トップページ > カテゴリー 'フェイスブック'

フェイスブック

インプラント CT サージカルガイド



「最終的にどんな歯をつくるのか?」を明確にイメージした上で、インプラントフィクスチャーを骨内に埋入・設置するインプラント手術に臨むことが、手術を成功に導きます。

当院では、サージカルガイドを使用して安心確実な手術を行います。サージカルガイドCTを併用することで、安心確実、失敗のないインプラント治療が可能です。







―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


奥歯 歯が折れる 抜歯



「左下の親知らず(8番目)が欠けて、しみる」という主訴で来院。当院にご通院いただいていた患者さま、久々の来院。左下親知らずの詰め物が欠けているのですが、これは簡単に治せる・・・問題はその一つ手前、7番目(第2大臼歯)。患者さまには全く症状はないのですが、歯肉が腫れている。まずはそちらを拝見することとなりました。

歯周基本検査にて1点のみ10mmという大きな数値。この時点で「歯根破折」が疑われます。患者さまにご説明しCTマイクロスコープで確認しながらかぶせものを外しました。



ファイバーコアをマイクロスコープを使用して、丁寧に外します。染色液を使用して歯根破折の疑われる部位を精査します。歯周基本検査で異常値を示した部位の歯根に「ヒビ」を発見、歯根は割れていることが判明しました。



合わせて行ったCT撮影画像では、歯根周囲の炎症(歯槽骨が溶けてなくなってしまう)がかなり大きく、頬側の骨が無くなっていることが分かりました。下歯槽管にも炎症は拡大しているため、早々の抜歯が必要です。

患者さまは「かみしめ」がとても強く、マウスピースを以前に製作していたのですが、ご多忙のため、メンテナンスで来院することが出来ず、またマウスピースも装着できなかったようです。

歯根は折れてしまった場合は、隣の歯に悪影響を及ぼさないように抜歯することが必要です。抜歯後は、インプラント治療も視野に入れつつ、治癒をまちつつ、他の歯の治療を進めていく予定です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


根管治療 ファイル 折れた



『ファイル、リーマーなどを根管内で折ったことのない歯科医は根管治療をあまりしていないのである』 (現代歯内療法学の父 Dr.Louis I. Grossman)

根管治療の聖書にもこんな言葉があるように、根管治療中に、根管内の清掃器具であるステンレススチール製の「ファイル」(極細のやすりのような器具)が折れてしまい、根管内に残ったままとなっている症例はしばしば認められます。

ファイルの破折は、症例全体の2~6%で生じると報告する調査もあり、部位別の発生頻度の調査がペンシルバニア大学にて報告されています。

このような場合、どのようにすればいいでしょうか?


根管治療中に使用するNi-Tiファイルは、折れづらい器具ではありますが、金属疲労食い込みによるねじれ破折により折れてしまうことがあります。

また、複雑な根管形態を有する根管を治療する際に生じやすい(樋状根、根管の分岐、石灰化)という報告もあります。


では、ファイルが破折した場合、している場合、必ず除去しなくていけないのだろうか?
これにはいくつかの判断要素がある。


1.根管内の感染程度
2.破折のタイミング
3.破折位置
4.治療環境 ラバーダム マイクロスコープはあるか?
5.術者のスキル

1,2はファイル除去の必要性について、
3-5はその難易度の評価として判断に用いています。

そこに、除去を行った場合のリスクと得られる予後の良しあしを天秤にかけ、患者様と十分に話し合い、治療法の決定を行うべきであろうと考えられています。

宮崎歯科医院では、破折ファイルへの対応方法として、症例に応じて、次の選択肢で対応しています。

1.経過観察
ファイル除去に伴うリスクを抱えてまで除去を試みるよりも経過観察を行う方が有益なこともある。

2. マイクロスコープによる除去
ゲーツグリデンドリルと超音波チップにより除去する方法。
根管内の削除量が少なく、予後が良好になる可能性があるが、マイクロスコープにて確認できない根尖付近のファイルは除去不可能である。

3.外科的除去
歯根端切除による外科的手術により、破折ファイルごと歯根を部分除去する。

ファイルが破折した症例に出会ったとき、なぜファイルが破折するのか、発生しやすい時、部位は?破折した際に、除去が必要なのか?などを文献などのデータをもとに十分に精査し、適切な処置を選択するよう心がけています。










随時更新します。

根管治療 破折ファイル 痛い



10年以上も痛みがとれず、他院にてセラミックをかぶせましょうと云われ、悩まれた末に当院を受診された再根管治療症例です。この歯だけでなく歯では大変ご苦労を重ねてきた患者さま。多くの歯科医院で相談するも、このままかぶせましょうとの診断。悩まれての当院受診でした。レントゲンを拝見すると、大きく湾曲(曲がった)歯根の根管治療症例。黄色の矢印先がなにやら怪しい透過像(黒く写る)が疑われます。レントゲンは硬いものはより白く、軟らかいものはより黒く写し出されます。歯根周囲を支える「骨」は白く写ります。ここが黒く写るということは、「何らかの炎症」が疑われることになります。



当院のCTで患歯を術前に撮影しました。
レントゲンだけでも概略は把握できますが、CTを撮影し画像解析することで、患歯を立体的にマイクロ単位で観察することが可能です。複雑な根管や根尖病巣、歯槽骨への炎症の波及程度を詳細に把握するにはCT撮影は不可欠といえるでしょう。
CT画像では、患歯の歯根の先端は大きく湾曲するも上顎洞には穿通していません。歯根先端には病巣が認められ、先端の根管治療が不十分であることがわかりました。




ラバーダムを装着し、グラスファイバー製のファイバーコア(土台)を丁寧に除去します。ファイバーコアは歯と同系色であるため、除去する際は細心の注意が必要です。歯を削らないように除去します。こんな時、マイクロスコープがあると安心です。コア除去後は、以前の根管治療で詰めた樹脂(この以前の治療を根管充填といいます)を丁寧に除去します。矢印の先に光るものがあります。さらに拡大率を上げて観察します。


根充材の中に金属片が認められました。このような歯根が湾曲した根管治療では、神経を除去する「ファイル」という細い針が折れてしまい、そのままになってしまっていることがあります。右写真は、無事除去したファイルです。これが痛みの一因と考えられます。肉眼による根管治療では、精密な根管治療は難しいのが私の実感です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


金属を除去 虎ノ門歯医者



口内にある金属(銀合金やアマルガム)を除去する際、除去した金属が口内に流れ出て、飲み込んでしまうのでは?と心配される患者さまがしばしばいらっしゃいます。当院では、金属除去の際、ラバーダムを装着し、口内に流れ出ないように配慮します。



唾液の中にはむし歯や歯周病などの細菌が存在します。治療中に細菌が混入することは、むし歯の再発の原因です。金属除去だけでなく、根管治療神経を残す治療の際は、ラバーダムは効果的です





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

費用 インプラント 根管治療 かみあわせ

インプラント治療・根管治療・かみあわせに関する初診、メールのお問い合わせ、ご紹介、セカンドオピニオンの患者さまを多数拝見いたします。その代表的なお問い合わせ内容につきましてお知らせいたします。

インプラント治療について
(インプラントついてはこちらをご参照ください)


〇 料金について
当院のインプラント治療費用につきましては、こちらをご参照ください。



〇 本当に抜歯しなくてはいけないか?
当院では、徹底した歯周治療と根管治療にて歯を残します。
そのため、抜歯を避けることを前提に治療をすすめます。
根管治療のコンセプトにつきましてはこちらをご参考ください。
当院では、「やってみましょう!」というチャレンジング(試行錯誤)な治療はいたしません。術前の基本診査、CTおよびマイクロスコープ診査にてある程度のご説明が可能です。CT診査を阻害するメタルなどがある場合は、除去した上での診査をおススメしております。
症例によっては、抜歯をせざるえない場合もございます(歯を治療しても治癒せず、周りの歯に悪影響をあたえてしまう恐れのある歯)。その際は、可能限り「歯」ではなく、歯を支える「歯槽骨」を残すことに注力します。そのため、抜歯の際は、ソケットプリザベーション、あるいは抜歯と同時にインプラントを埋入設置する「抜歯即時インプラント手術」をご説明させて頂いております。


根管治療・マイクロスコープについて
(根管治療ついてはこちらをご参照ください)


〇 料金について

当院は保険医療機関です。根管治療は保険適用にて行っております。
また、根管治療時にはマイクロスコープや拡大鏡を使用して治療に臨みます。
マイクロスコープ・拡大鏡ともに別途保険外治療費はかかりません。MTAやCTなどの保険適用のない材料や機材を使用する場合は、あらかじめご説明させて頂き、別途費用が掛かる場合がございます。
保険外治療の根管治療もございます。ご希望の際はあらかじめお知らせください。


〇 「マイクロスコープを使用してください」「〇〇の治療をしてください」
治療法の選択は当院担当歯科医師よりご説明させていただきます。患者さまのご希望にお応えできるよう日々の臨床に取り組んでおります。

マイクロスコープやCTなどの最新機器は、我々歯科医師の「目」となる素晴らしい機器です。しかし、その機器を使用して得られる結果を評価するのは、歯科医師の「知識と技術と経験」でしょう。F1のレーシングカーに乗れば誰でも速く走れる訳ではないのです。お電話にて「マイクロスコープはありますか?」というお問い合わせをよく頂きます。マイクロスコープやCTが歯科医院にあることは、患者さまにとって歯科医院を選ぶ一つの基準とは成りうるでしょう。しかし、可能であれば一度拝見させて頂きたい。当院の歯科医師・スタッフがどのような人間か見て頂きたい、と切に感じております。


かみあわせについて
(当院のかみあわせ治療についてはこちらをご参照ください)

〇 料金について
当院のかみあわせ診査費用につきましては、こちらをご参照ください
初診時の基本的な診査は保険適用にて行っております。安心してご来院ください。
かみあわせの診査につきましては、保険でまかなえる診査項目が現在ありません。必要であればあらかじめご説明させて頂いたのちに診査させていただいております。
治療費用につきましても基本保険治療で行っております。

上記の内容すべてにおいて、患者さま皆さま費用のご質問が多いようです。
当院は保険医療機関です。基本保険治療にて行わせて頂いております。
保険外治療をご希望の際は、当院の料金をご参照くださいますようお願い致します。

 


インプラントの仮歯

インプラントは健康な隣の歯を削らずに歯を再生させる「歯に優しい」治療です。

インプラントフィクスチャーを歯槽骨内に埋め込み(1回目の手術)、数カ月間、定着する(オッセオインテグレーション)のを待ちます。定着後に2回目の手術です。粘膜下に埋め込んだインプラントフィクスチャーの頭出し手術です。
(インプラント治療の流れについてはこちら)

その後、粘膜が治癒したのちに、型どりを行い、最終的な歯の形に近い「インプラントの仮歯」を装着し、更なる粘膜の成熟を待ちます。審美性を問われる上顎前歯部では必須のステップといえるでしょう。



仮歯を装着することで、歯の形態や周囲の歯肉の形態を修正し、機能的にも審美的にも優れたインプラント治療が可能となります。当院では、ひとつひとつのステップに細心の注意を払い日々の臨床に取り組んでおります。






―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


神経を残す・取らない治療













随時追加更新してまいります。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


当院のインレー 症例集

当院のインレー(詰め物)の症例集です。

インレーに使用する素材には、銀合金、コンポジットレジン、ゴールド、ハイブリッドセラミックス、オールセラミックス(e-max)があります。前者2つが保険適応、後者3つが保険外治療となります。

その特徴につきましては、右表をご参考ください。クリックいただけますと拡大表示されます。

また、以下の写真をクリックいただけますと、当院での治療の詳細がご覧になれます。ぜひご参考ください。











随時更新追加します。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


ファイバーコア 仮歯 オールセラミックス 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者




ラバーダム+再根管治療後に、ファイバーコアを植立します。根管治療後の歯は、10~15年後に強度の低下による歯根破折の可能性があります。よりしなやか・より審美性の高いファイバーコアを植立することで、歯根破折を予防し、審美性高い補綴(かぶせもの)が可能となります。

また、かぶせものには精度の高い形成(歯をけずること)精密な型どりが不可欠です。そのためには健康な歯ぐき(歯肉・歯周組織)が必要。健康な歯周組織に改善すべく、また咀嚼やかみしめに対抗できる形態を確認するために、「仮歯」を装着します。仮歯を装着する」ことで、「この形態の歯で大丈夫か?」確認することができます。

仮歯が問題なければ、最終補綴を製作。マイクロ単位の適合精度が必要です。本症例はオールセラミックス。酸やアルカリ、温度変化や力学的負荷の激しい過酷な「口内環境」に耐えるべく最適な材質、オールセラミックス。化学的に安定しており、物性もエナメル質同等の硬さを誇ります。

当院では、本症例のような「徹底した治療」を目指し、日々精進努力しております。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。