当院の根管治療

オールセラミックス 根っこ/神経の治療 (都内港区歯科医院 内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関)


他院で根管治療(=根っこの治療、神経の治療)をして頂いたのですが、痛みが治まらず当院を受診された患者様の根管治療の1症例です。

根管治療の詳細につきましては右動画画面をクリックご参照ください

上写真は、根管治療後の根管充填写真とその後のオールセラミックスクラウン装着の写真です。むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。治療中に感染しないような「ラバーダムの装着」を配慮するのは当然ですが、治療後に再感染しないように「クラウンの精度」にこだわるのも非常に大切なことです。

オールセラミックスはその美しさ・自然さから「審美性」に目がいきがちですが、化学的にも物理的にも安定した優れた歯科材料であることに目を向けることのほうが、とても大切です

当院では全ての治療において、その「精度」にこだわります。そこには「マイクロスコープ」が不可欠です。一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を求め、日々精進です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

MTA 歯の神経を残す・取らない治療とは (都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関)


歯の神経を残すには?根管治療をしなくて済むには?
上写真をクリックしてご参照ください。

神経が残せるか否か?の判断基準は、「痛みが強いか、強くないか?」「むし歯が神経に到達しているか否か?」ではありません。
「細菌感染しているか否か?」
「歯髄壊死しているか否か?」が、判断基準となります。
⇒当院の判断基準につきましてはこちらをご参照ください。

当院ではラバーダムの上、直接覆髄法にて神経を残します。
直接覆髄法については以下をご参照ください。

 

日々「神経を残す治療」について症例報告をさせていただいております。当院の取り組みを見ていただけるかと思います。ご参考頂きお役に立てれば幸いです。

以下に一部ではございますが、当院の「神経を残す、取らない治療」実際の症例を供覧させて頂きます。ご参考ください。(※詳しくは、当院までご連絡ください!精査の上、適切なアドバイスをさせて頂きます。)





神経を残す、神経をとらない治療とは?



歯の神経を残す 生活歯髄療法とは?



歯の神経簡単にとってはいけない?


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

根っこの治療 根尖病巣病変 治す (都内港区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関歯医者)

メンテナンスで通院いただいた患者さまのレントゲン写真。
担当歯科衛生士より、「先生!治ってますよ」

上のレントゲン写真、術前と術後を比較すると、白矢印先の黒い影がなくなっているのが分かります。根管治療が上手くいかないと、根っこの先に病変(病巣)をつくります。炎症をおこし、骨を溶かすため、レントゲンでは黒く写るのです。

当院でラバーダムを装着しマイクロスコープを用いて根管治療を行いました。特別なことはしていません。すべきは「根管内の感染をしっかりと取ること」。
いわば「えんとつ掃除」。えんとつもしっかりと掃除をすればえんとつとしての役割を果たし煙を外に出してくれますが、えんとつが詰まってしまっていては、煙が中にこもって出してくれません。

本症例では根管治療後に、CWCTにて根管充填し、術後の再感染を極力予防できるよう精度の高い補綴ファイバーコアハイブリッドセラミックスクラウン)で治しました。

治るのは本当に嬉しい。
一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を求め、日々精進です。

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

オールセラミックス 根管治療 (都内新橋内幸町霞ヶ関神谷町歯科)

他院でのむし歯治療後に続く「違和感と痛み」を主訴に来院された患者様。当院にて根管治療を行い、その後ファイバーコアを装着。
(根管治療の実際はこちらをご参照ください)

むし歯が深くまで進行すると、「根管治療」が必要となります。
むし歯の原因は細菌の感染です。そのため、根管治療はラバーダムを装着して細菌の感染を徹底的に除去します。その後は再度感染しないように根管内に樹脂を充填します(=根管充填)が、「その後の治療がとっても大切!!」なのです

装着する「ファイバーコア」やその上にかぶせる「クラウン」の「精度」が良くないと、その隙間から再度感染し、またむし歯になってしまうのです。

当院では治療の精度にこだわります。

当院では、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目標に日々の臨床に取り組んでいます。上動画は、当院の日々の臨床の一コマといえるでしょう。


宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

ラバーダム (都内新橋港区千代田区内幸町虎ノ門歯医者) 根っこ神経の治療

神経を残す治療根管治療には、ラバーダム防湿が不可欠です。

ラバーダムをご存じですか?
ぜひ、上の動画をご覧ください。

(上動画は、他院にて長期間にわたり麻酔をせずに根管治療を行ってきた患者様です。痛みに対する恐怖感が強いため、少しずつ、当院の治療方法を体験していただき、無痛麻酔・無痛治療を実感して頂いています。上動画はそのうちのラバーダムについて体験動画です。同様のご経験のある方の恐怖心が払拭できることを願いつつ、ぜひご覧いただけますように、投稿させて頂きます。)

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。治療中に原因である「細菌バクテリア」が、治療部位に混入することは、治療を阻害するばかりでなく、再感染の原因となります。

ラバーダムの有効性を示す論文は現在見当たりません。ということは、科学的根拠が薄い?ということでしょうか?

そういうことではありません。
「当たり前のこと」だから、論文が見当たらないのです。

ラバーダムとは、いわば「手術室」。
開腹手術の成功率を語るならば、「手術室」で行うのは当たり前でしょう。
「手術室」で手術を行うことは当たり前であって、その有効性を示す必要はないのです。
つまり、ラバーダムは当たり前の事なのです。当院では「神経を残す治療」「根管治療」では、100%装着します。

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

痛みが取れないなら神経をとる? (都内新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関歯医者)

『 他院にて、深いむし歯の治療をしました。その後に痛みが生じたため、再度医院を受診したところ「痛みが取れないならば、神経をとったほうがいいですね」との説明を受け、神経をとる治療(=根管治療)を行ってもらいました。その後、当院のホームページにある「神経を残す治療」を読み、どのようなものなのかと不安になりご質問させていただきます。』

大意としてこのようなご質問頂きました。
これに対して当院の考えを回答させて頂きましたので以下ご参考いただければ幸いです。
(患者様より、事例として他の方の参考になるのではとの思いをいただきましたので、こちらの載せさせていただきました)

『大変ご苦労されたご様子、今後はしっかりと根管治療を施せば問題はないでしょう。しっかりと治してくださいね。

ご質問の回答となれば嬉しいのですが、お返事させて頂きます。

歯髄(=神経)を残せるか否かの診断基準は、「細菌が感染しているか否か?」また「感染により歯髄が壊死しているか否か?」です。

「痛いか痛くないか?」は、細菌感染による生ずる「炎症の結果」であり、細菌感染や歯髄壊死を診断する基準とはなりません。

目では見えない細菌感染を、感染により生じた症状で判断しようとするのが「診査」です。そのため、当院では痛みの既往を問診でお聞きしたのちに、電気的歯髄診断機器、冷温刺激による診査などの多くの診査を用いて歯髄の生死診断・現在の炎症状態を「推断」します。残念ではありますが、これらの従来の診査に100%はありません。多くの論文でもそのような結果が得られていることから、我々歯科医師は、多くの診査結果を踏まえて「推断」し、治療法を模索しているのが現実でしょう。「診断はアートの要素が強い」と云われる所以ではないでしょうか。
(これらの事につきましては以下のアドレスでご説明させて頂いておりますのでご参照ください。)

担当してくださった歯医者さんはこのような診断基準に則って、根管治療がベストであるというご決断をされたのでしょう。

当院ではこれらの診査に加えて、「マイクロスコープによる強拡大下での視診」を診断項目に追加しています。

問題となる「歯髄の病態」を直接診ることで、診断の一助としています。

これからの歯科治療では、この「マイクロスコープ」がやり直しのない歯科治療・一生に一度の歯科治療の一助となるでしょう。

口内の病気である「むし歯」「歯周病」は唾液中に存在する細菌の感染症です。感染に対して適切に処置を施せば、いかなる状況でも治癒します。そのためには早期に対処した方が、治癒はより良く、抜歯も避けられる可能性が高くなるといえるでしょう。』

当院では徹底した治療、一生に一度の歯科治療を目指し日々精進しております。

 

 

残せる 残せない 歯の神経 (都内新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関歯医者)

深いむし歯の場合、残せる神経と残せない神経、どう違うのでしょうか?

当院では、問診により症状を伺い、レントゲン診査・CT診査などの基本検査にて、仮診断を下した上で、「マイクロスコープを用いた強拡大視野下での歯髄を直接見る」ことで、神経(=歯髄)の保存の可否を診断します。

 

保存可能な歯髄の基準(根管治療をしないで神経を残せる基準)とは?

ラバーダムを装着し、むし歯を除去します。歯髄(=神経のこと)に到達したあと、歯髄をマイクロスコープで診査します。

〇 根管からの出血がなければ、歯髄壊死の可能性は高くなります。
⇒つまり根
管治療・断髄(=部分的に歯髄を取り除く処置)が必要となる可能性が高くなります。

〇 根管から出血。その後、止血すれば、歯髄の保存の可能性が高まります。
ただし、止血の可否は、参考程度の診査基準として考慮します。

〇 エアを歯髄にあてて歯髄組織の連続性を確認します。
・ 歯髄組織に連続性がなく、原型をとどめていない
・ 歯髄が象牙質から離れる
これらの場合、歯髄壊死の可能性が高くなります。つまり根管治療・断髄となります。
・ 歯髄の形を為していれば、歯髄の保存の可能性が高まります。

4 歯髄そのものに血流が存在するか
 歯髄からのわずかな出血があれば保存の可能性が非常に高くなります。 歯髄周囲のみから出血する場合は、歯髄壊死の可能性が高くなりますが、参考程度の診断基準となります。

上動画にて残せる神経、残せない神経(根管治療が必要となる神経)について、解説しております。ぜひご参考ください。

歯の神経 死んでる 炎症?(都内新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関)

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

細菌は徐々に深く進行し、歯の神経(=歯髄)に感染、炎症、壊死させます。
(→むし歯の進行についてはこちらをご参照ください)

歯の神経が、細菌感染により死んでしまうことを「壊死」といいます。

感染した神経・壊死した神経は取り去らなくてはなりません。

では、神経を取らなくてもいい場合(=可逆性歯髄炎)と神経を取るべき場合(不可逆性歯髄炎)の症状の違いは何でしょうか?

ここに、Ricucciらの報告があります。当院では、この報告の基準を参考に診断基準の「ひとつ」とさせて頂いております。

可逆性歯髄炎の基準(神経を取らなくても治る可能性の在る症例)
・ 自発痛の既往がない
・ 冷水痛、甘味痛があってもわずか
・ 歯髄生活試験(神経が死んでいるか否か)が正常範囲内、
 または温度診の異常があってもわずか
・ 誘発刺激による痛みが、刺激除去後、数秒以内で消失
 (たとえば、冷たいものを食した後、しみて、すぐに症状はなくなる)
・打診痛なし(たたいても痛くない)
・ レントゲン写真で根尖部に透過像(根尖病変)がない
以上の判断基準を複数満たす場合、96%の確率で神経を残すことが可能であると文献には記載されています。

不可逆性歯髄炎の基準(神経を取る治療をすべき症例)
・ 痛みの既往がある
・ 鎮痛剤服用の既往がある
・ 誘発痛、自発痛が持続する(10分以上)
・ 夜間に痛みがある
・ 日常生活に支障のある痛み
・ 患者さんが痛みの原因となる歯を特定できない
・ 歯髄生活試験で異常な反応を示す
・ 誘発刺激除去後も痛みが持続する
以上の判断基準を複数満たす場合、84%の確率で根管治療が必要であると文献に記載されています。

上記の基準をご自身の症状と照らし合わせると、適切なる治療法をおおよそ知ることができるかもしれません。

 

 

根っこの治療後 痛い 顔が腫れた (都内虎ノ門内幸町新橋霞ヶ関歯医者)

むし歯が深く、他院にて根管治療(根っこの治療、神経の治療)を受けた患者様。

治療後も痛みがつづき、噛むと痛かったため、担当医に告げると、「痛みが治まらなければ、抜いた方がいいですね」とのこと。

????

むし歯が深く進行していたから、神経を取る治療をする。その目的は、「これ以上、感染拡げないように、つまりは歯を抜かないようにするため」のはず。なのに、根管治療をした上で、ダメなら抜歯??

抜歯が必要なほどむし歯が深く進行しているのであれば、術前に分かるはずでは?

患歯は上顎第2大臼歯。根管内を拝見すると、右写真のような状況。根管充填としては適切とはいいがたい。上手く治療ができなかった?が推察される有様。

上顎大臼歯が適切に根管充填されるとこちらのようになる→クリック

結論痛みの原因は、根管治療が適切に為されていなかったこと。以下の動画でよくわかります。

根管治療中に治療器具である「ファイル」が折れてしまうことは”しばしば”あります。
ステンレススチール製のファイルは250ミクロン以上の太さになると、急激にその柔軟性を失い、問題があるということが論文にも記載されています。

そのため、当院ではステンレススチール製のファイルは、80ミクロン、100ミクロン、150ミクロンの3種類、いずれも柔軟性のあるもののみをディスポーザブルで使用します。繰り返し滅菌消毒して使いません。使い捨てです

ファイルが折れたとしても、適切な治療コンセプトと治療オプションがあれば問題はありません。

前医の「痛みがなくならなければ、抜歯」という診断は、私から見ると「ミスジャッジ」といえますが、前医の治療コンセプトと治療技術では、「抜歯しか治療方法がなかった」のでしょう。そこに嘘はなく、それしか方法がなかったのだろうとは思いますが、患者様が歯科医師を選べません。

当院では、適切な治療コンセプトに基づき、治療環境を整え、日々の臨床に臨みます。歯科治療は日進月歩、勉強しないと置いていかれます。日々勉強です。
一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療。当院の目標です。

歯 根っこ/神経の治療後も痛い 腫れた (都内内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町)

「根っこの治療は終わりって言われました。でも痛みがなくなりません」

むし歯が深く、他院で根管治療(抜髄)を行い、治療は終了したとのこと。
しかし、ずーっと痛みが続いており、腫れもある。こんな状態で当院を受診されました。

左端が本症例の患者様のレントゲン写真。
本症例は下顎第一大臼歯。
右のような形態をしています。

上右真ん中のレントゲンが当院で根管治療前。この歯を根管治療すると、右端のようなレントゲン画像となります。

左端と右端、比べてください。
違いますね。

根管治療は、歯の内部の細菌感染を取り去る治療です。例えるならば、「えんとつ掃除」とでもいいましょうか。えんとつ内の汚れをキレイにし、その後、また汚れないように、えんとつを樹脂で密に封鎖する。これが「根管治療」です。

そのため、レントゲンでは右端のような、根管内を密に封鎖している画像になるはずなのです。左端、違いますよね。

ここからは、上動画をご参照ください。

根管治療は適切にされていませんでした。肉眼治療で見えなかったのでしょうか。残念ですね。また、密に封鎖する材料として「綿」が使用されていました。論外です。

適切に治療することで、翌日には痛みがなくなり笑顔になった患者様。良かったです!!

当院では、適切なコンセプトに基づき、適切な環境を整えて(マイクロスコープやCT、ラバーダムなどなど)、根管治療に臨みます。やり直しのない歯科治療、一生に一度の歯科治療を目指し、日々精進です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した歯の神経を残す取らない治療最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

1 2 3 4 5 6 27