トップページ > カテゴリー 'その他'

その他

MTAセメント 再根管治療



再根管治療の症例では、根管内に穴が開いていたり、歯根の先(根尖)が壊れていたりと通法の根管充填では治めきれないケースがあります。その際は歯根端切除の適応症となるケースもありますが、本症例のように「MTAセメント」で対応できるケースもあります。

本症例は近心頬側根と遠心頬側根(黄色矢印の先)の2つの根管がイスムスで結合し、その部位の清掃が不十分であったことから再根管治療となった症例。

先の根管治療ではステンレススチール製のファイルのみで根管治療をしたのでしょう、、、根尖部分が大きく削ってあり、根管内を樹脂で緊密に封鎖するには難しい症例でした。このような場合は、MTAセメント(赤矢印の先) 使用して根管充填をややアンダーに行います。これにより根尖部分の炎症は治まり、まだまだこの歯を使っていくことが可能です。

最近はMTAセメント治療のご希望やご質問、お問い合わせを多く頂きます。適切な診査診断の上、適切な症例にMTAセメントを使用することで、大きな治療効果を得ることが可能です。

 

 

根管治療 根管充填 専門医?

最近は、根管治療の専門医?と思えるほどの根管治療症例が日々続いております。紹介・セカンドオピニオンなど多くの根管治療症例を拝見しております。

むし歯は唾液中に存在するバクテリア(細菌)の感染症です。歯の内部深くまでバクテリアが感染した場合、根管治療が必要となります。感染した根管をのような極細のファイル(ヤスリ)で取り除きます()。根管内のバクテリアをキレイに取り除いたら、根管充填材で緊密に封鎖します()。

根管治療の手順についてはこちらを!

根管内をキレイにして緊密に封鎖するためには、のサイズがピッタリと適合しなくてはなりません。

患者さまからすれば「そんなこと当然でしょ??」って思われるでしょうが、そうなっていないのが現在の日本の保険治療。日本では根管充填を「側方加圧充填」で行うことが通法とされています。これはピッタリあっていない樹脂をいくつも押し込む方法。この方法では歯の内部に応力をため込み、歯根破折の原因となるともいわれているのです。当院では、そのようは根管充填法ではなく、垂直加圧根管充填法のひとつ、CWCT(ContinuousWave Condensation Technique)を用いています。当院で使用する器材はISO規格(国際標準化機構)に準じたニッケルチタンファイル()とガッタパーチャ()です。この規格に準じた器材・材料を使用することでピッタリとした根管充填が可能となります。



精密な根管治療には、適切な「道具立て」が不可欠です。当院ではUCLAの根管治療専門医コースを修了した歯科医師が、適切な道具立てで根管治療に臨みます。


根管治療だけ精密に行っても、その上にその上にかぶせる「土台(コア)」や「クラウン(冠)」の精度や接着方法がお粗末であれば、細菌に再感染の機会を与えてしまいます。精度の高いクラウン、精度高くかぶせることは、再根管治療の予防にとても大切なのです!

当院ではファイバーコアをパナビアセメントで接着固定します。接着する前には、ファイバーコア・歯根表面を丁寧に清掃し、表面処理を施します。細かなレベルで接着するよう配慮したファイバーコア。徹底した治療が当院の目標です!

 

 


歯根端切除術 術式

むし歯は口内唾液中に存在する細菌(バクテリア)の感染症です。歯の内部深くの「根管(神経)」まで進行すると、根管治療が必要となります。
そのため、根管治療の目的は、更なるバクテリア感染拡大の予防となります。

根管治療がうまくいかずに感染が取り残されたり、根管治療をせずに放置することで、感染は歯の内部にとどまらず、歯を支える「歯槽骨」へと拡大します。その際、感染を徹底除去するために、「歯根端切除術」が必要となります。

根尖病変は無症状に進行することもありますが、放置は危険です。早々の治療をおススメしております。

下図は当院で行った実際の症例を図式化したものです。



初期の根尖病変は、根管内の感染(汚染)が原因(①)です。根管内をキレイにすることで、根尖病変が改善することもあります。
当院では、根尖病変の状態、根管形態の精査のため、CT撮影を術前に行い患者さまに丁寧に説明致します。治療内容、回数、その予後など、治療を受けるうえで心配のないように配慮させて頂いております。
その後、ラバーダム装着の上で根管治療を行います。



根管内を80ミクロンのステンレススチール製のファイルを用いて穿通し、ゲーツグリデンドリル、ニッケルチタンファイルで丁寧に慎重に清掃します。

根管内の精査加療には、マイクロスコープは必要不可欠です。根管内の汚染が除去できたら、根管充填を緊密に行います。

根管充填後、根尖病変を取り除きます。根尖病変だけでなく、感染汚染した根尖部分も削除します。




根尖先端部分の根管充填樹脂を一部除去し、MTAセメントで封鎖します。もし根管内に感染が残っていたとしても、これでバクテリアを埋葬することが可能となります。削除により失った歯槽骨の穴には人工骨を補填し、歯肉の落ち込みがないように体内で徐々に吸収する「人工膜」で多い手術は終了です。当院では、この手術過程をすべてマイクロスコープ下で行います。

当院では、UCLA大学歯学部(University of California Los Angeles School of Dentistry)の卒後教育である根管治療プログラム(Endodontic Mentorship Program)を修了した歯科医師が根管治療および歯根端切除術の施術を行っております。

歯根端切除術(再考)の必要性についてはこちらをご参照下さい!

歯根端切除はなぜ必要か?についてはこちらをご参照ください!

 


インプラント 不安 手術時間



インプラント治療に強い不安を感じていらっしゃった患者さまの症例。下顎第1大臼歯の抜歯即時インプラント手術。治療不可能な歯を抜歯すると同時にインプラントを埋入する手術を抜歯即時インプラント手術といいます。

この手術には多くの利点があります。
・手術回数が少なくなる!
・治療期間が大幅に短縮する!
・痛みが少ない!
・ドリリングしない!

手術は20分程度。
一般的歯科治療に格段に治療時間が少ない。術後の痛みもなく、患者さまは驚いていらっしゃると同時に、「もっと早くやっておけば良かった!」とのご感想。

歯を抜いたら、「入れ歯」「ブリッジ」治療があります。
「入れ歯」は残っている歯に「ひっかける」治療。
「ブリッジ」は残っている歯を「削る」治療。1.5倍の負担となる。
いずれも大切な残っている歯に負担をかける治療なのです。

インプラント治療は現代ではスタンダードな治療、特別な治療ではありません。
徹底した根管治療で歯を残す、治る見込みのない歯は周囲の骨を溶かします、骨が溶けるとインプラント治療を難しくするのです。

本症例のように、問題は早期発見早期解決がいいですね!





根管治療 かみあわせ 相談


他院で複数の先生にご相談された症例。

あるところでは「かみあわせ」を調整すれば治る。あるところでは「神経をとらなければなおらない」、またインターネットでは「細菌が身体に回る前に抜歯してインプラント」また他では「静止性骨空洞??」などなどなど。これでは患者さまは怖くなるばかりです。「かみあわせ」と診断した医院では、患歯に電気をあてて反応があったので神経は生きている、だから根管治療は必要ない、だから「かみあわせ」が原因との診断。「神経が生きてる、死んでる」「抜髄、感染根管処置」といった診断は、日本独自の保険診療システムに基づく「ざっくりした診断」です。そんな簡単ではありません。

患者さまのお話しを十分伺ったうえで、当院での診断は歯髄壊死からの根尖性歯周炎。
(当院の診断基準はこちらをご参照ください)
ラバーダムを使用せずの深いむし歯治療による不顕性感染を原因として歯髄に感染し、徐々に歯髄が壊死したのでしょう。相当痛かったはずです。

歯髄壊死の場合、すぐにはレントゲンでは判定が困難です。

レントゲンだけではわかりづらい場合は、CTを撮影すると明確です。

上記画像からも根尖病変が明確。またこの歯は「樋状根」。根管治療の難易度がさらに上がります。

根尖病変は放置しても治りません急性症状を起こす前に、早々の根管治療が必要です。


 



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


あぐらイス(アーユルチェア) 姿勢大丈夫? かみあわせ

日本人は床に坐って事を為すことがとても多い。
テレビを見る、パソコンをする。こんなときも床に座っている人が多いようです。

こんな時、右の写真のような姿勢になっていませんか?
床に座っていい姿勢を使用としてもそれは無理。
座骨のくるぶしが同じ面上にあってはどうしても骨盤は後方へ傾きます。
当然バランスを取るように頭は前に、顎は上がり、口があき、大胸筋は収縮します。

お子さんの噛み合わせを育成するならば、これは問題です。
お子さんだけでなく、お父さんお母さんの首、肩、腰に多大なる負担をかける「この姿勢」。対策をしないといけません!こんな姿勢では「かみあわせ」もおかしくなります。

当院ではかみあわせ治療の際、生活習慣に関わる問診を必ずします。とても大切なんです。

こんな姿勢の対応策として、「あぐらイス」が効果的といえるでしょう。
無理なく床坐りができる「あぐらイス」。姿勢の矯正効果もあります。ぜひ、ご使用ください。

また、当院では診療にアーユルチェアを使用しています。

待合室にも置いてありますのでぜひお試しくださいね。

インプラント サージカルガイド 無痛



左下の歯を3本失い当院へご相談。

レントゲン写真、CT検査で今後をシミュレーションして患者さまへご説明させていただきました。

第1選択 インプラント治療
1) 3歯インプラント(5,6,7)
2) 2歯インプラントブリッジ(⑤6⑦)3) 2歯インプラント(⑤⑥連結)

第2選択 バルプラスト義歯
反対側(右側に維持装置必要、そのためリンガルプレートとなる)

治療法は様々ですが、基本的な考え方は、
「残っている歯にこれ以上負担をかけない」こと。

削ったりかぶせたりするブリッジや、引っ掛けたりする入れ歯では、さらなる負担を残っている歯に負担をかけ、さらに抜歯せざる得ない歯を未来に残してしまいます。

インプラント治療を行う前に、当院ではこのような治療計画を立案し、患者さまと相談します。基本的考え方は世界のスタンダード「削らない、つなげない、ひっかけない」

本症例は2本のインプラントを埋入しインプラントでブリッジを製作します。
手術時間は無痛麻酔から縫合まで30分程。
もちろんサージカルガイドを使用します、安心確実無痛手術。

「結構時間かかりましたね!」手術後の患者さまからのお言葉。
「2本のインプラント手術、まあまあ早い時間なんですよ(笑)」

大きなお口をあいていただいたのでご負担が大きかったかな(笑)
まだまだ精進が必要です!






 

根管治療 専門医

当院院長は、UCLA大学歯学部(University of California Los Angeles School of Dentistry)の卒後教育である根管治療プログラム(Endodontic Mentorship Program)を修了しました。

その内容は、UCLA歯内療法学分野の教授陣による英語文献の集中講義による「科学的根拠」の修得。ロサンゼルスにて根管治療専門医としてご開業されている清水藤太先生よる芸術的な根管治療の術式の修得です

年間1600症例以上の根管治療症例を手掛ける清水先生より、根管治療法、マイクロスコープの使用法、ニッケルチタンファイルの選定から効果的な使用法、歯根端切除術(外科手術)などなどなど、微に入り細にわたり、知識・技術を余すことなくご教授頂きました。そのすべてが「実践的かつ科学的根拠に基づくもの」。さらなる勉強を積み重ねつつ、今後の当院の治療に生かしていく所存です。

UCLAの先生方、清水藤太先生に感謝するとともに、ご教授頂いたコンセプトに従い、適切な治療環境を整えて、すべての当院の根管治療の必要な患者さまに還元してまいります。

 

 


歯根端切除術(再考) 東京歯医者

最近、根管治療がもてはやされている感があるのは私だけだろうか?

歯科界では、2000年まで、歯周病治療(歯周外科手術・歯周再生治療)により歯を残すことが流行し、成功率の高まったインプラント治療が2000年を超えて全盛に。ここ数年ではインプラント治療に加え、今一度歯を残すことを大切にしようという観点から「マイクロスコープ根管治療」が流行している。マイクロスコープによる根管治療に加えて、マイクロスコープによる歯根端切除術を行うことで、成功率が高まるという文献とともに、「歯は残せる!」という言葉が日本ネット内で散見されるようになっているの現在。

たしかに正しい治療コンセプトと適切な環境づくりは、根管治療に関わらず最重要案件といえるだろう。しかし、マイクロスコープがあれば治る!ニッケルチタンファイルを使えば治る!MTAを使えば治る!というわけではないはずである。そこには正しい治療コンセプトがあってしかるべきであり、それに従い試行錯誤して治療に臨むことで良い結果が得られるはずである。

最近当院にはこんな問い合わせやご質問が多くある。
マイクロスコープはありますか?使ってもらえますか?」
「ラバーダムしてもらえば治るんじゃないですか?」
「ニッケルチタンを使えばなんとかなるんじゃないですか?」
「〇〇を使ってやってみて下さい!」


お困りになった末でのお言葉であると重々承知ではあるものの、こんな言葉には少々困惑する。マイクロスコープなどの「道具」を使うのは「人」。どう使うかも「人」。使い方がわからなければ、道具も意味を為しません。「宝の持ち腐れ」です。

インターネットでは多くの情報が氾濫しています。それを歯科素人である患者さまが判別するのは難しい状況にあるでしょう。当院では多くの時間を設けて患者さまをお話しする機会をつくるようにしています。

私が師事するUCLA正式プログラムでご教授頂いている清水藤太先生のお話しでは、アメリカ根管治療の歴史は右のようになっているとのこと。

米国では、現在の日本のマイクロスコープ歯根端切除術全盛の時代は15年ほど前に過ぎ去り、現在ではその反省期に来ているらしい。つまりはやったけど治らないかった症例の後始末の時期にあるとのこと。

ではなぜそのようなことが起こるのか?ここではその詳細については長文となるため割愛するが、その点も踏まえて、現在米国のエンドドンティスト(根管治療専門医)育成機関では、エンドドンティストにインプラント治療法を教えるようになっている。

適切な根管治療が為されていないならば、経過観察など行わずに速やかに外科治療(歯根端切除)に移行しなければならない」 Dr.Abou-Rassは言っています。

同時に、「エンドドンティストたるもの積極的に外科(歯根端切除術)を取り入れるべきであり、通常の根管治療が”右手”ならば、”外科”は左手。右手と左手を組み合わせることでしっかりとしたエンド(根管治療)ができるようになる」と言っている。

根管内に問題があるのであれば、通常の根管治療でその原因を除去してあげれば、あとは勝手に「身体」が治してくれる。根尖病変などが治らないのは、根管内ではなく、根管外に感染が拡大進行しているから。ならばその部分をしっかりと除去する「歯根端切除術」は有効な手段といえるだろう。

しかしそれをしてもまだ失敗することもある。では歯根端切除術は無駄なのだろうか??
それについては、清水先生はこのように述べています。

「現在では、エンド(根管治療)にだけ頼るのではなく、その後の治療を見据えた考え方が必要である。それにはンド―インプラントロジーの考え方が必要。徹底した根管治療(エンド)で残せなかった場合は、すみやかにインプラントできるような環境づくりを口腔内につくっておくことが大切。」

つまり、根尖病変はそのままにせず通常の根管治療に加えて歯根端切除術を行い、病変を確実に除去し骨再生(GBR)を促す。そのまま経過が良好であれば良し、悪ければ抜歯してインプラントできるようする!将来を見据えてリスクを少なくした治療が大切なのです。(根尖病変は放置して治るのか??)

当院ではUCLA正式プログラムに準じた根管治療を行い徹底して歯を残します。歯根端切除術は必要不可欠な治療であり、次につながる有効な治療法といえるでしょう。当院の治療、外科手術は無痛麻酔・無痛治療です安心してご相談ください。



ご予約についてお願い

現在、根管治療神経を残す治療インプラント治療のお問い合わせを大変多く頂いております。そのため予約も大変混み合っております。大変ご迷惑をお掛けいたしますが予めご了承頂けます様お願い申し上げます。

そのため、お痛みがある患者さまにおかれましては、お問い合わせ画面からのメールだけでなく、当院まで直接お電話を頂けますようお願い致します。早々のご予約が可能となるかと思います。

また、ご連絡頂いたにもかかわらず無断でキャンセルをされる患者さまも残念ですがいらっしゃいます。キャンセルの際はご一報頂けますと、他の患者さまにご迷惑をかけることがありません。当院のスタッフも診療におきまして大変助かります。

当院では患者さまとの「対話」を大切にしております。少ないスタッフではございますが、ひとりひとりの患者さまに全力投球で診療にあたらせていただいております。「患者さまとの時間を大切にしたい」とスタッフ全員が切に願っております。

当院に来院される患者さまにおかれましては、できる限りキャンセルなきように、またキャンセルの際は、前日にはご一報いただけますようお願い申し上げます。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。