神経を残したい 取りたくない 残す・取らない 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関歯医者歯科


他院にてむし歯の治療を受けた患者さま。部位は右上の奥歯(第一大臼歯)。
むし歯が神経近くまで進行し、深かったため、覆髄(セメントで神経の周りを覆う処置。染みづらくする効果があります)
を行い、メタルインレーをかぶせたとのこと。

治療後より痛みがつづき、再度、治療してくれた先生に相談すると、「神経をとらなくてはならなりませんね、むし歯も深かったので・・・」と説明を受け、できれば神経の治療(根管治療)をしたくない、とのご希望を胸に当院を受診されました。

赤色部分はコンポジットレジン樹脂による覆髄した跡。つまり、すでに神経に到達していることがレントゲンより推察されます。
むし歯は唾液中に存在する「細菌バクテリア」の感染症です。そのため、このような深いむし歯の治療の際は、治療中の唾液の混入を防ぐために「ラバーダム防湿」が必要ですが、他院での治療ではラバーダムは使用せず、また拡大鏡やマイクロスコープも使用していなかったとのことでした。


治療前にはラバーダムを装着し、歯面を清掃消毒します。唾液中に存在する細菌の感染症である「深いむし歯治療」には必須の消毒ステップです。

2か所にコンポジットレジン樹脂で詰めた跡が認められます(赤色の部位)。このような深いむし歯治療では、“ラバーダムを装着して上で”このような覆髄処置が必要です。本症例では為されていませんでした。


むし歯を染色し、取り残しがないか確認します。薄くピンクに染まった部位がむし歯です。肉眼では見えなかったことが推察されます。当院ではマイクロスコープあるいは10倍の拡大鏡ルーペを使用して精査しています。

本症例の施術を動画にてご説明しています。
神経を残すべく、「部分断髄法・直接覆髄法」にて施術しました。経過は良好です。
ただし、このような症例では、後に痛みが発現し、根管治療に至ることもあります。当院では、可能な限り神経を残す治療を心掛けていますが、チャレンジングな症例(神経を残そうと試みたけれども根管治療が必要となった症例)があることも事実です。そのような場合は、術前に患者さまと相談し、神経を残す治療に臨むか?根管治療に臨むか?を決めるようにしています。

根管治療はできれば避けたいものですが、感染が拡大してしまうのでれば、早々に根管治療をしなくてはなりません。遅らせることで、その周囲の歯槽骨にまで感染が拡がり、その歯だけでなく、臨在する歯に悪影響を与えることもあります。適切に根管治療を行えば、歯を失うこともありせん。怖がることなく、お悩みの際はご相談ください。


MTAを貼薬し、経過を観察します。本症例の経過は良好です。
今後は、精度の高い補綴(インレーやクラウンなどのかぶせもの)で再感染しないように配慮した治療を行う予定です。

やり直しのない、一生に一度の歯科治療。当院の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。