トップページ > かみあわせのブログ > 根管治療とかみあわせ

根管治療とかみあわせ

他院にて根管治療を受け、セラミックをかぶせた一症例。
遠方より当院を受診されました。

治療したセラミックが外れての来院。
お話を伺うと、治療内容に疑問を感じ、当院を受診されたとのこと。
治療部位を拝見すると、歯が折れており、かみあわせが高すぎる。

それだけでなく、根管治療は上写真の通り。
根管治療は歯の神経を取り除き、その部位に樹脂を詰め込む治療。
その樹脂が歯の外形より逸脱したところへ詰め込まれている。
根管治療のために、その専門医をうたっている病院を選択して治療してもらったとのこと。

とても残念でなりませんでしたが、この現状をご説明させて頂き、再治療をすることとなりました。

患者さまは、現実を受け止め、前向きに治療に取り組みたいとのご決断。
このような治療は医原性原因の結果生じたもの。ご自身の状況を受け止め、前向きに治療に取り組むご姿勢に頭が下がる思いでした。

信頼できる歯医者インプラント専門医など、インターネットで簡単に検索ができます。
しかしその信憑性には?がつくこともあります。

情報の氾濫する現在、その情報を取捨選択する力、「決断力」が問われる時代になっているようです。

宮﨑歯科医院では、無痛治療を基本に、かみあわせに配慮した様々な治療が可能です。
お困りの際はご相談ください。

しかし、現実に私では手におえない症例もございます。その際は私の師匠や仲間にご紹介いたします。ぜひご相談ください。

セカンドオピニオン
ご希望の患者さまは、メールにてお知らせを頂き、当院を受診ください。
口腔内を拝見せずの無責任な回答は控えたいと考えております。
ぜひご協力頂けますようお願い申し上げます。