トップページ > その他 > 下顎前歯部 歯根端切除術

下顎前歯部 歯根端切除術



根管治療を行っても、痛みがとれない、違和感がある、歯ぐきの腫れが引かないなどの症状が残る場合があります。これは、歯ではなく、歯を支える骨にまで炎症が波及している状態です。このように、通法の根管治療をしても、症状に改善がみられない場合は、歯根端切除術を行います。根尖性歯周炎の外科的な治療法です。

感染が根尖外へ波及した症例、根尖3㎜の神経の分岐症例では根管治療による感染除去では困難な場合があります。その際は外科的に根尖部分を取り除きます。当院では歯根端切除術を拡大鏡あるいはマイクロスコープ下で行います。肉眼でおこなう方法比べ成功率が飛躍的に向上します。


写真は当院の実際の症例です。下顎前歯部の根管治療後に痛みが残ったため、歯根端切除術をマイクロスコープ下で行いました。無痛麻酔・無痛治療下のもと、粘膜を剥離して 病巣を除去します。マイクロミラーで根尖を下から観察しつつ、MTAで根尖を封鎖して粘膜を縫合して戻します。専用の器具器材を必要としますが、なによりマイクロスコープが必要です。

根管の複雑性(根尖3mmでの根管の分岐)や根管外への感染拡大では、通常の根管治療では治癒しません。マイクロスコープやCT機器による診査を用いて歯根端切除を行うことで、治癒が得られます。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。