トップページ > その他 > ハイブリッドセラミックス 審美歯科治療

ハイブリッドセラミックス 審美歯科治療


宮崎歯科医院では右記のかぶせもの(補綴物)より患者さまに最適な材質を選択し治療に臨みます。

上写真は右下奥歯をハイブリッドセラミックスにて治療した症例です。

かぶせものに求められることは以下の3つでしょう。

① 物理的安定性
② 化学的安定性
③ 審美性


① 物理的安定性とは?
形が変わらないということです。咀嚼・嚥下・くいしばりなど相当な荷重が歯にかかります。すり減ってしまっては、次第に他の歯への負担を大きくしてしまいます。「形が変化しづらい、すり減りにくいこと」はとても大切な物性です。

② 化学的安定性とは?
変質しないということです。
口内は温度変化、酸性・アルカリ性食品などにより、変質・変性しやすい環境下にあります。そんな過酷な環境下にあっても「変質しないこと」はとても大切な物性でしょう。

③ 審美性とは?
人の第一印象に大きな影響を与える口元。歯はその大事なポイントです。「透明感のある白い歯」は、清潔・さわやか、そして健康的な印象を与え、好感と信頼感を感じさせ、笑顔に自信を持たせます。


ハイブリッドセラミックスの利点
・白い歯、審美性に優れる(奥歯の症例に向いている)
・すり減りづらい材質(歯ぎしり症例に向いている)

ハイブリッドセラミックスの難点
・金属を使用している
・オールセラミックスに比べて透明度に劣る(奥歯に向いている)
・すり減るためにかみあわせを維持しづらい(奥歯に向いている)

ハイブリッドセラミックスでは以下の症例に向いています
・歯ぎしりの強い
・奥歯
・白い歯のご希望



ハイブリッドセラミックス症例は以下をご参照ください。

〇30代女性 右上小臼歯 ハイブリッドセラミックス+ホワイトニング
〇50代男性 右上奥歯 ファイバーコア
〇30代女性 右上犬歯 ハイブリッドセラミックス
〇保険と保険外治療の違いについて
〇30代女性 左上奥歯 ハイブリッドセラミックス
〇40代女性 左下奥歯 ハイブリッドセラミックス+インプラント
〇50代女性 右下小臼歯 ハイブリッドインレー(つめもの)
(ハイブリットセラミックスとはなにか?はこちらをご参照ください)
〇30代男性 上顎前歯 歯を削らないメリーランドブリッジ
〇40代男性 右下奥歯 短期治療(根管治療)

(随時更新してまいります)




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。