当院の根管治療

根尖病変・病巣 根管治療 (新橋内幸町霞ヶ関日比谷歯科)


ブリッジの支えとなっている歯の再根管治療。痛みも腫れもありません。
治療部位は黄色矢印の歯。歯根の先端にはレントゲン所見より”根尖病変”(赤矢印先)が認められます。痛みはないのに、その
治療の必要性はあるのでしょうか?

上動画は、当院での再根管治療の様子(全2回)を動画でご説明しております。

むし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。歯の内部に侵攻した細菌を駆除することがむし歯治療の目的であり、根管治療の目的です。よって歯の内部にある神経(=歯髄)の存在する「根管内部:」を無菌化することが治療の目的となるのですが、その先端は非常に複雑な形態です。とくに根尖3mmは枝分かれしていることが多く、そこに感染が残存していることで、治癒しないケースもあります。そのようなケースでは、適切な再根管治療を行った上で、歯根端切除術を行うことになります。

なぜ歯根端切除術を行うのか?についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/20052

本症例のように、レントゲン上で歯根の先端周囲が黒く見える所見、つまり根尖病変(病巣)がある場合は、周囲の歯槽骨が細菌感染を原因として”かなり”失われていることを意味しています

細菌の感染が歯の内部「根管内」にあれば、通常の再根管治療で治癒します。

しかし、細菌の感染が歯の内部から外部へ拡大している場合は治りません。

その際は、歯根端切除術が必要となるのです。

そのため、まずは通常の再根管治療を行い、治癒の反応を確認すること大切です。
上動画は、当院での再根管治療の様子です。
1回1時間、全2回で根管治療は終了しております。これで治癒しない場合は、根管外の感染を疑うか、歯根先端3mmにある側枝(枝分かれした根管で、洗浄消毒が困難な部位)の感染を疑い、歯根端切除術を行います。

根管治療では、適切な治療コンセプトのもと、適切な治療環境を整えて、無菌的配慮を徹底して治療に臨むことが大切です。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し、当院は日々の臨床に臨んでいます。

 

 

 

 

 

樋状根 再根管治療 腫れる 痛む (内幸町虎ノ門霞ヶ関新橋歯科)


10年前に治療した歯に違和感、腫れ、出血があり来院された患者様。上動画は、下顎第2大臼歯の再根管治療の様子です。

本症例は、根管治療を難しくする変形根管である「樋状根(C-shepe canal)」。

樋状根は、下顎第2大臼歯の20~30%の確率で認められます。

もとより、根管は複雑な形態ですが、樋状根は更に複雑です。

上左図のように、通常の下顎代2大臼歯は3つの煙突状の根管形態を呈していますが、樋状根はその3つが上右図のように癒合しています。

根管治療は煙突掃除に似ています。
スス(=細菌)で汚れた煙突内(=根管内)を削り取って清掃洗浄します。

この煙突の形態、つまり根管の形態が複雑になると、清掃が難しくなるのです。

当院で術前に撮影したCT画像です。歯根の先端周囲の歯槽骨は溶けてなくなり、CT画像上で黒く写し出されています。根管充填は十分なものではなく、根管内の清掃不良が原因で周囲歯槽骨が炎症を起こし溶けてなくなっていることが強く疑われます。

この樋状根の再根管治療の実際の様子(初回と2回目の再根管治療の様子)を動画でまとめました。当院では100%ラバーダムを装着し、100%マイクロスコープで診ながら根管治療を行います。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。肉眼や経験・勘に頼る治療では、本症例のような根管治療は難しいことが、動画より伺い知ることができるでしょう。

徹底した治療で、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指す。
当院の目標です。


 

MB2 イスムス 根管治療 上顎第2大臼歯 (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)

他院の深いむし歯治療後、歯髄壊死となり、さらに他院で根管治療するが、痛みが治まらず、当院にて根管治療を行った1症例です。治療部位は上顎第2大臼歯。本ブログと上動画は、根管治療2回目の治療の様子です。

本症例の根管治療1回目の様子は右画像をクリックご参考ください。

本症例の治療部位は、上顎第2大臼歯です。その根管は「肉眼では」通常3つ認められます。しかし、約60%の確率で、4つ目が認められる場合があります。それをMB2と呼びますが、肉眼ではみつけることができず、未治療のまま根管治療が終了していることがしばしばであり、当院ではその再治療をすることが多々あります。

このような症例ではマイクロスコープやCTを用いて適切に根管治療を行うことが必要となります。

本症例2回目の根管治療を始める前の根管内のマイクロスコープ画像です。
①の青点線で囲った部分の根管を右からMB1、MB2と呼びます。

このMB2は在ったりなかったりします。
その発現率は後述の通りです。

MB2の発現率について

上顎第一大臼歯で約80%、第二大臼歯で約60%の確率で、上顎大臼歯近心根に認めらえるMB1とMB2。根尖から3.6mmまではイスムスのない根管が存在し、歯冠側に行くに従いイスムスの形態が観察される。

本症例ではこのMB2が存在し、2つの根管が途中で結合する(上図の緑の矢印部)「イスムス」が認められ、そこに細菌感染が疑われました。

イスムスとは?

イスムスとは、根管と根管をつないでいる狭小部のことであり、上下顎大臼歯の近心根など、扁平な歯根に多くみられる。その形態から、機械的清掃が困難で、細菌や壊死歯髄などが残存しやすいため、化学的清掃が重要となる。なお、イスムス部は超音波チップなどの細い器具で追求していくと新たな根管を発見することもある


根管の形態は非常に複雑です。その形態をパターンを知り、適切な治療環境(ラバーダムやCT、マイクロスコープなど)を整え、適切な治療コンセプトに基づき治療に臨めば、歯は永く使用できます。失敗はありません。根管治療恐れるに足らずです。

当院ではマイクロスコープを2機設置、CTを常設した上ですべての治療を拡大視野下で行います。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々精進です。

 

 

 

 

抜歯 神経が死んでいる 根管治療 (東京都内新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷歯科)


他院にて抜歯と診断され当院を受診された患者様。当院で歯を抜かずに残すべく根管治療を行いました。上動画は、全3回のうちの初回と2回目の治療の様子です。

当院ではラバーダムを100%装着し、マイクロスコープを使用して治療に臨みます。
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。目に見えない細菌を徹底駆除することで、歯は治ります。そのためには、マイクロスコープやラバーダム、CTなどの適切な治療環境が必要となります。


上画像は、初診時レントゲン写真と初回終了後のCT画像です。患歯の周囲の歯槽骨が溶けてなくなっていることが分かります。治療前に、当院では適切に診査診断した上で、抜歯せずに治せることを確認の上、治療に臨みました。患者様には3回の根管治療が必要であることをご説明しております。


根管治療に限らず、すべての治療において、「適切な診査」と「適切な診断」が無くては治癒はありません。

そのためには、むし歯だけでなく、歯周病的観点、かみあわせ的観点からも診査した上で治療に臨む必要があるでしょう。

根管治療の詳細は、上動画をご参考ください。

また、当院で行った根管治療の症例をブログとして皆さまに供覧させていただいております。お困りの患者様はぜひご参考ください。

根管治療は、むし歯の原因となる細菌の感染を取り除く治療です。

感染が取り除ければ治癒します。その治療に、長期間・多くの回数は必要ありません。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し、当院は日々精進しております。

 

 

 

 

上の奥歯 夜眠れないほど痛い かみあわせ 抜歯《都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田》


上の奥歯に痛みがあり、夜眠れないほどの痛みとなったため、顎関節症の既往もあるため、「かみあわせ治療」を専門とする歯科医院で銀歯を外したもらった患者様。
その医院では、抜歯の可能性が50%あるとの診断を受け、なんとか歯を残せないものか?再根管治療で歯を残すことはできないか?のご希望を胸に当院を受診されました。

症状は、噛んでなくてもじんわりと痛い時があり、ときよりズキズキとしたり、噛むとその痛みが強くなることもあるとのことでした。

上動画は初回の根管治療の様子です。

右上の画像は、本症例の根管充填の状態です。
黄色矢印の先の根管治療が未治療であることが分かります。

CT画像に認められる赤矢印の根尖病変(右上の赤矢印)とみ治療部位が一致しています。

上顎大臼歯の根管治療において、この部位の根管は目視することが困難であるため、ミラーテクニックを駆使し治療に臨みます。また、この部位の根管にはMB2という4つ目の根管が隠れていることもあり、肉眼による根管治療では不十分となりがちです。本症例でも推測通りにこの部位の根管治療が不十分であることが分かりました。

前医では患歯の抜歯の可能性が50%とのご診断。何を基準に50%の抜歯?なのか疑問に残ります。前歯の治療技術ではこの歯を残すことが困難と判断したのでしょうか?さらなる疑問と残念な気持ちが沸き上がります。

当院では本症例の根管治療を3回頂き治療に臨むことをご説明させていただきました。抜歯の必要性は当然皆無です。

上2つ画像は当院の過去のブログ画像です。

本症例もこのような治療が必要となるでしょう。
当院では多くの根管治療の患者様を拝見しております。他院との違いは、以下の2つ。
・ ラバーダム装着100%
・ マイクロスコープ使用100%

 

当医院の根管治療施術例は、根管治療症例報告をご覧いただければ、お困りの患者様にはご参考になるかもしれません。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々精進です。

 

 

 

 

 

樋状根 根管治療 マイクロスコープ(都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)


本症例は下顎第2大臼歯(下の一番奥の歯)の再根管治療についてです。

他院で根管治療を行った後に当院での治療をご希望されて来院された患者様。歯では大変ご苦労を重ねてきているご様子です。

下顎第2大臼歯の根管(歯の内部、神経のあるスペース。通常は煙突状の中空構造)形態は、60~70%の確率で「変形」が認められます。

本症例はその変形根管症例、「樋状根」「C shape canal}といいます。

上動画は当院での初回、再根管治療の実際の様子です。

ラバーダムCTマイクロスコープを用いて治療に臨んでいます。

右画像は本症例のCT断層画像です。
①から④へ、歯の上部から下部へと断層画像を見ることが出来ます。

①根管入り口は2つですが、下方にいくに従い2つは結合し、雨どいの断面のような形態(③)を呈します。

その後、歯根の先端(④)では一つのなります。

このように樋状根では根管形態が複雑であることから、その内部の感染を取り去り洗浄消毒することが困難です。

当院では、あからじめCTを撮影し、根管形態を明確に把握した上で、マイクロスコープを用いて治療に臨みます。

むし歯は唾液の中に存在する細菌の感染症です。
深いむし歯治療や根管治療では、歯の内部深くに侵攻した細菌を徹底して除去することが治療の大目的であり、取りきれなければ「治らない」か「再発」します。

この大目的を達成するためには、”適切な治療コンセプト”に基づいた上で、適切な治療環境や治療機器の準備が必要となります。

その治療環境や治療機器の準備が、
・ ラバーダム
・ CT診査
・ マイクロスコープ
・ マイクロスコープ治療に必要な各種器材
などでしょう。

 

 

 

根管治療 親知らず マイクロスコープ(都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)


大学病院で親知らずの抜歯を予定されている患者様。その手前の歯がズキズキと痛み、その痛みが治まらないため、他院より根管治療をご希望でご紹介・来院されました。

親知らずが横に向かって生えていると、その手前の歯との間に食物が挟まり、むし歯となってしまうことが多々あります。本症例の患者様もその一例でしょう。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。歯の内部に感染を拡大することで、その細菌を殺菌すべく、血液が患歯に集まります。そのため局所の内圧が高まり、ズキズキとした痛みとなります。ズキズキする痛みが治まらない症例では、その感染範囲が大きく、神経全体が炎症を起こしている状態です。このような症例では根管治療が適応となります。

上動画は、当院で行った初回の根管治療の様子です。

無痛麻酔を行い、ラバーダムを装着します。
その後は患歯の歯面に付着した唾液を洗浄し、歯の内部のむし歯(細菌)を除去します。
初回の治療は30分程。治療後は1~2日痛みますが、すぐに緩解します。

次回は更に根管内を洗浄消毒し、次々回で根管充填し根管治療は終了するでしょう。

本症例(下顎第2大臼歯)には3つの根管(神経)が存在します。その3つの根管内を無菌化する必要がありますが、その根管の走行は非常に複雑です。

初回の治療終了後に当院で撮影したCT画像では、3つのうちの2つが先端で湾曲・結合する変形根管でした。次回はCT解析画像をもとに、ニッケルチタンファイルを使用して治療に臨みます。

 

 

歯 神経 根っこの治療 (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)マイクロスコープ

「かむと痛い、なにもしなくてもズキズキ痛む」という症状を訴え当院を受診された患者様の初回の根管治療の様子です。

上動画はその治療の様子です。

当院では、通常初診の流れに従って診査を行ってから治療に臨みますが、本症例のような急性症状の状況では、すぐに治療をおこない、痛みを取り去ります。

本症例のような場合、ラバーダムを装着し治療に臨みますが、それ以上にまずは痛みを取り去ることが大切です。無痛麻酔の上、右図①~②の部分を無菌化します。

とくに噛んで痛むような状況では、③まで初回に根管治療を行うと、術後の痛みが長く続いてしまうため注意が必要です。

本症例でも、まずは②の途中まで次亜塩素酸で消毒し、水酸カルシウムを貼薬。1週間後に2回目の根管治療を行うこととしました。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。歯の内部深くまで進行した細菌感染を取り除くための「根管治療」では、根管内を無菌化すれば治癒します。
当院では、そのために1~3回の来院をいただいております。何カ月も、または何十回も来院する必要はありません。

 

 

 

 

根管治療 上奥歯 治療後違和感と痛み (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)

根管治療2回目の口内写真

上顎大臼歯の歯髄壊死(深いむし歯により細菌が神経に感染し、神経が壊死すること)に対する根管治療の1症例。

他院にて以前に深いむし歯治療を行いましたが、その歯が痛み当院に来院されました。

それに対して行った当院の治療は、ラバーダムを装着しての根管治療です。

その様子については以下のリンクをご参照ください。https://miyazaki-dentalclinic.com/23415

本ブログはその2回目の根管治療の様子です。
その様子は上動画をご参照ください。

上顎の大臼歯(奥歯)には通常神経が3つあります。また80%の確率で4つめの神経が存在することがあります。この4つめを通称MB2と呼びますが、本症例ではそれが認められました。

MB2についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/20456

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
歯の内部深くに進行した細菌をすべて駆除することで、痛みはなくなります。
MB2を肉眼で把握することは非常に困難です。そのため未治療となってしまうことがしばしば認めれ、当院にも痛みや違和感を抱えて来院される患者様が多くいらっしゃいます。

このような症例では、ラバーダムは勿論のことですが、マイクロスコープが治療に不可欠となります。

 

 

 

神経が死んでいる 歯ぐきが腫れている 寝ている時に痛む (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)


他院でポリカーボネイト樹脂による保険外治療(自費治療)を受診後より歯が痛み、歯ぐきが腫れてきたとのこと。金属アレルギーや持病などの心配もあり、最善の治療を受けたいとのご希望より当院を見つけていただき、遠方より来院された患者様の症例です。

上動画は、その治療の様子です。

治療の内容は「歯髄壊死によるマイクロスコープを用いた根管治療」です。


術前のレントゲンでは不明瞭ですが、当院で撮影したCTでは、歯根の先端の炎症を明確に認めることができます。

本症例のように、治療後より痛みが生じ、当院を受診されるも、拝見すると神経は死んでおり、根管治療が必要となる症例が非常に多く認められます。

これは、深いむし歯治療の際に、以下の事が適切に為されていないことが共通する治療状況のようです。
① 適切なる問診
② 術前のCT撮影
③ ラバーダムを装着した無菌的治療
④ マイクロスコープでの診査と治療

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

当院では、この見えない感染症に対して、適切なる治療コンセプトのもと、CTとマイクロスコープを用いて診査を行い、ラバーダムを装着した無菌的配慮のもと、マイクロスコープを診ながら治療に臨むことで、良好な治療成績をおさめています。

一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療。当院の目標です。


 

 

 

1 2 3 4 5 6 32