トップページ > インプラントのブログ > 虎ノ門ヒルズの歯医者歯科のインプラント+親知らず抜歯 

虎ノ門ヒルズの歯医者歯科のインプラント+親知らず抜歯 

破折歯を抜歯すると同時にインプラント埋入(抜歯即時インプラント手術)、さらに同時に親知らずの抜歯をした1症例


左下の奥歯が縦に折れてしまいました。患者さまはこれまで歯でご苦労を重ねてきている方。「残っている歯に負担をかけないように最善を」とのお気持ちをいただき、インプラント治療をすることとなりました。

何らかの理由で歯を抜いたまま放置すると、歯は移動し傾き、隙間があいてきます。残っている歯にも負担がかかり、本来触らなくてもよかった歯まで治療しなくてはいけなくなってしまうこともしばしばです。
歯がある側ばかりでかんでいると、負担は増し、ブリッジを支えている歯や、神経の治療をした歯にはヒビが入り、そこから感染して膿んでしまうこともあるのです。

小さな問題だったのが、やがて大きな問題となってしまわぬようにしたいものです。
(ブリッジの治療についてはこちらをご参照ください)

この症例では、抜歯と同時にインプラント手術を行い、さらには同時に親知らずを抜歯しました。条件があえば、抜歯即時インプラント手術は手術回数や痛みの軽減など患者さまにとってはとても嬉しい術式です。

術前とインプラント治療終了後の写真です。
ひとつの歯がなくなることで、他の歯に負担がかかります。しかしその負担は目に見えず、徐々に「つめものが外れた、かぶせものが外れた」などの症状として目に見えるものになってきます。
抜いたまま放置しない、小さな問題のうちに解決しておきたいですね!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。