トップページ > カテゴリー '当院の根管治療'

当院の根管治療

根管治療 フィンの除去 


上顎小臼歯の根管治療症例。ラバーダムをして根管治療中に唾液が混入しないようにします。マイクロスコープで観察すると、神経は2つ(2根管)(黄色の矢印)認められます。

このような根管治療は、むし歯の細菌が歯を溶かしながらの内部深くに進行し、歯の神経にまで至るため必要となります。

感染してしまった神経を徹底的に取り去ることが必要です。神経の数は歯によってさまざま。またその神経は分岐し複雑な形態を示します。この歯には神経の管(=根管)が2つ認められました。



CTを撮影することで、患歯を3次元的に診査することが可能です。CT撮影検査の結果、2つの根管の先は1つにまとまっていました。そのため、つながっている部分に感染が残っていると、再治療の原因となるため、マイクロスコープにて慎重に根管内をキレイに削り取りました。洗浄液を使用して超音波洗浄し、洗浄後は残った液を細いノズルで取り除きます。


さらに根管内を滅菌したガーゼで乾燥させます。術前の2根管は実際は1つの根管であったことが右写真よりわかります。こういった治療は、マイクロスコープによる観察があってこその結果といえるでしょう。


術前・術後のマイクロスコープ写真です。2根管が真ん中でつながった1根管であったことがわかります。根管治療は何度も繰り返すことで成功率が下がります。1度目の根管治療を徹底することで成功率が上がります。ラバーダムマイクロスコープの使用が望まれます。当院では保険・保険外に関わらずラバーダムマイクロスコープを使用しています。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

歯を抜かない MTA


以前に根管治療をした銀歯に、噛んだ時の違和感と痛みがあり来院されました。

根管充填は不十分で、再根管治療をしてみると、歯根に穴があいていました(黄色点線で囲まれた部分)。

適切な根管充填・根管治療とは?

ラバーダム装着した上で適切な根管治療を行い、穴の開いた部分にはMTAを塗布します。3年経過後のレントゲン写真が右端です。歯槽骨内に在った病巣は無くなり治癒していました。

根管治療を繰り返したり、不適切な根管治療により、歯根が壊れたり穴があいてしまうことがあります。このような症例では、MTA治療が有効です


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者


上顎大臼歯の再根管治療ラバーダムを装着してマイクロスコープで観察します。3倍拡大で、左の写真。肉眼の3倍拡大でもこの見え方。肉眼では見えません、勘に頼るしかない。当院では拡大鏡マイクロスコープで観察して治療しています、安心確実です。

ご高齢であったり、慢性的に長期間深いむし歯があった場合は、根管が細くなって見えづらいことがしばしばです。3根管あるはずですが、1つの根管のみ治療が為されています。未治療の2根管はどこか?これが腫れと痛みの原因です。20倍拡大倍率で慎重に根管を探します。適当に削ってしまっては穴をあけてしまいかねません。

青矢印の先に1つ根管を発見。もうひとつはどこか?CTも踏まえて次回トライです。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯の神経を残す治療 ② 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者


右上の奥歯(大臼歯)、冷たいものがしみる・違和感の症状があり、金属のつめものを外しました。レントゲンでは黒い像が金属の真下に認められます。外した状態が上の写真です。まずは表面的な浅いむし歯を除去します。その後、プラスティック樹脂で回りを固め、ラバーダムです。


むし歯の検知液でむし歯を染め出します。その後、マイクロスコープを使用して丁寧に、慎重にむし歯を除去します。患者さまにはあらかじめ根管治療(神経を取る治療)となる可能性をご説明させて頂いた上での治療です。むし歯は深かったのですが、神経の露出は避けられたので、水酸化カルシウムを塗布し経過を観察することとしました。


表面をプラスチック樹脂(硬質レジン)で覆い固めます。これで治療は終了です。今後ズキズキする痛みがなければ、再度麻酔を施しかぶせものを製作することとなります。

可能限り、神経の治療は避けたいものです。神経を残すにも、神経を取るにも、ラバーダムは最低条件です。ラバーダムは口内に「手術室」をつくるようなものです。徹底した治療が望まれます。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


歯の神経を残す治療 ① 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者


銀合金のつめものを20年以上も前に行ったそうです。歯が欠けて、隙間からむし歯が進行していました。症状はありませんでしたが、痛くなる前に治療がしたいとのご希望をいただきました。レントゲン写真では、金属によりそのむし歯の進行具合は推測の域をでませんが深いむし歯であろうことは推察されます。


歯は3層構造です。エナメル質に限局したむし歯や象牙質表層のむし歯であればいいのですが、象牙質深く進行した神経に近いむし歯を治療する際は、ラバーダムの装着が必要です。

むし歯は唾液中に存在する細菌が歯に感染し内部に感染拡大する病気です。歯内部への唾液の混入は治りを悪くすだけでなく、再感染の原因となります。

本症例では、写真からもわかるように、むし歯は深く進行しているようでした。早々にラバーダムを装着し、処置中の唾液の混入を予防します。ラバーダム装着後、歯表面を消毒液で数分間消毒してから歯内部のむし歯を削りはじめます。




左写真がつめものの接着剤を除去した状態です。むし歯検知液と拡大鏡マイクロスコープを使用して、むし歯を徹底除去した後が右写真です。



歯の内部を洗浄・消毒します。その後、内部表面を酸処理し、神経に近接した部位へは水酸化カルシウムを塗布し、樹脂にて覆います。


樹脂にて覆い、仮歯で歯をさらに覆います。神経を残すための治療はここで終了です。このまましばらく経過を観察し、痛みがなければ、次回来院時に再度無痛麻酔をして歯の形態修正をして型どり、つめものを製作します。

当院には、『セ
ラミックインレー(セラミック製のつめもの)を他院にて数か月前に装着したのですがズキズキ痛みがでてきました、どうすればいいでしょう?』このようなご相談がとても多い。
拝見させていただくと、
①セラミックインレー下にむし歯が残っている(肉眼で治療している)
②治療時にラバーダムは使用していない
かみあわせへの配慮が無い

この3点が必ず認められます。

当院では以下のように対応します。
①→拡大鏡あるいはマイクロスコープを使用
②→ラバーダムは必須
③→かみあわせを専門とした経緯を持つ歯科医師が担当

これでも後に痛みが出る可能性が高い場合は、患者さまに事前にお話しをさせていただきます。診査診断を適切に、治療は徹底する。当院のモットーです。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


歯の神経を残す、取らない治療 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者


神経近くまでむし歯が進行している場合、できる限り神経はとらずに神経残したほうがいいでしょう。

〇 噛まずとも痛い 痛みが10分以上続いている
〇 痛みはないが、レントゲンで歯根先端に病巣がある

以上の場合は神経をとる(=根管治療)必要があります徹底した根管治療をすることで、歯の神経は失いますが、歯を残すことが可能です。放置すると最悪抜歯となるので早期の治療が必要です。

本症例は、約2週間前にラバーダム装着の上、神経を残す治療行いました。治療後にズキズキする痛みが発現するようであれば根管治療が必要ですが、痛みなく2週間経過することが出来たため、再度無痛麻酔の上、歯を削り直しました。即日型どりをして、次回には詰め物をセットすることができそうです。
(ラバーダムとは何か?こちらをクリック)

むし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。つまり、むし歯が深くまで進行しているということは、細菌が深くまで感染しているということになります。徹底した細菌の除去のためには処置中に患歯に唾液が混入することは治癒を阻害し、再感染の機会を与えることとなります。神経を残すためには、徹底した治療が必要といえるでしょう。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


下顎第1大臼歯 再根管治療 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者



右下第1大臼歯の再根管治療症例です。神経の治療のやり直し治療を「再根管治療」といいます。上症例は、黄色矢印部分の根管充填が適切にされておらず、黄色点線矢印で囲まれた部分に病巣(根尖病巣)がありました。噛むと痛みがあり、歯ぐきが少し腫れていました。

ラバーダムを装着した上で、根管内を診ると、適切な根管充填はなされていませんでした。(適切な根管治療については、右写真をクリックご参照ください)
むし歯とは、唾液中に存在する細菌が歯に感染し、溶かしながら内部へ感染する病気です。神経にまで感染が及ぶと、根管治療(神経の治療)が必要となります。そのため、根管治療の際は、唾液が侵入しないように、ラバーダムで患歯を隔離する必要があります。本症例の患者さまは、ラバーダムの経験がなく、ラバーダムなしに根管治療が為されたようです。


根管内を徹底的に除菌、清掃します。内部の清掃には、ラバーダムした上で、拡大鏡やマイクロスコープにて視野を拡大し、精査加療する必要があります。肉眼では限界があります。

また、根管形態は複雑です。この症例では、黄色の矢印部分に2つの根管がつながっている構造が認められました。この部分に感染が残っているようです。CTで精査した上で、更なる清掃除菌が必要です。根管充填材の除去と未治療の部分の治療で、1時間ほどかかりましたが、あと2回で根管治療は終了です。

根管治療には、根管治療の適切な診断基準治療コンセプトラバーダムマイクロスコープが必要です。とくに、ラバーダム。これなしで治療してはいけません!


―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


上顎第1小臼歯 根管治療 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者


〇 夜、寝ているときにズキズキ痛みがある。
〇 冷たいものがしみる。
〇 噛むと痛い。

右上第1小臼歯に痛みがあり来院された患者さまのレントゲン写真で口内写真です。
むし歯は神経深く進行していたため、ラバーダムを装着した上で治療に臨みました。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。歯を溶かしながら内部へと感染を拡げます。むし歯を削る際に唾液が混入することは、治療の妨げだけでなく、細管感染の原因となるため、ラバーダムが必要です。

右上写真で肉眼の約3倍拡大した状態です。肉眼では見えていないに等しいと言えます。根管治療だけなく、歯科治療には拡大鏡あるいはマイクロスコープが必要です。


長期にわたるむし歯の進行により、神経は小さくなり、肉眼でみてもどこに神経があるのかわかりづらい状況です。マイクロスコープで見ながら慎重に根管治療します。右写真は12.5倍拡大した写真で、神経のある根管が明確となった状態です。高倍率で黄色矢印先を観察すると、2つの根管がつながっていることがわかりました。

根管治療には、歯科医師の知識と技術と経験があるのは当然ですが、その上でラバーダムマイクロスコープor拡大鏡が必要です。

当院では徹底した治療を行います。ご相談下さい、しっかりと拝見します。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


再根管治療について(東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)



「1週間前に根管治療をしたのですが、痛みがとれません。再治療してください」

「痛みはないのですが、レントゲンで、以前”神経の治療(=根管治療”をした歯の根の先に、黒い影が見える(→根尖病巣といいます)と歯医者さんに言われました。再治療した方がいいでしょうか?」

「1年以上も根管治療で通院しています。治るのでしょうか?」


根管治療で来院された患者さまよりこのようなご質問いただくことがあります。


についての当院の回答

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。歯を溶かしながら、内部へと深く進行する疾患です。そのため、神経深くまで進行した場合、感染した神経のその存在する根管内を徹底清掃する必要があります。(根管治療の手順についてはこちらをご参照ください)

根管治療の目的は、根管内へ侵入した細菌の徹底除去となるのです。

再根管治療で、根尖に病巣を抱えた歯の場合、治療後2~4カ月で治癒すると云われています。症例によっては、4~5年を必要としたという文献も存在します。そのため、欧州歯内療法学会では、術後4年以内に完治しなければ、再治療した方がいいとの見解も示されています。
(根管治療の成功率についてはこちらをご参照ください)
(再根管治療の成功率についてはこちらをご参照ください)

当院では、再根管治療を2~4回で終了します。痛みや違和感の残っている症例では、術後2~4カ月経過を観察し、症状が治まっていくかどうかをみていきます。症状に改善が認められない場合は、患者さまと相談し、歯根端切除などの外科的治療を検討しています。

①のご質問の際は、レントゲンとCTによる精査、実際の患歯の状況をまず拝見いたします。また同時にこれまでの治療の経緯をお聞きすることがとても大切でしょう。治療内容に不備がある場合はすぐに治療を開始いたしますが、状況によっては経過を観察させて頂いてからの治療となる場合もございます。

についての当院の回答

当院では、レントゲンに写った根尖病巣の有無だけで、再治療を決定することはしません。根尖病巣がレントゲンで見えるからといって、必ず根管治療が必要であるとは考えません。

1) いつ根管治療したのか?これまで痛みや腫れなどの症状が発現したことはあったか?2) 根管充填はしっかりと出来ているか?
3) 治療による根管のダメージなどはあるか?(穴が空いている、壊れている)
4) 患者さまに治療の希望はあるか?通院は可能か?
5) 担当する歯科医師のその病態を治す知識と技術はあるのか?


この5点に照らし合わせて、当院の根管治療の診断基準と照らし合わせ、患者さまと相談して治療するか否かを決定しています。



についての当院の回答

当院では、根管治療を1年以上もかけて行うことはありません。ラバーダム防湿を行い、徹底した根管内の清掃除菌を行い、根管充填します。計2~4回くらいでしょう(但し、患者さまのキャンセルや診療時間の制限、通院期間の延長などがある場合はこの限りではありません)。

上記写真症例(最上段の写真をご参照ください)は、計3回で根管治療を行った術前術後のレントゲン写真です。根尖病巣が縮小していることが分かります。本症例では患者さまの自覚症状はありませんでしたが、歯肉が腫れていました。根尖部分の根管充填が不十分であることが術前レントゲン写真から明確です。ラバーダムマイクロスコープの使用により、徹底した根管治療を行うことで、好ましい結果が得られた症例といえるでしょう。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


術前の消毒(東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科)



根管治療などの歯の神経に至るようなむし歯を治療する際、当院ではラバーダムを装着し、唾液が入らないようにします。その後、オキシドールとヨードを用いて一定時間の消毒を行ったうえで治療を行います。

医科手術で、開腹手術を行う際、汚れた手術室で皮膚の消毒もせずにメスを握って切開する医者はいないでしょう。歯も同じなのです。


当然、インプラント治療・歯周外科治療・歯周再生治療・ソケットプリザベーション・親知らずの抜歯などの手術の前にも徹底した口内のクリーニングと消毒の上で、手術に臨みます。当然我々手術の術者は感染対策予防に余念はありません、上写真のような手術着で臨みます。

口内の清掃状況が良くないということは、汚れた手術室で手術をすることと似ているのです。治療の前に、手術の前に、まずは患者さまのブラッシングがとても大切。できないところは我々が。治癒というゴールに向かって二人三脚です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。