トップページ > インプラントのブログ > インプラント ソケットリフト

インプラント ソケットリフト


下顎の臼歯部にインプラントを埋入する際は、下歯槽管神経に留意しますが、上顎臼歯部にインプラントを埋入する際は、「上顎洞」という空洞に留意してインプラントを埋入します。

骨に厚みがあればいいのですが、ない方は意図的に上顎洞にインプラントフィクスチャーを出して埋入します。術式として、ソケットリフトとサイナスリフトがありますが、本症例はソケットリフトです。



CTで術前にシミュレーションを行い、何ミリ上顎洞へいれるかを測定します。サージカルガイドといって、どの部位に埋入するかを事前に模型上でシミュレーションします。安全確実なインプラント治療には必要ですね。

術前後のCT写真です。

ほぼ患者さまの骨の中に埋入安定しています。
一部、穿孔させその部分には人工骨を補填し骨をつくります。ちょこっとだけソケットリフトですね!