トップページ > フェイスブック > 神経を残す 取らない 治療法 MTA

神経を残す 取らない 治療法 MTA



他部位の根管治療で当院を受診された患者さまの1症例。『 他にむし歯はないですか? 』とのご質問に対する回答として、上患歯の治療となりました。

患歯にはインレーが装着されていますが、レントゲンで診ると深いむし歯が認められます。神経に至るような深いむし歯であったため、あらかじめ根管治療の可能性も説明同意を頂いた上で治療に臨みました。

上マイクロスコープ画像は術前の患歯歯面の消毒の様子です。当院ではラバーダム装着後、過酸化水素とヨードを用いて歯の表面を洗浄消毒します。


メタルインレーを除去すると、セメントによる簡易的な覆髄法が為されていました。むし歯を染色する「齲蝕検知液」を使用して、むし歯を判別し、むし歯のみを削り取ります。むし歯を削る際はマイクロスコープを用いて臨みます。以下の動画をご参照下さい。



むし歯を除去することで、露髄(神経が露出すること)した部位がありました。また神経に近いところまで削った部位もありました。それぞれに対して抗菌性を有するMTAを貼薬し、神経を残す治療を施します。以下にその様子を動画にてご説明いたします。



MTA貼薬後はコンポジットレジン樹脂により表面を覆い、経過を観察します。

痛みや違和感などがなければ再度感染しないような精度の高い、身体に優しいセラミックインレーがおススメです。



歯の治療は何度やり直さない方がいい。やり直しもしたくない。繰り返しのやり直し治療は、時間の無駄、お金の無駄であるだけでなく歯にとっては大変苦痛なことです。何度も何度も歯医者には通わない方がいいのです。

私は治療後の患者さま皆さんにいつも次のようなことをお話しします。
当院にはメンテナンスで末永く通ってほしいのですが、2度と私の顔は見ないようにしてくださいね!私の顔を見たときは徹底治療の時ですから(笑)」

歯医者へは来ないほうがいい、来るなら気持ちのいいクリーニングやホワイトニングで(笑)! やり直しのない徹底した治療、当院の目標です!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。