インプラント 虎ノ門霞ヶ関新橋

数年前より当院を受診して頂いている患者様の1症例。

左下の奥歯(上レントゲン写真の黄色矢印)を失いそのままとしていた患者様。もともと噛む力がとても強い骨格をされていることもあり、負担のかかる歯の「やり直し治療」を繰り返されていました(上写真赤矢印)。

上レントゲン写真を診て頂くとわかる通り、奥歯しか治療されていません(レントゲン上に白く写ったかぶせもの)。もし、むし歯になり易い方ならば、唾液中にむし歯の菌が多いため、全部の歯に処置した跡があるはずです。つまり、この患者様が治療に至る原因は「かみあわせ」。強い咬合力を持つがゆえに、歯が欠けて治療に至るというのがこの患者様の病因なのです。

右上写真は1年前と来院時のレントゲン写真の比較です。赤矢印の歯根が折れているのがわかります。すべての患者様で言えることではありませんが、噛む力の強い方は、抜いたまま歯を放置することで、残っている歯に負担がかかり、このような結果を招くことが多い実感があります。残った歯の負担を軽減するインプラント治療は歯に優しい治療といえます。


折れた歯を抜歯後に患者さまのご希望もあり、インプラント治療をすることとなりました。抜歯後3カ月に行いました。抜歯の際に歯槽骨を失わないようにソケットプリザベーションを行ったことで、歯槽骨は再生されていました。写真は術後のCT画像です。術前のCTシミュレーション通りの結果が得られています。
今後は2~3カ月後に2次オペを行い、3~4か月後には治療を終了する予定です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。