日別アーカイブ: 2020年6月4日

ソケットプリザベーション【抜歯時の適切な治療とは】

【ご相談内容】

『お忙しい所、申し訳ございませんが、メールでご質問させて頂きます。

①根尖性歯周炎などにより一部の骨がかなりとけてしまって周囲が感染している1歯について、抜歯後の骨の吸収について懸念しております。②抜歯後にソケットプリザベーション③いつ行うのが最適でしょうか。

④ソケットプリザベーションをすぐに行った場合に感染してしまうリスクもあるのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。』

はじめまして。宮崎歯科医院 宮崎と申します。
どうぞよろしくお願い致します。

文章よりにじみ出る大変お困りのご様子と共に、「ソケットプリザベーション、根尖性歯周炎、骨の吸収」など、専門用語を適切に使い分けお問い合わせ頂いていることに大変感心しております。

しかし、インターネットや歯科医師の言葉から、その病状を適切に調べた経緯を鑑みると、そのご心労、多大なるものではないかと心配しております。

現在の病状はいかがでしょうか。

その病状により、適切な治療は異なりますが、わかる範囲内で回答させて頂きます。

実際に拝見させて頂いていないため、適切な回答とならない場合もございます。
あらかじめご理解頂いた上でお読みくださいます様お願い致します。

お問い合わせ頂きました文章中に①~④の番号を付しております。
その番号、ひとつひとつに回答させて頂きます。よろしくお願い致します。

まずは②から回答させて頂きます。

 

『②抜歯後にソケットプリザベーション』

当院で患者様にご説明する際の「ソケットプリザベーション」の解説につきましては、以下のリンクをご参照頂けると幸いです。

すでにご存じの内容かもしれませんが、ぜひご一読下さい。よろしくお願い致します。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17915

 

『①根尖性歯周炎などにより一部の骨がかなりとけてしまって周囲が感染・・・』

根管治療が困難であったり、根管治療が不十分であると、細菌感染が歯の内部から外部へと進行し、根尖性歯周炎となります。

歯の外部となる歯根外面などにその感染が存在することがほとんどでしょう。

つまり歯を支える歯槽骨が溶けてなくなる「根尖性歯周炎」の原因は、歯根外部に存在する「細菌」であることがほとんどです。

根尖性歯周炎を予防すべく、これ以上の歯槽骨の吸収をさせないためには、「抜歯」が適切な治療法となります。

しかし、その前に、「本当にその歯は再根管治療で残せないのか?」

これについて精査診査診断して頂きたいところです。ぜひご一考下さい。」

以下に抜歯前に患者様皆様に見て頂いているリンクを添付致しました。
ご活用下さい!

『抜歯と言われた歯の根管治療の成功割合は?』
https://miyazaki-dentalclinic.com/26543

『抜歯する前に見る動画【マイクロスコープ根管治療&歯根端切除術】』
https://miyazaki-dentalclinic.com/26481


『③いつ行うのが最適?』

ソケットプリザベーションとは、抜歯と同時に「歯槽骨を保存する処置」を言います。
そのため、抜歯と同時に行うのが“最適”といえるでしょう。

但し、周囲の歯、炎症状態により“その術式”を選択する必要があるでしょう。様々な術式があります。

今回の病状であれば、感染は当該歯に限局したものであることが推察されます。

周囲の炎症部位つまり「骨がとけてなくなっていること」、原因により生じた2次的な炎症反応であると考えています。

周囲の感染による炎症は、抜歯と同時に取り除けば問題はないでしょう。

抜歯と同時にソケットプリザベーションをすることが最適ではないかと推察します。

ただし、感染により炎症が強く生じている症例では、まず消炎処置を施したのちにソケットプリザベーションに臨むのが適当であるかと思います。

そのためには実際に拝見し、噛み合わせを調整しつつ、口内を洗浄消毒します。

その上で薬剤を術前に服用頂いた上で手術に臨みます。

残っている歯槽骨量があり、病状が安定していれば、患者様に「インプラント治療」のご希望あれば、ソケットプリザベーションではなく、抜歯即時インプラント手術をお勧めしております。

・手術回数の軽減
・手術による痛みの軽減
・治療期間の短縮
・抜歯により生ずる歯槽骨の吸収の軽減

上記のような利点を多くもつ抜歯即時インプラント手術。当院では症例に応じて、「抜歯即時インプラント手術」を行っております。

抜歯即時インプラント手術とは、抜歯と同時にインプラントを埋入する術式です。
リンクをいくつか添付します、ご参照下さい。

『抜歯即時インプラント手術、実際の手術を動画で分かりやすく解説』
https://miyazaki-dentalclinic.com/25716

『抜歯即時インプラント手術について』
https://miyazaki-dentalclinic.com/15216

『抜歯即時インプラント手術の流れ』
https://miyazaki-dentalclinic.com/17861


④ソケットプリザベーションをすぐに行った場合に感染してしまうリスクもあるのでしょうか?

ご心配をされるお気持ち、大変よくわかります。

ソケットプリザベーションにも様々な術式がございます。

「ソケットプリザベーション」を分かり易く端的に表すと、「抜歯する際、出来る限り今ある骨を無くさないように、丁寧に抜歯する方法」です。

積極的に骨を作り上げる術式であるGBRとは少々術式が異なります。

適切な診査診断に基づく術式の選択であれば、ご心配されている感染による問題はとても少ないことではないかと感じております。

当院では感染による問題は起きたことがございません。

ご心配なことが沢山あるかと思いますが、大丈夫です!
しっかりと治療すれば治ります、ご安心ください。大丈夫!

回答は以上となります。

多くの患者様より切なるご相談を頂いております。

できる限り多くの患者様にお応えできます様、お1人様につき1通のメール回答とさせて頂いております。

さらなるご質問につきましては当院までお越しくださいます様お願い致します。

当院の受付スタッフに申し伝えておきます。
ご希望の際は、当院までご連絡ください。
03-3580-8110

この回答が少しでもお力になれていれば幸いです。
よろしくお願い致します。宮崎

※初診の患者様へ(当院の初診の流れについて)
必ずご一読ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

 

《当院からのお願い》

多くの患者様より切なるご相談を頂いております。

できる限り多くの患者様にお応えできます様、お1人様につき1通のメール回答とさせて頂いております。

さらなるご質問メールに関しましては、拝見していない立場で無責任な回答となりかねないため、当院として遠慮させて頂いております。

お電話でのご質問も伺い、皆様のご心労を和らげて差し上げたい所ではございますが、「実際に拝見していない病状」へのアドバイスには限界があり、また当院ご通院中の患者さまへのお時間が割けなくなってしまうことに、当院では苦慮している次第です。

もしご来院いただける患者様におかれましては、ぜひ、一度ご来院いただき当院スタッフとお話し頂ければ幸いです。

多くの患者様に貢献したいというのが当院の理念です。ご理解ご協力頂けますようお願い申し上げます。

宮﨑歯科医院 Youtubeチャンネル