院長ブログ

根尖病変・病巣 根管治療 (新橋内幸町霞ヶ関日比谷歯科)


ブリッジの支えとなっている歯の再根管治療。痛みも腫れもありません。
治療部位は黄色矢印の歯。歯根の先端にはレントゲン所見より”根尖病変”(赤矢印先)が認められます。痛みはないのに、その
治療の必要性はあるのでしょうか?

上動画は、当院での再根管治療の様子(全2回)を動画でご説明しております。

むし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。歯の内部に侵攻した細菌を駆除することがむし歯治療の目的であり、根管治療の目的です。よって歯の内部にある神経(=歯髄)の存在する「根管内部:」を無菌化することが治療の目的となるのですが、その先端は非常に複雑な形態です。とくに根尖3mmは枝分かれしていることが多く、そこに感染が残存していることで、治癒しないケースもあります。そのようなケースでは、適切な再根管治療を行った上で、歯根端切除術を行うことになります。

なぜ歯根端切除術を行うのか?についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/20052

本症例のように、レントゲン上で歯根の先端周囲が黒く見える所見、つまり根尖病変(病巣)がある場合は、周囲の歯槽骨が細菌感染を原因として”かなり”失われていることを意味しています

細菌の感染が歯の内部「根管内」にあれば、通常の再根管治療で治癒します。

しかし、細菌の感染が歯の内部から外部へ拡大している場合は治りません。

その際は、歯根端切除術が必要となるのです。

そのため、まずは通常の再根管治療を行い、治癒の反応を確認すること大切です。
上動画は、当院での再根管治療の様子です。
1回1時間、全2回で根管治療は終了しております。これで治癒しない場合は、根管外の感染を疑うか、歯根先端3mmにある側枝(枝分かれした根管で、洗浄消毒が困難な部位)の感染を疑い、歯根端切除術を行います。

根管治療では、適切な治療コンセプトのもと、適切な治療環境を整えて、無菌的配慮を徹底して治療に臨むことが大切です。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し、当院は日々の臨床に臨んでいます。

 

 

 

 

 

樋状根 再根管治療 腫れる 痛む (内幸町虎ノ門霞ヶ関新橋歯科)


10年前に治療した歯に違和感、腫れ、出血があり来院された患者様。上動画は、下顎第2大臼歯の再根管治療の様子です。

本症例は、根管治療を難しくする変形根管である「樋状根(C-shepe canal)」。

樋状根は、下顎第2大臼歯の20~30%の確率で認められます。

もとより、根管は複雑な形態ですが、樋状根は更に複雑です。

上左図のように、通常の下顎代2大臼歯は3つの煙突状の根管形態を呈していますが、樋状根はその3つが上右図のように癒合しています。

根管治療は煙突掃除に似ています。
スス(=細菌)で汚れた煙突内(=根管内)を削り取って清掃洗浄します。

この煙突の形態、つまり根管の形態が複雑になると、清掃が難しくなるのです。

当院で術前に撮影したCT画像です。歯根の先端周囲の歯槽骨は溶けてなくなり、CT画像上で黒く写し出されています。根管充填は十分なものではなく、根管内の清掃不良が原因で周囲歯槽骨が炎症を起こし溶けてなくなっていることが強く疑われます。

この樋状根の再根管治療の実際の様子(初回と2回目の再根管治療の様子)を動画でまとめました。当院では100%ラバーダムを装着し、100%マイクロスコープで診ながら根管治療を行います。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。肉眼や経験・勘に頼る治療では、本症例のような根管治療は難しいことが、動画より伺い知ることができるでしょう。

徹底した治療で、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指す。
当院の目標です。


 

MB2 イスムス 根管治療 上顎第2大臼歯 (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)

他院の深いむし歯治療後、歯髄壊死となり、さらに他院で根管治療するが、痛みが治まらず、当院にて根管治療を行った1症例です。治療部位は上顎第2大臼歯。本ブログと上動画は、根管治療2回目の治療の様子です。

本症例の根管治療1回目の様子は右画像をクリックご参考ください。

本症例の治療部位は、上顎第2大臼歯です。その根管は「肉眼では」通常3つ認められます。しかし、約60%の確率で、4つ目が認められる場合があります。それをMB2と呼びますが、肉眼ではみつけることができず、未治療のまま根管治療が終了していることがしばしばであり、当院ではその再治療をすることが多々あります。

このような症例ではマイクロスコープやCTを用いて適切に根管治療を行うことが必要となります。

本症例2回目の根管治療を始める前の根管内のマイクロスコープ画像です。
①の青点線で囲った部分の根管を右からMB1、MB2と呼びます。

このMB2は在ったりなかったりします。
その発現率は後述の通りです。

MB2の発現率について

上顎第一大臼歯で約80%、第二大臼歯で約60%の確率で、上顎大臼歯近心根に認めらえるMB1とMB2。根尖から3.6mmまではイスムスのない根管が存在し、歯冠側に行くに従いイスムスの形態が観察される。

本症例ではこのMB2が存在し、2つの根管が途中で結合する(上図の緑の矢印部)「イスムス」が認められ、そこに細菌感染が疑われました。

イスムスとは?

イスムスとは、根管と根管をつないでいる狭小部のことであり、上下顎大臼歯の近心根など、扁平な歯根に多くみられる。その形態から、機械的清掃が困難で、細菌や壊死歯髄などが残存しやすいため、化学的清掃が重要となる。なお、イスムス部は超音波チップなどの細い器具で追求していくと新たな根管を発見することもある


根管の形態は非常に複雑です。その形態をパターンを知り、適切な治療環境(ラバーダムやCT、マイクロスコープなど)を整え、適切な治療コンセプトに基づき治療に臨めば、歯は永く使用できます。失敗はありません。根管治療恐れるに足らずです。

当院ではマイクロスコープを2機設置、CTを常設した上ですべての治療を拡大視野下で行います。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々精進です。

 

 

 

 

インプラント 歯根破折 抜歯即時インプラント手術 (新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関歯科)


下顎の第1大臼歯の歯根破折と髄床底穿孔による周囲歯槽骨の喪失によりインプラント治療を行った1症例です。

2つある歯根のうち前側(近心根)が破折し、その歯を支える周囲の歯槽骨が感染により失われ、歯ぐきが腫れていることを主訴に来院されました。

痛みはなく、強く噛むと違和感を感じ、ときどき歯ぐきが腫れて出血するとのこと。

当院で撮影したデジタルレントゲン写真からも、周囲歯槽骨の喪失の様子を推察することができます。

今後の治療を進める上で、この歯を抜歯するべきか否か?抜歯した後はどのような治療法を選択するのが最善であるか?を判定する材料として、CT診査が有効です。
患者様と相談の上、当院にてCTを撮影し、その後の治療法について患者様と相談しました。

歯が折れた場合の治療法についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22276

当院で撮影したCT画像を以下に供覧します。

2歯根あるうちの1歯根は折れており、もうひとつもその疑いが強くありました。
抜歯を前提に、治療法を考えると、以下のようになります。

① ブリッジ
② 入れ歯
③ インプラント
④ 移植

インプラントorブリッジor入れ歯のご質問に回答しているブログはこちらをご参照ください。https://miyazaki-dentalclinic.com/23233

本症例では②は希望がなく、④は移植する適当な歯がありませんでした。
①と③の比較。どのように考えればいいでしょうか?

適切にブリッジを製作、装着すれば予後は良好ですが、本症例では、その支えとなるさらに奥の歯が失活歯でした。失活歯とは「神経を処置した歯」のことをいいます。失活歯は、10~15年経過すると、歯根破折の危険性が高まるため、ブリッジを支える歯としては不適当です。ブリッジを支える歯は失った歯の分も負担するため、1.5倍以上の負荷がかかります。

この点を患者様を相談し、残っている歯を助けてくれるインプラント治療を行うこととなりました。

症例の術式は抜歯と同時にインプラントを埋入設置する「抜歯即時インプラント手術」です。また同時に失った歯槽骨を再生するGBRも行いました。

可能な限り痛みを少なく、可能限り短い回数で短い期間で治療を考えると、この術式となります。

当院では多くの患者様のインプラント治療を施術しております。当院ではまず、CTを撮影し、シミュレーションした上で、手術室にてインプラント手術を行います。

 

 

神経を残す治療の後 オールセラミックスインレー (東京新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関日比谷港区千代田区歯科)


本症例は歯の内部深く進行したむし歯に対して、「神経を残す治療」を施した1症例です。術式はMTAによる直接覆髄法です。
その後、マイクロスコープを用いて歯を整形した上で精密に型どりを行いました。2週間後にオールセラミックスインレーを装着し、治療は終了です。

上にその型どり、オールセラミックスインレーセットの様子を動画でご説明しております。また、直接覆髄法の実際の様子については、下動画でご説明させていただいております。


神経を残す治療で成功をおさめるには、2つの重要なポイントがあります。
① むし歯を残さず取り去ること。
② 取り去った部分には精密なインレーやクラウンを装着し、2次感染を予防すること。
この2点が非常に大切です。

 

そのためには以下の治療環境が必要でしょう。
① にはマイクロスコープとラバーダム。
② にはマイクロスコープを用いた精密歯科治療。

また、材質として口内で変質・変形するメタルやコンポジットレジン系樹脂は、使用する材質としては不適当でしょう。セラミック系材料が最善です。

 

 

 

抜歯 神経が死んでいる 根管治療 (東京都内新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷歯科)


他院にて抜歯と診断され当院を受診された患者様。当院で歯を抜かずに残すべく根管治療を行いました。上動画は、全3回のうちの初回と2回目の治療の様子です。

当院ではラバーダムを100%装着し、マイクロスコープを使用して治療に臨みます。
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。目に見えない細菌を徹底駆除することで、歯は治ります。そのためには、マイクロスコープやラバーダム、CTなどの適切な治療環境が必要となります。


上画像は、初診時レントゲン写真と初回終了後のCT画像です。患歯の周囲の歯槽骨が溶けてなくなっていることが分かります。治療前に、当院では適切に診査診断した上で、抜歯せずに治せることを確認の上、治療に臨みました。患者様には3回の根管治療が必要であることをご説明しております。


根管治療に限らず、すべての治療において、「適切な診査」と「適切な診断」が無くては治癒はありません。

そのためには、むし歯だけでなく、歯周病的観点、かみあわせ的観点からも診査した上で治療に臨む必要があるでしょう。

根管治療の詳細は、上動画をご参考ください。

また、当院で行った根管治療の症例をブログとして皆さまに供覧させていただいております。お困りの患者様はぜひご参考ください。

根管治療は、むし歯の原因となる細菌の感染を取り除く治療です。

感染が取り除ければ治癒します。その治療に、長期間・多くの回数は必要ありません。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し、当院は日々精進しております。

 

 

 

 

上の奥歯 夜眠れないほど痛い かみあわせ 抜歯《都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田》


上の奥歯に痛みがあり、夜眠れないほどの痛みとなったため、顎関節症の既往もあるため、「かみあわせ治療」を専門とする歯科医院で銀歯を外したもらった患者様。
その医院では、抜歯の可能性が50%あるとの診断を受け、なんとか歯を残せないものか?再根管治療で歯を残すことはできないか?のご希望を胸に当院を受診されました。

症状は、噛んでなくてもじんわりと痛い時があり、ときよりズキズキとしたり、噛むとその痛みが強くなることもあるとのことでした。

上動画は初回の根管治療の様子です。

右上の画像は、本症例の根管充填の状態です。
黄色矢印の先の根管治療が未治療であることが分かります。

CT画像に認められる赤矢印の根尖病変(右上の赤矢印)とみ治療部位が一致しています。

上顎大臼歯の根管治療において、この部位の根管は目視することが困難であるため、ミラーテクニックを駆使し治療に臨みます。また、この部位の根管にはMB2という4つ目の根管が隠れていることもあり、肉眼による根管治療では不十分となりがちです。本症例でも推測通りにこの部位の根管治療が不十分であることが分かりました。

前医では患歯の抜歯の可能性が50%とのご診断。何を基準に50%の抜歯?なのか疑問に残ります。前歯の治療技術ではこの歯を残すことが困難と判断したのでしょうか?さらなる疑問と残念な気持ちが沸き上がります。

当院では本症例の根管治療を3回頂き治療に臨むことをご説明させていただきました。抜歯の必要性は当然皆無です。

上2つ画像は当院の過去のブログ画像です。

本症例もこのような治療が必要となるでしょう。
当院では多くの根管治療の患者様を拝見しております。他院との違いは、以下の2つ。
・ ラバーダム装着100%
・ マイクロスコープ使用100%

 

当医院の根管治療施術例は、根管治療症例報告をご覧いただければ、お困りの患者様にはご参考になるかもしれません。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々精進です。

 

 

 

 

 

神経を残す 根管治療についてご質問(メール) (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷千代田)

「神経を残したい」「適切な根管治療をお願いします」というご希望を頂き、当院には多く患者様がご相談、ご来院いただきます。以下のメールはそのうちの1つです。「症状と病歴の変化」「受けた治療法」のについて詳細に適切にご相談いただいております。これに対する当院の回答を以下に記載させて頂きます。病状へのご不安や適切な治療法を模索されている患者様には大変役に立つ内容ではないでしょうか。ぜひご一読いただき、ご参考くださいますようお願い致します。

ご相談内容

左奥歯にかなり以前に虫歯を治療した歯があります。昨年秋ごろから冷たいものがしみるようになり、次第に①暖かいものでもしみるようになりました。また②固いものをかむと痛みがあります。かかりつけの歯科医で金属を一旦はずし、③その下にあった神経を保護するつめものもとったところ、治療のあとは神経が見えるほど深かったとのこと。④虫歯はなかったらしく、⑤再度神経を保護する薬を2重にいれてもらい、上から白い保護材をかぶせた状態でしばらく過ごしていますが、やはり冷たいものが沁みる感じと、⑥固いものをかんだ際の痛みはあります。行きつけの歯科医に再度話したところ、金属のかぶせものをしても改善する可能性は低く(むしろ金属は熱をよく伝えるのでもっとしみるかもしれないと)痛みをなくしたいのであれば神経を抜くのもの選択肢とのことでした。いまのところ激痛というほどでもなく神経まで⑦虫歯菌が達しているわけでもない中で神経を抜くのはためらわれたので、少しかんがえますと保留しています。神経は残したいと思っており、何か良い手立てはないかと探していたところ貴院のホームページを拝見しました。

はじめまして。宮崎歯科医院 院長 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。

詳細なる内容の症状の経緯と治療内容のご説明をありがとうございます。大変よく分かりました。ご相談いただきました内容に回答させて頂きます。

実際に拝見していないことから、現在の病状に対する適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解ご了承頂いた上でお読みくださいますようお願い致します。

上記ご相談頂きました本文中に①~⑦を付記いたしました。その内容について回答させていただきます。

 

①と②と⑥の「症状の変化」について

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌は歯の上部から下部へ、深部へと進行します。その感染の深度によって、症状が変化します。

まずは、冷たいもので沁みて、そして温かいものが沁みるようになります。
その後は血流増加時(運動、睡眠など)に痛みが増し、それにともない、噛むと違和感痛みへとつながります。

神経を残せるか否かを「症状」から診断する際の一助についてはこちらをご参照ください。https://miyazaki-dentalclinic.com/22012

「むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であることについて」のご説明はこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/21898
https://miyazaki-dentalclinic.com/19490

現在は冷たいものが沁みて、硬いもので痛いとのこと。症状から推断すると以下の事が考えられます。

1)細菌感染が内部に存在し、それによる炎症は歯根先端に及んでいる
2)細菌感染は前医により排除されているが、感染による歯髄の壊死の可能性がある
3)細菌感染による歯髄壊死が全体に及んでいる

これに対して行える治療法は以下の通りです。

1)⇒ラバーダムを装着。神経を残す治療を施す。
2)⇒ラバーダムを装着。部分断髄法あるいは根管治療を行う。
3)⇒ラバーダムを装着。根管治療を適切に行う。

ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=IcQuBhzcGqg&feature=youtu.be

「当院の部分断髄法の症例」についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22909

③と⑤について

し歯は唾液中に存在する細菌の感染症であることから、深いむし歯治療や根管治療では、治療中の患歯への唾液の流入を予防すべく、「ラバーダム」の装着が必要となります。③の治療の際に、ラバーダムを装着しているか否か?はその治療の成否を決定します。

ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17703

 

④と⑦について

むし歯の有無について、拡大鏡ルーペ(8倍以上)あるいはマイクロスコープを使用して診査診断されてのご判断でしたでしょうか。当院ではラバーダムを装着し、唾液が混入しない状態としたうえで、齲蝕検知液を使用してむし歯を染色し、マイクロスコープで診査した上でむし歯を徹底的に取り去ります。私は、肉眼での診査診断での困難さを身をもって痛感していることから、肉眼での治療をここ十数年しておりません。

神経を残せるか否か?マイクロスコープを用いた診断についてはこちらをご参照ください。https://miyazaki-dentalclinic.com/22037

齲蝕検知液とは?むし歯を削る基準についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22122


むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
感染を取り除けば治癒しますが、取り除かなければ、感染は拡大します。歯の神経を取ることを心配し、その決断を遅らせることで、病状が悪化してしまう患者様のご相談が多いのは残念なことです。適切な治療を選択し、適切に行えば、歯は永く使用できるようになります。

以上が当院の回答となります。
お役に立てる回答となれば幸いです。よろしくお願い致します。  (宮崎)

 

当院の初診の流れについて(ご来院ご相談される際は必ずご一読ください)
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

 

 

 

 

 

インプラント《新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関の歯科》 型どり&装着 動画


歯を抜いたら、抜歯をしたあと、どんな治療が必要でしょうか?

① 入れ歯
② ブリッジ
③ 移植
インプラント

ただし、まずは本当に抜歯が必要なのか?を診査する必要があります。
根管治療は
歯根端切除は?
適切な根管治療で、その歯の寿命を延ばすことは可能です。

そして、抜歯せざる得ない場合にも注意が必要です。

ソケットプリザベーション
抜歯と同時にインプラント

周囲の歯槽骨を失わないような配慮が大切になります。



本症例動画は、当院で行った抜歯即時インプラント手術後のインプラント上部構造製作のための型どり、および上部構造装着の様子です。

当院は、インプラント治療などの外科手術をするための特別診療室(手術室)を設置し、日々臨床に臨んでいます。

そのため、多くのご相談をいただきますが、インプラント治療に対する不安や心配を抱いている患者様が非常に多いのが実感です。

本動画で1つでもその不安が解消されれば幸いです。

 

 

樋状根 根管治療 マイクロスコープ(都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)


本症例は下顎第2大臼歯(下の一番奥の歯)の再根管治療についてです。

他院で根管治療を行った後に当院での治療をご希望されて来院された患者様。歯では大変ご苦労を重ねてきているご様子です。

下顎第2大臼歯の根管(歯の内部、神経のあるスペース。通常は煙突状の中空構造)形態は、60~70%の確率で「変形」が認められます。

本症例はその変形根管症例、「樋状根」「C shape canal}といいます。

上動画は当院での初回、再根管治療の実際の様子です。

ラバーダムCTマイクロスコープを用いて治療に臨んでいます。

右画像は本症例のCT断層画像です。
①から④へ、歯の上部から下部へと断層画像を見ることが出来ます。

①根管入り口は2つですが、下方にいくに従い2つは結合し、雨どいの断面のような形態(③)を呈します。

その後、歯根の先端(④)では一つのなります。

このように樋状根では根管形態が複雑であることから、その内部の感染を取り去り洗浄消毒することが困難です。

当院では、あからじめCTを撮影し、根管形態を明確に把握した上で、マイクロスコープを用いて治療に臨みます。

むし歯は唾液の中に存在する細菌の感染症です。
深いむし歯治療や根管治療では、歯の内部深くに侵攻した細菌を徹底して除去することが治療の大目的であり、取りきれなければ「治らない」か「再発」します。

この大目的を達成するためには、”適切な治療コンセプト”に基づいた上で、適切な治療環境や治療機器の準備が必要となります。

その治療環境や治療機器の準備が、
・ ラバーダム
・ CT診査
・ マイクロスコープ
・ マイクロスコープ治療に必要な各種器材
などでしょう。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 116