トップページ > カテゴリー '院長ブログ'

院長ブログ

オールセラミックスインレー 



歯の神経深くまで進行していたむし歯の症例。オールセラミックスインレーをセットしました。「インレー」とは歯の一部分を削り取り、かたどりして作る修復物のことをいいます。メタル、コンポジットレジン(=プラスティック樹脂)、ハイブリッドセラミックス、オールセラミックス、銀合金、アマルガム(←これは水銀を含むため現在使用しません)などの様々な素材があります。オールセラミックスは、物理的にも化学的にも安定した素材、透明度もあり審美性にも優れています。

神経深くまで進行していたため、まずは神経を残す治療を行いました。ラバーダムを装着して神経深くのむし歯を治療します。

処置後に痛みなどの不快症状がないか?1週間ほど経過を観察したのちに、再度削り直して型どりです。






ゴールドインレー(つめもの)



古くなってしまった銀合金のつめものを外してやり直した症例です。むし歯は深かったため、処置中に唾液が混入しないようにラバーダムを装着して神経を残す治療を行いました。(←詳細は右写真をクリック、ご参照ください)

その後、痛むこともなく経過は良好。可能かな限り「歯を削る量を少なくする」ために、金合金を用いて治しました。

オールセラミックスハイブリッドセラミックスは、審美性に優れ、化学的に安定性の高い治療ではありますが、ある程度の「切削量(歯を削る量)」が必要です。削る量が少ないと、色の再現性や強度に不安が残り、割れてしまう症例をしばしば見受けられます。

金合金の展延性(軟らかく伸びる性質)や切削量を少なくすることができるゴールドインレー。メタルを使用しない現代歯科治療では時代遅れ?かもしれませんが、当院では素晴らしい治療成績を残す治療法です。



そのような場合は、切削量を少なくできる金合金を用いた治療を行います。奥歯であれば審美性よりも、機能性(噛む力に対抗できる強度)が大切です。

できるだけ歯を削らない、きめ細かな徹底した治療で歯の神経を残す・歯を残す治療を当院では心掛けています。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

抜歯と同時にインプラント



インプラントの隣の歯が揺れてきたので来院されました。拝見すると、歯根は真っ二つに折れています。残念ではありますが、放置はできません。抜歯と同時にインプラント治療をすることとなりました。

本症例の患者さまは以前にもインプラント治療を当院でされていることもあり、かみあわせやインプラントへのご理解がありました。治療期間の短縮・痛みの軽減・周囲歯槽骨の保存を考慮して、抜歯即時インプラント手術となりました。



インプラント治療にはCTが必須です。下顎臼歯にインプラント埋入する際には、骨内にある神経に触れないように(神経とインプラント距離を最低2mm確保)する必要があります。当院では、術前に必ずCTを撮影し、埋入するインプラントフィクスチャーサイズを選択します。紫色で示した神経をCT画像上に明示することで安心確実なインプラント治療が可能となります。以下に実際の手術中の写真をご提示します。


当院のすべての治療・手術は、無痛麻酔・無痛治療です。抜歯前に歯科衛生士による徹底したクリーニングを施してからの手術です。抜歯即時埋入手術では、可能な限り周囲の歯肉を傷つけずに丁寧に抜歯します。そうすることで、術後の痛みが軽減されるとともに、治癒の促進にもつながります。抜歯して出来た穴(抜歯窩)に、インプラントフィクスチャーを埋入設置します。不要な骨削除処置がないため、術後の痛みが軽減されます。



インプラント
フィクスチャーを埋入する際に使用する専用器具「インプランターネオ」を使用して低速で丁寧にインプラントフィクスチャーを骨内に埋入設置します。当然ではありますが、まったく痛みはありません。骨が治りやすいように、人工骨(β-TCP)やテルプラグなどの追加処置を加えて手術は終了です。時間にして20分くらいでしょう。(抜歯即時インプラント手術の流れにつきましてはこちらをクリックご参照ください)

インプラント治療は、根管治療やむし歯治療(冠やブリッジ)などの歯科一般治療と比較して、患者さまの負担(治療時間、治療回数・来院回数)のとても少ない治療法です。

いつでもご気軽にご相談下さい。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


根管治療 フィンの除去 


上顎小臼歯の根管治療症例。ラバーダムをして根管治療中に唾液が混入しないようにします。マイクロスコープで観察すると、神経は2つ(2根管)(黄色の矢印)認められます。

このような根管治療は、むし歯の細菌が歯を溶かしながらの内部深くに進行し、歯の神経にまで至るため必要となります。

感染してしまった神経を徹底的に取り去ることが必要です。神経の数は歯によってさまざま。またその神経は分岐し複雑な形態を示します。この歯には神経の管(=根管)が2つ認められました。



CTを撮影することで、患歯を3次元的に診査することが可能です。CT撮影検査の結果、2つの根管の先は1つにまとまっていました。そのため、つながっている部分に感染が残っていると、再治療の原因となるため、マイクロスコープにて慎重に根管内をキレイに削り取りました。洗浄液を使用して超音波洗浄し、洗浄後は残った液を細いノズルで取り除きます。


さらに根管内を滅菌したガーゼで乾燥させます。術前の2根管は実際は1つの根管であったことが右写真よりわかります。こういった治療は、マイクロスコープによる観察があってこその結果といえるでしょう。


術前・術後のマイクロスコープ写真です。2根管が真ん中でつながった1根管であったことがわかります。根管治療は何度も繰り返すことで成功率が下がります。1度目の根管治療を徹底することで成功率が上がります。ラバーダムマイクロスコープの使用が望まれます。当院では保険・保険外に関わらずラバーダムマイクロスコープを使用しています。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

歯を抜かない MTA


以前に根管治療をした銀歯に、噛んだ時の違和感と痛みがあり来院されました。

根管充填は不十分で、再根管治療をしてみると、歯根に穴があいていました(黄色点線で囲まれた部分)。

適切な根管充填・根管治療とは?

ラバーダム装着した上で適切な根管治療を行い、穴の開いた部分にはMTAを塗布します。3年経過後のレントゲン写真が右端です。歯槽骨内に在った病巣は無くなり治癒していました。

根管治療を繰り返したり、不適切な根管治療により、歯根が壊れたり穴があいてしまうことがあります。このような症例では、MTA治療が有効です


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

型どり


歯科治療では、細菌感染してしまった歯(むし歯)を削りとり、削り取った部分をかぶせもので補い治します。

口内の病気である「むし歯・歯周病」は、唾液中に存在する細菌の感染症です。この細菌は、空気の少ないところで感染力を高め、小さな隙間に入り込んで感染を拡げます。そのため、かぶせものには「ミクロン単位の精度」が必要となるのです。

隙間のあるかぶせものや詰め物、時間の経過と共に欠けてしまう・すり減ってしまう、また化学的に変質してしまう素材は、口内のかぶせものや詰め物の素材として不向きです。

かぶせものを製作する際には「型どり」が必要です。
その精度を高めるために、「歯肉圧排」という作業をします。これは、歯と歯ぐきの境目を明確にするとても大切な治療法です。明確にした後は、シリコーンで型どりをします。シリコーンは微細な隙間まで入り込み、明確に再現して型どりすることができます。

保険診療での型どり材料は、アルギン酸と寒天。ある程度の型どりは可能なのですが、残念ながら、寸法精度と物性がシリコーンに比べて劣ります。

患者さまにとって、保険治療と保険外治療の違いはわかりづらいものです。「歯を白くセラミックにできるか?銀歯か?」くらいの違いでしょう。

治療1つ1つのステップに妥協をしない。当院の保険外治療です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

インプラントブリッジ 抜歯即時



右下インプラント(青矢印)の手前の歯(黄色矢印)が2本とも折れてしまい来院されました。痛みはそれほどありませんが、歯ぐきが腫れており、固いものを噛むと痛みを感ずる程度でした。この3本を固定してしばらく経過を観察してみてはどうですか?とご提案しましたが、放っておいても治らないならばしっかりと治しておきたいとの強いご希望を頂き、黄色矢印の歯を抜歯すると同時に右の黄色矢印にインプラントを埋入する「抜歯即時インプラント手術」を行うこととなりました。まずはCTによるインプラントシミュレーションです。安全を第一にインプラント手術を行うにはCT完備が必須です。


手術中のお写真です。かぶせものを外して丁寧に抜歯します(黄色矢印の歯を抜歯)。抜歯してできた穴にインプラントを設置します。抜歯とインプラント手術が同時におこなえることで、治療期間の短縮と手術回数の軽減、また骨削除量が少なく小さな侵襲でインプラント手術を行えることから、痛みが少なく行うことできます。


手術後は、あらかじめ用意しておいた仮歯を装着します。これで見た目にも困らず、ある程度の食事は可能です。最終的には、以前に行ったインプラント(青矢印)を生かして、今回埋入したインプラント(黄色矢印)とつないだ「インプラントブリッジ」を装着する予定です。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。




抜いたまま放置しない 

(右写真をクリックして頂くと拡大表示されます)

右レントゲン写真をご覧ください。
上が健康な方。歯は中心から左右対称に7本ずつ、上下で28本です。8本目に生える歯が親知らずといいます。

下の写真が歯でご苦労を重ねてきた患者さまのレントゲン写真です。右上の第一小臼歯(向かって左の赤矢印の歯)がグラグラとしてきて来院されました。右下の歯は抜いたまましばらく経っているとのこと。左下のブリッジにもかなり負担がかかっており、ブリッジを支える赤矢印の歯には炎症が認められます。
本症例では右上のグラグラの歯は折れていたため抜歯となりました。今後も治療が必要となりますが、更なる抜歯、入れ歯?インプラント?の治療が必要となりそうです。

現代は軟食の時代。歯を失ってそのまま放置したところで、食に困ることはありません。しかし、軟食は大抵が「炭水化物、脂質」であることがほとんどのようです。そのため40代~60代の壮年期では、カロリー摂取が過剰となり、肥満ぎみになるようです。これが生活習慣病(糖尿病・高血圧・心疾患など)の原因となることは明らかです。また、歯を失うと「かみ砕く、かみきる」ことが困難となるため「タンパク質、緑黄色野菜などのビタミン類」の摂取が困難となります。必要な栄養が摂取できず、カロリー過多になりがちです。

ストレス過多の現代では、くいしばって仕事を頑張っている方がほとんど。その力はガムを噛むときの数十倍の力でかみしめています。歯を失い放置することで、残っている歯に過剰な力がかかり、歯を失うという「欠損ドミノ」に迷い込んでしまいます。

1つの歯を失い、ブリッジをした時、両側の歯には1.5倍の力がかかることになります。1つの歯を失うことで、反対側の歯に負担がかかっています。

抜いたまま放置しない。しっかりと治療することで、これ以上歯を失くとなく美味しく楽しい食事が約束されます。

歯医者への通院は心配が伴うものです。抜かなくてはいけない?治療に時間がかかる?痛い?費用がかかる?・・・・早期の治療であれば、これらの心配事は小さなもので済みます。ご相談ください、お力になれます。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。



根管治療 マイクロスコープ 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者


上顎大臼歯の再根管治療ラバーダムを装着してマイクロスコープで観察します。3倍拡大で、左の写真。肉眼の3倍拡大でもこの見え方。肉眼では見えません、勘に頼るしかない。当院では拡大鏡マイクロスコープで観察して治療しています、安心確実です。

ご高齢であったり、慢性的に長期間深いむし歯があった場合は、根管が細くなって見えづらいことがしばしばです。3根管あるはずですが、1つの根管のみ治療が為されています。未治療の2根管はどこか?これが腫れと痛みの原因です。20倍拡大倍率で慎重に根管を探します。適当に削ってしまっては穴をあけてしまいかねません。

青矢印の先に1つ根管を発見。もうひとつはどこか?CTも踏まえて次回トライです。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


抜歯してインプラント 東京虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者

歯ぐきの腫れを主訴として来院されました。噛んだ時の違和感と少しの腫れ。症状はこれだけです。

レントゲンで拝見すると、2つある歯根のうち1つが竹を割ったように真っ二つに割れてしまっていました。そこに、口内細菌が感染し、膿んでしまっていました。

縦に割れてしまった場合は、これ以上歯を支える骨(歯槽骨)をなくさないためにも早々の抜歯が必要となります。

抜歯後の治療法としては、ブリッジ・入れ歯・インプラント。患者さまは両側の健康な歯を削ることなく治療をしたい!とのご希望があり、インプラント治療となりました。まずはCTで精査です。



CTを撮影し、0.08mm刻みの精度を誇るCT画像上でインプラントシミュレーションを行います。インプラント治療には必須の診査です。患者さまとも相談し、治療期間・手術回数などを極力軽減できる抜歯即時インプラント手術」を行うこととなりました。



抜歯即時インプラント手術後のCT確認画像です。
抜歯してできた「穴(=抜歯窩といいます)」に、インプラントフィクスチャーを設置します。次第に隙間は骨で見たされ治癒します。自然治癒に任せた痛みの少ないインプラント手術です。当院では、通常のインプラント手術に加えて、抜歯即時インプラント手術も行います。治療期間を短縮し、手術回数を少なくした痛みのより少ない手術方法です。



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。