MTA 神経残す 噛み合わせ 違和感痛み (都内港区新橋内幸町虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科)

下奥歯にときどきの痛みと違和感を感じ、心配になり当院を受診された患者様。以前よりかみあわせにもご心配を抱えていたため、「歯ぎしり、くいしばり」を原因とした違和感や痛みではないか?と感じていらっしゃった様子。当院でも同じく、かみあわせによるものでは?と推察しておりましたが、痛みが続くため、今回の治療となりました。上動画はその治療の様子です。深いむし歯の治療の際、当院ではどのように治療を行っているのか?を見て頂くことができます。ご参考になれば幸いです。

口内を拝見すると、着色したコンポジットレジン(プラスティック樹脂)が詰めてありました。当院のデジタルレントゲン写真では、一見何もないように見えますが、よーくみると、樹脂が神経に至るまで詰めてあるのがわかります。

深いむし歯治療では、ラバーダムが不可欠です。むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であるため、治療中に唾液が患歯に混入することは、再感染の機会を与えるばかりでなく、治癒を阻害しかねません。当院では必ずラバーダムを装着し治療に臨みます。治療の際は、歯面を洗浄消毒します。

齲蝕検知液を使用して、マイクロスコープでみながら、むし歯を取り除きます。むし歯は神経(=歯髄)のある根管にまで至っており、神経は感染により一部壊死していました。
神経が壊死していたり、神経の炎症が強い場合は、神経を残すことはできません。神経の状態を観察することのできるマイクロスコープは、神経を残す治療に不可欠な治療機器です。当院ではマイクロスコープを2機設置、治療に臨んでいます。

通常であれば、露髄(むし歯が神経に至ること)した時点で「根管治療(根っこの治療、神経を取り去る治療)」となるのが従来の方法でしょう。
当院では、可能であれば根管治療をせず、神経を部分的にでも残せるよう日々の臨床に臨んでいます。
本症例では、細菌感染して壊死した神経を部分的に取り去り(部分断髄といいます)、断髄部にMTAを貼薬しました。あとは1週間経過を観察し、症状がなければ、早々に精密なる補綴(インレー、クラウン)を装着し、治療後の2次感染を予防する予定です。

一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し、日々精進です。