当院の根管治療

メール 問い合わせ 神経残したい 親知らず むし歯

親知らずが横から生えてきたことで、手前の歯が深いむし歯になり、神経の治療が必要と云われた患者様からのご相談メールです。

当院には類似した内容で、ご来院される患者様が多数いらっしゃいます。
皆さまのお悩みのお一助になれば幸いです。ぜひご一読、ご参考ください。


ご相談内容

先ほどはお電話でのご丁寧な対応をありがとうございました。X線写真を別メールでお送りします。
【症状】本人は2日前に強い痛みを感じていましたが今は落ち着いています。本人はまだ神経が生きているといっています。
【診療状況】他医院でX線を撮っていただき、左上奥歯の親知らずと接触している部分に大きな虫歯があると説明がありました。CTも見せていただきましたが、奥歯の4分の1ぐらい?が虫歯になっているとのことでした。
【治療法の説明】治療方法の説明を総合すると下記のような説明でした。
・奥歯を抜いてインプラント、または親知らずを移植。あるいは、
・奥歯の神経を抜く、または神経が死ぬのを待つ
・奥歯を抜く(かみ合わせによっては当分そのままいける)
・親知らずが出てくるのをまつ
・親知らずを部分矯正、または全体を矯正
【ご相談】奥歯の神経や歯をできるだけ残せないでしょうか。また、将来のために親知らずは残せるものでしょうか(歯内療法は歯の内側から治療すると理解しています)。
よろしくお願いします。

はじめまして。宮崎歯科医院の宮崎と申します。まずは詳細なる病状・前医の診断のご説明のメールをありがとうございました。また、レントゲン写真の添付送付、拝受し拝見致しました。

実際に拝見しておりません。そのため、適切な回答とならない場合もございます。その点ご理解とご了承頂いた上で以下の回答をご参考くださいます様お願い申し上げます。

本メールに頂きましたレントゲンに矢印を添付致しました。その画像(下模式図)を見ながらお読みいただければ理解が深まるかと存じます。

 

親知らずが横からはえてきて手前の歯が深いむし歯 根管治療神経の治療が必要と云われた 神経残したい 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 マイクロスコープ

回答させて頂きます。

レントゲン写真より、青矢印部に親知らずが接触し、その先に大きなむし歯が認められます。赤色の部分が歯の神経(=歯髄)でむし歯が近くまで進行していることが分かります。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

https://miyazaki-dentalclinic.com/19505

その細菌により歯が溶かされると歯は軟らかくなるため、レントゲン上では黒く写ります。
https://miyazaki-dentalclinic.com/3169
(レントゲンでは硬いものが白く、やわらかいものが黒く写ります。歯が黒く写っているということはむし歯が疑われます)

レントゲンでは、むし歯は神経にギリギリ到達していないように見えますが、このような症例の場合、細菌はすでに神経に達しており、感染していることがしばしば認められます。それについては以下のリンクに組織学的に説明しております、ご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/19490

奥歯のむし歯は、神経に達しており、歯髄炎あるいは歯髄壊死を起こしている状態といえるでしょう。
その根拠として、黄色の矢印部に黒い部分が認められます。
これを根尖病変といいます。根尖病変は、神経内に感染が認められる場合にしばしば認められる所見です。
根尖病変について⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/19617

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者根尖病変がある場合は、根管治療(歯の内部の細菌感染を取り除くこと)が適切な治療法となります。

当院の根管治療の実際についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23892

この度のむし歯については、根管治療が第一であり、その治療の際、神経が残せる状態にあるのであれば、神経を残す治療に切り替えるという治療法となるでしょう。
神経を残す治療について⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/23900

しかし、根管治療の際に、2つの問題点が生じます。
①親知らずの存在。
②むし歯となっている歯の生えている方向。

①について
根管治療の際には、ラバーダムを装着しますが、そのラバーダムの装着が親知らずで邪魔されます。
ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17703

②について
むし歯となっている歯は、喉(のど)の方向、つまり奥に向かって生えています。非常に見づらく、器具の到達が困難なようにレントゲンからは推察されます。(実際に拝見しておりませんので推察の域をでません)

そのため、この歯を根管治療で残すならば、親知らずの抜歯が必要となるでしょう。
そのためには、CTで確認する必要があります。
当院にご来院頂いた場合は、当院で新たにCTを撮影し診断致します。※当院へCTデータをご持参頂く場合もございましたが、画像が不鮮明であるため、現在は他院でのデータ持ち込みはお断わりさせて頂いております。
CTについて⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/17776

上記①②のため、根管治療が不可能であれば、これ以上の感染拡大を予防すべく、抜歯が適切な治療法といえるでしょう。その際は、親知らずを抜かずに移植や矯正による移動が考えられます。

頂いたメールおよび頂いたレントゲンからの当院の推断は以下の通りです。

・むし歯の歯は、感染が神経に至っている可能性が高く、根管治療を前提に治療に臨むべきであろうと推察される。
・その際、親知らずは治療の妨げとなる場合があるためあらかじめ抜歯が必要となる可能性がある。
・根管治療の際、もし神経の炎症が軽微なものであれば、神経を残す治療も可能性としてはあるが非常に少ないであろう。
・根管治療ができない状態である場合、これ以上の感染拡大を予防すべく、抜歯が適切な治療法となるだろう。
・その際は、親知らずの状況によるが、抜歯せず、矯正や移植などの再利用治療が可能性として考えられる。

実際に拝見していなことより、上記は推察の域をでません。また治療に際して、治療を受ける患者様が、どの程度お口を開いていられるか(時間、開口量など)の因子も治療の成否、治療方法の選択に関わってきます。

他ご送付いただいレントゲン写真を拝見すると、歯の治療をあまりご経験されていないご様子がレントゲン写真より推察されます。

大変ご心配でしょう。何もない歯を抜歯するのであれば、心配極まりないでしょう。しかし、現在の歯科医学をもってしても治療が不可能なのであれば、これ以上の感染拡大をさせない治療法をご選択することは、たとえそれが抜歯だとしても、それは適切な治療です。抜歯をしたとしても、大丈夫。適切に対応すれば問題ありません。

抜歯後についてどうなるのか?などの心配がなくなれば、今ある可能性のある治療法を前向きに選択できるかもしれません。

患者様のご参考になる回答となっていれば幸いです。よろしくお願い致します。(宮崎)

(当院の初診の流れ)
当院にお越しの患者様は必ずご一読くださいます様お願い申し上げます。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯が折れる原因 対処法 治療法 根管治療 インプラント

歯ぐきが腫れて当院を受診された患者様。部位は下顎の大臼歯。

痛みはまったありませんが、噛んだ時の違和感、ときおり腫れることがあるくらいとのことでした。

本動画は、腫れ・膿(うみ)の原因をマイクロスコープとレントゲンで診査する様子です。

以前に根管治療をされて、その歯ぐきが腫れている患者様にはご参考になる動画となっています。ぜひご覧ください。

歯が折れる 対症法 治療法 インプラント
まずは腫れの原因を診査します。

無痛麻酔を行い、膿の出口となっている赤矢印(赤〇)部に樹脂を挿入し、膿の原因・腫れの原因は何かをレントゲン写真を撮影し精査します。

上画像は撮影したデジタルレントゲン写真です。
挿入した樹脂はレントゲン上で白く写ります。
レントゲンの読影をわかり易く図示したのが右画像です。挿入した樹脂をピンク色で表示しています。

その先端は歯根の”側面”を指しています。

通常、根管治療に問題がある場合は、歯根の”先端”に樹脂の先端が位置します。
根管治療が問題の場合は、歯根の先端に病変をつくるためです。

本症例では、”側面”に膿の原因がありました。これは「歯根が折れている」ことを表す所見といえます。

歯根が折れている 抜歯 治療法 対処法

歯根破折を疑い、マイクロスコープで精査したところ、上画像のように歯根の「縦方向への破折」が認められました。詳細は上動画をご覧ください。

縦に割れてしまった場合、その歯根を残すことは困難です。
感染により、歯を支える周囲の歯槽骨を失わないようにするためにも「抜歯」が適切な治療法となります。

歯根破折 歯根が折れる 縦に折れる割れる なぜ抜歯が必要か

マイクロスコープ精密歯科治療根管治療後は、歯根に土台を差し込み、人工の歯(クラウン)をかぶせます。

上写真のように、枯れた竹の真ん中に土台を差し込むようなものでしょう。

噛む力が強いと、土台は楔(くさび)のように作用して、竹が割れてしまいます。根管治療後の歯が割れる理由です。

そのため、根管治療後は、ファイバーコアを土台として装着し、クラウンには「適切なかみあわせ」が必要となります。精度の高い補綴治療が必要となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

奥歯が腫れている どこが痛いかわからない 根管治療

本動画は、当院に根管治療のご希望で来院された患者様の1症例です。

術前に、奥歯の痛み・歯ぐきの腫れの原因を調べる方法をご説明させていただいております。

本症例の診査部位は下顎の大臼歯(奥歯)です。

根管治療しても痛みが続く 対処法 治療法 右写真は、他院で根管治療中の歯()の痛みが取れずに来院された患者様の口内のマイクロスコープ画像です。

他院で根管治療した歯はです。

患者様は治療中であったが痛いと思って来院されていますが、赤矢印部が腫れています。

 

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者当院ではすぐに治療することはありません。まず「精査」します。
原因を特定しないまま従来の治療を行っても治りません。

腫れて膿がでている部位に麻酔をした後に、根管充填時に使用する樹脂を挿入します。樹脂は膿の原因となる部位にまで達するはずです。
差し込んだ状態のままレントゲン写真を撮影します。

歯ぐきが腫れている 膿がでている 根管治療根っこの治療神経の治療 神経が死んでいる 対処法治療法 どの歯が痛いのかわからない 下奥歯

根管治療 神経の治療 根っこの治療 神経を残す 抜かない とらない治療 マイクロスコープ 覆髄法 直接間接覆髄法 部分断髄法 根管治療根っこの治療神経の治療をしない CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 上画像は、樹脂(ピンク色)を挿入して撮影したマイクロスコープ画像と、デジタルレントゲン画像です。

が他院で根管治療した歯、は同他院で施術したクラウンです。

以下に図解します。

樹脂をピンク色で分かりやすくしました。

歯ぐきが腫れている 原因はなにか レントゲン写真 神経が死んでいる歯髄壊死 根管治療必要か?
樹脂の先端は、他院で根管治療したではなく、のクラウンの歯根の先端に位置しています(黄色矢印)これは、の歯が「歯髄壊死」していることを意味しています。

歯髄壊死とは、「むし歯が歯の内部深くにに感染進行し、神経が死んでしまった状態」をいいます。おそらく、他院での治療の際、むし歯が深かったか、あるいはむし歯を取り残したことにより、細菌の感染が進行し、の歯の神経が壊死したものと推察されます。

かみあわせ 根管治療 痛み 噛むと痛い 歯ぎしりが原因 

上画像は、同患者様のデジタルレントゲン画像(オルソパントモグラフィー)です。

赤丸の顎関節部の形態、下顎骨(⇒下顎角)の形態・角度、奥歯の萌出方向(はえている方向が斜めに生えている)より、奥歯がどのような経緯で根管治療に至ったかがが推察されま
す。これには「かみあわせ」の診査が必要となります。

上記のレントゲン診査より、本症例の痛みの原因は、患者様は一番奥を痛みの原因を思っていらっしゃいましたが、その手前でした。

患者様に前医での治療の経緯、順番をお聞きすると、を先に治療したところ、かみあわせに違和感(高い感じ)があり、前医が調整後(削った)、そのままにしていると、の詰め物が外れたため、根管治療となったそうです。

本症例のような下顎骨、顎関節、奥歯の生え方(斜めに生えている)の症例では、その補綴(クラウンやインレー)には、細心の注意を払う必要があります。このような「かみあわせ」をおもちの患者様には、適切な高さでクラウンを装着しても、必ず「高い」と感じます。また、高さだけでなく、横へギリギリと動かした際の上下の接触状態への注意深い配慮も不可欠です。その点を精させずに上下の接触関係を弱めると(低く削ると)、②の接触は弱くなるばかりでなく①への負担過重となるのです。

噛み合わせの治療は、上下の歯の接触だけを見るのではなく、頭蓋・上顎・下顎の3次元的位置関係の精査や咀嚼運動経路の推測、咀嚼期の走行方向など、さまざまな精査が必要です。その点に配慮した上で、むし歯治療や歯周病治療が為されないと、たとえ適切に治療をしたとしても痛みは取れず再発することがあります。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 
当院では、かみあわせの精査を行いつつ、マイクロスコープやCTを使用して、徹底した歯科治療を行います。一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療が当院の目標です。

CT 歯科 インプラント 根管治療 神経を残す治療

歯  相談 質問 歯科 歯医者 信頼できる歯医者選び

 

 

 

 

 

根管治療 ご質問 途中からでも拝見可能

患者様から頂くご質問でとても多く頂くのが以下のご質問です。

・ 他院で治療中ですが、途中からでも診て頂けますか?
・ 費用は幾らぐらいかかりますか?

根管治療で何度も何度も通っても痛みが取れず心配になり、また、インターネットで探してみると、どこも高額な根管治療費ばかりで悩まれている患者様が非常に多いようです。

当院での根管治療時の費用は以下の通りです。
また、根管治療の回数は1~3回です。

以下、患者様からいただたご質問です。ぜひご参考ください。
大丈夫!治ります!

ご相談内容

はじめまして。よろしくお願いします。現在、右下奥歯(一番奥)の根管治療中なのですが、転院を考えており、根管治療の途中でも診ていただけるものなのかお伺いしたく、メールさせていただきました。

現在まで6回通院(治療中)。3回目の治療後、痛みが数日続き、右側全体が痛くなり、急患扱いで診てもらった。(治療内容:噛み合わせのせいで当たってる箇所があり、痛みが出ているとの事で少し歯を削った)5回目の治療中、何度か強く痛みを感じ、治療直後には眩暈がして、足がふら付き、休憩しながら帰宅した。6回目の診療が4日後だったので、まだ痛みがあったのと、眩暈から日が浅いので、詰めている薬の交換だけして貰おうと思い、事情を説明。同時に、その他いくつかの質問したところ、「ドクターを替えますか」と言われ、説明を求めると、「同院の女医か院長。または、大学病院も紹介出来ますよ」と言われました。初診時から、説明が足りない事とドクター変更の提案をされた事。加えて、「CTなし」「ラバーダム使用なし」「マイクロスコープ使用なし」も気になっており、転院を考えております。現在、治療箇所の歯の状態は、やっと普通にしていれば痛みが無い状態になりました。(上から押すと痛み有)そもそも痛みがなかった歯なのに治療が始まってからずっと憂鬱で疲れてしまいました。
1 このような状態でも診ていただく事は可能でしょうか。
2 診察可能な場合、紹介状等が必要でしょうか。
3 大体で結構ですので、自由診療の治療費はどのくらいになりますか
お手数ですが、ご回答の程よろしくお願いいたします。

回答

はじめまして。宮崎歯科医院 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。

詳細なる病状のご説明、通院時の治療内容とそれに対する病状の変化のご説明、誠にありがとうございます。

実際に拝見していないため、適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解ご了承頂いた上で以下をご参照くださいますと幸いです。よろしくお願い致します。

1について
根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 拝見可能です。当院にてまずは精査させていただきます。ご連絡いただければ幸いです。

当院の初診の流れ(必ずご一読ください)
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

2について
紹介状は必要ありません。ただし、当院にてレントゲン写真やCT撮影などの必要な診査はさせせていただきます。よろしくお願い致します。

3について
当院は保険医療機関です。基本保険診療にて承っております。安心してご来院ください。

根管治療に関しましても、可能な限りご負担のなきよう心掛けております。

当院での根管治療の際の費用につきましてご説明させていただいております。ご参照ください。また、ご来院頂いた際に、くわしくご説明させて頂きます。ご安心下さい。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23190

痛みがつづきご不安でしょう。大丈夫、治ります!
当院受付に申し伝えておきます。ご連絡をお待ちしております。 宮崎

以上が当院の回答です。

当院ではまず基本診査を行います。いきなり治療は行いません。
ただし、急性症状がある場合は対処致しますのでご安心下さい。

当院は大学病院ではありませんので紹介状などは必要ありません。初診時に患者様とお話しさせていただき、基本診査を行うだけで十分です。前医の処置内容の履歴などは必ずしも必要ありませんので大丈夫です。

費用は多少ご負担がございますが、ぜひご負担ください。必ず治ります。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
根管治療では、歯の内部にある根管内にまで感染した細菌を洗浄消毒する治療です。
治療中に唾液が混入することは、治癒を阻害するばかりでなく、再感染の機会を与えかねません。多数回、長期間にわたる根管治療は、感染症であるむし歯治療にとって、「リスク」を重ねることと同義であると当院は考えています。

根管治療 神経の治療 根っこの治療 神経を残す 抜かない とらない治療 マイクロスコープ 覆髄法 直接間接覆髄法 部分断髄法 根管治療根っこの治療神経の治療をしない CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 根管治療は、歯に感染した細菌の徹底した除去です。
これにはマイクロスコープが不可欠です。また、その後、再度感染せないためには、精度の高い補綴(ファイバーコアやクラウン、インレー)がとてもとても大切です。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

根管充填 CWCT 上顎第1大臼歯 マイクロスコープ

根管治療 神経が死んでいる どうすれば 最善の策 マイクロスコープ ラバーダム 保険 東京都内新橋虎ノ門汐留内幸町霞ヶ関日比谷歯科歯医者休日に奥歯が痛み、救急対応にて他院にて根管治療をしていただいた患者さま。
治療して頂いたのは下の奥歯。しかし当院で診査すると原因は上の奥歯でした。当院にて診査したところ、痛みの原因は、上の奥歯の神経が死んでしまって(=歯髄壊死)いることでした。むし歯が深く進行し、神経(=歯髄)に感染し、神経が死んでしまったようです。

本動画(上動画)は、その2回目・3回目の根管充填治療についてです。
(1回目の治療の様子、病状の詳細につきましては、右上のリンクをご参照ください)

根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 当院の根管治療の流れにつきましては、右リンクをご参照ください。

「歯医者さんでは何をされているのだろう?どんな治療をしているのだろう?ちゃんとやってくれているのかな?」と不安になることも多いかと思います。

右リンクをご参照くださると、不安も解消されるかもしれません。

根管充填 CWCT 垂直加圧充填 ラバーダム マイクロスコープ 東京都内

当院の根管充填法はシンプルです。

歯の内部には神経があります。そのスペースを「根管」といいます。トンネル・えんとつ状の形態をしています。その根管の内部、内壁をドリルのようなもので切削し、感染を取り除きます。このドリルには「ニッケルチタン製のファイル」を使用します。

その後、薬液で洗浄消毒します。
根管内を無菌化したのちに、上記の「ドリル」の形態と同型の規格化されたガッタパーチャ樹脂(天然ゴム)を根管内に緊密に充填し、再感染を予防します。
根管治療はこれで終了です。

根管治療は、歯の内部である「根管内」の感染を取りきり、再感染を予防すべく樹脂を充填すれば終了します。短期間、少ない回数でも治療は可能です。

当院では、1~3回で終了します。これ以上の回数が必要となる場合は以下の通りです。

・当院の治療方法に同意が得られない方。
(ラバーダムやマイクロスコープを拒否される方)
・お口を長時間開いていられない方(1時間)。
・当院の診断が誤っている場合(ほぼありませんが…)。

マイクロスコープ精密歯科治療 むし歯は細菌の感染症です。

・感染と取り除くこと
・その後は精度の高い補綴(クラウン、インレー)を装着し、再感染を予防すること

この2点を徹底すれば治ります。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

親知らずの手前の歯 横からむし歯 神経の治療必要と云われた ②

横にはえている親知らずの手前の歯がむし歯になり、メールでご相談いただいた患者様の症例です。

ご相談内容、およびそれに対する回答につきましてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23740

上写真は術前の状態です。
当院では、本症例に対して神経を残す治療を行いましたが、痛みが治まらず、結果根管治療を行いました。

以下の動画は、その治療の様子です。

なぜ神経を残せなかったのか?そのような症例はどのような状態なのか?について説明させて頂いております。


むし歯とは?どんな病気?細菌の感染症本症例の患者様は、初診時、鎮痛剤を服用して来院されました。

鎮痛剤を飲まないと、寝てるときに痛みがあり、普段でも痛むことがあったようです。

治療前に、この神経は残せるか否か?根管治療が必要か否かを診断する際に役立つチェック項目があります。

Ricucciらは、症状から見た根管治療が必要か否かを判断する基準について論文で報告しています。是非こちらをご参照ください。

本症例では、根管治療が必要となる不可逆性歯髄炎の診断基準となる以下の項目すべてにおいて陽性でした。
・ 痛みの既往がある
・ 鎮痛剤服用の既往がある
・ 誘発痛、自発痛が持続する(10分以上)
・ 夜間に痛みがある
・ 日常生活に支障のある痛み
・ 患者さんが痛みの原因となる歯を特定できない

術前に上記のような症状がある場合、神経の炎症は治癒することが非常に困難となるため、根管治療が適切な対処法となります。

https://miyazaki-dentalclinic.com/22012 神経を残せる基準チェック項目 どんな症状ならば神経を残せるのか患者様も病状はご理解されていたのですが、気持ち的に「根管治療」を受け入れることが出来ないご様子でした。しかし治療はしなくてはいけないとい気持ちもあり、大変迷われている状態でした。

患者様には『マイクロスコープで歯髄を観察し、神経を残すことができれば残しましょう。後に痛みがでてしまい、治らないのであれば根管治療をしたほうがよろしいでしょう』 と説明させて頂いた上で治療に臨みました。
「でも、こんかんちりょうのかのす

実際、マイクロスコープで歯髄を観察すると、歯髄本体からではなく、その縁、歯の先端部分より出血があることが認められ、5分以上たっても止血することはありませんでした。

再度施術中に、患者様にご説明しましたが、本日は根管部歯髄は取らずに終えてほしいとのご希望をいただき、水酸カルシウムを貼薬し治療を断念しました。

予想通り、後日、痛みが治まることはなかったため、患者様もご決断され根管治療をすることとなりました。

患者様のご理解とご希望の上での本症例の結果ではありますが、神経を残す治療が「無駄」となったことが非常に残念でなりません。

ただ、この結果があったからこそ、患者様も納得し、今後の根管治療に臨めるようになったことも事実です。

これを良しとするか無駄とするかは、患者様それぞれなのかもしれません。

しかし、当院では、科学的根拠に基づき、可能な限り「必要ない治療」はしたくないと考えています。歯科治療は1度で十分です。

当院では一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指しています。
この教訓を明日の患者様に生かし、日々精進です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのご質問 「検索」

宮崎歯科医院のホームページトップ画面の右側に、「キーワード検索」を用意しました。
上赤矢印

当院では日々多くの症例をブログ形式にて報告させていただいております。

神経を残す治療マイクロスコープ根管治療インプラント治療噛み合わせ治療、入れ歯、審美歯科治療ホワイトニング、その内容は多岐にわたります。

そのため、当院のホームページをすべて見ていたらきりがないため、「キーワード検索」を用意いたしました。

当院の治療内容で分からないこと、知りたいことなどがありましたら、この検索をご利用頂くと、当院のホームページ内にある内容を検索して調べることが可能です。

ぜひご利用ください。

※ 検索はGoogle検索などと同様です。
ex. 「根管治療 費用 期間」などで検索も可能です。

 

 

ラバーダムについて

ラバーダム 根管治療 神経を残す治療 根っこの治療神経の治療 覆髄 MTA 都内港区新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷内幸町汐留銀座歯科歯医者

 

 

 

 

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者

上動画は、神経の治療済みの上顎第1大臼歯(上奥から2番目の歯)の歯ぐきが腫れて来院された患者様の根管治療症例です。

但し、歯ぐきの腫れの原因は、その後ろの歯である上顎第2大臼歯の深いむし歯でした。
根管治療が必要となったのは上顎第2大臼歯です。

上動画ではその診査、診断の様子、マイクロスコープによる根管治療の実際について、動画でご説明しております。神経の治療を受けたことがある歯の歯ぐきが腫れている患者様にはご参考になるでしょう。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者本症例は以下の通りです。

・ ①の神経処置した歯の歯ぐきが腫れている。
・ ②の歯の詰め物が外れた。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者この2つを主訴に来院された患者様。

通常であれば、上図の①の歯の再根管治療し、②の歯をむし歯治療することとなるでしょう。

術前のレントゲン写真では、①の歯根の先端に根尖病変は認められず、②の歯は、深いむし歯であることしか分かりません。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者

そこで術前にCTを撮影し診査しました。その際、どこから排膿しているのかを診断するため、膿のでてくるところから樹脂(①青色矢印)を挿入して撮影しました。

膿の出てくる先は、第一大臼歯の歯根(3歯根)の先端にはなく、第一大臼歯の歯根の先端にも根尖病変が認められません。③ので分かるように、第2大臼歯の根尖病変が第1大臼歯へと拡がりそこから第1大臼歯の歯肉を腫らしていることが分かりました。歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者

このようなCTの術前診査により、第1大臼歯の根管治療をせずに済みました。

右写真は第2大臼歯の根管治療前のマイクロスコープ画像です。

患歯にはラバーダムを装着しています。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌が葉の内部に侵攻し、感染を拡げていくのがむし歯です。治療中に患部に唾液が混入することは、治癒を阻害するばかりでなく再感染の機会を与えかねません。そのため、当院では、深いむし歯治療や根管治療の際には、ラバーダムを装着し治療に臨むよう心掛けています。装着率は100%です。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者右上写真をみて分かるように、むし歯は神経に到達し、神経が見える状態となっています(=露髄といいます)。露髄の際、健康な神経(=歯髄)であれば、血流があるため、出血するのですが、本症例ではそれがありません。

細菌の感染により、神経(=歯髄)が死んでしまっている(歯髄壊死)が分かります。
このような場合では、さらなる感染を予防すべく、根管治療を行うことが必要です。
その様子は、動画にてご説明させていただいております。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者

 

 

 

根管治療 根っこ やり直し 上奥歯 MB2 イスムス マイクロスコープ

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者

かぶせもの(クラウン)が土台(メタルコア)ごと外れてしまい当院を受診された患者様の根管治療(根っこの治療、神経の治療、歯内療法)のやり直しについてです。

上動画は、再根管治療の様子です。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者
上写真は、術前のレントゲン写真とラバーダムを装着した根管内のマイクロスコープ画像です。本症例であるの患歯となる「上顎第1大臼歯(上の奥から2番目、奥歯)」には、歯の内部に神経の存在するスペース(=根管といいます)が3~4つあります。
3つは肉眼でも見つけることはできるため、肉眼での治療も可能ですが、4つ目は80ミクロン以下であることが多く、肉眼では見つけることが難しいといえるでしょう。

そのため、当院ではCT撮影を行い、レントゲンでは見ることのできない立体画像を用いて診査を行いました。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者上画像は、当院で撮影したCT画像です。

上下段ともに横から見た際はひとつの根管(赤線 1本)
ですが、前からみた断層画像(上下段右側)では2つの根管(2本の赤線)が認められます。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者つまり、赤矢印部分の根管治療が為されていないことがわかります。このような診査・診断は、肉眼では非常に難しいといえるでしょう。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者見えない根管をマイクロスコープで見つけ、慎重に治療した状態が上画像です。ここでさらに重要になるのが、赤線部分。2つの根管が線状に癒合している部分が認められます。このような微細な隙間にも「細菌」は感染するため、徹底的に取り去る必要があります。(このような癒合部を”イスムス”といいます)

イスムスをマイクロスコープと超音波チップを用いて除去する実際はこちらをご参照ください。

歯ぐきが腫れている 原因 神経が死んでいる 根管治療 神経根っこの治療 イスムス Mb2 専門医 マイクロスコープ ラバーダム 東京都内港区千代田区 歯医者
むし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。

根管治療に限らず、むし歯治療には「拡大視野」で臨むことが大切です。

当院ではマイクロスコープを使用した徹底した歯科治療で、やり直しのない歯科治療・一生に一度の歯科治療を目指します。

 

 

1 2 3 4 5 6 33