噛むと痛い 神経取りたくない 根管治療 (都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町歯科)

我慢できないほどの痛みではなかったけれど、噛むと痛みがあったため他院にて詰め物を外してやり直し治療をされた患者様の症例です。

レントゲン写真赤矢印②がメタルインレー。③が神経周りに薬をつけています。④は神経(=歯髄)です。深いむし歯治療であったことが推察されます。黄色矢印①にの先には根尖病変(黒い透過像)が認められます。

「温かいもので痛むことがあった」、「噛むと痛いことがあった」とのことでした。
他院では「根管治療(神経を取る治療、根っこの治療)」の説明を受け、神経の治療をせずに何とかならないものか?と当院を受診されました。


まずは口内をマイクロスコープで観察します。左が術前、右が噛み合わせチェックしたあとの写真です。

先日装着したばかりのメタルインレーの表面はザラついており、荒れていました。メタルインレー装着後、数回削って調整したとのことです。削ったならば磨いてほしいものですが、痛みがあったためでしょうか…メタルインレー表面は磨かれていませんでした。

深いむし歯治療で痛みがあったとしても、”痛みを根拠”として「根管治療」が必要と判断するのは間違いです。

まずはかみあわせを精査します。適切なかみあわせかどうか?チェックです。上写真の歯にある赤い点が「カチカチ」噛んだ時の接触点、「ギリギリ」噛んだ時の接触点が青い点です。

理想的なかみあわせは、「カチカチ」噛んだ時に奥歯が、左右に「ギリギリ」した時は犬歯が、前方に顎を出した時は前歯が接触し、「他の歯は接触しません」

ギリギリした時に奥歯が当たっていると、「痛み」につながります。
痛みの種類はジーンとする、ズーンとするような痛みです。「噛めないことはないが、噛みたくない痛み」、鈍痛を強く感ずるようです。

本症例では、装着されたメタルインレーが「ギリギリ」した時のみ接触していました。
これでは痛むはずです。

青い接触点は必要ありません!

このような症例では、痛いからといってすぐに神経の治療(=根管治療)をするのではなく、痛みの原因を特定するために、まずは適切な噛み合わせに調整することが大切です。

調整は、青い接触点のみ削り調整します。

患者様には調整後、しばらく経過をみてはいかがでしょうか?とご説明させていただきました。

もし痛みが無くならなければ、痛みの原因は「深いむし歯」にあることが判明します。その際は、可能であれば「神経を残す治療」を施しますが、神経(=歯髄)が感染により死んでいる(=歯髄壊死)場合は、根管治療が必要となります。

根管治療が必要か否かを「症状」から推測するには?

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。