トップページ > その他 > 抜かない治療?東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

抜かない治療?東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科


「抜かないで、なんとか治療してみましょう!」

こんな言葉を歯医者んに言ってもらえたら、とても心強いですね!
でも、治療しても上手くいかないことがわかっていたらどうでしょうか?

左上のレントゲン写真では不明瞭ですが、右上のCT写真では、歯根周囲の歯槽骨が失われている(歯根の周りが黒く映し出されている)ことが明確です。再根管治療歯根端切除、再植などの治療をしても上手くはいかないでしょう。こんな状況でも、「抜かないでなんとか治療してみましょう!」といってもらいたいでしょうか?

歯科治療は日進月歩。診査機器・治療機器は進化しています。

また、歯を抜いたらブリッジか入れ歯の治療しかなかった以前と比べ、成功率の高いインプラント治療という選択肢があることで、無理をして歯を残し、周囲の歯槽骨や歯を失うよりも、早々にインプラントをした方が残っている歯を削ったりしないで済みます。

CTマイクロスコープを使用することで、治療の成否を治療前に予測することが可能です。もちろん適正な診査基準と幅広い治療オプションを歯科医師が持っていることは当然のことですが。

徹底的に抜かないような治療をすることは当然あって然るべきですが、その前に「徹底した診査」すべきではないでしょうか。
その上で、周囲の歯に悪影響を及ぼす歯なのであれば、抜くことも「治療の1つ」でしょう。

当院では、マイクロスコープ拡大鏡・CTなどの最新診査治療機器を用いて、最新の診断基準と経験に基づく診断基準。そして患者さまの希望にかなう治療をすべく、日々の治療に臨みます。最善の治療を患者さまに!