トップページ > カテゴリー '当院の根管治療'

当院の根管治療

ズキズキ・ジーンと痛む 神経の治療



上の前歯が「ジーンんと」ときには「ズキズキと」いつも痛むという症状で来院された患者さまの症例です。レントゲンを拝見すると、以前にプラスティック樹脂を詰める治療を受けた経緯が認められました。レントゲンでは像が重なり正確な診断ができないこともあり、CTを撮影すると、プラスティック樹脂が神経に至っていることがわかります。



患者さまに説明させて頂き、根管治療となりました。
このような状況では、神経が壊死(死んでしまっている)ことがほとんどです。むし歯は唾液中に存在する細菌バクテリアの感染症です。この症例では、感染により神経が壊死し、感染拡大する前の状況といえます。放置することで、その感染は歯槽骨(支える骨)に至るため、早々の治療が必要です。


当院ではラバーダムはほぼ100%装着し、根管治療に臨みます。ラバーダム装着後、歯面を消毒した上で、歯の裏側から穴をあけ、神経の存在する根管内(歯の内部)の感染をキレイに洗浄消毒します。実際の術式は右写真をクリック、動画をご参照下さい。時間にして30分程です。



根管治療は、感染が除去できれば、1回で終了です。本症例では根管内の洗浄消毒後、水酸化カルシウムを貼薬し、1週間の経過を観察します。次回は根管充填で終了です。

適切なコンセプトに基づき、適切な道具立てのもと治療に臨めば早期に治療は終わります。当然ですが、無痛麻酔、無痛治療です。安心してご通院ください。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


かみあわせが原因 根管治療



「奥歯がジーンと痛い」「強く噛むと痛い」という症状で来院された患者さま。
レントゲンで拝見すると、むし歯が認められません。そこでCTを撮影すると大きなむし歯が黄色の矢印の先あたりに認められました。歯の中央にむし歯があると、レントゲンではわかりづらいことが往々にしてあります。像が重なって見えないのです。

ラバーダムを装着して根管治療に臨みます。本症例の原因は「かみあわせ」。かみあわせで根管治療?、、、あるんです。当院ではしばしば拝見します。



痛みがあって、応急的に拝見したこともあり、本症例では2回の根管治療の機会を頂きました。1回目はCT撮影後にラバーダムを装着し4つの根管を治療します。ほぼほぼ終了でしたが、4つのうちの2つの先端がつながっていることがCTで分かっていたため、水酸化カルシウムを貼薬し1週間経過を観察しました。

2回目来院時、痛みはなくなったのですが、噛むとやや違和感がありました。そのため、2つのつながった根管の結合部分を削除し洗浄した上で根管充填をしました。後日、痛みも違和感も消失。
患者さまのご都合により時間が取れない場合は、複数回もあり得ますが、根管治療は、根管内の感染を取り切れれば、少ない回数で治療は終了です。

以下に動画にて本症例をご説明させていただいております。ご参考ください!



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯の神経の治療後も痛みがある



症状は以下の通り。
① ものを噛んだときにのみ痛みがある
② 冷たいものはしみない
③ 絶えず違和感がある
レントゲンを拝見すると、赤矢印の部分にむし歯が認められます。部位は上顎の第一小臼歯(前歯から数えて4番目)。


むし歯は唾液中に存在する「細菌バクテリア」が歯の内部へ溶かしながら感染を拡げる病気です。その進行度合いによって、またその患者さまそれぞれによって、「症状」は様々ですが、ある程度の「決まり」はあるようです。
(当院の根管治療に関する診断基準はこちらをご参照ください)

上記症状を診ると、
① ものを噛んだ時に痛い場合は、感染が歯の内部を通り超えて、歯を支える「歯槽骨」に及んでいる可能性が疑われます。かなり進行しているといえるでしょう。そのため、神経を残す治療の対象外といえるかもしれません。

② むし歯の初期症状は、「甘いものや冷たいものが染みて、すぐに痛みはおさまる」です。染みないということは、神経が死んでしまっている(歯髄壊死)可能性が疑われます。これもかなり進行していることが疑われるでしょう。

③ 絶えず違和感がある。この症状は、患者さまによるようです。
「ジーンとした違和感が続いている」または「ジワーとした痛みがある」などの表現をされることが多く、ほとんどの方が、その症状の前に、強い痛みがの経験があるようです。この症状は、神経が部分的にあるいは全部壊死していることが疑われます。

この症例の診断は、「歯髄壊死を伴う急性根尖性歯周炎」という病名になります。早々に根管治療が必要な病状です。

当院では患者さまのお話しを伺い、CTなどの精査の上、上記のような適切な診断を下し、適切な治療法を選択、患者さまの治療に臨みます。



前歯から奥歯にいくに従い、噛む力に対抗できるよう「歯根の数」が多くなります。そのため、本症例の上顎小臼歯は1~2歯根。その内部には「神経の存在する根管」という空洞が存在します。その根管内に感染する細菌を除菌することが根管治療の目的となります。

細菌は唾液中に存在します。そのため根管治療中に唾液が混入すると、治癒を阻害するばかりでなく、治らないこともあります。当院では全症例にラバーダムを装着し、治療中の唾液混入を予防します。

「ラバーダムなんていらないよ、大丈夫」
なんて声も聞こえてくることがあります。
でも、皆さんがもし、開腹手術を受けるとなった時、青空のもと野原のど真ん中で開腹手術を受けますか?清掃された滅菌消毒された「手術室」で手術を受けたくありませんか?

私は野原で開腹されたくありません(笑)。

本症例はマイクロスコープとCTがないと、しっかりとした根管治療が困難な症例といえます。写真を見て頂ければお分かりの通り、神経は2つのように見えますが(これは肉眼の12.5倍拡大画像です)、実際は先端で一緒となっている1つの根管であることがCTから読み取れます。「噛んだ時に痛みがある」とのお話しから、つながった部分(青矢印)も感染している可能性があるため、マイクロスコープ用の超音波チップで削除して消毒します。

以上根管治療は1回です。何度も必要ありません。感染が取り切れれば根管治療は終了です。やり直しのない一生に一度の歯科治療が当院の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


MTA 歯の神経を残す・取らない治療とは

写真や文字をクリックしてください!
当院の「神経を残す、取らない治療」について見て頂けます。
(※詳しくは、当院までご連絡ください!精査の上、適切なアドバイスをさせて頂きます。)










神経を残す、神経をとらない治療とは?



歯の神経を残す 生活歯髄療法とは?



歯の神経簡単にとってはいけない?








―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 


根管治療後も歯ぐきを押すと痛む



治療前は痛みはなかったのに、根管治療(根っこの治療・神経の治療)を行った後、歯ぐきを押すと違和感を感ずるようになった患者さま。
担当医にその旨はなしをすると、「根っこが薄いので、症状が治まらなければ、抜歯してインプラントにしたほうがいいかもしれないですね」という主旨の回答。
「治っているのだろうか?こんなものなのだろうか?」との疑問を抱きつつ、当院を受診されました。

当院では問診、診査(CTやマイクロスコープ)により、治るのか?治らないのか?が分かります。「治るかわかりませんが、やってみましょう」的な治療は、当院では行いません。そんな治療、患者さまにとっては不安でしょう?


本症例の治療部位は上顎小臼歯。
上顎小臼歯部の根管治療で、「治療後に根尖部に痛みというよりは違和感が残っていて取れない」といったら、その原因の可能性は限られてきます。
上顎の小臼歯は歯根が2つとなっていることがしばしば。またかみあわせからみて、骨格的に上顎が小さく狭い症例では、その歯根の先端が骨より逸脱してしまっていこともしばしばです。このような症例では、治療前に違和感が出やすいことを説明した上で、またそのようにならないような配慮をした根管治療が必要となります。



本症例では、歯根が2つに根管が2つ。そのうちの1つが歯槽骨より逸脱しており、さらに異物が根尖より逸出していました。これでは痛みや違和感がでるのも仕方ありません。マイクロスコープやCTがあればそれに気づけるのでしょうが、前医ではそれがなかったため、レントゲン写真だけでは気づけなかったのでしょう。

当院での治療は、逸出した異物の除去を目的に再根管治療を行いました。ただし、歯根外に大きく逸出した異物は取り除けないことがあるため、治療前に「歯根端切除術」が必要となることもあることを説明した上で治療に臨みました。



治療時間は45分程。根管充填まで終了です。むし歯は細菌バクテリアの感染症です。感染を取り除けば、たとえ1回の治療でも治るのです。遠方からの患者さまであったこともあり、即日ファイバーコア用の型どりを行い、後日ファイバーコア仮歯を装着し根管治療は終了しました。歯ぐきの違和感は緩解傾向にあるものの、1週間後ではまだ消失はしていません。今後経過を観察しつつ、患者さまと相談の上、治療をすするめる必要がありそうです。

当院では、徹底した診査の上で、患者さまにわかり易く説明します。
「治る」場合は説明などいらないでしょうが、簡単な症例ばかりでもありません。その場合は、再治療の可能性や痛みが生ずる場合もあるでしょう。でも必ずフォロー案をご説明し、患者さまと共に考え、最善の治療法を見つけられるように、日々の臨床に取り組んでいます。

私はどちらかといえば、「白黒ハッキリさせたい」性分です。
この症例は、治る?治らない?ならどうする?!
「自分が同じ立場だったら、どんな治療を受けたいだろうか?」をいつも考えて治療に臨む、一生に一度の治療、やり直しのない歯科治療が当院の、私の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


歯が痛い 我慢 根管治療



ちゃんとやろうぜ・・・って思う症例を1つ。腹が立ちます

他院にてセラミックインレーを製作し装着するも外れる、そして痛む。それを持っていくと先生が付けてくれるがまた外れてまた痛い。先生は何度も付け直して様子を診ようとおっしゃる。数年間、その繰り返しで不安になり、ご紹介で当院を受診された患者さま。

拝見すると、セラミックインレーの「かみあわせ」が合っていない。適合性
もイマイチ(歯にぴったりと合っていない、隙間がある)。

患者さまに「よく我慢されましたね、、痛かったでしょう」とお話しすると、「(前医の)先生は外れたら戻して様子を診ましょうって言ってたので、そんなものかと思ってました」とのこと。心中察しても余りある。

「かみあわせがあっていない、適合性があっていない」なんてことは、普通の歯医者ならば分かるはず。少々怒りを感じましたが、しょうがない。しっかりと治すことが先決です。



麻酔をしてむし歯を染色し削り取りますが、いつまでたっても染色されてきます。レントゲンでは像がぼやけています。念のためCTを取りましたが、根管(神経)上部がやや黒く写っているように見えます。つまりむし歯が疑われる。なんでセラミックインレーの下にむし歯があるの?更に腹が立つ。

ラバーダムを装着して根管治療に備えつつ、更にむし歯を取り去ろうとしたところ、露髄(神経にむし歯が到達すること)。



「早く先生(私)のところに来ていればこんなことにはならなかった・・・」と患者様。長期間にわたり、露髄に近いむし歯の歯に対してセラミックインレーを高いかみあわせで装着していた患者さま。そのご苦労に報いるためにも徹底した根管治療を行います。

当院の根管治療は時間にして45分程でほぼ終了。念のため水酸化カルシウムを貼薬し1週間経過を観察したのちに、根管充填で終了です。





当院では徹底した治療で日々臨みます。

本症例のように、「外れたら付け直す、外れたら付け直す」のような妥協的で、問題を先送りにするような治療はしたくありません。問題を先送りにしても、その問題は大きくなるばかりです。「詰め物が外れる」には原因があるのです。

徹底した診査のもと、原因を究明し、適切な診断を下し、治療法を共に考える。
患者さまにとって最善の治療であり、患者さまにとって、その歯にとって「最初で最後の治療」となるように、「一生に一度の治療」となるように、日々精進しております。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


歯の神経を取った後も痛む 虎ノ門内幸町新橋歯科



歯の神経を取った後も痛む・・・なぜでしょうか。
上の動画症例はそんな患者さまの下顎大臼歯の根管治療の様子です。

歯医者さんって、何をされてるか わからないですよね!?
説明されてもよくわからないし。そんな感じが私は嫌いです。

なので、
当院では「わかりやすい治療」そして「治す」「一生に一度の治療」が目標です。
そのため、治療前後に限らず、治療中も動画にて記録し治療後のご説明に使用致します。


当院ではラバーダムで唾液が入り込まないようにして根管治療に臨みます。治療中に根管内に唾液が入るということは、唾液に存在する細菌が中に入り込むということ。これでは意味がありません。
根管治療はの内部に感染した細菌を駆除すること。治療中に入ってしまっては意味がないのです。そのため、「ラバーダム」は必須なのです。

根管は複雑です。上動画では、その複雑な根管内に感染した部位を丁寧に超音波チップで清掃しています。

その後は、次亜塩素酸+水酸化カルシウムで消毒です。この消毒薬に『ペリオドン」というホルムアルデヒド製剤を使用することがしばしばあるようです(当院では絶対使用しません)。本症例の患者様もその治療を他院にて受けられた方。通院するたびに治療が痛く、治療後も痛い。そして治療が長引く。ホルムアルデヒド製剤にはそんな効果があるということが、論文で明らかです。そのため当院では絶対使用しないし、私の歯科医師人生でも一度も使用したことが無い。

根管治療に限らず、歯周病も、原因となる「感染」を除去できれば、治療は短期間・少ない回数で終了です。原因はどこにあるのか?適切なる診査診断と適切なる道具立て(マイクロスコープCTニッケルチタンファイルなどなどなど)、そして適切なる治療コンセプトがあれば治ります。当院は治します。お困りの方はご相談ください。なぜ治らないのか?どうすれば治るのか?を明確にご説明いたします。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


 

 


歯の根の治療の痛み 上小臼歯イスムス 内幸町虎ノ門新橋


歯の根の治療(=根管治療)で何度も何度も通っているのに治らない・・・こんなことありませんか??

歯の根っこ・神経の形は複雑です。そのためこれまでは、「経験と勘」に頼らざる得なかったのですが、現在ではCTマイクロスコープがあれば、短期間で治療は完了します。当院では適切なコンセプト(UCLA根管治療専門医)に基づきラバーダム+CT+マイクロスコープ根管治療の成績がグンと上がりました。1~3回で終わります

上の症例は、上顎小臼歯の根管治療。上顎小臼歯は基本1~2つ(まれに3つ)の根管が認められます。その根管をキレイにすれば根管治療はおわり、痛みや違和感もなくなります。上症例では、2つの根管が認められますが、その2つが先端では1つにつながっています。このつながった部分をイスムスといいますが、このつながった部分が感染していると、違和感が続き、再根管治療の原因となります。下動画は、そのイスムスをキレイにしている様子です。マイクロスコープ、ラバーダム、CTが必要であることがよくわかります。ぜひご覧ください



当院では、
ラバーダム
CT
マイクロスコープ
そして「根管治療の適切なる治療コンセプト」をそろえて日々の臨床に臨んでいます。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


CT 根管(根っこ/神経の)治療 内幸町新橋歯医者



歯の内部に感染進行した細菌バクテリアを残さず取り去る治療が「根管治療」です。

根管治療は、「根っこの治療・歯の神経の治療」とも呼ばれています。歯の根っこにある神経を「根管」といいます。この根管は網の目のように、歯の内部に走っています。この根管内をキレイに清掃消毒するのが「根管治療」です。


レントゲンは概略を診ることができますが、像が重なり不明瞭な部分もあります。そのため、当院では、CT撮影を行い、不明瞭で複雑な根管を術前に明確に把握し、根管治療に臨みます。

加えてラバーダムマイクロスコープで、根管治療を1~3回で終わります。
根管治療に多大なる貢献をするCT。当院ではインプラント治療、親知らずの抜歯、歯周再生治療にも有効です。

当院で説明する際に使用するCT説明動画、ぜひご覧ください。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


MTA 神経を残す 虎ノ門内幸町霞ヶ関新橋の歯医者



誰でも歯の神経の治療はしたくないものです。できればしない方がいい!
ではどこまでが「根管治療をしなくてもいいのか?」
どこからが「根管治療をしなくてはならないのか?」


「ジーンとした痛み・違和感」を抱えて当院を受診。「熱いもの・冷たいものは染みない、ズキズキもしたことがない」とのこと。レントゲン写真を診ると、深いむし歯であることが分かりました。正確を期するためにCTを撮影。むし歯が神経にまで到達していることが分かります。(写真をクリックしてください、拡大表示されます)

ラバーダムを装着し、神経を残すべく治療を始めます!


マイクロスコープで診ながらの治療。むし歯を染色する液を繰り返し使用してむし歯を削り取ります。神経が露出しているのが認められます。通常なら抜髄(神経を取る治療)ですが、ここで洗浄消毒を行い、MTAを貼薬します。

この状態で1週間ほど経過を観察です。神経残るといいですね!詳しくは上、動画をご参照ください。

当院では、徹底したやり直しのない治療を目標に日々の臨床に臨んでいます。
当院の治療については日々更新されるブログなどをご参照くださいね。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。