お知らせ

歯の神経(歯髄)を残すには? (都内虎ノ門内幸町新橋霞ヶ関神谷町歯科)

むし歯が深く進行していたとしても、露髄(むし歯が神経に到達し、神経が露出)したとしても、歯の神経を残せる可能性があります。

歯の神経を「歯髄」といいます。むし歯が深く進行し、歯髄にまで到達する(=露髄)と、歯髄を取り去る治療をします。これを「根管治療」といいます(根管とは、歯髄の存在するスペースのことを云います)。根管治療は、「歯内療法」「根っこの治療」「神経の治療」と呼ばれています。

むし歯が歯髄にまで到達したら、必ず「根管治療」をしなければならないのでしょうか?結論は、Noです。必ず根管治療しなくてはならないわけではありません。

そこには、以下の3つの条件が必要です。
① 歯髄への細菌感染の有無
② 歯髄のバイタリティー
③ マイクロリーケージの有無

以下ご説明いたします。



① 歯髄への細菌感染の有無について

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。(根拠となる論文はこちらをご参照ください)
歯の表層から細菌は感染し、深部へ進行します。その感染の過程で、炎症が生じ、痛みを感じるようになります。

むし歯の判定基準、どこまで削れば良いのか?その基準は?⇒クリック

感染→歯髄の炎症→歯髄壊死というステップで徐々に進行するのがむし歯です。

「露髄=感染=歯髄壊死=根管治療」ではありません。この考え方は古い考え方であり、世界のスタンダードではありません。

感染が深く進行し、歯髄が壊死してしまった場合は根管治療が必要です。しかし、歯髄が炎症過程にあり、生きているのであれば、たとえ歯髄に至るむし歯であっても、感染を除去すれば治癒します。つまり根管治療は必要ありません。
細菌感染の有無は、目で診ることができません。むし歯を染め出す染色液でも不確実といえます。当院では、むし歯を染め出す染色液(齲蝕検知液)とむし歯の硬さを基準に、マイクロスコープで精査しながらむし歯を判定・削り取ります。

そのため、歯髄を直接診る(視診)することで、その判定をします。
そのためには、「マイクロスコープ」が必要です。

② 歯髄のバイタリティー
感染していたとしても、歯髄の生命力が強ければ、その感染に対抗できます。若年者や歯根の未完成の歯はその生命力が高く、多少露髄しても感染していないことが多々認められるため、余命を考慮しても、歯髄の保存に努める必要があります。

③ マイクロリーケージの有無
マイクロリーケージとは、微少漏洩 Micro Leakageのこと。歯科における微少漏洩とは、不適切な補綴物(インレーやクラウンなどのつめもの、かぶせもの)による隙間、材料の接着性の不足などによる隙間を通して、細菌が進入してしまうことを意味します。

 

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
隙間が認められるようなインレーやクラウン、化学的に変質する銀合金材料では、その隙間より再感染し、治療の長期的な予後に不安が残ります。

当院では神経(歯髄)を残す治療後には、化学的にも物理的にも安定した優れた材質を有する「オールセラミックス」による修復治療を強くおススメいたします。その際は、マイクロスコープを用いて精密な治療を行います。

当院でおこなった「神経を残す治療」の症例を日々報告させていただいております。

「自分の場合、神経は残せるのだろうか?」「痛みがあるけど、大丈夫かしら…?」ご心配が尽きないでしょう。
お困りの際は当院までご相談ください。また、当院のブログをご参照頂けると安心できるかもしれません。ぜひご参考ください。

むし歯の進行程度により、歯髄を残す方法は異なります

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です
(1965年に発表されたKakehashiらの研究は、このことを端的に説明しています)


(むし歯は徐々に進行します、すぐに神経は死にません。むし歯の進行についてはこちらをご参照ください)

歯の神経を「歯髄」といいます。歯髄のあるスペースを根管といいます。
そのため、神経の治療を、一般的に「根っこの治療」「根管治療」「神経の治療」呼びます。

細菌が感染した歯は、起炎物質により「歯髄炎」が生じます。
「ズキズキと痛い」
「ジーンと、ジワーっと痛む」
がその症状です。

その後、細菌が歯髄へ侵入すると、部分的に歯髄が壊死し、それが根尖方向へ(歯内部深く、歯根の先端の方へ)と進行していくのです。
噛むと痛い」
「食事をすると痛い」
がその症状です。

むし歯は徐々に進行します。

歯の上部から(右図参照)、

① 細菌感染により歯髄壊死した部位

② まだ感染していないが、炎症が生じている部位

③ いまだ感染の影響を受けていない健康な歯髄

露髄したら根管治療(抜髄=神経を取り去ること)と診断される歯科医院が一般的ではないでしょうか?それは上左図の従来の昔からある考え方を根拠とする診断です。

当院では、そのような考え方ではなく、「感染により、歯髄が壊死しているか否か」で歯髄を残せるか否か、根管治療すべきか否かを決めています。

細菌感染している部位は、歯髄壊死が起こります。歯髄壊死した部位は取り除かなければなりません。(①は取り除きます)


この歯髄壊死の範囲に応じて、間接覆髄、直接覆髄、部分断髄、根管治療という治療法を適宜選択するのです。(②、③は神経を残します、取りません)つまり、当院では、むし歯が深いからといって、すぐに根管治療?という診断にはならないということになります。

歯の神経を残す「直接覆髄法」とは何か??

一般的に、「現在の進行度合いがどの程度なのか?」を判定するため、以下のような診査・問診を行います。

・ 自発痛の有無
・ 咬合痛の有無
・ 打診痛の有無
・ 冷温水痛の有無
・ レントゲン写真の読影診査
根尖透過像の有無

これらの診査基準は一般的に使用されています。
しかし、その症状と病態、つまり感染程度・有無を的確に判断できる基準ではないことが論文で分かっています。そのため、ひとつの「指標」としては使用できますが、それをもって「神経が残せる、残せない」を判断することは正しいとは言えまないのが現状です。

ではどのようにして「歯髄を残せるのか否か?根管治療が必要なのか否か?」を
判定するのでしょうか?

ここにマイクロスコープを用いた強拡大視野下での、歯髄の視診」が有効なのです。

歯髄(神経)に至るむし歯(=露髄)は良くないものであり、「神経に至るむし歯=抜髄」(抜髄とは根管治療、神経の治療のこと)というのが一般的な歯医者さんの診断でしょう。
確かに、露髄することは、感染のリスクが増え、歯髄を保存できるかは”歯科医師の技術に左右される”側面があります。

当院では、「露髄することは、歯髄を直接マイクロスコープで見ることのできる大きなメリットである」と考えています。即、根管治療という診断とはなりません。
直接歯髄をマイクロスコープで観察し診査することで、歯髄を残せるか否かの判断することが可能となります。

当院では、ラバーダムを装着、マイクロスコープ強拡大視野下において神経を残す治療を行います。

 

 

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した歯の神経を残す取らない治療最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

歯の神経を残す治療のブログ

「歯の神経を取らないで残す!」

入れ歯、ブリッジではなく、インプラント治療を!
インプラント治療の前に、歯を抜かないように!
歯を抜くならば、ソケットプリザベーションを!抜歯即時インプラント手術を!
歯を抜かないために、歯周再生治療、マイクロスコープ根管治療、歯根端切除術を!
根管治療(歯の神経をとること)の前に、「神経を残す治療を!」

当院では、神経に至る深いむし歯でも、「神経を残す治療」を目指します。

神経を残すには3つの条件が必要です。
〇 細菌感染の程度
〇 歯髄(=神経)のバイタリティー
〇 その後の補綴の精度

(※補綴とはかぶせる、つめること)

当院の「神経を残す治療の取り組み」をブログで更新しています。
お困りの際はご参考ください。


 

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

海外・遠方より来院される患者様へ

東京近郊に限らず、遠方より来院される患者さまが多くいらっしゃいます。
海外からの一時帰国して治療に臨まれる患者さまも多くいらっしゃいます。

海外の一時帰国・遠方よりお越しの患者さまの治療には、「時間の制限」がございます。
そのため、可能な限り短期間で計画的に処置を進めていきたいと思っております。

海外、遠方よりお越しのの患者さまは、当院までその症状や病歴を「お問い合わせ画面」よりお知らせください。ご帰国の期間に合わせて患者さまと相談し治療にあたらせていただきます。

何卒よろしくお願い致します。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。




根っこ(神経/根管)の治療の流れ 動画



宮崎歯科医院での上顎前歯 再根管治療の流れです。

治療は根管内の清掃・拡大・消毒水酸化カルシウム貼薬までです。時間にして30分、次回根管充填で治療終了です。上顎前歯は基本、神経(根管)は1つ、根管治療に要する時間は30分程かと思います。

むし歯は唾液中に存在する細菌バクテリアの感染症です。そのため細菌を駆除することがむし歯治療の目的となり、治療中に歯の内部に唾液が混入することは治癒を阻害するばかりでなく、再感染の機会を与えることとなります。

根管治療(根っこの治療、神経の治療)は、根管内部の感染除去が為されれば、少ない回数で治療終了です。当院では感染機会を可能な限り少なくするため複数回の根管治療ではなく、可能な限り少ない回数で根管治療を行います。そのためには、患者さまのご協力が不可欠です。

〇 ラバーダムの使用
〇 CTの撮影
〇 キャンセルのないご予約


当院では保険、保険外に関わらず、徹底した根管治療で臨みます。
術前のCTおよびラバーダムを徹底し、可能であれば1回当たりの治療時間を長めに頂き、短数回で根管治療完了を目標としています。あらかじめお時間をご用意いただきご予約下さいますようお願い致します。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


当院のマイクロスコープを使用した治療 動画

当院では保険治療、保険外治療の区別なくマイクロスコープを使用して治療に臨ませて頂いております。

根管治療だけでなく、すべての歯科治療で幅広く使用しています。そのお蔭もあり、マイクロスコープによる治療症例数もそれなりになりました。

正直なところ、最初は使いこなせていなかったマイクロスコープ。スタディーグループでの研鑽により、いまでは随分と使えるようになりましたが、その限界やマイクロスコープを使用しない方が良い治療もあるということがわかるようになっております。なんでもかんでもマイクロスコープを使用した方がいいと言う訳ではではないのです。

また、「マイクロスコープ=治る」ではありません。たとえマイクロスコープがあったとしても、拡大画像で病態を診ることができたとしても、その画像を診査診断できる「歯科医師の目」が無くては意味を為しません。歯科医師が適切なる診断を下すに足りる「知識と経験」そして、その問題を解決できる「術式」がなくては全く意味を為さないのです。

そのためには、マイクロスコープを使用しつつ、様々な勉強会で学び、文献を読み、日々の自身の臨床を振り返ることで、その目を磨いていきたいと思っております。

最近、マイクロスコープに関するお問い合わせをしばしば伺います。当院では保険・保険外治療という区別ではなく、患者さまに必要であればマイクロスコープを使用して治療に臨みます。マイクロスコープを使用することで別途費用が発生するようなことはありませんのでご安心下さい。

何かお困りの事などございますときはご相談ください。誠心誠意、問題解決に取り組ませて頂きます。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 


ホワイトニング 虎ノ門霞ヶ関歯医者



当院にはホワイトニングコーディネーター資格を有する歯科衛生士が2名在籍し、ホワイトニング施術を担当させて頂いております。その症例も多数例。患者様一人一人に対して、具体的症例を交えてアドバイスが可能です。

歯を削ることなく、元ある自然な美しい歯の色を取り戻す「ホワイトニング」。ぜひご相談ください。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

遠方よりご来院になる患者様へ

当院では遠方よりご来院いただき、治療に臨まれている患者様が多くいらっしゃいます。
可能な限り、回数を少なく、一回当たりの時間を多く頂き治療に臨ませて頂いております。

初診でご来院頂く際は、口内写真やレントゲン写真などの資料を当院までメール頂ければ幸いです。まずは当院ホームページのお問い合わせ画面よりご連絡ください。

その際は、「これまでの病歴、症状」などをお知らせ頂けますと助かります。

よろしくお願い致します。

歯科 費用 治療費 料金 インプラント

宮崎歯科医院では、保険診療、保険外診療(自費診療)を取り扱っております。
初診時は特別なご希望がなければ保険診療にて承っております。
(保険治療費は全国一律です)

当院では、「患者様にとって最善の治療となるように!」を目標に日々の臨床に取り組んでおります。そのためには口内の問題となる「原因の除去」と「環境の改善」が必要となります。



「原因の除去」

口内の疾患は、「むし歯歯周病・かみあわせ」です(腫瘍など別とします)

①「むし歯・歯周病」は、「口内に存在する細菌の感染症」。

②「かみあわせ」は、「力学的アンバランス」。
上記2項の原因を除去すれば、疾患は治癒に向かいます。

当院では①と②に対する概要は以下の通りです。
①炎症のコントロール(細菌を徹底除去し、再度感染しないようにする)
②力(ちから)のコントロール(機能的にバランスのよいかみあわせ)

①「炎症のコントロール」に対する具体的治療。
1)すべての場面でマイクロスコープ・拡大鏡を用いた精度の高い治療
2)CT撮影による精査
3)適切な治療コンセプト
4)4つのメンテナンス

②「力のコントロール」に対する具体的治療。
1)徹底した問診、診査による原因究明と治療計画の立案
2)スプリント・マウスピースを用いた咬合矯正治療
3)残っている歯の負担を減らすインプラント
4)矯正治療による歯並びの改善
5)メンテナンス毎のかみあわせ検査

「環境の改善」

細菌(バクテリア)を駆除したとしても、再度感染しては意味がありません。
そのために、当院では以下の点を大切に治療に臨み、再発防止に努めています。

①精度の高い補綴物(クラウン、インレー、インプラントなど)
②4つのメンテナンス

上記の原因の除去と環境の改善が為されることで、疾患は治癒し、再発は予防されます。
高い目標ではありますが、当院ではこれらの目標を掲げ、日々治療に臨んでおります。

当院では「治すこと、再発しないこと」という目的を遂行する為の治療を行います。治療に必要となる費用を下げるための仕事は行っておりません。当院の保険外治療(自費治療)費用は、相場からすると特別安くはありませんが、上記に示しました治療環境・コンセプト・治療法など充実した内容となっている点をご評価いただき、共に治療に臨んで頂ければ幸いです。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

歯の相談

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

私のfacebookの一投稿。
歯で悩まれている患者さまへ、ぜひご一読ください。

“ものごとの悪い面ばかりを見ずに、良い面に目を向けるようにする“ことを、専門家は『認知のゆがみを治す』と云うそうです。

『人間万事塞翁が馬』

私たちは、ものごとは必ず良い面と悪い面が半分ずつ、陰陽はセットになっていることを 忘れがち。

性格とは、リンゴの芯のような固い不変の部分と、果肉のような環境要因などで大きく変容する部分から成り立ちます。

性格が明るいとか暗いとかは、芯の部分というよりは、

・気の持ちよう
・ものごとの受け止め方
・生きる姿勢

といったほうがいいいようです。

“いつも明るく、楽観的でいられる”

ということは、ものごとを感情にとらわれず、客観的に観察し、冷静に対処できる能力のことでしょう。そこには意識が不可欠です。

もとから明るい人なんて一握り。いつもマイナスなひとは、感情に振り回されっぱなしのお怠けさんなのかもしれません。

明るい性格、前向きな姿勢。

ある程度、自分でコントロールできることのようです。

病態という現実をどう捉えるか?は自分の心次第です。
「よし!しっかり治そう!」と考えるのか。
「どうなってしまうのだろう、こわい、なにもしないようがいい??」と考えるのかは、自分の「心の在り方」次第です。

同じ現実でも心の在り方次第で、その捉え方は真逆になります。
解決しない問題はありません。ぜひお心持を前向きに向けて治療に取り組んでみませんか!

 

 


痛くない 麻酔・治療

東京ディズニーランドで見つけた看板(笑)。

宮崎歯科医院も「Painless Dentist(痛みのない歯医者さん)」です。
麻酔する時の痛みは、①麻酔は針先の入る「刺入時の痛み」と②麻酔薬が粘膜下に入る「注入時の痛み」、この2つ。ちょっとした配慮で痛みは全くなくすことができます。緊張しやすい方には笑気吸入鎮静法も用意してありますのでご安心を。

通院が必要となる歯科治療において、「無痛麻酔・無痛治療」はなくてはならないものです。「治療が痛くて通いたくないんです!」こんな方はぜひ。

1 2 3 4 5 6 14