トップページ > カテゴリー 'その他'

その他

再根管治療 マイクロスコープ大切

右上第一大臼歯の再根管治療

情けないことですが、数年前に私自身が行った根管治療を再根管治療することとなりました。患者さまには申し訳ない気持ちでいっぱいですが、この数年で私の技術も知識も格段に進歩したことで、以前の治療の未熟さを痛感することとなった症例です。

処置前は、触っただけでも痛む状態。この状態で麻酔をして根管治療をすると、さらに痛みが増し、その痛みは数日間続きます。ここで根管治療をしてはいけません。現在の痛みの部位は「歯根膜」。この部位を刺激しないような「適切な対処」が必要となります。

適切な対処の数日後、痛みがなくなった状態で、再根管治療をすることとなりました。

根尖病変の広がりを明確にするために、CTを撮影したのが左の画像です。近心頬側根に根尖病変が認められます。

この歯は3つの歯根から成ります。そのうちの1つ、近心頬側根には根管(神経)が2つありますが、そのうちの1つは肉眼では見えません。この部位の治療ができていなかったと推測されました。実際の口内のマイクロスコープ画像が以下となります。



通法通りの3根管の根管充填がなされています。しかし髄床底の拡大清掃が未熟、もう一つの根管(MB2といいます)をマイクロスコープでみつけることができました。これが痛みの原因です。

この当時、5倍の拡大鏡をつけての診療でしたが、その知識不足とマイクロスコープが無かったこともあり、これが限界でした。

この部位を適切に根管治療を行うことで、治癒に向かいます。
根管治療に限りませんが、正しい治療コンセプトと適切な環境づくり(CTやマイクロスコープなど)がとても大切であるということを反省させられた症例です。

 

歯の神経を残す 生活歯髄療法

神経を残す方法にはいくつかの手法を「生活歯髄療法」といいます。
手法は次の5種。

① 間接覆髄法
② 暫間的間接覆髄法
③ 直接覆髄法
④ 部分的断髄法
⑤ 断髄法

露髄を防ぐ①②の手法、露髄をしたら②~④の方法となります。(露髄とは、むし歯を除去する際に、神経にまで到達し、神経(歯髄)が露出することをいいます)

歯科医学的にも、患者さまの心情的にも、歯の神経は取らずにできたら有難い。
しかし、次のようなときは、すみやかに根管治療をすることをおススメします。

・ 自発痛がある、あるいは過去にあった
・ かんだとき、たたいた時の痛みが強く持続する
・ 刺激が加わると持続性の痛みがある


残せる神経は徹底して残します。しかし、細菌感染が内部深くまで進行しているのであれば、痛みが引かないのであれば、すみやかに根管治療を行い、痛みの除去と更なる感染拡大を防ぐ必要があるでしょう。

生活歯髄療法に関する古くからの争点があります。

生活歯髄療法後、歯髄は変性するため、その後の根管治療を困難とするということです。
これにより、このような「予防的な根管治療=生活歯髄療法」は必要ないとする考え方もあります。

当院では、徹底して歯の神経を残し、ダメならば徹底して根管治療に臨みます。
そのためには、適応症を見極めることがとてもとても大切です!

お困りの際は、ご相談ください。お力になれます!

 


よい根管治療とは何か?

良い根管治療とはどんな根管治療でしょうか?

Prof.Marwan Abou-Rassのファイナライゼーションコンセプトでは、このような記載になっています。

① 適切な機械的拡大・清掃が為されている。
② ガッタパーチャとシーラーで適切な長さまで根管充填されている。
③ 適切な歯冠修復が為されている。
④ 客観的・主観的症状がない、またあっても治癒傾向にある。

むし歯は口内に存在する細菌の感染症です。上記を簡単にいうならば、
① 根管内の細菌感染を除去し
② 再感染しないよう樹脂で緊密に封鎖し、
③ 上から精度の高い「かぶせもの」をかぶせ、
④ 歯科医師が見ても、患者さんの感覚でも問題が無く、治る過程にある。

これを満たす根管治療は「良い根管治療」といえるとDr.Abou-Rassは言っています。同時に、「(上記のような)適切な根管治療が為されていないならば、経過観察など行わずに速やかに外科治療(歯根端切除)に移行しなければならない」とも言っています。

むし歯は細菌(バクテリア)の感染症です。
口内から感染した細菌は、歯の内部へ浸食し、歯根の先へと及びます。治療時期が遅れることで、歯根の先端より外部へと細菌感染は進行し、通常の根管治療では治癒できないこともしばしばです。このような場合は、歯根周囲の骨ととも歯根尖を外科手術にて除去します。

以前よりこのような治療は為されていましたが、マイクロスコープの台頭により、その成功率は90%以上に上昇し、マイクロスコープを用いた外科治療の有効性が広く知られているのが日本の現状といえるでしょう。これは、インプラント治療が安易に選択されるようになったことから、「まずは徹底して歯を残す、そのためには歯周病治療と根管治療を徹底しなければならない」という風潮がでてきたことによるものとも言えます。

現在日本では、「歯根端切除をすれば治る」と言われることも少なくないようですが、15年先をいくアメリカエンドでは、ちょっと違うようです。

アメリカにおいて、2000年代に早くも成熟したマイクロスコープによるエンド外科手術は、現在反省期に入っています。マイクロスコープ外科手術でも治すことのできない症例が多く出てきているのです。

では、どのようにしているのでしょうか?

答はDr.Abou-Rassが1999年に唱えていた「エンド・インプラントロジー」
マイクロエンドの歴史を踏まえた上で、当院では、米国式「最新の」徹底した根管治療を行います。お困りの際は、ご相談ください。お力になれます!




 


インプラント術前術後 下顎奥歯



インプラント治療の術前術後写真です。左下奥歯2本を失い、ブリッジ治療の選択肢もありましたが、これ以上残っている歯に負担をかけたくないとのご希望もあり、インプラント治療をご決断いただいた患者さまです。

サージカルガイドを使用してインプラント手術を行いました。最終的にどのような歯が入るのか?を模型上で想定し、その上で、インプラントフィクスチャーの埋入位置を決めるサージカルガイドは、多数歯欠損症例には不可欠な方法です

当院では1つ1つの治療ステップを丁寧慎重に行います。「石橋をたたいて壊して渡らず、自分で作って渡る」のが私の信条です。徹底した治療を日々の臨床で目指しています!

インプラント 痛くない手術 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



そもそもは右上(レントゲン写真向かって左)の歯が折れてしまい歯を抜歯、ブリッジ治療をされた患者さまでした。そのころから左上(レントゲン写真青枠)は歯がないままでした。歯がないまま放置していても、現代は軟食の時代。食事にそれほど困ることもないのですが、これだけの骨格をされていると(黄色線)歯に対する負担は相当なるものです。そのため、右上の歯が折れてブリッジになってしまったのでしょう。

この度は患者さまより、左上の歯のないところに何か治療はないだろうか?とのご相談をいただき、まずは歯槽骨のあるところに1本、インプラントをしてみてはどうかとご提案いたしました。患者さまは痛みにとても敏感な方、心配もあったようですが、しばらくのお付き合いで私を信頼してもらえたようで(笑)、手術のご決断をされました。

インプラントにはCTシミュレーションが不可欠です。骨量・幅を確認したのちにインプラント手術を行いました。

無痛麻酔、無痛手術。手術時間は30分程です。(手術の流れはこちらをご参照ください)

一般的な歯科治療に比べて負担の少ない治療、インプラント治療。歯が再生することで、残った歯の負担を軽減し、これ以上歯を失わずに済みます。

痛みもなく、安心して治療を受けていただけました。ご不安の際は、ぜひご相談下さい。






―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 



根管治療 痛い 上顎大臼歯 なぜ?東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



上顎第1大臼歯の根管治療。他院にて治療したのですが、違和感と歯ぐきの腫れが取れずに当院で治療することとなりました。上の写真は根管治療中のマイクロスコープ画像。当院では、記録を取りつつ治療をすすめます。歯医者さんって何されてるかわかりませんよね(笑)。その都度その都度ご説明しつつ治療を進めることで、ご自身の歯を大切に思っていただければと思っております。

上顎第1大臼歯の根管は通常3根管、つまり矢印が3つということ。
この症例では、4つめが存在(赤矢印)。これは肉眼では見えませんね



むし歯治療も歯周病治療も、根管治療も、唾液中に存在する細菌(バクテリア)を駆除することが治療の目的。根管治療では、ラバーダムというラバーを患歯に装着し、唾液の混入を防止します。上写真は、4根管をキレイにし、再度感染しないように樹脂を詰めた状態です。先ほど赤矢印の根管、これを俗にMB2といいますが、この根管治療が為されておらず、違和感や痛み、腫れの症状が残っている患者さまを多く拝見しております。

上顎大臼歯にこのような症状がある際は、疑ってみてはいかがでしょうか?




根管治療 何回かかるの? 回数? 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



下顎小臼歯の根管治療。診断としては、Initial treatment(はじめての根管治療の場合)で、②可逆性歯髄炎(軽度の炎症。冷温刺激で一過性の鋭い痛みがあります)の状態。根尖病巣はなく、比較的軽度な症例。(当院の根管治療の診断基準についてはこちらをご参照ください)

マイクロスコープ
ラバーダムを用いての根管治療。不明な点はCTで精査します。

1回あたりの時間をいただければ、根管治療は2~3回で終了です。

回数がかかる、治らないのは、なにか問題があるのかも?
・診断は適切か?(CTは撮影しているか?)
・治療法は適切か?(ラバーダム、拡大鏡、マイクロスコープ、ニッケルチタンファイルは?)


当院でもすべてが2~3回で治るわけではありません。
患者さまの理解度、協力度は治療には不可欠ですが、それにも関わらず回数がかかるときは、病状について明確にお話しさせて頂いております。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


根管治療 クラウンを外す メール回答 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

[メールのお問い合わせ内容]

『 何度か奥歯の根管治療をしているのですが(保険診療内)1.2年でまた痛みが出ます。今回もまた根管治療後2年で痛みが出てきてしまいました。被せ物はセラミックのため、できればそのセラミックを再利用したいのですが可能でしょうか?また費用はどのくらいになりますでしょうか? 』


上文に似た内容のメールを大変多く頂きます。

かみあわせ、むし歯、歯周病などの口内状況が推測できる範囲内で、患者さまおひとりおひとりに合った内容のメールを返信させていただいております。以下内容は、どの方にも共通する回答になるかと思います。ご参考いただければ幸いです。


根管治療は、歯の内部の神経(根管)にまで及んだ「細菌の感染」を除去することです。

再根管治療が必要ということは、「根管内に細菌の感染が残っている」ということになります。

そのため、再根管治療では、原則「クラウン(被せもの)」を外して治療を行たほうがよろしいでしょう。

その際は、クラウンの再利用は難しいでしょう。

但し、症例によっては、セラミックを外さずに「歯根端切除術」を行い治すことが可能です。
(歯根端切除術 http://miyazaki-dentalclinic.com/17114

そのためには、病状・部位により適応症かどうか、レントゲンやCTによる精査が必要となります。


現在の保険治療制度は、戦後国民皆保険制度が導入された当時の制度をそのまま引き継ぐものです。先進諸国の中ではとても安価な治療費用といえますが、その方法も同等といえるでしょう。歯科治療は日進月歩。日本において最新の治療法を受けるには、「保険外治療」に頼らざる得ないのが現状です。

当院では、あらかじめ問診表にて、「保険外治療の説明が必要かどうか?」を患者さまにお伺いさせて頂いております。そのため、患者さまのご希望のない限り、保険外治療の説明をさせていただくことはなく、また、原則、保険診療にて治療に臨みます。

保険診療の費用は全国一律です。大きなご負担にはならないかと思いますが、こちらにつきましても、おおまかな費用を事前にお知らせさせていただいております。

再根管治療や歯根端切除術の際、CTラバーダムMTAといった機器・薬剤を使用することで事前の診査を徹底し、治療の治癒効果を高めることが可能です。このような機材や薬剤は、残念ながら保険治療の適応外となっております。そのため、CTラバーダムMTAといった機器薬剤は自費治療(保険外適応)となりますが、各3500円~5000円程のご負担です。

(当院の根管治療について http://miyazaki-dentalclinic.com/14599

(CTについて http://miyazaki-dentalclinic.com/17776

(ラバーダムについて http://miyazaki-dentalclinic.com/17703

(MTAについて http://miyazaki-dentalclinic.com/13709





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


根管治療とかみあわあせ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



左下奥歯の再根管治療症例です。病歴は以下の通りです。
左下奥歯の詰め物が外れて他院に来院すると、やり直しを勧められたとのこと。やり直しでセラミックインレーを詰めると、詰め物が高く感じて痛みが出てきました。その旨を担当医に訴えると、説明なく根管治療(神経を取る治療)をされ、その後通院するも痛みは増すばかり。夜も眠れず、当院を受診されることとなりました。

赤矢印の歯が痛みある歯です。
本症例に限らず、治療をする際は、「なぜ?」を考えなくてはいけません。本症例の”左下奥歯の詰め物が外れる”にも理由があるはず

レントゲンを見ればそれは明らかです。原因は「かみあわせ」にあります

患者さまの顎関節の形態には左右差があり、左顎関節はすり減り、左の下顎枝は短くなっています。下顎角(俗にいう“エラ”)は左の方が張っており、相当な左側でのくいしばりが推測されます。

患者さまに伺うと、矯正治療を以前にされた経緯があるとのこと。くいしばりの自覚もあり、それが原因で外れたことが推察されます。



このような症例において、もし根管治療が必要なのであれば、根管治療中は、咬合しないように(噛んでも当たらないように、噛む面を削り落とす)する必要があります。本症例ではその点についての配慮がなく治療が進められており、根管治療も不十分、根管(神経)の見落としがありました(上記写真参照)。

根管治療にはラバーダムマイクロスコープCTなどの診査機器がとても大切ではありますが、これらは治療をする上での最低限の環境づくりです。その前の、かみあわせを含めた「診査」がとても大切です。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯を抜いた後の治療 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

歯は抜くには理由があります。
適切な治療を施しても良好な結果が得られず、後に痛みが残ってしまったり、残っている歯に悪影響をおよぼす場合、「抜歯」という前向きな治療を選択することとなります。



歯を抜く際には「注意」が必要です。
ただ抜いてはいけません。


抜く際には、骨を残すこと、骨をできるだけ元通りに再生させることに注力することが必要となります。

これにより、その後に行うブリッジ治療や入れ歯、インプラント治療の違和感を改善し、予後を良好にします。



抜歯時に行う「骨を残す治療」を「ソケットプリザベーション」といいます。
また、その後の治療にインプラントをお考えの場合、抜歯と同時にインプラントを設置する「抜歯即時インプラント手術」も痛み軽減・期間短縮に有効です。

大きく周囲歯槽骨を失ってしまった場合は、歯槽骨を再生する「GBR法」の適応でしょう。






歯が持たないからといって、即抜歯してはいけません。その後の行う治療法によって、抜歯した部位への抜歯方法は異なるのです。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。