トップページ > かみあわせのブログ > 奥歯 歯が折れる 抜歯 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者

奥歯 歯が折れる 抜歯 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯科歯医者



「左下の親知らず(8番目)が欠けて、しみる」という主訴で来院。当院にご通院いただいていた患者さま、久々の来院。左下親知らずの詰め物が欠けているのですが、これは簡単に治せる・・・問題はその一つ手前、7番目(第2大臼歯)。患者さまには全く症状はないのですが、歯肉が腫れている。まずはそちらを拝見することとなりました。

歯周基本検査にて1点のみ10mmという大きな数値。この時点で「歯根破折」が疑われます。患者さまにご説明しCTマイクロスコープで確認しながらかぶせものを外しました。



ファイバーコアをマイクロスコープを使用して、丁寧に外します。染色液を使用して歯根破折の疑われる部位を精査します。歯周基本検査で異常値を示した部位の歯根に「ヒビ」を発見、歯根は割れていることが判明しました。



合わせて行ったCT撮影画像では、歯根周囲の炎症(歯槽骨が溶けてなくなってしまう)がかなり大きく、頬側の骨が無くなっていることが分かりました。下歯槽管にも炎症は拡大しているため、早々の抜歯が必要です。

患者さまは「かみしめ」がとても強く、マウスピースを以前に製作していたのですが、ご多忙のため、メンテナンスで来院することが出来ず、またマウスピースも装着できなかったようです。

歯根は折れてしまった場合は、隣の歯に悪影響を及ぼさないように抜歯することが必要です。抜歯後は、インプラント治療も視野に入れつつ、治癒をまちつつ、他の歯の治療を進めていく予定です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。