インプラント 安全性 東京都内歯医者虎ノ門神谷町

上の小臼歯を失ってしまった患者さま。歯周病で周囲の歯槽骨を失っていたこともあり、ソケットプリザベーションを行いつつの抜歯。インプラントは「心配・・・」とのことでしばらく仮歯にて経過を観察していました。ブリッジは両側の歯を削ってかぶせる治療です。当院では、本症例のような犬歯と小臼歯を削ってつなげるブリッジは致しません。

かみあわせの見地から、犬歯はかみあわせのガイドとなる大切な歯。小臼歯は噛む力を支

える重要な歯です。機能の異なる歯をつなげてかぶせることで、負担がかかるだけでなく、脳へのフィードバックにも影響を与えることになります。当院では行いません。患者さまにもご説明させていただき、またソケットプリザベーションで骨も十分に回復したため、このたびインプラント治療となりました。

患者さまへの十分な説明と術前のCTシミュレーション、豊富な治療経験により、インプラント治療の安全性は確保できます。