トップページ > その他 > 破折ファイル除去 樋状根

破折ファイル除去 樋状根



左下第2大臼歯の再根管治療症例。咬合時の違和感と痛みを主訴に来院されました。
上記CT画像では、根管内に異物が認められます。歯の神経を除去する根管治療では、μ単位の細いヤスリ(ファイル)を使用して根管内の感染を除去しますが、しばしばその先端が根管内で折れてしまい、残存し、除去不可能となることがあります。

痛みの原因がそのファイルの場合、除去の必要となります。
折れた器具の除去は必要か?につきましてはこちらをご参照ください。


CTとマイクロスコープがあれば、根管内の破折ファイル除去は5分程で終了です。破折ファイルの除去はそれほど難しいことではありません。


樋状根の根管形態は複雑です。湾曲しているため、通常のステンレススチールでは歯根に穴をあけてしまいかねません。ニッケルチタンファイルを使用して、解剖学的形態を壊さぬように、根管内を清掃します。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。