トップページ > インプラントのブログ > インプラントブリッジ 抜歯即時 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

インプラントブリッジ 抜歯即時 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



右下インプラント(青矢印)の手前の歯(黄色矢印)が2本とも折れてしまい来院されました。痛みはそれほどありませんが、歯ぐきが腫れており、固いものを噛むと痛みを感ずる程度でした。この3本を固定してしばらく経過を観察してみてはどうですか?とご提案しましたが、放っておいても治らないならばしっかりと治しておきたいとの強いご希望を頂き、黄色矢印の歯を抜歯すると同時に右の黄色矢印にインプラントを埋入する「抜歯即時インプラント手術」を行うこととなりました。まずはCTによるインプラントシミュレーションです。安全を第一にインプラント手術を行うにはCT完備が必須です。


手術中のお写真です。かぶせものを外して丁寧に抜歯します(黄色矢印の歯を抜歯)。抜歯してできた穴にインプラントを設置します。抜歯とインプラント手術が同時におこなえることで、治療期間の短縮と手術回数の軽減、また骨削除量が少なく小さな侵襲でインプラント手術を行えることから、痛みが少なく行うことできます。


手術後は、あらかじめ用意しておいた仮歯を装着します。これで見た目にも困らず、ある程度の食事は可能です。最終的には、以前に行ったインプラント(青矢印)を生かして、今回埋入したインプラント(黄色矢印)とつないだ「インプラントブリッジ」を装着する予定です。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。