費用 根管治療 神経残す治療 (都内港区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷歯科)

「神経を残す治療」
「ラバーダムとマイクロスコープを使用した根管治療」

当院では徹底した治療で日々臨んでいます。

ブログやホームページで供覧させて頂いている症例について、多くの患者様からご質問をいただきます。

一番多いのが、「費用」についてのご質問です。
「マイクロスコープは別途費用が必要でしょうか?」
「根管治療は保険外治療ですか?」
「神経を残す治療は保険でできますか?」
「保険と保険外の違いは何ですか?」
など様々ではありますが、いずれも「費用」についてのご心配を多くいただきます。

当院は保険医療機関のため、保険でできることは保険で行います。
しかし、日々進化する歯科医学と保険治療とのギャップがあるのも事実です。

そのため、ご希望があれば患者様に説明し、ご選択いただけるよう当院では取り組んでおります。

以下に患者様に返信させていただいております費用に関するメールの内容を転載させていただきます。ご参考ください。

 

『当院では基本保険治療で行わせていただいております。むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。そのため、治療の成否は、治療中に対する「無菌的配慮」となります。

「神経を残す治療」、「根管治療」ともに、「保険」と「保険外」の2種類が当院にはありますが、術式、治療コンセプトの違いはりありません。

違いは、使用する器材が「滅菌済み」のものを使用するか、「新しいもの」を使用し、使用後は破棄するかの違いです。

「保険」では滅菌処理された器材を使用します。滅菌可能な器材を滅菌消毒し使用します。

「保険外」ではすべて新品の器材を使用します。滅菌処理したものは使用しません。
より「無菌的配慮が為されている」ということになります。

他に、保険では適用となっていない器材については患者様にご負担を頂いております。

「神経を残す治療」では、以下について、ご希望の患者様にご負担頂いております。
診査のためのCT撮影 ¥3,500-

マイクロスコープ加算 ¥10,000-
ディスポーザブル器材代 ¥5,000

必要な場合は以下の薬剤を使用することもございます。
MTA ¥5,000-

患者の病状はそれぞれ異なります。「術前に」すべての患者様にご説明させていただいております。患者様がご希望なさるのであれば、診査・治療に臨むというステップを踏んでおりますので安心して来院されてください。

「根管治療」では、
診査のためのCT撮影 ¥3,500-
ディスポーザブル器材代 ¥5,000-
この2つのみ、ご希望の方はご負担頂いております。
根管治療では、マイクロスコープは別途頂いておりません。

保険診療の関係上、「神経を残す治療」のみマイクロスコープ加算をさせて頂いております。

これらの器材や薬剤の重要性については、当院のホームページをご覧いただければよく分かるのですが、内容が難しくわかりづらいですよね(笑)
当院に来ていただければ、優しいスタッフが説明してくれます。安心してご相談ください。

「神経を残す治療」について
https://miyazaki-dentalclinic.com/21762

ラバーダムについて
https://miyazaki-dentalclinic.com/17703

CTについて
https://miyazaki-dentalclinic.com/17776

MTAについて
https://miyazaki-dentalclinic.com/22195

根管治療について
https://miyazaki-dentalclinic.com/14599

ご参考になれば幸いです。よろしくお願い致します。いつでもご相談くださいね。』

以上が患者様への回答メールの内容です。
お困りの際はご相談ください。きっとお力になれます。