歯が折れた



歯根破折の1症例。

奥歯に違和感があり、当院を受診された患者さま。診査すると歯根破折(歯の根が折れること)が認められました。①がそのレントゲン写真。この歯は②のような形態をしています。レントゲンは硬いものが「より白く」、軟らかいものが「より黒く」写し出されます。(レントゲンの見方はこちらを!)歯根は歯槽骨という「骨」で支えられているため、白く写るのですが、③のように歯根の周りは黒く写し出されています。また、黄色の点線で歯根は折れており、2本あるうちの1本の根管治療は適切に為されていません(適切な根管充填はこちらをご参照ください)。


歯根は折れた場合は基本「抜歯」が治療法となります。抜歯となることは残念ですが、残った歯に悪影響を及ぼさないようにする「適切な治療法」です。抜歯という決断を遅らせることで、1歯の抜歯で済むところが2歯の抜歯となってしまったり、のちのちインプラントや入れ歯の治療を行うことが困難となることもあります。

歯を残す治療法は様々あります。何をやっても無駄ならば、早々に抜歯することが必要です。まずは徹底的に残すことに努めることが先決です。

抜歯判定の基準は、その後に選択する治療法に左右されることもございます。(抜歯の基準についてはこちらをご参照ください)

お困りの際はご相談ください!




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。