トップページ > お知らせ > 患者さまからのご相談

患者さまからのご相談



『すべての人が何らかの檻に入れられている。でも扉の鍵はいつも開いているのです』(ジョージ・ルーカス)

『障害物とは、目標から目をそらした時に見えるものである』(ヘンリー・フォード)

「チャンス」は不可能な顔をして、僕らの前を行ったり来たりしている。

『問題の見方こそが、問題なのである』(スティーブン・コヴィー)

『良いものも、悪いものも無い。人の考えでそれが決まる』(シェイクスピア)


当院にいらっしゃる患者さまに治療法をご提案すると、ときどき聞かれる言葉。
「でも・・・」
「そうではなく、前は治ったからこうしてほしい」
「それはできない・・・」
「以前はそんなことなかった・・・」
「以前はこれで治った・・・」


これまでのご苦労は察して余りある、お気持ちはよくわかります。
しかし、そんな言葉はいらない。もしあなたの考えが正しければ、今、僕の前に相談には来ないはず。治っていたはず。治っていないのならば、現状を打破しする”前向きな心もち”が大切。

人は何らかの檻(価値観・常識・過去の経験)に囚われ、過去を後悔、未来に不安を感じ、今から目を逸らしがち。正しい、正しくない、良い悪いは無く、人の考えがそれを決めるといっていい。

間違いは修正し、今を改善すべく、全力で今に臨む。
チャンスは今にしかない、チャンスの神様に後ろ髪はない。

ヒトは日々変わります。老化もすれば、衰えもする。
その現実から目を逸らさず、今に注力、治療に臨むこと。これが大切です。

檻に囚われていると思っていても、そのカギを持つのは自分自身。
ネガティブな言葉はいらない、前向きに治していきましょう!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください