院長ブログ

眠れないほど痛い 根管治療が必要な症例 急患対応時

眠れないほど痛い 不可逆性歯髄炎の1症例 マイクロスコープ根管治療昨夜より眠れないほどの痛みがあり当院を受診された患者様。

本動画は、急患時の根管治療の様子です。

・ 眠れないほどの痛み
・ 常に痛む
・ ジーンとした、ズキズキした
・ 痛くて鎮痛剤(痛み止め)を飲んだ

術前にこのような症状を伴う場合は、8割方、根管治療が必要となります。

詳細は右リンクをクリック、ご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22012

患者様は、かなり以前に深いむし歯治療を受けた記憶があるようでした。

実際に拝見すると、以前の治療は神経近くにまで及んでいるむし歯治療。神経周囲には染みないように、「覆髄材(=神経を保護する薬剤)」が敷いてありました。

眠れないほど痛い 不可逆性歯髄炎の1症例 マイクロスコープ根管治療 覆髄材の下 むし歯 ラバーダムが必要

歯は3層構造です。
むし歯は第2層の象牙質の神経の境界にまで及んでおり、黒く変色していました。
覆髄材もそこまで敷いてあったため、以前の治療は神経近くまで及んでいたのでしょう。

本症例のように、象牙質にまで及んでいるむし歯の場合、治療中に唾液が混入すると、細菌が感染し、むし歯(=細菌感染)を取りきれないことがあります。


そのため、当医院では、象牙質におよぶむし歯の際は、ラバーダムを装着し、患歯に唾液が混入しないよう配慮した上で治療に臨んでいます。

以前の治療について患者様に伺うと、そのような配慮は為されていなかったとのことです。残念ではありますが仕方がありません。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要

象牙質は上図のような「細管構造」です。外から内側へ向かって細管が走行しています。
その細管の直径より、むし歯の原因となる細菌は小さいため、治療中に唾液が混入しないような配慮が必要となるのです。(但し、象牙質に至ったむし歯でも、浅く歯髄(=神経)が健康であれば大丈夫です。神経に近接するむし歯ではラバーダムは大切です)

眠れないほど痛い 不可逆性歯髄炎の1症例 マイクロスコープ根管治療 水酸化カルシウムを貼薬

本症例は、不可逆性歯髄炎。神経の炎症はひどく、根管治療が必要となりました。
根管治療後は水酸化カルシウムを貼薬し、1週間経過を観察します。

根管治療後は、これまでの痛みはなくなりますが、治療をしたことによる痛みが1~2日続きます。ただし、これまでのような激しい痛みではありません。

当院には多くの患者様がご相談、ご紹介で来院されますが、「根管治療の際、麻酔をしないで治療していた・・・」というお話しを多数伺います。担当していただいた先生からは、「歯の神経はないから大丈夫、がんばって!」とのことで、毎回我慢して治療を受けていたとのこと。相当痛かったことでしょう。

当院では、毎回無痛麻酔の上、根管治療に臨みます。
歯の神経の有無に関わらず、歯を支える周囲の組織を考えると、麻酔無しでの治療は苦痛です。当院では短期間、少回数で1回当たりの時間を長く頂き、毎回麻酔の上で根管治療を行っております。痛みが心配な方は安心してご来院ください。

マイクロスコープ&ラバーダム根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

神経を残したい 《MTA部分断髄法》

「レントゲンの診査で、根管治療をいわれたけれど、痛くないし、症状もない。本当に必要でしょうか??」

こんなご相談を大変多く頂きます。

結論。根管治療は必要ありません。但し、いままで一度も痛みが無かったのであれば!

本動画は、他院でセラミックインレーを装着後より、違和感としみる(冷水痛)症状がつづき、当院をご相談された症例の、神経を残す治療「MTA部分断髄法」についてです。

直接覆髄法 断髄法 神経を残す治療 神経を取らない治療 都内内幸町新橋虎ノ門港区千代田区霞が関日比谷の歯医者歯科

根管治療はすべての歯髄(=神経)を取り去りますが、部分断髄法は、感染した部分のみ取り去ります。

どんな症状であると神経を取らなくてはならないのか? 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTAむし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。そのため感染部位を取り除けば自然に治ります。但し、炎症が酷く治まらない症例(=不可逆性歯髄炎症例)や歯髄壊死症例(=歯の神経が感染により壊死している症例)では根管治療が必要です。

そのような症例は、術前の問診と術中のマイクロスコープによる歯髄診査で診断します。

当院では歯の神経を残す治療を行います。残念ながら根管治療が必要となった場合は、米国UCLA歯内療法専門医の治療コンセプトに従い、適切に根管治療を行い、歯を永く使えるように治します。

大丈夫です。マイクロスコープとラバーダムを活用し、適切な治療コンセプトのもと、適切な治療環境を整えて治療に臨めば、歯は永く永く残せます。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

歯を削る基準 深いむし歯でも神経を残す治療

神経を残す治療について MTA直接覆髄法について深いむし歯=根管治療・神経の治療・根っこの治療と思っていませんか?
深いむし歯でも、神経に達するむし歯でも、たとえ露髄しても歯の神経は残せます。
本動画は、マイクロスコープを活用した神経を残す治療「MTA 直接覆髄法」の1症例についてです。

また、「むし歯を削る際の当院の基準」についてもご説明しております。ぜひご参考ください。

神経を残す治療について MTA直接覆髄法について 齲蝕検知液 カリエスチェック むし歯を削る基準

当院では、齲蝕(=むし歯)検知液として 「カリエスチェック」(1%アシッドレッドポリプロピレングリコール溶液)を使用しています。

齲蝕検知液とは、むし歯を染色する薬剤です。商品によりその効果は様々であるため、適切な薬剤の選択が必要不可欠です。

詳細につきましては、右リンクや本動画をご参考ください。当院のむし歯を診断する基準を知っていただくことが出来るでしょう。

神経を残す治療について MTA直接覆髄法について 残せる神経とは?健全な神経とは?

むし歯を取り去ると歯の神経に達しました。これを露髄といいます。
露髄をもって、根管治療が必要と診断する医院も多いようですが、当院は違います。
根管治療が必要となるポイント、神経を残せるか否か?には2つのチェックポイントがあります。
① 神経が生きているか?
② 感染による炎症は治まるか?
これを実際にマイクロスコープで直接神経を診査・診断します。

本症例は露髄部にMTAを貼薬し、神経を残しました。これをMTA直接覆髄法といいます。このような治療には、適切な診査・診断に加えて、マイクロスコープとラバーダムが必要となります。マイクロスコープやラバーダムをすればいいという訳ではありません。

マイクロスコープで幾ら見えていても、それを見極める目がなくては見えていないに等しいでしょう。当院にはそのための適切な治療コンセプトがあります。

神経を残す治療について MTA直接覆髄法について MTAについてMTAを貼薬した様子です。
当院ではMTAを多くの症例で応用し、良好な結果が得られています。
MTAは高アルカリ性で抗菌作用を有する生体親和性の高い優れた薬剤です。

マイクロスコープを適切に活用した歯科治療で、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指す。当院の目標です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

サイナスリフト&ソケットリフト《インプラント治療症例》

インプラント治療は、歯を再生させる治療です。第2の永久歯とも呼ばれるインプラント治療。失った歯槽骨に純チタン製のインプラントフィクスチャーを埋入し、歯をつくります。

そのため、インプラント治療には「骨量」が必要です。
しかし抜歯と共に、周囲の歯槽骨も失ってしまう症例がほとんどです。
また、上顎へのインプラント治療の場合、「上顎洞」への配慮も不可欠となります。

上図①と②をご参照ください。上あご(上顎)の上には空洞があります。これを「上顎洞(=副鼻腔)」といいます。
この空洞があるため、上顎奥歯の歯槽骨は、抜歯によって少なく、薄くなってしまっていることがほとんどです。

③と④図の黄色矢印の幅がそれを示しています。
このような症例に対してインプラント治療を行うには、その骨量を確保する必要があります。その骨造成法が、「サイナスリフト」「ソケットリフト」です。詳しくは、上動画をご参照ください。

サイナスリフト 術前 シミュレーション インプラント手術

サイナスリフトを行った実際の症例です。上画像は、術前のCTシミュレーション画像です。当院では術前にCT撮影を行い、術前シミュレーションを行った上で手術に臨みます。

上画像は、サイナスリフトと同時にインプラント手術を行った後のCT確認画像です。骨が造成され、インプラントフィクスチャーが上顎洞を貫くことなく埋入設置されています。

こちらはソケットリフトの術前シミュレーション画像です。

ソケットリフトと同時にインプラントを埋入した後のCT確認画像です。

上顎臼歯部ではこの2症例のような骨の薄い症例では、術前にCT撮影を行い、ソケットリフトやサイナスリフトを行った上でインプラント手術する必要があります。

宮﨑歯科医院 インプラント用手術室 特別診療室

当院ではインプラント手術や歯周外科手術は特別診療室(手術室)で施術します。
滅菌消毒が行き届いた環境下での手術が必要です。

 

 

 

 

 

眠れないほど痛い ズキズキする 根管治療・神経の治療

銀歯 ズキズキ痛む 1年前にむし歯を削って銀歯にした下顎第2大臼歯。それからずっと冷たいものがしみていたそうです。時々うずくことがあり、最近は眠れないほどのうずき、痛み止めの服用が必要となったため当院を受診されました。

上動画はその治療の様子です、ご参考ください。

かみあわせに問題がある場合、本症例のような鈍い痛み(うずく)を伴うことがあります。本症例では、かみあわせは適切でした。そのため、深いむし歯を疑い治療に臨みました。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症ですむし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

深いむし歯治療や根管治療ではラバーダムを装着し治療に臨みます。

覆髄材を除去し、齲蝕検知液で染色しむし歯を特定し、むし歯を削り取ります。

露髄 根管治療 歯髄壊死 本症例は、むし歯を削り取ることで、神経に達しました。露髄です。

健全な神経であれば、血流があるため、神経に達した時点で「出血」が認められます。また、その出血は5分程度で止血します。

本症例では出血が認められず、高倍率で神経を診査すると、神経自体の血流も認められません。このような場合は、細菌の感染により神経が死んでしまっていることが強く疑われます。これを歯髄壊死といいます。

歯髄壊死部を取り去りますが、やはり血流は認められませんでした。神経が死んでしまっている場合、その神経が生き変えることはなく、これ以上のかんせん拡大を予防するためにも適切な根管治療が必要となります。

上動画はその根管治療1回目の実際の様子です。

当院ではマイクロスコープを活用した根管治療を行っております。
一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療が当院の目標です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

インレー装着後 痛いといったら根管治療になった…

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者本動画は、他院でセラミックインレーを装着後、痛みが治まらず、そのまま根管治療となったことに不安を感じ、当院を相談受診された患者様のマイクロスコープ再根管治療についてです。

動画はその治療の様子です。

当院の根管治療について知っていただくことが可能です。当院を受診される前に、ぜひご覧ください。

初診時 セラミックインレー装着するも痛みがあり、根管治療となった症例について

写真は初診時の状態です。噛むと痛いと説明すると、神経の治療が必要ですと説明され、歯の真ん中に穴をあけ、根管治療となりました。患者様はその医院にてセラミックインレーを装着し、その医院でそのまま根管治療となったため。ご不安になり当院を受診されました。

拝見すると、セラミックインレーは非常に高く、強く接触していました。セラミックインレー装着当初より高かったため、担当医に訴えると、慣れるでしょうトの説明があり、患者様も我慢されていましたが、治まらなかったようです。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です

根管治療は、むし歯治療です。むし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。
このたびの痛みがが、根管治療で治まるならば、それは「細菌感染がある」ということになります。つまりむし歯が残っていたことになります。

患者様の感じていた痛みは、絶えがたい痛みではなく、噛めるけど痛い・・・程度のものだったそうです。

根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 むし歯の取り残しはしないでしょう・・・そうすると、痛みの原因はかみあわせでは?と疑問が残らざる得ません。

いまとなっては分かりませんが、歯科治療では、むし歯・歯周病・かみあわせ。この3つすべてに配慮した治療が求められます。


マイクロスコープ&ラバーダム

保険と保険外(自費)の根管治療の違いについて わかりやすく説明当院では1回1時間で計1~3回の根管治療で終了します。

複数回・長期間にわたる「ラバーダムを装着しない」根管治療は、唾液感染の機会を与えかねません。

本症例は2回の根管治療で終了の予定です。

適切な治療コンセプトのもと、適切な道具・環境と整えて治療に臨めば、根管治療は怖くありません。治療後も永く歯は残ります。

マイクロスコープを活用した歯科治療で、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指す。当院の目標です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

歯の神経を残すにはどうすればいいか?

本動画は、マイクロスコープを活用した神経を残す治療「部分断髄法」についてです。ぜひご参考ください。

他院での神経を残す治療後より「ジーンとした」痛みが残り、当院を相談・受診された患者さまの症例です。


レントゲン診査では、神経(=歯髄)に達する深いむし歯に対して覆髄材(神経を保護する薬)が使用されていることが推察されます。

レントゲンで見ると、根管治療をしている跡がないため、「歯の神経はまだ大丈夫!」と判断する患者さまや歯科医がいます。

深いむし歯の場合、レントゲンでは問題ないようにみえても、病理組織切片でみるとすでに神経(歯髄)にまで感染している

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症ですロサンゼルスご開業の根管治療専門医 清水先生のご講演からの引用です。ドクターリクッチの病理切片とレントゲン画像となります。

上レントゲン画像では、むし歯は歯の神経(歯髄)にまで至っていないように見えますが、実際に病理切片ととり検査すると、むし歯の細菌感染は神経に至り、歯髄炎を起こしていることが分かります。

どんな症状であると神経を取らなくてはならないのか? 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTAそのため、当院では神経を残せるか否か?根管治療が必要か否か?は、術前の問診で得た現在の病状や症状から推断しつつ、実際に歯の神経をマイクロスコープで診ることで最終診断をしています。

MTA神経を残す取らない抜かない治療法 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTA本症例は、一部感染歯髄を取り除き、その部位にMTAを貼薬する「部分断髄法」を行いました。
経過は良好です。

当院では、マイクロスコープを活用した精密歯科治療を行うことで、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指し日々の臨床に取り組んでいます。

マイクロスコープ&ラバーダム

宮﨑歯科医院 アクセス 地図

 

 

 

神経を残す治療の後、ズキズキ痛む

深いむし歯 神経に達している 神経を残す治療後のレントゲン写真 他院

他院にてマイクロスコープとラバーダムを使用して「神経を残す治療」を受けた患者様。

治療後よりズキズキとする痛みが続き、心配となり当院を受診・ご相談で来院されました。

上動画は、その治療の様子です。ぜひご覧ください。

しかし、ラバーダムにマイクロスコープを使用して治療したにも関わらず、なぜ痛みがあるのでしょうか??

当院でも同様にラバーダムを装着し、治療に臨みました。
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。術前に歯面を洗浄消毒し、無菌的環境を徹底した上で治療に臨みます。

ラバーダム 根管治療神経を残す治療には必要 歯面の消毒について

どんな症状であると神経を取らなくてはならないのか? 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTA前医の詰めたセメント(覆髄材?)は神経に達しており、そのセメントを外すと、神経(=歯髄)には血流が認められませんでした。

つまり、むし歯菌(細菌)の感染により、すでに神経は死んでいる状態でした。

前医は、ラバーダムを装着し、適切にむし歯を(細菌感染を)取り除いていますが、その神経は感染により死んでしまっていました。なぜでしょうか?

神経を残せる否か?その判定基準はなにか?マイクロスコープで診る 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTAラバーダムを装着して治療に臨んでいることから、治療中の感染はありません。

また、むし歯の取り残しもなく、当院には治療後すぐに来院されているため、治療後の感染も考えづらい。

つまり、「治療前」の段階で神経はすでに死んでいたことが推察されます。

ラバーダムをして治療中の感染を予防しつつ、適切にマイクロスコープでむし歯は取り除いたのですが、マイクロスコープでの「神経(=歯髄)の生死判定」あるいは「診査」が適切に為されなかったのが、今回の痛みの原因と推察されます。

当院では、神経を残せるか否かを診断する際、問診で推断した上で、実際に「歯髄」をマイクロスコープで観察することで、その状態がいかなる状態なのか?(不可逆性の歯髄炎なのか?歯髄壊死なのか?」を診断し、根管治療の必要性の有無を決断します

根管治療や歯の神経を残す治療(直接覆髄法・間接覆髄法、断髄法など)には、マイクロスコープやラバーダムは必要な治療環境ではありますが、必要十分な環境ではありません。そこに、適切な診査・診断基準がなければ、マイクロスコープで見えていても、それは見えていないに等しいといえるでしょう。

正しいコンセプトとは?適切な治療環境とは?

マイクロスコープ&ラバーダム

わかりやすく説明 歯医者

 

 

 

歯の神経を残す 抜かない治療《MTA直接覆髄法》

本症例は、違和感と冷水痛(冷たいものがしみる)を主訴に来院された上顎大臼歯の深いむし歯に対して、神経をとらないで残す治療を施した1症例の治療の様子です。

・レントゲンで深いむし歯があるから根管治療が必要
・レントゲンで見ると、神経にむし歯が接している、近いから根管治療
・むし歯を取ると、神経に達してしまう(=露髄)から、根管治療が必要

こんな診断を受けて、なんとか神経を残せないものか?と当院を受診される患者様が多数いらっしゃいます。本症例もその一症例と言えるでしょう。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
細菌の存在・感染がむし歯の原因ということです。

つまり、『細菌の感染と取りきれば治り、感染を残せば治らない』ということになります。

よって、むし歯治療を成功に導くには3つの大きなポイントがあります。
① むし歯を取り去ること。取り残さないこと。
② 治療中に感染させないこと。
③ 治療後に感染させないこと。

目には見えない感染症であるむし歯。
適切な治療のコンセプト(診査法、診断法、治療法)に基づき、むし歯を取り去る必要があります。

①、つまり「マイクロスコープ」です。
むし歯を取り残さないことはもちろんですが、歯の神経の生死・状態の精査にもマイクロスコープは有用です。残せる神経なのか否か?の診査診断には、マイクロスコープがなくては成り立ちません。

 

②、ラバーダムです。
治療中に唾液が処置歯の内部に混入。接触することは、治療を阻害するばかりでなく、再感染の機会を与えます。口内に手術室をつくり、無菌的環境の中でむし歯を取り去ることのできる「ラバーダム」は絶対に必要な治療環境といえるでしょう。

 

③は「精度の高い補綴治療」です
補綴とは、インレーやクラウンなどの人工物で削った歯を補うことをいいます。
クラウンやインレーと歯との間に隙間があると、その隙間に細菌が「再感染」し、むし歯を引き起こします。むし歯の再発です。

当院では、マイクロスコープとラバーダムを活用し、神経を残す治療を行います。残念ながら、神経が壊死している場合や炎症が治まらない症例では、根管治療が必要です。また、その後に続く補綴治療においても、マイクロスコープで精密な治療を施し、二度とむし歯にならないように努めています。

一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療。当院の目標です。

宮﨑歯科医院 アクセス 地図

 

 

根管治療のやり直し 原因は?マイクロスコープ

本動画は、根管治療した歯の歯ぐきが腫れて当院を受診された患者様の再根管治療の様子です。根管治療の回数は1回1時間。2回で終了の予定です。

根管治療に限らず、むし歯治療の目的は、「細菌の感染の除去」です。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

その感染を取り除くことが我々歯科医師の担う治療ですが、その治療の際中に、患歯(=処置歯)の内部に唾液が混入すると、その治癒を阻害するばかりでなく、再感染の機会を与えかねません。

そのため、深いむし歯治療や根管治療では、その唾液侵入を予防する術がとても大切となります。それがラバーダムです。

上顎第一小臼歯 2根管 根管の見落とし本症例である上顎第一小臼歯の根管数、根管形態は複雑です。

本症例の歯ぐきの腫れの原因は、2つある根管のうちの1つが未治療であり、そこに感染が残っていたことでした。

 

上顎第一小臼歯 2根管 18%が2根管で1根尖

動画より引用した画像です。本症例は左から2番目の2根管で、歯根の先端では1つとなる根管形態でした。全体の18%で出現する根管形態です。本症例ではそのうちの一つをの根管治療が為されていませんでいた。肉眼ではみえなかったのでしょう。その部位と、2つの根管の癒合部に感染が残ったことが「歯肉の腫れ」の原因です。

上顎第一小臼歯 2根管 18%が2根管で1根尖 イスムスを超音波チップで除去
根管治療 水酸カルシウム ホルムアルデヒド製剤 ペリオドンは使用しない当院では、根管治療中の唾液の混入をラバーダムで予防しつつ、マイクロスコープを活用して、癒合部と未根管治療部位を適切に清掃消毒しつつ、治療済みであった根管治療部位も再度根管治療しなおしました。

治療後は、水酸カルシウムを貼薬します。ペリオドンやパラホルムアルデヒド製剤は使用しません。治癒を阻害します

UCLA正式プログラム 認定 根管治療 修了証当院では、根管治療を1~3回で終了します。

毎回、無痛麻酔です。麻酔をしないで治療することなど絶対にありません。
根管治療は、「感染が取り除かれれば治ります」。

つまり、「感染が残っていれば治らない」ということです。

適切な治療コンセプトのもと、適切な治療環境と道具を揃えて根管治療に臨めば、短期間、少ない回数で根管治療は終了です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 
マイクロスコープ&ラバーダム

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座