※ 初診の流れ (必ずご一読下さい)

当院の初診の流れについて

初診時の基本的な診査、現在までの病歴と病状などに関する問診などについて、歯科医師の指示のもと、はじめに歯科衛生士が拝見いたします。

基本的な診査は以下の通りです。

・問診
・口内の状況記録
・歯周ポケットの測定
・かみあわせ診査
・患者さまのご質問に対する回答

時間にして30分程のお時間を頂きます。

この基本診査の結果を踏まえ、歯科医師が拝見させて頂き、現状のご説明とそれに対する治療法を患者様のご希望を伺った上で、初診担当の歯科医師もしくは当院歯科衛生士がご説明させて頂きます。

また、お一人お一人の治療計画を歯科医師が立案し、当日お話しできないことは次回、お時間を頂きご説明させて頂く機会を頂いております。

当院のシステムにご同意いただけるようであれば、ぜひご来院ください。

しっかりと拝見させていただきます。

まず、診査ありきです。
緊急性の高い「痛み」を伴う状況にある患者様にあっては、この限りでございません。

当院では、保険治療にとどまらず、保険外治療を積極的にご説明させて頂きます。

現在の保険医療制度は、1961年、戦後誰でもが平等に医療を受けることが出来るように制定された国民皆保険制度の流れをそのまま受け継いだものです。
多くの患者様の症状を可能な限り早々に取り除く「対症療法」として、優れたシステムではありますが、日進月歩の歯科治療、多岐にわたる価値観の違いにより、「患者様にとって最善の歯科治療」を提供するには限界が生じているのも事実です。

当院では、患者様にとって最善の治療を提供すべく、以下の治療につきましては保険外治療とさせて頂いております。

あらかじめご理解いただけますようお願いいたします。

・インプラント治療
・セラミックなどのメタルフリー治療
・審美歯科治療
・ラバーダムとマイクロスコープを活用した根管治療
・ラバーダムとマイクロスコープを活用した歯の神経を残す、温存する治療

 

「診査なきところに診断はなく、診断なきところに治癒はなし。」

適切な診査に基づく、適切な治療法の選択が、病態を治癒に導きます。

当院には、これまでご苦労を重ねてきた患者様が多く来院されますが、大切なのは診断です。適切なる診査・診断なきところに、たとえ最新設備があったとしても、治癒はありません。あらかじめご理解ご了承をいただき、お時間をおつくり頂けますよう切にお願い致します。

尚、海外・遠方から来院される患者様におかれましては、可能な限り来院回数を少なくして問題解決に当たりたいと思っております。遠方より来院される患者様におかれましては、当院のホームページの「お問い合わせ画面」をご利用頂き、現在の病状について可能な限り詳細にご説明を頂けると幸いです。

(保険診療の初診時の診査・治療内容につきましては、患者様お一人お一人それぞれ違います。診査する際に、クリーニングが必要となる症例もございます。付加的なレントゲン撮影が必要となる患者様もいらっしゃるでしょう。大きな治療などがなければ、おおよそではございますが、¥3,500~¥5,000-以内になるかと思います。)