院長ブログ

深いむし歯 神経を残す取らない治療 マイクロスコープMTA

深いむし歯 露髄 神経残す MTA コンポジットレジン マイクロスコープ 2本症例は、上顎前歯に違和感があり来院された患者様の症例です。

上動画は深いむし歯を根管治療することなく1回で終了した治療の様子です。

歯と歯の間にコンポジットレジンを詰める治療を行っています。着色・変色が認められます(右矢印部)。

コンポジットレジンは、1回で治すことのできる大変便利な術式ですが、口内の湿潤環境下でのレジンの硬化に難があること、また研磨が不足することで、材料の持つ吸水性により、着色や変色・むし歯の再発となる場合も多く、施術には注意深い配慮が必要であると当院は考えています。

深いむし歯 露髄 神経残す MTA コンポジットレジン マイクロスコープできるだけ歯を削らない その判定基準とは? 都内港区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷千代田区世田谷区の歯医者歯科上動画は、その治療の様子です。

コンポジットレジンを外し、齲蝕検知液を使用して、むし歯を染色すると、歯の内部深くまでむし歯が進行していることがマイクロスコープを活用することで分かりました。

患者様にはその旨を録画したマイクロスコープ動画でご説明した上で、ラバーダムを装着し、神経を残す治療を行うこととなりました。

深いむし歯 露髄 神経残す MTA コンポジットレジン マイクロスコープ 削っている動画歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要上画像は、実際にマイクロスコープを用いてむし歯を取り除いている動画の切りぬきと、露髄部の動画切り抜きです。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。治療中の唾液の混入は、再感染させるばかりでなく、治癒を阻害します。そのため、深いむし歯治療や根管治療では、ラバーダムの装着が必須のため、当院では必ずラバーダムを装着し治療に臨んでいます。

MTA神経を残す取らない抜かない治療法 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTAマイクロスコープを活用し、むし歯を徹底的に取り残すことなく削り取ります。これはつまりは、「健全な部分は絶対に削らないこと」と同義になります。

露髄(=神経の露出した部位)部位には、MTAを貼薬します。科学的根拠を示す論文が多数あるMTA。アルカリ性で抗菌作用を有する生体親和性の高い優れた材料であるMTAを当院では「神経を残す治療」の際に使用します。

治療が終了した状態です。審美性の回復は当然ですが、歯の内部深く進行したむし歯も取り去り、根管治療をすることなく、1回の治療で終了です。

当院では一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指し、マイクロスコープを活用した精密歯科治療を実践しています。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

根管治療 痛みが取れないのはなぜ? 回数期間

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者他院で根管治療をされた患者様。

・根管治療の際は麻酔をしないため、いつも痛い
・治療後の痛みは減らず、増すばかり
ラバーダム、マイクロスコープなどは当然ない
治療前は痛みがなかったのに、治療をしたことで、また治療の度に痛みを伴いさらに悪化することに疑問を感じ、当院にメールでご相談をいただきました。

その様子につきましてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23954

マイクロスコープ根管治療 レントゲン所見 ペリオドン(ホルムアルデヒド製剤) 下顎大臼歯 ラバーダム使用
メールご相談後、当院を受診された際のデジタルレントゲン写真画像です。
かみあわせ部分は削ってありましたが、上下をかみあわせると仮封材が噛みあう状態となっていました。当然ではありますが、噛むと痛みがある状態です。

治療前より痛む 根管治療 仮封材 水硬性セメントのみ ペリオドン 口内画像ラバーダム装着当院術前の患歯の状態です。
ラバーダムを装着しています。

患歯は白い水硬性セメントで仮封されいていました。厚さににして2mmもなく、内部にはペリオドンが貼薬されている状態でした。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。根管治療は炎症を起こしている歯の神経(=歯髄)を取ることが目的ではなく、「感染を取り除く」ことが目的の治療です。
そのため、たとえむし歯が神経に達していても、消毒により感染が取り除ければ、根管治療は必要ありません。神経を残すことができます。

根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 しかし、感染している場合は、歯の神経と共に、根管内の感染部位を洗浄消毒します。
それには「複数回の治療」は必要なく、1回でとりのぞければ治療は完了します。

当院は1~3回で根管治療は終了です。
数カ月にわたる治療や多数回の根管治療は、唾液中に存在する細菌に感染の機会を与えることとなる可能性があります。当院では早期の短期の短数回での治療をおススメしております。

根管内の細菌を駆除するために、次亜塩素酸で洗浄し、水酸化カルシウムを貼薬します。この組み合わせがバクテリアを駆除するのに最適であることが過去の文献より証明されています。

しかし、以前からの日本の歯科医療の慣習でしょうか・・・未だにFC(ホルムクレゾール)やペリオドンなどのホルムアルデヒド製剤を根管治療の薬剤として使用していることがあるようです。この薬剤を貼薬することで、神経を失活させることはできるのですが、同時に組織がホルマリン固定され、次亜塩素酸の効果を減弱させ、治癒を阻害するという文献があります。そのため、米国では、このような薬剤は使用せず、水酸化カルシウムを貼薬することが推奨されています。当院でも同様の科学的根拠に基づき使用しておりません。

本症例ではホルムアルデヒド製剤が根管治療薬として使用されていました。
複数回の根管治療が必要となった理由、毎回治療が痛い理由、なかなか治らない理由はここにあると推察しています。

根管治療にはCTが必要 マイクロスコープ根管治療 CT所見 ペリオドン(ホルムアルデヒド製剤) 下顎大臼歯 ラバーダム使用UCLA正式プログラム 認定 根管治療 修了証
当院のCTで患歯を診査すると、3つの根管のうち、2つは先端でつながっている状態でした。

また、その二つはイスムスという形状を伴っており、その部位の根管治療は全くされていない状態でした。

繰り返しますが、むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。感染を取り除けば治ります。当然ですが、細菌を取り残せば治りません。

それには適切な治療コンセプトに基づき、適切な治療環境を整えて根管治療に臨むことが必要です。それがマイクロスコープであり、ラバーダムであり、CTでしょう。

当院では根管治療に必要な適切な治療コンセプトを修得した上で。必要な治療環境を整え、根管治療に臨みます。

※ 歯の神経の有無に関わらず、神経の生死に関わらず、根管治療では必ず麻酔は必要です。麻酔なき治療は拷問と同じです。当院では必ず無痛麻酔の上、根管治療に臨みます。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

歯周病治療 手術 マイクロスコープ

歯周病は症状なく進行する怖い病気です本動画は、中等度以上に進行した歯周病に対して行ったマイクロスコープ外科手術の様子です。(手術の様子は白黒画像としていますが、苦手な方はご遠慮ください)

歯周病は歯を支える骨(=歯槽骨)が溶けてなくなる怖い病気です。ほぼ無症状に進行します。

右画像のように、歯と歯ぐきの境目に汚れが付着すると、その汚れ(=歯石)に歯周病菌が感染し、周囲の歯ぐきを腫らし、骨を溶かします。

歯周病 歯周ポケット 診断の一助歯は、骨に支えられているため、進行すると歯がグラグラと揺れ、抜け落ちてしまいます。

当院では歯周病の進行度合いて「歯周ポケット」を計測することで診断の一助としています。

歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの境目に存在するポケット、溝です。健康であれば、その深さは1~2、3mm程度です。歯周病が進行すると、そのポケットは深くなります。食べ物や唾液中に存在する歯周病菌がそのポケットに入ることで、歯周病を進行させるのです。

たとえるなら子供のころ、爪の伸びた状態で砂遊びをした経験があるかと思います。

爪が伸びていると、「砂」が簡単に爪の間に入り込み、取れづらくなった経験があるでしょう。
「歯周ポケットが深い」ということは、そういうことで、歯ブラシをあてればあてるほど、歯周ポケット内に汚れを押し込んでいるという状態なのです。

一生懸命ブラッシングしているのに治らないということは、つまりこういうことなのです。

 上動画の手術は、その「爪の中にある汚れ」を取り除く手術です。

歯周病 どんな治療法 歯周ポケットで診断 歯周病は40代以上で発症する 30代まではむし歯歯周ポケットを計測することで大よその見当をつけることが可能です。

その進行状態により、適切な治療法が異なります。そのため、歯周病治療の術前術後では、必ず「歯周ポケットの計測」が必要となります。

本動画、本症例での歯周ポケットの数値は4~6mmです、中等度から重度の歯周病と推断されます。

40代以降は歯周病で抜歯となる可能性が高く、歯周病が進行する前に、定期的に歯科医院を検診し、予防することが大切です。

歯周病 どんな治療法 歯周ポケットで診断 手術すると治る

本症例のような手術を行い、原因となる歯石をとりのぞき、歯周ポケットを無くすことで、歯周病の進行を予防することが可能です。上グラフでご説明します。横軸が年齢、縦軸が残っている歯数です。40代を過ぎて歯周病に気づき、何もしなければ、赤線のような経過を辿ります。つまり加齢とともに歯を失うということです。しかし、黄色線や灰色の線のように、何らかの治療を行うことで、その進行を”緩徐”なものとすることができます。早々の治療が望まれます。

本症例のように、歯と歯ぐきの境目に入り込み、歯根に付着した”歯石”を除去するためには、歯ぐきをめくり、マイクロスコープで徹底的に取り除くことが一番確実性のある治療といえます。(当院の治療は、無痛麻酔・無痛治療・無痛手術です。ご安心下さい)

当院では、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指すべく、徹底した治療を行っています。

歯周病 歯石 原因 手術 骨の溶ける病気

宮﨑歯科医院 院内のご紹介 マイクロスコープ 手術室完備

 

 

 

 

根管治療 歯髄壊死 歯ぐきが腫れている

他院にてむし歯治療後にクラウンを装着された患者様。

同時に後方の歯の根管治療をおこなうと、クラウン装着した歯ぐきが腫れて痛むようになりました。患者様は、「根管治療した歯が痛む?」と思い、当院を受診されましたが、原因は、クラウンを被せた歯にありました。

根管治療 やり直し 歯ぐきが腫れている マイクロスコープ ラバーダム 瘻孔フィステルにガッタパーチャ樹脂を挿入し 原因を突き止める方法①レントゲン所見とマイクロスコープ画像本動画は、の歯の根管治療の様子です。
レントゲンでみると問題がないように見えましたが、腫れの原因はの歯根の先端にあることが分かります。

ラバーダムを装着し、クラウンを除去すると、クラウンの下はむし歯になっていました。
細菌が歯の内部深くまで進行していたことで、神経(=歯髄)が死んでしまっている状態(=歯髄壊死)でした。

当院で適切に根管治療を行い、あと1~2回で根管治療は終了の予定です。

本症例のクラウンはつい先日製作・装着したばかりです。
前医は肉眼で治療していたとのこと。残念でなりません。

当院では可能な限り神経の治療(=根管治療)とならないように、「神経を残すこと」を大事に治療に臨んでいます。それでも細菌の感染が大きく、痛みが治まらない状態や歯髄壊死では適切なる根管治療が必要となります。

歯の治療はできれば1回だけで終わらせたい。
一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し、当院ではマイクロスコープとラバーダムで日々の臨床に臨んでいます。

歯の神経をとる デメリット 神経を残す取らない抜かない方法治療法 根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

親知らず手前の歯 根管治療(神経死んでいる)

本動画は、親知らずが横に向いて生えたことにより、手前の歯がむし歯となり、抜歯が必要であると他院で診断された症例についてです。それに対して、当院では、親知らずの手前の歯は抜歯せず、根管治療で治しました。本動画はその治療の様子です。

親知らずが横からはえてきて手前の歯が深いむし歯 根管治療神経の治療が必要と云われた 神経残したい 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 マイクロスコープ レントゲン写真上レントゲン画像は、患者様よりメールでご相談頂いた際に添付されていましたレントゲン写真です。黄色矢印の歯に痛みがあり、他院を受診すると、以下のような診断と治療計画を提案されました。

・奥歯を抜いてインプラント、または親知らずを移植。あるいは、
・奥歯の神経を抜く、または神経が死ぬのを待つ
・奥歯を抜く(かみ合わせによっては当分そのままいける)
・親知らずが出てくるのをまつ
・親知らずを部分矯正、または全体を矯正

患者様はこれまで「神経を取る治療(=根管治療)」や抜歯、クラウンの装着などの経験のない方でした。突然の痛みに加えて抜歯や矯正治療の提案は受け入れがたい内容だったでしょう。当院をインターネットで探し当て、ご相談することとなりました。

ご相談内容や病状についての詳細につきましてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/24085

親知らずが原因で手前の歯がむし歯 根管治療 マイクロスコープ画像

患者様はメール相談の後、当院にご予約され、来院されました。

レントゲンを事前にメールで見せていただいておりましたので、治療法については推測しておりましたが、2点チェックしたおきたいことがありました。

1点⇒「開口量」です。お口がどれだけ開けられるか?開いていられるか?です。
2点⇒ 治療に対する前向きな心持ち

患者様は十分な開口量があり、治そうという意欲もありました。

当院でご提案させていただいた治療法は以下の通りです。

① 第2大臼歯は抜歯せず、根管治療をする
② 親知らずは今回のむし歯の原因ではあるが、抜歯はしない
③ 親知らずの移植と矯正は適応症ではない
④ どんな治療でもすべては前向きなものであり、放置はしない

「痛みを取る」
「歯は抜かない」
「難しい治療はしない」

”痛みの出る前の状態にもどしてあげること”、これがとても大切です。
痛みが無くなり、いったん元に戻れば、患者様も冷静に問題解決について考えることができるようになるものです。

そのためには、今ある問題を先送りせず、簡単な方法で対処する。
その後の事はその後に考えても問題はない。このように伝えました。

問題解決の際、大切なことは、「まず第1歩を踏み出すこと」です。
その場に立っていては何も解決しません。一歩、前へ踏み出すこと。
それには「今目の前にある問題をひとつひとつ”簡単”な方法で対処する」ことです。

それは「第2大臼歯のむし歯治療をすること」になります。当たり前のことですが、痛みがあったり、抜歯しなくてはいけない?なんて診断されるとできなくなってしまうものです。

親知らずが原因で手前の歯がむし歯 根管治療 マイクロスコープ画像 ①
親知らずが原因で手前の歯がむし歯 根管治療 マイクロスコープ画像 ②当院での根管治療の様子は上動画をご覧ください。

根管治療はマイクロスコープで施術します上画像はその抜粋です。
第2大臼歯の側面には大きな穴が開いており、そこから細菌が感染し、神経は死んでしまっていました(=歯髄壊死)。

歯の内部、根管内を洗浄消毒し、1回目の根管治療を終了しました。
根管治療は2~3回で終了予定です。
その後の問題はその後で考えればいいことです。

本症例の問題の原因は「親知らず」です。
その問題を解決しなければ、第2大臼歯を適切に根管治療したとしても、むし歯は再発します。ではそうならないようにするためにはどうすれば?


当院では適切な治療コンセプトを基に、患者様にとって最高の医療が受けれる治療環境を整えて患者様の治療に臨みます。最高の医療が受けれるでしょう。

ただし、最高の医療が、歯科医学的正論が、患者様にとっては刃となって心に突き刺さることもあります。親知らずの移植や矯正、第二大臼歯の抜歯・インプラントがそれでしょう。

正論はときに人を追い込みます。

最高でなくても、患者様にとって「その時最善の歯科治療」を!
当院の目標です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

ズキズキ痛む 根管治療 神経残したい 歯髄壊死(歯の神経が死んでいる)マイクロスコープ

2日前より突然、上の前歯が痛くなり他院を受診された患者様。痛みはズキズキと心臓の鼓動に一致するような痛みでした。早々に、歯医者さんへ行くと、「神経の治療(根管治療)が必要です」とすすめられたものの、説明不足が気になり、その医院では治療せずに当院をインターネットで調べて当院を受診されました。

・なんで痛むのか?
・自分の歯はどうなっているのか?
・根管治療とはどんな治療なのか?
・治療後はどうなるのか?

こんな不安を胸に当院を受診されました。

上動画は、当院で行った根管治療の様子です。

根管治療神経の治療必要と云われた 神経が死んでいる 神経を残したい マイクロスコープ ラバーダム レントゲン画像所見をわかり易く説明上画像は術前のデジタルレントゲン所見です。
患者さまは以前(2年前)にコンポジットレジンを充填された記憶がありました。
レントゲンよく見ると、充填したコンポジットレジンの更に下にセメントを詰めた跡が認められます。ここでいうセメントとは、「覆髄材」のことをいいます。
覆髄材とは、「深いむし歯治療の際、神経を保護する目的で、その周囲に詰める薬剤」をいいます。レントゲン所見より、以前の相当深いむし歯治療をしていることが推察されます。

また、患者様は来院時に「鎮痛剤」を服用されていました。触るとやや違和感があり、鎮痛剤を飲まずにはいられない状態でした。

https://miyazaki-dentalclinic.com/22012 神経を残せる基準チェック項目 どんな症状ならば神経を残せるのか当院では可能な限り「神経を残す治療」を行うよう心掛けています。

しかし、むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。感染が内部深くに侵攻していると、歯の神経は感染により壊死(死んでしまうこと)しており、神経を残すどころか、なくなっていることもあります。

上病歴およびレントゲン所見、現在の症状から推察すると、本症例の患者様の歯の神経は死んでしまっている(=歯髄壊死)ことが推断されます。

根管治療神経の治療必要と云われた 神経が死んでいる 神経を残したい マイクロスコープ ラバーダム CT画像所見をわかり易く説明
むし歯とは?どんな病気?細菌の感染症患者様には、以下の事を説明させていただきます。
〇 レントゲン画像の説明
〇 基本的な歯の形(3層構造)
〇 むし歯とは唾液中に存在する細菌の感染症であること
〇 撮影したCT画像について

その上で、歯の神経が死んでいる可能性が高く、根管治療が必要であることをご理解頂いた上で治療に臨みます。

唾液中に存在する細菌の感染症であることから、ラバーダムとマイクロスコープが根管治療には必要不可欠であることをご理解いただきます。ご理解ご了承頂けない場合は、当院での治療は困難であることもご説明いたします。

治療の際、もし神経が生存していれば、神経を残しますが、マイクロスコープで歯髄壊死が確認された際は、根管治療に移行することに同意頂いた上で治療に臨みました。

歯の神経をとる デメリット 神経を残す取らない抜かない方法治療法 根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 

本症例の根管治療の手順、詳細は上動画をご覧ください。
当院は無痛麻酔、無痛治療です。痛みは全くありません、安心して治療を受けて頂けます。

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者〇 数分の治療で治療が痛い
〇 何度も何度も通院する
〇 治療期間は数カ月
〇 麻酔しない
〇 神経を殺す薬を使う
こんな根管治療をご経験されている患者様が実に多い。

当院では根管治療の際、必ず無痛麻酔を行い、無痛状態で治療を行います。
根管治療は1~3回で終了します。

根管治療は、歯の神経を取る・殺す?治療ではなく、歯の内部の細菌の感染を取り除く治療です。細菌の感染を洗浄消毒し無菌化すれば治ります。それは1~3回の治療で十分です。そのためにはマイクロスコープとラバーダムが必要不可欠となるのです。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

マイクロスコープ ラバー―ダム 根管治療 神経残す治療 都内港区新橋汐留内幸町霞ヶ関虎ノ門 歯科歯医者

 

 

 

 

根管治療が必要と説明された症例 歯の神経を残す

抜髄すすめられた 神経残したい 神経を残す抜かない治療 覆髄 マイクロスコープ親知らず手前の歯 下奥歯 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 術前の口内の状態

上動画は、他院で根管治療が必要と診断された症例に対して、MTA 直接覆髄法で神経を残した当院の治療の様子です。

2年前にコンポジットレジンで治療を行われた下顎第2大臼歯。

1週間前にそれが外れ、近医を受診すると根管治療が必要と説明されました。

「神経を残せるなら残したい」とのご希望を胸に当院を受診されました。

右画像は術前の状態です。深いむし歯が認められます。

抜髄すすめられた 神経残したい 神経を残す抜かない治療 覆髄 マイクロスコープ親知らず手前の歯 下奥歯 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷

上画像は術前のデジタルレントゲン画像です。
右側にむし歯の大きさ、歯の神経(=歯髄)の位置をわかり易く色分けしました。
むし歯は神経近くにまで進行していることが分かります。

抜髄すすめられた 神経残したい 神経を残す抜かない治療 覆髄 マイクロスコープ親知らず手前の歯 下奥歯 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 CT画像治療後も痛い 違和感 樋状根とは 根管治療根っこの治療神経の治療 下顎大臼歯奥歯 治療法 マイクロスコープラバーダムCT 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田上画像は同じく術前のCT立体画像と断層画像です。

根管治療も見据えて「神経を残す治療」に臨む際には、術前にCT撮影を行い治療に臨みます。

本症例の第2大臼歯は変形根管である「樋状根」。樋状根の根管治療は、難易度が上がります。可能であれば神経を残す治療を行い神経を残すことで、根管治療を避けたい症例といえるでしょう。

また、一つ手前の歯(赤矢印、第1大臼歯)にも深いむし歯が認められます。症状は全くありませんが治療が必要な段階にあるといえるでしょう。

抜髄すすめられた 神経残したい 神経を残す抜かない治療 覆髄 マイクロスコープ親知らず手前の歯 下奥歯 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 露髄部にMTAを貼薬

むし歯とは?どんな病気?細菌の感染症上画像は、神経を残す治療中のマイクロスコープ画像です。

上左がむし歯を取りきり、露髄している状態です。
上右が露髄部にMTAを直接覆髄した状態です。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌が歯を溶かしながら内部に感染を拡げていく疾患がむし歯です。

むし歯(細菌感染)が、神経にまで達していると、そこまでむし歯を削り取ることになります。削ったことで、歯の神経が露出することを「露髄」といいます。

・歯の神経の近くまで進行した深いむし歯である場合
・むし歯を削ることで露髄した、露髄しそうな場合
このような場合、歯科医師からは根管治療をすすめられることが多いかと思います。

神経を残せる否か?その判定基準はなにか?マイクロスコープで診る 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTA当院では、露髄するか否かで根管治療をするか否かは決定いたしません。

ラバーダムを装着し、マイクロスコープでむし歯を取りきり、マイクロスコープで神経(=歯髄)の状態、生死を確認した上で根管治療が必要であるか否かを診断します。

神経を残す 根管治療をしない 神経をとらない 都内内幸町新橋港区虎ノ門千代田区日比谷神谷町霞ヶ関の歯医者歯科 断髄位置について
歯の神経をとる デメリット 神経を残す取らない抜かない方法治療法・細菌感染により歯髄が壊死していない
・重篤な歯髄炎である

この2つ以外は、MTAを貼薬することで神経を残すことが可能です。

詳しくは左のボタンをクリックしご参照ください。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

メール 問い合わせ 神経残したい 親知らず むし歯

親知らずが横から生えてきたことで、手前の歯が深いむし歯になり、神経の治療が必要と云われた患者様からのご相談メールです。

当院には類似した内容で、ご来院される患者様が多数いらっしゃいます。
皆さまのお悩みのお一助になれば幸いです。ぜひご一読、ご参考ください。


ご相談内容

先ほどはお電話でのご丁寧な対応をありがとうございました。X線写真を別メールでお送りします。
【症状】本人は2日前に強い痛みを感じていましたが今は落ち着いています。本人はまだ神経が生きているといっています。
【診療状況】他医院でX線を撮っていただき、左上奥歯の親知らずと接触している部分に大きな虫歯があると説明がありました。CTも見せていただきましたが、奥歯の4分の1ぐらい?が虫歯になっているとのことでした。
【治療法の説明】治療方法の説明を総合すると下記のような説明でした。
・奥歯を抜いてインプラント、または親知らずを移植。あるいは、
・奥歯の神経を抜く、または神経が死ぬのを待つ
・奥歯を抜く(かみ合わせによっては当分そのままいける)
・親知らずが出てくるのをまつ
・親知らずを部分矯正、または全体を矯正
【ご相談】奥歯の神経や歯をできるだけ残せないでしょうか。また、将来のために親知らずは残せるものでしょうか(歯内療法は歯の内側から治療すると理解しています)。
よろしくお願いします。

はじめまして。宮崎歯科医院の宮崎と申します。まずは詳細なる病状・前医の診断のご説明のメールをありがとうございました。また、レントゲン写真の添付送付、拝受し拝見致しました。

実際に拝見しておりません。そのため、適切な回答とならない場合もございます。その点ご理解とご了承頂いた上で以下の回答をご参考くださいます様お願い申し上げます。

本メールに頂きましたレントゲンに矢印を添付致しました。その画像(下模式図)を見ながらお読みいただければ理解が深まるかと存じます。

 

親知らずが横からはえてきて手前の歯が深いむし歯 根管治療神経の治療が必要と云われた 神経残したい 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 マイクロスコープ

回答させて頂きます。

レントゲン写真より、青矢印部に親知らずが接触し、その先に大きなむし歯が認められます。赤色の部分が歯の神経(=歯髄)でむし歯が近くまで進行していることが分かります。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

https://miyazaki-dentalclinic.com/19505

その細菌により歯が溶かされると歯は軟らかくなるため、レントゲン上では黒く写ります。
https://miyazaki-dentalclinic.com/3169
(レントゲンでは硬いものが白く、やわらかいものが黒く写ります。歯が黒く写っているということはむし歯が疑われます)

レントゲンでは、むし歯は神経にギリギリ到達していないように見えますが、このような症例の場合、細菌はすでに神経に達しており、感染していることがしばしば認められます。それについては以下のリンクに組織学的に説明しております、ご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/19490

奥歯のむし歯は、神経に達しており、歯髄炎あるいは歯髄壊死を起こしている状態といえるでしょう。
その根拠として、黄色の矢印部に黒い部分が認められます。
これを根尖病変といいます。根尖病変は、神経内に感染が認められる場合にしばしば認められる所見です。
根尖病変について⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/19617

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者根尖病変がある場合は、根管治療(歯の内部の細菌感染を取り除くこと)が適切な治療法となります。

当院の根管治療の実際についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23892

この度のむし歯については、根管治療が第一であり、その治療の際、神経が残せる状態にあるのであれば、神経を残す治療に切り替えるという治療法となるでしょう。
神経を残す治療について⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/23900

しかし、根管治療の際に、2つの問題点が生じます。
①親知らずの存在。
②むし歯となっている歯の生えている方向。

①について
根管治療の際には、ラバーダムを装着しますが、そのラバーダムの装着が親知らずで邪魔されます。
ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17703

②について
むし歯となっている歯は、喉(のど)の方向、つまり奥に向かって生えています。非常に見づらく、器具の到達が困難なようにレントゲンからは推察されます。(実際に拝見しておりませんので推察の域をでません)

そのため、この歯を根管治療で残すならば、親知らずの抜歯が必要となるでしょう。
そのためには、CTで確認する必要があります。
当院にご来院頂いた場合は、当院で新たにCTを撮影し診断致します。※当院へCTデータをご持参頂く場合もございましたが、画像が不鮮明であるため、現在は他院でのデータ持ち込みはお断わりさせて頂いております。
CTについて⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/17776

上記①②のため、根管治療が不可能であれば、これ以上の感染拡大を予防すべく、抜歯が適切な治療法といえるでしょう。その際は、親知らずを抜かずに移植や矯正による移動が考えられます。

頂いたメールおよび頂いたレントゲンからの当院の推断は以下の通りです。

・むし歯の歯は、感染が神経に至っている可能性が高く、根管治療を前提に治療に臨むべきであろうと推察される。
・その際、親知らずは治療の妨げとなる場合があるためあらかじめ抜歯が必要となる可能性がある。
・根管治療の際、もし神経の炎症が軽微なものであれば、神経を残す治療も可能性としてはあるが非常に少ないであろう。
・根管治療ができない状態である場合、これ以上の感染拡大を予防すべく、抜歯が適切な治療法となるだろう。
・その際は、親知らずの状況によるが、抜歯せず、矯正や移植などの再利用治療が可能性として考えられる。

実際に拝見していなことより、上記は推察の域をでません。また治療に際して、治療を受ける患者様が、どの程度お口を開いていられるか(時間、開口量など)の因子も治療の成否、治療方法の選択に関わってきます。

他ご送付いただいレントゲン写真を拝見すると、歯の治療をあまりご経験されていないご様子がレントゲン写真より推察されます。

大変ご心配でしょう。何もない歯を抜歯するのであれば、心配極まりないでしょう。しかし、現在の歯科医学をもってしても治療が不可能なのであれば、これ以上の感染拡大をさせない治療法をご選択することは、たとえそれが抜歯だとしても、それは適切な治療です。抜歯をしたとしても、大丈夫。適切に対応すれば問題ありません。

抜歯後についてどうなるのか?などの心配がなくなれば、今ある可能性のある治療法を前向きに選択できるかもしれません。

患者様のご参考になる回答となっていれば幸いです。よろしくお願い致します。(宮崎)

(当院の初診の流れ)
当院にお越しの患者様は必ずご一読くださいます様お願い申し上げます。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神経残した後の治療

親知らずの手前の歯がむし歯となり来院された患者様。歯の横からむし歯になっており、他院では神経の治療(神経を取る治療、神経を抜く治療、根管治療、歯内療法)が必要と診断され、できれば神経を残したいとのご希望を胸に当院を受診・相談されました。上動画は、MTAを使用した部分断髄法の治療の様子です。

神経を残す 根管治療をしない 神経をとらない 都内内幸町新橋港区虎ノ門千代田区日比谷神谷町霞ヶ関の歯医者歯科 断髄位置について

マイクロスコープ精密歯科治療 部分断髄後、1週間ほど経過を観察します。不快症状がなければ、早々に再度無痛麻酔の上、マイクロスコープで歯の形を整えて型どりします。その後、精度の高い「オールセラミックスインレー」を装着し、治療は終了です。
上動画は装着の様子です。術前後を比較して頂くと、その精度の高さを見て頂くことができるでしょう。

オールセラミックスインレー装着前後 マイクロスコープ 精度の高い歯科治療信頼できる歯科治療審美歯科治療
歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。


徹底的に取り去った後は、再度感染させないように、隙間のない、適合度の高いインレーが望まれます。

また、熱や酸、アルカリに変質せず、擦り減らない物性も求められます。

それには「セラミックス」が最善であり最高の材料といえるでしょう。

メール相談 歯科歯医者 かみあわせ 根管治療 神経を残す治療 マイクロスコープ根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

間接覆髄法 神経残す抜かない治療

メタルインレー 下がむし歯 深いむし歯 神経を残したい マイクロスコープラバーダム 根管治療 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷メタルインレー装着後、歯に時折痛みがあり当院を受診された患者様。

深いむし歯の神経を残す治療・マイクロスコープでむし歯を取り残さない治療」で当院をインターネット上で知り、「ラバーダムを装着し、マイクロスコープを使用した上での治療」をご希望され来院されました。

できるだけ歯を削らない その判定基準とは? 都内港区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷千代田区世田谷区の歯医者歯科ラバーダムを装着し、治療中の唾液感染を予防した上で治療に臨みます。

むし歯は適切な齲蝕検知液を使用し、むし歯を染色します。染色された部分はマイクロスコープで精査した上で、徹底的に削り取ります。

マイクロスコープでみることで、健全な歯質とむし歯を適切に判別可能です。

メタルインレー 下がむし歯 深いむし歯 神経を残したい マイクロスコープラバーダム 根管治療 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 齲蝕検知液使用

むし歯とは?どんな病気?細菌の感染症本症例は、歯の第2層である”象牙質”に達する深いむし歯ではありましたが、神経(=歯髄)に達するほどではありませんでした。

患者様の感じていた痛みは、「かみあわせ」によるものかもしれません。
(かみあわせのチェックはこちらをご参照ください)

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であり、その細菌はマイクロスコープをもってしても視認するこはできません。

そのため、当院では、齲蝕検知液を使用して徹底的にむし歯を除去後、抗生物質的効果の期待できるMTAを貼薬し神経(=歯髄)の保護に努めるようにしています。このような神経を残す治療を「間接覆髄法」といいます。

このような治療は、ラバーダムが不可欠です。また、徹底してむし歯を取り除くにはマイクロスコープが効果を発揮します。

当院ではやり直しのない歯科治療、一生に一度の歯科治療を目指し、日々の臨床に取り組んでいます。

マイクロスコープ ラバー―ダム 根管治療 神経残す治療 都内港区新橋汐留内幸町霞ヶ関虎ノ門 歯科歯医者