トップページ > フェイスブック > 根管治療 東京都内 内幸町 虎ノ門 霞ヶ関 新橋 歯科歯医者

根管治療 東京都内 内幸町 虎ノ門 霞ヶ関 新橋 歯科歯医者



むし歯は唾液中に存在する「菌の感染症」。
菌が歯をとかし、感染を内部に拡げていく疾患です。

歯の神経まで感染が至ると「神経の治療」が必要。これを「根管治療」を呼びます。

これには
「無菌的な治療」が必要。
つまりラバーダム防湿が必須です。

当院では「無痛治療」を心掛けています、治療自体は痛くないのですが、 お口を開いている時間が長くなるため結構大変な治療です。

しかし、この「根管治療」にも限界があります。
1度目の根管治療の成功率は90%以上、2度目となると、70%近くまでその成功率は落ち込みます。一度目がとても大切です。

また、通法の根管治療で成果が認められない場合は、「歯根切除術」という外科的な治療法が必要です。

どうしても痛みや腫れが取れない症例はこれにあたるかもしれません。

原因として
・根管内微生物の難治化
・根尖部のバイオフィルムの存在
・異物反応
・歯根嚢胞
・根管形態の複雑性
・根管内の医原性変化

など多くの複雑な因子が関わります。
この原因の把握のためには、
・マイクロスコープや拡大鏡
・CT

による診査診断が不可欠です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。