トップページ > カテゴリー 'かみあわせのブログ'

かみあわせのブログ

インプラント 歯周病 前歯



歯科の疾患は大きく分けて3つ。
『 むし歯、歯周病かみあわせ。』

むし歯と歯周病は唾液中に存在する「細菌の感染症」、よって唾液中に細菌を多く持つか否かでリスクは変わります。
かみあわせ」と一言でいってしまうのは簡単ですが、その内容は多岐にわたります。歯列だけでなく、姿勢や呼吸・生活習慣
・骨格・自律神経系などなどなどのバランスが密に関連します。

この3種が絡み合い、症状を発症し、歯医者さんへと足を運ぶこととなるのです。

さて、この患者さま。右上側切歯を他院にて治療するも、抜歯してブリッジをした方がいいとアドバイスを頂いたとのこと。しかし、両隣の歯の神経を取った上でブリッジ?とのこと。これ以上、歯を削りたくない、神経もとりたくないとのことから、ご紹介にて当院を受診されました。

この患者様、むし歯のリスクは少ないものの、「歯周病とかみあわせ」のリスクは過大。下顎頭や筋突起、ゴニアルアングル、骨質、口内所見からもそれは明らか。歯周ポケットの数値はいずれも5mm以上、中等度以上進行した歯周病症例です。弱い歯茎に絶大なる咬合力(噛む力)では、歯を失います。

患者さまが感じた「ブリッジはしたくない」には科学的根拠があるのです。

3本分を2本で支えるブリッジは、1.5倍の力と支える歯に負担させることとなります。過大な力と歯周病で歯を失っているのに、さらに負担をかけては治るものも治らないでしょう。

当院にてCTを撮影し、インプラントに必要な「歯槽骨」があるかどうかを歯科用CTでチェックします。当院にはCTが常設したるため、すぐにチェックすることができるため、大変重宝しています。



CTには各種インプラントのサイズが登録されています。歯槽骨の幅、厚みに最適なインプラントを選択し、CT画像上でインプラントの埋入設置シミュレーションが可能です。安心確実なインプラント治療には、CTの撮影とともに、CTが常設されているか否か?が歯科医院選びの基準といえるでしょう。

審美領域にかかわる前歯のインプラント治療。本症例では、歯周外科処置を含めて抜歯即時インプラント手術を行う予定です。その後は結合組織移植術などの失った歯肉の回復処置も行います。ただ、その前に、徹底した口内の清掃、その後、徹底した歯周外科手術も必要ですね。

当院では、徹底した治療を行います。お困りの際はご来院ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


顎関節症 かみあわせ マウスピース



かみあわせ顎関節症の治療やかみしめ、歯ぎしり、くいしばりの予防に、マウスピースを使用します。

マウスピースにも様々な種類があります。当院では症例に応じて処方を変えています。

右写真の①バイトプレーンスプリント④のナイトガードには「調整」が必要です。ただ入れておけばいいというわけではありません。

上写真のナイトガードは当院歯科衛生士が調整させていただきました。
私が言うのもなんですが、すばらしい調整です。患者さまの骨格、かみあわせを理解した上で、その不足分を補うようなマウスピースの調整。流石、「力のコーディネーター資格」をもつ歯科衛生士ですね。

当院ではかみあわせを診査・調整できる歯科衛生士が定期検診にて精査します。
安心ですね!



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

かみあわせ

みあわせ(咬合、噛み合わせ、顎関節症)の治療には様々な方法があります。

かみあわせでご苦労を重ねている患者さまはよくご存じでしょう。治療の効果がなく転院し、転院先の先生からは前医と違う説明を受けることが多々あるのではないでしょうか。

「〇〇という治療法でかみあわせ治療に効果を上げています!」という文句をネット上でもよく目にします。本当にそうでしょうか

かみあわせの不具合から、歯が痛い、顎関節症(口が開かない、顎がなる、痛い)、頭頸部領域の違和感(肩がこる、首が痛い)、頭痛めまい、舌が痛い、顔が痛い・・・症状は様々です。我々歯科医師は、この不具合に対して、主に「歯冠形態を変える」ことで治療しようとします。

こういったかみあわせの不具合の原因は、歯だけでなく、自律神経系の不調和から生ずるかみしめ・くいしばり、頭蓋・上顎・下顎の3次元的位置関係、舌位、姿勢など、多岐にわたります。生活環境や生活習慣も人それぞれです。歯に対する負担も人それぞれでしょう。

そのため、かみあわせの治療では、「すべての患者さまに効果がある優れた一法」はありえません。

綿密なる診査、患者さまとのコミュニケーションを通じて仮診断を下して治療に臨む。そう簡単には効果はでないでしょう。また患者さまと相談して診査、仮診断、治療。この繰り返しで着地点を見いだすことが、かみあわせ治療には必要のようです。

いうなれば、患者さまは「大地」、歯は「家」。
地震が多発する「大地」もあれば、地盤のゆるい「大地」、しっかりとした「大地」、傾斜した「大地」 様々な「大地」があります。当然、そこに建てる問題の起きづらい「理想的な家の形態」はそれぞれ異なるのではないでしょうか?

咀嚼運動は、脳幹のパターンジェネレーターでもとより決定されています。末端の歯の形態を変えたところで、そう簡単には脳は変化しないのです。脳は変化を拒絶することで、外的要因からの侵襲に対抗する器官なのです。

脳に気づかれないように、患者さまの生活習慣や価値観を考慮しつつ、それぞれの「大地(患者さまのお身体)」に合った「家(歯)」を建てる、つまり噛み合わせをつくることが、かみあわせ治療には必要です。

当院ではかみあわせの治療の際、徹底した診査とコミュニケーションをお願いしております。ときおり、「〇〇治療はしていますか?それをしてください」こんなお話しをいただきます。診査の上、妥当性があればその治療法を行いますが、基本お断りしております。藁をもすがるお気持ちで発せられたお言葉であることは重々存じ上げておりますが、素人である患者さまに治療法がわかるのであれば、当院にご相談にいらっしゃることはなかったはずです。

重ねて申し上げます。当院ではかみあわせ治療の際、徹底した診査の上、患者さまと共に試行錯誤しつつ治療に臨んでおります。ご理解ご協力いただけますようお願い致します。


※実際に拝見しないことには、明確な回答ができないこともあり、電話での治療に関するお問い合わせはしておりません。当院でどのような治療を行っているかにつきましては、当院ホームページ「かみあわせ」をご参考くださいますようお願い致します。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


奥歯 歯が折れる 抜歯



「左下の親知らず(8番目)が欠けて、しみる」という主訴で来院。当院にご通院いただいていた患者さま、久々の来院。左下親知らずの詰め物が欠けているのですが、これは簡単に治せる・・・問題はその一つ手前、7番目(第2大臼歯)。患者さまには全く症状はないのですが、歯肉が腫れている。まずはそちらを拝見することとなりました。

歯周基本検査にて1点のみ10mmという大きな数値。この時点で「歯根破折」が疑われます。患者さまにご説明しCTマイクロスコープで確認しながらかぶせものを外しました。



ファイバーコアをマイクロスコープを使用して、丁寧に外します。染色液を使用して歯根破折の疑われる部位を精査します。歯周基本検査で異常値を示した部位の歯根に「ヒビ」を発見、歯根は割れていることが判明しました。



合わせて行ったCT撮影画像では、歯根周囲の炎症(歯槽骨が溶けてなくなってしまう)がかなり大きく、頬側の骨が無くなっていることが分かりました。下歯槽管にも炎症は拡大しているため、早々の抜歯が必要です。

患者さまは「かみしめ」がとても強く、マウスピースを以前に製作していたのですが、ご多忙のため、メンテナンスで来院することが出来ず、またマウスピースも装着できなかったようです。

歯根は折れてしまった場合は、隣の歯に悪影響を及ぼさないように抜歯することが必要です。抜歯後は、インプラント治療も視野に入れつつ、治癒をまちつつ、他の歯の治療を進めていく予定です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


オールセラミックスインレー 歯を白く自然に 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



左下奥歯のむし歯治療。銀歯が外れてしまい、他院を受診し応急処置。しっかりと治療するなら当院で!とのご希望をいただき治療した症例。

オールセラミックスインレーにて治療を終了しました。

かみしめの既往もある患者さま。かみあわせに配慮した形成(歯を削ること)+可能な限り削らない。この相反する考え方がこのたびの治療には大切。

この歯だけでなく、両隣の歯の上下の歯の接触、とくに横へギリギリとずらした時の接触状態の改善も必要となるこの度の治療。銀のつめものが外れるには必ず理由があるのです。

徹底した診査と徹底した治療。これにより、より自然でより長持ちする治療が実現します。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

オールセラミックス 噛み合わせ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



左上第1小臼歯を根管治療。ラバーダムマイクロスコープによる根管治療は必須。根管形態・歯槽骨と根尖との位置関係精査にはCT診査が役に立つ。

本症例の患者さまはくいしばりの癖があり、かみあわせには配慮が不可欠。
御口元・下あご共に小さく、できるかぎり犬歯の接触をつくり奥歯の負担を軽減したいのだが、矯正治療の選択肢はない。そのため、この第1小臼歯に犬歯の役割を担ってもらう。土台にはファイバーコアを使用し、オールセラミックスでかぶせることで、かみあわせを維持する。夜間のくいしばりにはマウスピース。ありとあらゆる方法で、歯を守る。

次は負担のかかっている奥歯の治療。がんばっていきましょうね!

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

TCH かみしめ かみあわせ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

最近、TCHやDCSという言葉をよく聞きませんか?

「よくかみしめて食べなさい」
「くしばって我慢をしなさい」
以前は、「かみしめる」よう教えられたものです。

かみしめることで、上写真のように顔貌のバランスが変わります。
右半分だけで作った顔写真と左半分だけで作った顔写真では、こんなにも違うのです。

1988年。 Dr.Gene McCoyは、「Dental Compression Syndrome (以下DCSとします)」という言葉をつくり、以下ようにこの症候群について説明しています。『DCS』は、病態として「歯をかみしめること」を特徴とした症候群を云います。「かみしめること」による歯の擦り減りが起こすことは病気であり、「かみしめること」が、様々な病態が発現するといことになります

同義語としてTCH(tooth contact habit)という言葉があります。「歯接触癖」といい、DCSと同義語といえるでしょう。

具体的には、以下のような症状が発現します。

・顔面咬筋の肥大 (右写真参考)
・顎関節症
(顎が痛い、あかない、音がする)
・口腔、顎、頸部の筋肉痛
・頭痛・歯の擦り減り
・歯の頸部の窪み
・修復物(冠やつめものなど)の破損
・修復物の脱落
・歯を支える歯槽骨(骨)の吸収と添加
・口腔内の鉱味あるいは酸味
・歯肉が下がる

歯のすり減りは、過度の力(機能)が、歯に加わっていることを示すサイン(形態)です。歯の擦り減りは、過度な外圧から耐えている姿です。

過度な外圧、つまり、「くいしばり」は、
・くしばる習慣、習癖
・精神的ストレス
・肉体的ストレス
・上下の咬合面形態、咬合状態
・生活習慣、姿勢
などが関連します。

人は上下の歯が接触するのは、「嚥下(のみこむとき)」「咀嚼(たべるとき)」「発音(ごく一部の発音)」です。1日のうち7分から15分間といわれています。つまり、それ以外の歯の接触は「異常」なのです。

皆さんはどうでしょう??

たとえるならば、『歯は包丁』のようなものです。

つまり刃先の鈍った包丁ではモノは切れず、過剰なる力を込めないと切れない。
鈍った包丁で切ろうとすれば、手は筋肉痛になり、包丁は壊れる。
様々な不快症状が発現する事は必至です。

このような「かみしめ」の徴候は、問診と写真による検査で明らかとなります。
頭頸部の違和感、不快症状はこれに起因することがあります。
かみしめていませんか?

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

かみあわせ ≠ 歯 ?(東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)

当院にはかみあわせに関わる問い合わせで多くの患者さまが来院されます。

歯の治療をきっかけに、頭頸部に痛みや違和感などの症状が発現する顎関節症。
かみあわせの問題、つまり歯にかぶせた、詰めた、歯並びが変わった?などが問題、かみしめが問題?なのであれば、噛まないようにすれば症状は軽減するはずです。

かまないようにする、適正な位置で噛めるようにする、噛む位置を改善するのが、「マウスピースやスプリント」の役割。

マウスピースやスプリントを装着して症状が軽減すれば、上下の歯の接触の変化が原因でしょう。

しかし、軽減しない患者さまがいらっしゃるのも事実です。このような患者さまは、歯科心身症と診断されることが多いようですが、本当にそうでしょうか?

たしかに、環境の変化や対人関係の問題は、人の心に負担をかけ、様々な身体的症状を誘発します。しかし、患者さまはその意識はないため、歯にその原因を求める方が多いのも事実です。そのような方は、歯科治療では治りません。

では、なにが原因でしょう?

当院では、頭頸部に症状を抱えた患者様へ、原因を追究すべく徹底した診査を行います。その結果、マウスピース(スプリント)による治療が必要となる患者さま、生活習慣の改善が必要となる患者様、姿勢、舌位、鼻疾患の改善が必要となる患者様、治療方法は多岐にわたり様々です。

原因は多岐にわたります。ひとつひとつを治療により検証、絡まり合った原因を紐解く必要があるでしょう。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


かみしめ 危険 (東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)


(上写真をクリックしていただけると拡大表示されます)

〇 奥歯がしみる
〇 奥歯でかむと痛い・違和感がある
〇 奥歯の詰め物がよく取れる
〇 奥歯が折れた

これ、奥歯の捻挫です。上の写真をごらんください。
奥歯4本に、青い点の接触があります。これはギリギリと動かした時に接触していることをあらわしています。

正常な噛み合わせでは、ギリギリした時に奥歯は接触しません。(かみあわあせのチェックはこちらをクリック)

この青い点の接触があると、「かみしめ」を助長して、奥歯の負担が強くなります。奥歯が捻挫しているような状態です。「奥歯で噛むと痛い、冷たいものがしみる」といった症状は、これが奥歯のかみしめが原因でしょう。


(上写真をクリックしていただけると拡大表示されます)

奥歯でかみしめている方の歯肉は、凸凹しています。これを骨隆起といいます。強い力でかみしめるため、骨が添加するのです。かみしめると歯は内前方に倒れ込みます。これにより、年々下前歯の歯並びが重なってきた?なんて患者さまもいらっしゃるのではないでしょうか?これはかみしめが原因といえます。

昔は「しっかりかんでたべましょう」「硬いものを噛むと歯並びがよくなる」「くしばって頑張れ!」などの言葉がよく使われました。間違いではないのですが、それによる代償を受けるのは「歯」です。

歯にとって、「かみしめ」ていいことはありません。
もし、かみしめざる得ないのならば、マウスピースを装着することをおススメしています。また、寝ているときのかみしめや歯ぎしりにも効果的です。お気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


歯が折れる原因?東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

「歯」は年々、擦り減っています。

歯は、「車のタイヤ」に似ています。

車が走れば、タイヤはすり減り、その溝も浅くなるため、車の安全性に問題がでてきます。

安全性を確保するために、車のタイヤも定期的に新しいものに交換します。

歯は、車以上に四六時中使うものです。
噛む力には個人差があります。エンジンの大きな車であれば、擦り減る量も多くなります。噛む力が強ければ歯のすり減りが多くなるのです。

マウスピースなどの対応策や定期チェックは必要です!


歯は、「包丁」にも似ています。

しっかり研がれた包丁であれば、力をいれずとも簡単に物を切ることができますが、刃先がなまった包丁ではよく切れません。

歯も同じで、擦り減ったままでは「よく噛み砕く」ことができません。

そのような状態で噛み砕こうとすれば、必要以上の無理な力をかけることとなり、歯や入れ歯や冠を壊すこととなるのです。



安心しておいしいお食事ができるようにするためには、適正な溝と形態、上下の歯が面接触ではなく点接触となるように、定期的なチェックと「咬合調整」(歯に適切な凹凸と溝を付与し、咀嚼しやすくする)をすることが必要です!

とがった画鋲であれば刺さりますが、先が鈍った画鋲は刺さりません、大きな力を必要とします。歯も同じで点接触、とがった接触が必要なのです。

当院では、定期メンテナンスの際、噛み合わせに精通した歯科衛生士が、むし歯・歯周病のチェックとクリーニングに加えて、かみ合わせを精査します。

顎が疲れる、歯が欠けやすい、つめものがよく外れる、歯が平らになっている、、、などの症状がある方はぜひご相談下さい。

―宮崎歯科医院について―東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。当院院長は、 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介されております