根管治療



むし歯は唾液中に存在する「菌の感染症」。
菌が歯をとかし、感染を内部に拡げていく疾患です。

歯の神経まで感染が至ると「神経の治療」が必要。これを「根管治療」を呼びます。

これには
「無菌的な治療」が必要。
つまりラバーダム防湿が必須です。

当院では「無痛治療」を心掛けています、治療自体は痛くないのですが、 お口を開いている時間が長くなるため結構大変な治療です。

しかし、この「根管治療」にも限界があります。
1度目の根管治療の成功率は90%以上、2度目となると、70%近くまでその成功率は落ち込みます。一度目がとても大切です。

また、通法の根管治療で成果が認められない場合は、「歯根切除術」という外科的な治療法が必要です。

どうしても痛みや腫れが取れない症例はこれにあたるかもしれません。

原因として
・根管内微生物の難治化
・根尖部のバイオフィルムの存在
・異物反応
・歯根嚢胞
・根管形態の複雑性
・根管内の医原性変化

など多くの複雑な因子が関わります。
この原因の把握のためには、
・マイクロスコープや拡大鏡
・CT

による診査診断が不可欠です。