スクリューリテイン インプラント

平成25年9月2日


インプラントスクリューリテインタイプの模型と口腔内のセット写真。

スクリューリテインとは、インプラントの上部構造(左下写真)をスクリュー(ネジ)で固定するタイプです。上部構造に穴が開いており、そこにネジを差し込み固定する。

製作に手間はかかりますが、メンテナンスしやすいのが特徴です。
宮崎歯科医院では、症例にもよりますが、可能な限りこの方法でインプラント治療を行っております。

スクリューを挿入する穴は、口腔内で樹脂により封鎖するため、目立ちません。

インプラントフィクスチャーの頬舌的な埋入位置、その深度も問題ないですね。

この症例は、ソケットリフトも併用しての治療。
治療期間が長くかかりましたが、無事終了。

患者さまも喜んでいただき、大変うれしい一時でした。

この状態をキープしつつ、今後とも、yさん、よろしくお願い致しますね!