トップページ > インプラントのブログ > インプラント 左下奥歯 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

インプラント 左下奥歯 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者


40代女性、左下奥歯(第一大臼歯)の「違和感と歯肉のほんの少しの腫れ」、そしてレントゲンで認められる黒い像(黄色の矢印の先)を根拠として治療することとなりました。

かなり以前に根管治療(神経の治療)を受け、かぶせものを装着されてとのことでした。
この歯は歯根が2本あるのですが、その股の部分(黄色の矢印の先)に骨が溶けている像がレントゲンでみてとれます。かみあわせの力が強くかかりすぎていたり、歯が折れていたりするとこのようなレントゲン像が認められます。実際に銀合金の冠を外し、メタルの土台を外すと、歯が真っ二つに折れておりました。患者様には抜歯のご説明をし早々に抜歯することとなりました。
このような症例の場合、治療法としては3種類です。
① 入れ歯
② ブリッジ
③ インプラント

当院では抜歯と同時にインプラントを埋入する抜歯即時埋入インプラント手術という術式がありますが、抜歯の時点ではまだ患者さまの意思が決まっていなかったため、抜歯による周囲骨の吸収(骨が溶けてなくなること)がないように、「ソケットプリザベーション」を施し、治癒を待つこととしました。抜歯後に、かみあわせの観点からインプラントがよいことをご説明させていただき、患者様に了解を頂き、インプラント治療を行いました。上写真は、インプラントシミュレーションとインプラント治療後のCT確認画像です。


インプラント治療前後の比較レントゲン写真です。インプラント周囲にはしっかりとした骨が再生しています。患者様のクリーニング不足やメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎というインプラントの歯周病を発症することがありますが、本症例はとてもいい状態で推移しています。治療のスタートは、患者様のこれからのスタートです。今後はメンテナンスで永いお付き合いをお願い致します!




インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療