しでインプラント治療の終了です。
患者さまにとって、インプラント治療はわからないことがばかりのようです。残った歯に負担をかけない(削ったり、ひっかけたりしない)、歯に優しいインプラント治療。お困りの際は、またはご質問などございますときはお気軽にご相談ください。







 

 

 

 

インプラント 歯が折れる 東京都内歯医者神谷町虎ノ門



お友達のご紹介で来院された患者さま。拝見すると歯は折れてしまっていました。折れた歯は抜歯し、6カ月ほど経過を見た後に、インプラントの通常埋入手術を行いました。

(抜歯と同時にインプラントを埋入設置する「抜歯即時インプラント手術」についてはこちらをご参照ください)

本症例では、周囲歯槽骨にダメージがあったため、骨の治る期間を十分に置きましたが、条件が揃えば、「抜歯即時インプラント手術」も可能です。

抜歯後の治癒期間を利用して、他の歯の治療を行います。

上写真は、インプラント治療が終了した口内写真です。インプラントの上部構造は修理やメンテナンスのしやすいスクリューリテイン方式としています。
(インプラント上部構造についてはこちらをご参照ください)

当院では、徹底した治療を行います。「やり直しの治療」は患者さまも、施術する歯科医師にとっても、そして「歯」にとって、とても負担のかかることです。治療は1度で終わりにしましょう。そのためにはそれ相応の通院期間と時間が必要になるかもしれません。しかし、それも1度であれば頑張れるのではないでしょうか。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


サイナスリフト インプラント 同時埋入手術 東京都内神谷町虎ノ門歯医者歯科



上顎3本ブリッジの奥の歯(赤矢印)が歯根破折(折れて)しまい抜歯となりました。このような症例の場合、その後治療の選択肢としては「入れ歯」か「インプラント」となります。ただしインプラントにはインプラントフィクスチャーを設置するための「骨の厚み」が必要です。しかし本症例ではその厚みがありません。そのため青矢印部の骨の厚みをつくるための骨造成手術「サイナスリフト」+同時にインプラントを埋入する手術を行うこととなりました。


当院のインプラント手術は、無痛麻酔、無痛手術です。

上顎臼歯部のインプラント手術では、その上にある「副鼻腔(上顎洞)」へインプラントフィクスチャーが突き抜けてしまうことは避けなくてはなりません。

上顎洞粘膜を手術により剥離挙上した上で、骨補填材を填入し(上写真 青印記部)、スペースを確保した上でインプラントフィクスチャーを安全確実に埋入します。

上顎洞粘膜を安全確実に剥離するためにはピエゾサージェリーという器具が不可欠。当院ではこのピエゾサージェリー機器をを使用して手術に臨みます。

本症例では青矢印部の残存歯槽骨厚みが4mmほど。サイナスリフトと同時の埋入可能な症例です。同時に行うことで、手術回数を少なく治療期間を半年から1年短縮することが可能となります。

手術を受けられた患者さまの術後の痛みはなく、経過は良好です。
安全確実なるインプラント治療が当院の目標です。




インプラント トラブル 失敗 東京都内歯医者



当院でのインプラント治療後、メンテナンスの途絶えてしまっていた患者さまの症例。
インプラントが動揺(グラグラ)したため近医を受診したところ、「インプラントを施術した歯科医院でのチェックしてもらってくださいね!」と当院へのチェックをススメていただき、久々受診されました。

拝見すると、奥歯に埋入したインプラントが2つともグラグラと揺れていました。インプラントの上部構造(人工の歯)には2種類ありますが、当院で施術した2つのインプラントは、2つともスクリューリテイン方式の上部構造でした。

1つはそのスクリューが弛んでいたたででしたので、その再装着。



もう一つは歯槽骨内に埋入したインプラントフィクスチャー自体が動いてしまっている状態。しっかりと嵌合している上部構造をマイクロスコープを用いて外し、ヒーリングキャップに置き換え、咬合力(噛む力)がかからないようにしていったん様子を診ることとしました。

口内の清掃状態はやや不良でしたが、原因は「かみあわせ」。全体の歯がすりへり、奥歯のインプラントに過剰な力がかかってしまっていたようです。

当院での多数のインプラント治療症例において失敗といえる症例は1例。しかしこの症例においては術前にチャレンジングであることをご説明させて頂いた上での1症例でした。ほか症例においては何事もなく経過しているようです。

また当院におけるインプラントトラブル症例(術後に外れる、折れるなどのトラブルがあった症例)は、3症例。1症例はアバットメントの破折。2症例が「かみあわせ(歯ぎしり)+メンテナンス途絶える」を原因としたフィクスチャーのロスト(インプラントフィクスチャーと歯槽骨の結合を失った状態)。


数百症例を重ねている当院のインプラント症例における失敗率は非常に少ないもののようですが、メンテナンス、その中でも「かみあわせ」の調整は非常に大切です。

口内の病気は、むし歯・歯周病・かみあわせ。そのどれもが「メンテナンス」がとてもとても大切です。

 

 

インプラントとかみあわせ



最近は求めもあり「根管治療」に関するブログが多くなっていますが、本日は、左上前歯に抜歯即時埋入インプラント手術のブログです。

折れてしまった歯を抜歯すると同時にインプラントを埋入し、仮歯まで装着。手術回数を減らし、手術期間を大幅に短縮できるなど多くの利点をもつ術式です。

精密に根管治療しても良好な結果が得られず、歯根端切除へ移行することで、周囲歯槽骨が無くなってしまうことを予防しますが、それでも治癒しないケースもあります。そのような時は「残っている歯に負担をかけない治療、インプラント治療」の出番です。

本症例の上顎左側側切歯の歯根破折の原因は、根管治療の問題ではなく、「かみあわせ」。かみあわせ治療は本当に難しい。

当院では「かみあわせ」の治療を軸に、マイクロスコープ根管治療、歯周外科治療、そしてインプラント治療で歯を残します。徹底した治療、これが当院の治療です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


インプラント 不安 手術時間 東京都内歯医者 神谷町虎ノ門



インプラント治療に強い不安を感じていらっしゃった患者さまの症例。下顎第1大臼歯の抜歯即時インプラント手術。治療不可能な歯を抜歯すると同時にインプラントを埋入する手術を抜歯即時インプラント手術といいます。

この手術には多くの利点があります。
・手術回数が少なくなる!
・治療期間が大幅に短縮する!
・痛みが少ない!
・ドリリングしない!

手術は20分程度。
一般的歯科治療に格段に治療時間が少ない。術後の痛みもなく、患者さまは驚いていらっしゃると同時に、「もっと早くやっておけば良かった!」とのご感想。

歯を抜いたら、「入れ歯」「ブリッジ」治療があります。
「入れ歯」は残っている歯に「ひっかける」治療。
「ブリッジ」は残っている歯を「削る」治療。1.5倍の負担となる。
いずれも大切な残っている歯に負担をかける治療なのです。

インプラント治療は現代ではスタンダードな治療、特別な治療ではありません。
徹底した根管治療で歯を残す、治る見込みのない歯は周囲の骨を溶かします、骨が溶けるとインプラント治療を難しくするのです。

本症例のように、問題は早期発見早期解決がいいですね!





インプラント サージカルガイド 無痛



左下の歯を3本失い当院へご相談。

レントゲン写真、CT検査で今後をシミュレーションして患者さまへご説明させていただきました。

第1選択 インプラント治療
1) 3歯インプラント(5,6,7)
2) 2歯インプラントブリッジ(⑤6⑦)3) 2歯インプラント(⑤⑥連結)

第2選択 バルプラスト義歯
反対側(右側に維持装置必要、そのためリンガルプレートとなる)

治療法は様々ですが、基本的な考え方は、
「残っている歯にこれ以上負担をかけない」こと。

削ったりかぶせたりするブリッジや、引っ掛けたりする入れ歯では、さらなる負担を残っている歯に負担をかけ、さらに抜歯せざる得ない歯を未来に残してしまいます。

インプラント治療を行う前に、当院ではこのような治療計画を立案し、患者さまと相談します。基本的考え方は世界のスタンダード「削らない、つなげない、ひっかけない」

本症例は2本のインプラントを埋入しインプラントでブリッジを製作します。
手術時間は無痛麻酔から縫合まで30分程。
もちろんサージカルガイドを使用します、安心確実無痛手術。

「結構時間かかりましたね!」手術後の患者さまからのお言葉。
「2本のインプラント手術、まあまあ早い時間なんですよ(笑)」

大きなお口をあいていただいたのでご負担が大きかったかな(笑)
まだまだ精進が必要です!






 

痛くない インプラント 東京都内歯医者 神谷町虎ノ門

そもそもは再根管治療で当院を受診された患者さまのインプラント手術。

だれでも痛みは怖いものです。他院の根管治療がうまくいかず当院を受診され、再根管治療を行いました。歯医者さんへの不信感もあり、信頼して頂くためにはまず結果をださねば!とのことで、再根管治療。痛みもなくなり、前から気になっていた右下大臼歯の歯のないところの治療をどうするか?となりました。
「痛くないですよね!?大丈夫ですよね!?」
「大丈夫、痛くないです。手術も痛くないし、手術後も痛くありませんよ!」

そして手術。インプラント手術は20分程で終了。患者さまもびっくり(笑)。
「もっと早くやっておけば良かった(笑)(^^♪」
とのことでした。



写真は術後のCT確認画像。問題なしです。
インプラントに関わる失敗の話を患者さまから耳にします。
当院ではそのようなことはありません。
難しい症例があることも事実ですが、あらかじめの問診とCTシミュレーション、かみあわせの検査にて判別できるものです。
お困りの際はぜひお声がけ下さい!

 

 

入れ歯からインプラント 東京都内歯医者 神谷町虎ノ門



当院
に長くご通院いただいている患者さま。左下が入れ歯になって、もう10年経ったでしょうか。その間、定期検診で永くお付き合いを頂いていた患者さまから入れ歯をインプラントにしたいとのご希望をいただき、インプラント治療をすることとなりました。写真は術前のレントゲン写真と術後のCT確認画像です。

歯を失った後の治療として、ブリッジ・入れ歯・インプラント治療がありますが、本症例ではブリッジができません。このような場合は入れ歯かインプラントとなります。入れ歯は残った歯に引っ掛けて装着します。そのため引っ掛けられた歯には2倍3倍の負担がかかります。本症例では引っ掛ける歯をつなげることでその負担を軽減させていました。

インプラント治療は30分ほどで終了です。今後は入れ歯の違和感なく御食事が楽しめそうです!