トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせが悪くなった 治し方 東京都内関東歯医者

かみあわせが悪くなった 治し方 東京都内関東歯医者



右下の奥歯を治したら、「かみあわせ」が悪くなった との主訴で来院された患者さま。
歯では大変ご苦労を重ねていらっしゃる歴史がレントゲンから読み取れます。

長期間、根管治療を行った後に矯正までしてかぶせたかぶせものの高さが低くて噛めない。実際拝見すると右下は奥歯と第一小臼歯だけ噛んでいる状態。患者さまはマウスピースを夜間に使用されている状況、このマウスピースは調整がされておらず、上下の接触状態は疎ら(まばら)で、患者さまもそれを自覚。朝起きると噛む位置が変わっている感じ?もあるとのこと。しかし昼も過ぎれば元通りになる。

患者さまはどうすればいいだろうか?とお悩みの上、当院を受診。他院ではその答えが見るからなかったとのこと。

上レントゲン写真はその患者さまの概略がわかるようにしたレントゲン(個人の特定できないように修正を加えています)。

上レントゲンの黄色丸印黄色赤色線の角度、赤の湾曲線緑の線の傾き、青矢印の位置関係と問診内容で、患者さまの主訴の原因がわかります。原因は明らかなのです。


本症例のような場合、右臼歯部(奥歯)の治療には、相当なる「注意と配慮」が必要です。難症例といえるでしょう。それが分かった上で治療に臨む必要があります。

来院された患者さまは2回でかみあわせの違和感はなくなり、その原因の改善に向けて治療に入りました。

当院では噛み合わせ治療を基軸に、マイクロスコープ根管治療インプラント治療、補綴治療などを行います。歯科治療の目的は、「かみあわせ」の改善回復です。徹底した治療が望まれます。


―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。