トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせ 適切なマウスピース (東京都内虎ノ門歯医者歯科)

かみあわせ 適切なマウスピース (東京都内虎ノ門歯医者歯科)


歯に負担のかかりやすい「かみあわせ」と負担の少ないかみあわせがあります。

上下の歯が接触するのは1日のうち、7~15分といわれます。そのほとんどが咀嚼と嚥下(飲み込み時の接触)に費やされます。この接触は機能的な接触であり、特段問題はありません。

しかし、
〇仕事中のくいしばり
〇集中している時のくいしばり
〇寝ている時のはぎしり、くいしばり

これらの「かみしめ、くいしばり、歯ぎしり」は、非機能的接触で、歯に対して大きな負担をかけています。
では、皆さんのかみわあせはどうでしょう?

皆さんが歯に負担のかかりやすい「かみあわせ」かどうかチェックしてみて下さい。


① カチッと噛んだ時、奥歯があたり、前歯の接触は弱くあたります。
② 左右、前方に下あごをギリギリとすり合わせたとき、犬歯あるいは前歯が当たり、
奥歯がはあたりません。

いかがでしょうか?

②の左右前方にギリギリとすり合わせたとき、奥歯が当たっている方がいらっしゃるかと思います。または、ギリギリと動かせない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このような「かみあわせ」の方は、四六時中奥歯が当たりやすい状況にあるため、「かみしめ、くいしばり、歯ぎしり」をしやすい状況にあり、無意識のうちにかみしめていることが多くなります。 

歯は四六時中使用する器官です。負担を減らすために、前歯と奥歯でその負担を補い合っていま。「カチカチ噛んだ時は奥歯、ギリギリとした時は前歯」 というように補い合っているのです。

しかし皆が理想的なかみあわせをしているわけではありません。
〇歯が歯ぎしりなどですり減っている方
〇歯並びが良くない方
〇歯を失っている方
〇たくさんの歯を治療して
歯でご苦労されている方は、この前歯と奥歯の関係が崩れている方が多いようです。

〇首・肩がこる
〇顎が痛い
〇口が開かない
〇歯ぎしりをする
〇睡眠時無呼吸と診断された
〇下の奥歯が痛い、しみる、違和感がある

こんな症状のある方のほとんどが「かみしめ、くいしばり、歯ぎしり」が原因です。
マウスピースで適切な「かみあわせ」を付与することで、これらの症状は改善されます。

では適切なマウスピースとは?どんなものでしょう?

それは「かみしめをさせないマウスピース」です。つまりは、「カチカチ噛んだ時は奥歯、ギリギリとした時は前歯」をマウスピース上に再現させるのです。

当院では症例に応じて様々あるマウスピース(スプリント)から選択、患者さまの治療に使用します。症例によって、詳細なる診査が必要となる場合もございます。お気軽にご相談ください。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。