トップページ > カテゴリー '当院の根管治療'

当院の根管治療

ズキズキと痛む 歯 根っこ/神経/根管治療


ズキズキする痛みで当院を受診された症例。下顎の小臼歯。レントゲンではコンポジットレジンにて治療した形跡があり、根尖(歯根の先端)には透過像(黒くうつった像)が認められます。

診断は、歯髄壊死および根尖性歯周炎。以前の深いむし歯で感染が取り除けず、潜伏感染があり、そのむし歯が進行し、神経が壊死。その後、感染が根尖方向へ進行した状態です。(右写真②に該当します)

このような症例では根管へアクセスする(穴をあける)だけで症状は緩解します。根尖までファイルを挿入してはいけません、治療後の痛みが持続します。


5分間、根管内の膿を吸い出します。しっかりと排膿させた後は、水酸化カルシウムを貼薬し1週間後に再度根管治療です。排膿を促すための根管の開けっ放し処置はしません。開けっ放しの処置を「開放処置」といいますが、文献的には1日を限度としています。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯ぐきの腫れ 原因 根っこ神経の治療



上顎小臼歯の違和感を主訴として根管治療に臨んだ症例。
患者さまの自覚症状はほとんどなく、歯ぐきを触ると違和感があるとのこと。左上レントゲン写真では明らかな根尖病変(歯根の先に黒い影)が認められます。以前に根管治療した歯です。CTで撮影し、3次元画像で診ると、歯根先端だけでなく、頬側の骨まで溶けてなくなっています。歯ぐきを触ると違和感があったのは、これが原因でしょう。

レントゲンで見える透過像(黒く写った像)は、周囲の歯槽骨が相当溶けてなくならないとレントゲン上に黒く写し出されません。黒く写っているならば、早々に処置をした方がいいといえるでしょう。


CT画像を解析すると、根尖病変は上顎洞にまで及び、歯を支える周囲の歯槽骨を溶かしている状態でした。
ラバーダムを装着し、歯を消毒後、メタルを除去し、根管内のバクテリアで汚染された根管充填材を除去します。次亜塩素酸で根管内を適切に洗浄消毒して水酸化カルシウムを塗布。1週間ほど経過を観察します。従来の根管拡大法の適用により、根尖は400ミクロン以上に破壊された状態MTAあるいは歯根端切除術を処置として考えていく予定です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 



MTA 神経残す 神経取らない治療



大昔に治療したクラウン。歯ぐきも痩せて、際からむし歯になってきたのでやり直し。外してみると、深いむし歯に染みないようにセメントを詰めた治療の跡、そのセメントの際からもむし歯が侵食していました。

ここでラバーダムを装着し、カリエスチェッカ―でむし歯を染色しつつ、丁寧慎重にマイクロスコープで診ながらむし歯のみを削り取ります。




むし歯とは、唾液中に存在するバクテリアの感染症です。バクテリアが歯に感染することで、歯を溶かしながら内部深くへ感染を広げていく病気です。歯医者さんは、その溶かされた歯を除去することでバクテリアを駆除し、感染拡大を予防しています。削り取った部分は再生しないため、かたどりをして精密に復元しする。これが歯医者さんのむし歯治療です。

しかしバクテリアは肉眼では見えません、マイクロスコープをもってしても見えません。2層目の象牙質にまで進行したむし歯の場合、象牙質は細い管状構造物、その細管内に潜伏感染したバクテリアは取れません。なので、できるだけ浅い感染のうちに治療をした方が治りがいいのです。

象牙細管内に感染している可能性のある深いむし歯治療では、象牙質を徹底的に洗浄消毒した上で、MTAを貼薬します。MTAには水酸化カルシウムと同等以上の「持続的な抗菌作用」を有しています。MTAを貼薬することで、持続的な抗菌作用を期待して可能な限り「神経を残す、神経を取らない」治療を目指します。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


MTA 歯医者 根管治療



従来使用されてきた(今でも使用されている)ステンレススチール製のファイルで一生懸命に根管治療をすると、根管に穴が開いたり、根管の先端が大きく拡大され過ぎて壊れてしまっていることがあります。

ステンレススチール製のファイルの不適切な使用による根管形態の破壊について。

ステンレススチール製のファイルが悪いわけではなく、適切な術式であれば、根管形態が壊れることはありませんが、湾曲した根管では、ある一定の限界があることも事実です。
根管治療に使用するステンレススチール製のファイルは従来150ミクロン~400ミクロンがよく使用されているようですが、250ミクロン以上のファイルでは、その物性に柔軟性がなく、湾曲した根管には追随できないことが文献で明らかにされています

250ミクロン以上のステンレススチール製のファイルの柔軟性の限界について。

そのため当院ではステンレススチール製のファイルの使用は150ミクロンまでに留め、それ以降はニッケルチタンファイルを使用して根管治療に臨みます。

上記症例は、上顎大臼歯の再根管治療症例。すでに2つの根管は800ミクロン以上まで拡大されている状況。1つは500ミクロン。1つの根管はCWCT法を用いて通常通り根管充填。2つの根管は、MTAを使用しての根管充填。当院ではこのような症例でMTAを使用することで良好な治療結果を得ています。ただしこれでも予後不良の場合もある、その際は歯根端切除術に速やかに移行します


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

歯医者 根の治療 回数 時間



先日の下顎大臼歯の根管治療症例。1時間1回の来院で治療は終了。

専門医の先生方には烏滸がましいですが、最近、「根管治療の専門医?」というくらい根管治療の症例が多い。
そんなことを言うと、「どの歯科医院でも根管治療は一般的治療であって、特別じゃないでしょ?あたりまえに行っている治療だし、宮崎歯科医院さんだけが根管治療の症例が多いわけじゃないでしょ?」って怒られてしまいまそう(笑)。確かにその通り、根管治療は歯科医師にとって当たり前の治療。でも、この当たり前の治療を当たり前に行うことがとても難しいことなんです。

まずは適切なコンセプトを学ぶこと。これが本当に大切であることをUCLAセミナーペンシルベニアの歯内療法専門医の先生方より学ばせて頂きました。このコンセプトに基づく道具立て、これも大切。マイクロスコープラバーダムに始まりCT機器の常設。ニッケルチタンファイルを3種用意、ニッケルチタンファイルを適切に使用できるエンドモーターを2機用意。細かな部位はマイクロチップと超音波機器を使用。歯根端切除術に必要な外科器材の用意。MTAも当然必要。従来使用されてきたステンレススチール製のファイルは当院にもありましたが、これは使用しないいまでは医院の片隅に大量の在庫を抱えて眠っています(笑)。ステンレススチール製のファイルは、基本80ミクロン・100ミクロン・150ミクロンの3種のみ。そしてこれらのファイルは、使用したら滅菌消毒して繰り返して使用することなく破棄する。もったいないですが破棄します。極細のファイルなので、使用することで歪みが加わり、根管内で折れてしまうこともある。そんな危険は犯せません、迷わず破棄です。

ステンレススチール製のファイル使用の弊害についてはこちらを!

そのほか必要なものはディスポーザブルのものとする。などなどなど、、、道具立て、治療環境を整えるだけでもなかなか大変なものでした。これらの器具器材の用意、スタッフには感謝です。

また治療の質を落とさずにスピードを上げること、これも大切。根管治療は何度も何カ月も通院しないと治らない??なんて考えている患者さまがほとんどではないでしょうか?当院では1~2回、1回1時間で終了します。やっとこのスピードを習得できてきました。この質とスピードには抜去歯牙での練習が必要でした。

当院ではこのレベルですべての根管治療を行っています。まだまだですが、これならば、専門医の先生にも引けは取らないのでは?と思いつつも驕らずに日々精進です。

上記写真は下顎右側第一大臼歯の症例。1時間、患者さまには頑張って頂きました。


―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


神経のない歯が痛い 根管治療 マイクロスコープ


神経の治療をしても痛みが取れない上顎大臼歯の症例です。

上顎の大臼歯(奥歯)の神経は3~4つ。4つめは80%の確率で存在するのですが、その太さが極めて小さく、肉眼では診ることが出来ません。

本症例ではむし歯をギリギリで残し、長く経過した歯でした。歯の神経が壊死(死んでしまい)してしまったことで、根管治療となりました。3つあるうちの2つは根管充填まで終了。もう一つが見つかりません。

青色に染め出してみても微かに診える?くらい。マイクロスコープCTを駆使して3つ目を見つけます。このような症例ではマイクロスコープとCTは不可欠といえます。なければ抜歯しかありません。



根管治療前、根管治療中、根管治療後の根管充填写真です。
肉眼では見えない根管を治療する際は、CTとマイクロスコープがあるととても便利です。当院では日常臨床にマイクロスコープとCTを取り入れすべての治療に臨んでいます。




―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。



何度通っても治らない (根管治療)



下顎の大臼歯の再根管治療症例。何度通院しても治らず、歯ぐきが腫れた状態で当院を受診されました。この歯は2歯根3~4根管(2つの歯根の中に、3~4つの神経の管)あります。再根管治療では、その根管が適切に治療されているかどうかを確認するために、以前に入れた樹脂(根管充填材)を取り除きます。

本症例は4つの根管があり、そのうちの1つは度重なる根管治療により、本来太さが300ミクロンの根管が800ミクロン以上に壊れている状態()。また1つは、側面に穴が開いており、本来の根管は治療されていない状態()。またもう1つは、硬いステンレススチール製のファイルで清掃したためでしょうか、本来の根管とは別の位置に穴をあけており、本来の根管が治療されていない状態でした()。

CT画像から、歯ぐきの腫れの原因は上図のの根管の未治療と穿孔です。すべての根管を適切に洗浄して、水酸化カルシウムを貼薬して様子をみます。1週間後には腫れが和いてきました。今後、穿孔した部位へはMTAの充填を予定しています。

本症例では度重なるステンレススチール製のファイルによる根管治療で、根管の本来の形態が壊れてしまっていました

当院では使用したファイルは使い捨てます。

根管治療は、初めての、1回目の根管治療がとても大切です。適切なコンセプトのもと、適切な環境下にて治療に臨みたいですね。


―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


根っこの治療(神経) 痛い 腫れる マイクロスコープ東京都内歯医者 神谷町虎ノ門神経根っこの治療



以前に他院にて「根っこの治療」(→根管治療といいます)をした歯が痛くなり当院を受診された症例。痛む場所は右下大臼歯(奥歯)。何もせずとも、触っただけでも痛む状態でしたので、少しの麻酔と投薬と冠除去で翌日には痛みは改善しました。後日、土台を除去して根管治療開始です。

黄色の矢印の先は根管治療が不十分、その部位からの排膿(膿がでること)が認められました。不十分な根管治療をキレイにすると、根管内に異物が認められました。



マイクロスコープを用いて異物を除去します。本症例のような湾曲の強い根管治療では、
従来のステンレススチール製のファイルを用いて治療を行うと、ステンレススチール製のファイルが折れてしまい、その後の治療が困難となることがあるようです。そのため本症例でも根管治療が不十分となってしまい、今回の症状発現の原因となったのではないでしょうか。異物を除去し、適切に根管内を清掃拡大した後に、根管充填して治療は終了です。


―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


根管治療 MB2 マイクロスコープ イスムス マイクロスコープ東京都内歯医者 神谷町虎ノ門神経根っこの治療



上顎大臼歯(奥歯)の再根管治療症例。
左がレントゲン画像、右が当院撮影のCT画像。この歯には3つの歯根(根っこ)がありますが、そのうちの一つの歯根の先端に病変が認められます。CTでは像の重なりがないため、その病変のサイズを明瞭に診ることができます。



CTでは様々な方向から歯を精査することができます。上顎の大臼歯の根管(神経)は、3つあるいは4つです。黄色の線の4つめは肉眼では診ることができません。そのため、マイクロスコープと超音波チップにて探索し、根管治療を進めます。
本症例では、その4つ目の根管が未治療であったことから、根尖に病変を形成し、痛みの原因となっていました。





マイクロスコープにて4つめ根管であるMB2を見つけて洗浄消毒します。この根管は隣の根管とつながっていたため(=イスムスといいます)、つながっている部分も丁寧に慎重にキレイにします。その後は再感染しないように根管充填です。

当院では、CT・マイクロスコープを使い、適切なコンセプトに基づき根管治療を行います。お困りの際はご相談ください。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

根管治療 顔が腫れる 風邪 マイクロスコープ東京都内歯医者 神谷町虎ノ門神経根っこの治療



他院にて治療するも痛みが取れず、ご紹介で当院を受診された患者さま。前歯に痛みがありかみあわせの調整を繰り返していたけれども痛みは治まらなかったとのこと。当院で診査の上、以前に治療したコンポジットレジン直下のむし歯による歯髄壊死と根尖性歯周炎と診断し、即日根管治療を行いました。

後日お電話があり、「風邪をひいてしまって、そうしたら治療した周囲の歯ぐきが腫れてしまいました」とのこと。当院が休診だったこともあり、緊急で近医の先生が見て下さったとのことでした。

こういったことはよくあります。
むし歯は細菌の感染症です。そのため。免疫機能が極端に低下すると、その感染力が増し、症状が悪化します。

今回の症例のように、歯根の先端が歯槽骨より露出していると、その部位に腫れや痛みが強く発現します。上顎の第一大臼歯の近心頬側根などはその頻発部位です。CTでわかっていたものの、風邪をひくまでは予測が出来ず、患者さまには大変な思いをさせてしまいました。

当院では症例により患者さまの同意が得られれば、CTにてその根管形態や根尖病変の状態を精査いたします。エックス線の被爆量について、様々な考え方がありますが、病状と被爆線量を秤にかけ、患者さまのご希望も伺い、優先順位を決めています。見えない唾液中の細菌が敵となる「歯科治療」、徹底した治療で当院は臨みます。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。