腫れて噛むと痛い (神経の治療 都内新橋日比谷内幸町虎ノ門の歯医者)


他院にて深いむし歯の治療を受けた患者様。
部位は下顎の第一大臼歯。奥から2番目の歯となります。治療後徐々に痛むようになり、来院時は噛むと痛みがあると同時に歯ぐきが腫れていました。

レントゲンを撮影、拝見すると、歯の神経にまで到達するプラスチック樹脂が認められます。①と②の歯を比較して頂くとそれが分かるかと思います。歯は3層構造です。表層からエナメル質→象牙質→神経という構造で、レントゲンでは硬いものがより白く、軟らかいものがより黒く写しだされます。骨が黒く写るということは(黄色矢印)、炎症が骨に認められるということです。

本症例では、術前のCT画像にて周囲歯槽骨への炎症所見が認められました。このような場合、神経(=歯髄)が深いむし歯による細菌感染により「壊死」していることが疑われます。患者様にご説明させていただき、ラバーダムを装着、マイクロスコープを用いて治療に臨むこととなりました。

上写真はプラスチック樹脂を外し、取り残されていたむし歯を除去した後の歯の内部です。健康な神経(=歯髄)であれば、この時点で「出血」が認められます。しかし本症例では認められませんでした。これは神経(=歯髄)の血流が無いことを意味しており、歯髄壊死が疑われます。歯髄壊死の原因は、細菌の感染です。

残せる神経(=歯髄)は徹底して残します。残せる神経とは、「感染のない神経」であり、「壊死していない神経」です。これは、マイクロスコープによる歯髄の視診で判定することが可能です。

上動画は本症例の治療中を記録解説した動画です。

当院では一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々の治療に臨みます。それは細菌感染の徹底除去が必要不可欠です。日々精進です。