トップページ > その他 > 根管治療 ラバーダムとは?

根管治療 ラバーダムとは?



右上前歯の鈍痛を主訴としてご紹介で来院されました。
数年前にかぶせものをして、いままで何も問題はなかったそうです。
触ると痛みがあり、なにもしなくてもズキズキと痛むことがあります。冷たいもの、あたたかものもしみるようですが、来院時は痛み止めで多少収まった状態でした。

黄色の矢印の歯に痛みがあります。口腔内写真で撮影するとかぶせものがぴったりと合っていないようです。黒いラインが見えますが、これはむし歯ではなく、かぶせもののメタルが見えている状態です。

当院ではこのようなラインは歯肉の中に隠すように審美的に治しますが、以前からこのよような状態であったようです。これではむし歯の再発を起こしやすい状態です。
本症例では、「歯髄壊死」という診断名。むし歯や慢性的な刺激により歯の神経が慢性炎症により壊死(死んでしまっている)状態です。様子をみても症状は改善しないため、根管治療を行うこととなりました。



まずはラバーダムをおこないます。
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。治療中に根管内に唾液が入ることは、治癒を阻害し、遅らせ、再感染の原因です


特殊なラバーで治療する歯を隔離します。その上で裏側から治療をします。
当院の治療で再感染はありませんね!


従来のラバーダムなしの根管治療、ラバーダムをした根管治療。
どちらを選択されますか?
根管内部は歯髄が壊死した状態でした。術前の仮診断通り歯髄が壊死した状態です。
当院の診断基準はこちらをご参照くださいね

即日根管内を清掃、消毒、無菌化します。
当日は痛みが少しありますが、鎮痛剤の服用で症状はなくなります。次回で根管治療は終了です。Tさん、良かったですね!(^^♪

早期発見で短期間で治ります、早め早めにご連絡くださいね!





インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療 歯科ドック

舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 かみあわせ インプラント 顎関節症