トップページ > カテゴリー 'フェイスブック'

フェイスブック

再根管治療 vs インプラント 



60代男性、右上小臼歯の歯肉の腫れを主訴に来院されました。10年以上も前に神経の治療(根管治療)をしたとのこと。レントゲンを拝見すると、根管治療時に詰める根充材樹脂が根先端より外に漏出していました。その部位に膿が溜まり、歯ぐきが腫れていました。

当院常設の歯科用3D-CT装置にて診査を行います。
骨、歯などの硬組織を立体画像として診査することができます。治療前に診査することで、治療で治るのか?という確定診断をすることができます。

CTは立体画像だけでなく、X軸ーY軸ーZ軸でカットしたスライス画像を診ることで、より明確に診査することが可能です。



術前の診査で、根尖病巣の拡がりは レントゲンで見るよりも大きく、歯根先端は壊れており、周囲の歯にまで波及していることがわかりました。患者さまの「まずは根管治療をしてみたい!」とのご希望もあり、ラバーダムの上根管治療を開始、根管内の感染を除去しました。

根管内が原因の病巣であれば、根管内を無菌化すれば治癒します。しかしこの症例では治癒することはありませんでした。根管内を通り超え、根尖外に感染が広がっていました。

このような症例では、歯根端切除術を行いますが諸々の状況をを考慮した上で治療方法を選択します。

本症例では、患者さまと相談しました。様々な治療の成功率、それに掛かる費用・時間・期間・痛み、そしてその治療の予後(どのくらいもつのか?再治療の必要性があるのか?)などについてご説明させていただきました。

再根管治療インプラント

患者さま熟慮の結果、ソケットプリザベーション後にインプラント治療となりました。この歯をどうやってでも残す!ということではなく、可能な限り再治療をなくしたいとのご希望を第一に選択したインプラント治療。

患者さまによって治療法選択の基準は様々です。治療法も様々。治療法に正しいはありません。当院では十分なるコミュニケーションの上、治療に臨みます。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


かみあわせ 適切なマウスピース


歯に負担のかかりやすい「かみあわせ」と負担の少ないかみあわせがあります。

上下の歯が接触するのは1日のうち、7~15分といわれます。そのほとんどが咀嚼と嚥下(飲み込み時の接触)に費やされます。この接触は機能的な接触であり、特段問題はありません。

しかし、
〇仕事中のくいしばり
〇集中している時のくいしばり
〇寝ている時のはぎしり、くいしばり

これらの「かみしめ、くいしばり、歯ぎしり」は、非機能的接触で、歯に対して大きな負担をかけています。
では、皆さんのかみわあせはどうでしょう?

皆さんが歯に負担のかかりやすい「かみあわせ」かどうかチェックしてみて下さい。


① カチッと噛んだ時、奥歯があたり、前歯の接触は弱くあたります。
② 左右、前方に下あごをギリギリとすり合わせたとき、犬歯あるいは前歯が当たり、
奥歯がはあたりません。

いかがでしょうか?

②の左右前方にギリギリとすり合わせたとき、奥歯が当たっている方がいらっしゃるかと思います。または、ギリギリと動かせない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このような「かみあわせ」の方は、四六時中奥歯が当たりやすい状況にあるため、「かみしめ、くいしばり、歯ぎしり」をしやすい状況にあり、無意識のうちにかみしめていることが多くなります。 

歯は四六時中使用する器官です。負担を減らすために、前歯と奥歯でその負担を補い合っていま。「カチカチ噛んだ時は奥歯、ギリギリとした時は前歯」 というように補い合っているのです。

しかし皆が理想的なかみあわせをしているわけではありません。
〇歯が歯ぎしりなどですり減っている方
〇歯並びが良くない方
〇歯を失っている方
〇たくさんの歯を治療して
歯でご苦労されている方は、この前歯と奥歯の関係が崩れている方が多いようです。

〇首・肩がこる
〇顎が痛い
〇口が開かない
〇歯ぎしりをする
〇睡眠時無呼吸と診断された
〇下の奥歯が痛い、しみる、違和感がある

こんな症状のある方のほとんどが「かみしめ、くいしばり、歯ぎしり」が原因です。
マウスピースで適切な「かみあわせ」を付与することで、これらの症状は改善されます。

では適切なマウスピースとは?どんなものでしょう?

それは「かみしめをさせないマウスピース」です。つまりは、「カチカチ噛んだ時は奥歯、ギリギリとした時は前歯」をマウスピース上に再現させるのです。

当院では症例に応じて様々あるマウスピース(スプリント)から選択、患者さまの治療に使用します。症例によって、詳細なる診査が必要となる場合もございます。お気軽にご相談ください。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

ホワイトニングとハイブリッドセラミックス



20代女性、左下小臼歯と大臼歯に神経に至るむし歯で来院されました。このような深く進行したむし歯でもあまり症状が無い方もいらっしゃいます。症状がないからいいや!と放置しておくと、むし歯はさらに奥深くまで進行します、可能な限り早めに治療することが大切です。

本症例ではラバーダムの上、根管治療を行いました。その後はファイバーコアを植立し、歯肉圧排+シリコーン印象で型どり(かぶせものは精度が命!)です。治療期間中は仮歯を製作、安心して治療にのぞんでいただけます。

治療しながらも、その間にホワイトニングを行い、本来の歯の白さを取り戻します。

数カ月後には結婚式を控えたブライダルホワイトニングです。


当院では、豊富な症例をもつホワイトニングコーディネーター資格を有する歯科衛生士がホワイトニング施術を行います。(施術症例はこちらをご参照ください)


きれいになった歯の白さに合わせてハイブリッドセラミックスを製作し、セットしました。ハイブリッドセラミックスは見えづらい位置に一部金属を使用します。金属の使用は歯の削る量を少なくし、かぶせものに強度をもたせることのできます。

ハイブリッドセラミックスについてはこちらをご参照ください。




―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


くいしばり 予防 マウスピース



・奥歯で噛むと痛い、噛むと違和感がある
・奥歯がしみる
・かみしめている
・顎が痛い

奥歯のかみしめで上記の症状が起こります。こんな症状の患者さまには上のマウスピースを使用します。

このマウスピースは、上あご前歯に装着するマウスピースです。装着すると、前歯だけ接触し、奥歯が接触しないように設計されています。このマウス
ピースを装着することで、くいしばりの予防、顎の位置の改善などが期待できます。



くいしばりが日常となっている方は、日中も使用していただきます。装着によりくいしばりを自覚するとともに予防が可能です。いわゆるマウスピースでは審美的にも機能的にも日中装着していることは難しいですが、このマウスピースならば可能です。

いままで歯医者さんでマウスピースを処方されたが使用できなかった、あまり効果が無かった方は一度使ってみてはいかがでしょう?お気軽にご相談下さい。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯医者さんのマウスピースについて



マウスピースには様々な種類があります。当院では症例により使い分けています。

いわゆるマウスピースは、ボクシングやスポーツで使用するのマウスピースです。

のマウスピースは「スプリント」と呼ばれ、顎周囲の筋肉をリラックスさせ痛みを緩和、適正な顎の位置へと誘導する効果があります。

は。ナイトガードと呼ばれ、睡眠時に使用することで、歯ぎしりによる歯の摩耗を予防します。

②③④は、歯の摩耗を予防するのが目的であり、「歯ぎしりをしないように予防」するものではありません。装着することで逆効果となる場合もありますので注意が必要です。骨格姿勢かみあわせや症状により、適宜使い分けると効果的でしょう。

このほかに、市販の熱で変形させて使用するマウスピースを使用されている方もいらっしゃるようです。これは②~④のマウスピースと効用が似ています。適切な顎の位置で噛むように設定して頂ければ問題ないでしょう。


当院のマウスピースの取り組みについてはこちらをご参照ください!



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

かみあわせのチェックポイント

歯は四六時中つかっています。
「くいしばり」や「はぎしり」は、歯を消耗させます。

歯も使いすぎると、車のタイヤのように、または包丁の刃のように、すりへってしまうのです。すりへった歯、様々な悪影響を及ぼします。

よい上下の歯のあたり具合(接触関係)は、
・ カチッとかんだときに、バランスよく奥歯がかみあっていること。
・ ギリギリと動かしたとき、奥歯がかんでいないこと。

しっかりとかんだ時は「奥歯 」がかみあい、横にずらした時は「前歯」がかみあいます。こうすることで、かんだときの「力」を逃がしているのです。


皆さんはいかがですか?かみあわせをチェックしてみてください!(こちらをクリック)



宮崎歯科医院では、かみあわせの検査を定期的に歯科衛生士がチェックします。
いつでもお気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

審美+根管治療 右下の奥歯



40代男性、右下大臼歯の違和感を主訴に来院されました。写真は治療終了時、ハイブリッドセラミックスを装着した口内写真です。噛む力の強い患者さまには適した材質といえるハイブリッドセラミックスの治療過程をご報告させていただきます。

治療スケジュールは、1カ月ほど。
①初診時 根管治療
②根管治療終了
③ファイバーコア+仮歯セット 型どり
④ハイブリッドセラミックスセット


写真は初診時の口内写真です。マイクロスコープで診査すると、銀合金の詰め物が擦り減り、歯もすり減り、隙間ができています(黄色矢印)。レントゲン写真ではその部位が黒く写っており、むし歯が疑われます。神経近くまで進行したむし歯であるため、ラバーダムを装着してむし歯治療に臨みます。
神経を残す治療はこちらをクリックご参照ください


マイクロスコープで慎重にむし歯を除去します。むし歯は神経にまで到達していたことから、根管治療を行いました。本症例の第2大臼歯は、2歯根3根管が基本です。3根管を明示し拡大清掃します。根管内を無菌化すると痛みや不快症状はなくなります。



根管治療後に型どりをして、ファイバーコアを植立します。柔軟性のあるファイバーコアは歯の寿命を長くします。その上にかぶせものを製作しますが、かぶせものは精度が命です。形を整えて、歯肉圧排をおこない精密な型どりをします。型どり後は仮歯を装着します。



ハイブリッドセラミックスはメタルとハイブリッドセラミックスで作られています。裏側には歯の削除量を少なくするためにメタルが一部露出しますが審美性を損なうものではありません。症例によってはすべてをハイブリッドセラミックスで覆うことも可能です。本症例のように、噛む力が強い症例では、審美的にも優れ、また柔軟な素材であるハイブリッドセラミックスは適した材料といえるでしょう。 



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


審美歯科+根管治療 短期治療



名古屋遠方より急遽来院いただいた患者さまの治療が終わりました。
右下6番目 第一大臼歯の歯髄炎で来院いただいてから約1カ月ほどで治療終了です。

① 初診来院 根管治療詳細はこちらをご参照ください
根管治療終了 
③ グラスファイバー製の土台(ファイバーコア)を植立し、仮歯製作、型どり
オールセラミックス製の冠セット

1回の治療時間を長く、来院回数少なくして全部で4回、期間は1カ月ほど。

短期集中で治療完了、患者さまも今後は旅行を予定していたので大喜びでした。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


ソケットプリザベーション 


50代男性。歯では大変ご苦労を重ねていらっしゃる患者さまが当院を受診されました。左上奥歯のブリッジが折れてしまい、その上の上顎洞にまで炎症が波及した状態。ここまで病状が進行すると痛みはなく、咬んだ時の違和感と多少の腫れ程度の症状となります。
放置すると、周りの骨がさらに溶けてしまいます。将来的にはインプラントをお考えということもあり、可能な限り歯を支える歯槽骨を温存、できれば回復させるべく抜歯と同時にソケットプリザベーションを行いました。ソケットプリザベーションとは骨を回復温存させる抜歯術です。



術前のCT画像です。黄色の矢印がブリッジを支える歯。通常この歯を支える歯槽骨は赤線の高さまであるのですが、歯根が折れて感染したことで、黄色の線まで歯槽骨は溶けて失われています。このまま普通に抜歯してしまうと、黄色の線まで歯槽骨はなくなり、薄っぺらい歯槽骨となってしまい、インプラント治療の難易度を上げてしまうことになります。可能な限り、赤線のところまで歯槽骨を回復してあげる処置、つまりソケットプリザベーションが必要となるのです。



ソケットプリザベーションは滅菌消毒された手術ユニットにて行います。術者は簡易ガウンを着用します。抜歯後に生ずるスペース(穴)にはβ-TCP(リン酸3カルシウム)という人工骨を補填し、膜(バイオメンド)で覆ったうえで縫合します。



ソケットプリザベーション
には様々な術式があります。本症例では丁寧な抜歯後に歯肉溝切開(黄色の線)で粘膜を開き、病巣を除去しつつ歯槽骨の形態を整えます。その後にβ-TCPを補填して膜を置いてから縫合します。骨が回復するスペースを作るためにも粘膜には減張切開を付与します。これにより術後に頬部に腫れが多少生じます。「腫れ」はその部位に血液が集まっているということです。つまり治癒が促進しているということ。腫れはとても良いことなのです。しかし過剰な腫れは痛みを伴うため、腫れのコントロールが必要となります。当院では、腫れをコントロールします。術前・術後にどの程度、どの時期にどのくらい、どこに腫れが生ずるか?をあらかじめご説明いたします。安心して手術を受けていただけます。ここまで説明させていただいた治療はすべて「無痛麻酔・無痛治療」です。ご安心下さい。

ソケットプリザベーションには術後多少の腫れを伴いますが、この腫れはあって然るべきであり、なくては困るものです。腫れることは血液が集まることであり、そこに骨・歯肉が再生してくれている証です。

抜歯をする前に、その後どのような治療を望むのか?によって、抜歯の手技・方法は異なります。抜歯する前にご一考頂けますようお願い致します。お気軽にご相談ください。





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯の神経を抜かない治療法

歯は3層構造。

外側からエナメル質→象牙質→神経です。


むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症のため、神経近くまで進行しているむし歯治療では、唾液の侵入を防ぐ手立てが必要です。

その手立てをラバーダム防湿法といいます。


お口にグリーンのラバーをつけて患歯を唾液から隔離して治療に臨みます。

上症例は、数か月前に他院にてオールセラミックスインレーを装着しましたが食べ物が挟まるとのことで来院されました。マイクロスコープにて拝見すると、歯と歯の間にむし歯が認めらたため、患者さまと相談の上、外してやり直しましょうということになりました。ラバーダム+マイクロスコープで観察しつつ。むし歯を染め出します(赤色)。前医は肉眼で治療されていたとのこと、見えなかったのでしょう。当院では、しっかりむし歯を除去しました。


むし歯を削り取ることで神経が露出してしまうことがあります。その際は適宜適当な治療法を選択することが大切。本症例では、神経に近接した深いむし歯であったため、コンポジットレジンを積層充填し経過を観察することとしました。

右写真は神経を残した別症例の症例報告です(上顎小臼歯)。この症例では痛みもなく経過は良好。神経を取りたくないと考えていらっしゃる患者さまはぜひご参考ください。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。