歯周基本検査、ご存知ですか?

平成24年8月9日

現在、日本における30歳以降の歯周病罹患率は80%を超えると言われております。
歯周病治療には、「歯周基本検査」つまり、歯周ポケットの深さの測定が必須となりますが、当院に初診や紹介で来院される患者様で「そんな検査、したことないよ・・・」という方がとても多いようです。皆さまは御存じでしょうか?

歯周病は、痛みなく進行する怖い病気です。

歯は、歯ぐきの下に隠れる「骨(歯槽骨)」に支えられています。

その骨が、溶けて無くなるのが歯周病という病気です。
その進行はほぼ無症状のため、気づいた時には歯を抜かなくては?ということが多い。皆さんは大丈夫でしょうか?

歯と歯ぐきの境目に、金属性の目盛りがふってある棒を差し込み、歯槽骨のなくなり具合を数値として計測します。
このポケットを歯周ポケットといい、その深さは、歯周病の進行状態を表しているため、歯周病治療の術前の診査や術前術後の比較のためにとても重要なデータとなります。

虎ノ門 宮崎歯科医院では、歯周病治療を徹底して行います。

家の地盤をしっかりしなくては、そこにどんな良い材料を使用して家を建てても、土台から崩れ去るのと同様に、
歯周病が完治しなければ、インプラントやセラミック、入れ歯、どんな治療をしても土台より崩れ去るのです。

徹底した歯周病治療、そのための歯周基本検査はとても大切な検査なのです(^^)