トップページ > カテゴリー '院長ブログ'

院長ブログ

根っこの治療 神経 根管治療 セカンドオピニオンン

他院にて専門医の受診を勧められた根管治療(根っこの治療、神経の治療)の1症例。上写真は、当院治療前のラバーダムした患歯の状態。仮に詰めてありますが、吸水性のあるセメントで封鎖材で封鎖しているために、根管内まで汚染した状態でした。

根管治療は歯の内部に進行した「唾液中に存在する細菌バクテリアの感染症」です。唾液が容易に入れる状況では、根管治療をしても意味がありません。ラバーダム装着後、治療前に2種類の消毒液を用いて歯の表面を消毒します。(治療前の消毒について



根管内の清掃は不十分でした。カリエスチェッカ―で染色するとむし歯の取り残しが認められました。
前医の先生も一生懸命に治療してくださったことと推察致しますが、肉眼での治療には限界があると言わざる得ません。マイクロスコープを診ながら徹底的に根管内をキレイにします。しかし根管内の排膿はとまりません。患者様は相当なる痛みがあったことでしょう。




この歯の根管は通常3つ~4つです。そのうちの2つの根管を清掃をすることで、そこからの排膿出血はとまりましたが、もうひとつの大きな根管からの排膿がおさまりません。写真は、エンドモーターを使用してニッケルチタンファイルで根管内を清掃している写真です。根管治療には適切なる「道具立て」が不可欠です。ラバーダムやマイクロスコープ、CTだけでなく、根管内を清掃する不可欠な治療器具を揃える必要があります。当院ではUCLA大学歯学部(University of California Los Angeles School of Dentistry)の卒後教育である根管治療プログラム(Endodontic Mentorship Program)に準じた治療コンセプトに基づき、適切な治療器具を揃えた上で治療に臨みます。

次亜塩素酸と音波器具を用いて根管内を洗浄消毒します。次亜塩素酸を細菌バクテリアに効かせるようにするために、根管内を清掃拡大します。感染した根管内に薬液を行き渡らせるには、350ミクロンから400ミクロンのテーパー06のニッケルチタンファイルが入るまで根管内を清掃する必要があります。ただし、歯根が強く湾曲している、また歯根が著しく細い場合には、そこまで太いニッケルチタンファイルを挿入し拡大清掃することができません。CTなどを精査した上で、治療に臨むことが必要となります。右上の写真は、次亜塩素酸消毒後の根管内の状態です。泡立ちがあることがわかります。これは根管内の消毒が不十分であることを示します。さらなる清掃、消毒が必要です。マイクロスコープや5倍拡大率以上の拡大鏡では、このような根管内の状況を読み取ることが可能です。


左写真は排膿していた根管から浸出液が排出されている状態です。根管内を徹底的に清掃することで、根管内の炎症状態は短い時間で改善されます。5分程の時間を置き、さらなる排膿と浸出液の排出を促します。洗浄消毒後は、洗浄液を徹底的に吸い出し、乾燥させ、水酸化カルシウムを貼薬します。根管内が長期にわたり感染した状況が読み取れる症例では、1週間の経過を観察します。次回はMB2の精査をしつつ、根管充填し治療は終了する予定です。



当院では根管治療が複数回にわたる場合、封鎖材の密閉性を維持するために3重で根管を封鎖します。
徹底した滅菌消毒処置が根管治療を成功に導きます。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


インプラント 虎ノ門 霞ヶ関 内幸町 新橋



左下奥歯のインプラント治療の症例。インプラント手術後、3か月後に型どりします。通常、次回にはインプラントの上部構造、つまり人工の歯が入りますが、当院では「+1ステップ」あります。写真はその時の写真、「メタルトライ」といいます

かたどりして精密のそのかみあわせを採得して模型上に口内を精密に再現します。その精度にはミクロン単位が必要です。
天然歯の周囲には「歯根膜」という感覚受容器があるため、30ミクロンほどの「遊び」が存在します。しかし、インプラントは「骨」に直接結合しているため、その遊びがありません。

メタルトライでは、以下の点をチェックし補正します。
・シリコン印象(かたどり)の誤差
・模型材の硬化時に生じる寸法誤差
・かみあわせの誤差
・型どり時の下顎骨の変形誤差
こういった多くの誤差を残したまま上部構造を製作すると、骨内に埋め込んだインプラントフィクスチャーにひずみを加えるだけでなく、かみあわせにも問題を残してしまいます。天然歯以上にインプラント上部構造ではその「ミクロン精度」が問われるのです。

専門的な内容かもしれませんが、当院では治療のひとつひとつのステップを確実に診療を進めます。やり直しのない徹底した治療、当院の目標です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


 

 

歯が折れた 抜歯 その後どうする?



上顎の奥歯(6番目、第1大臼歯)の根管治療をすべく、銀合金のかぶせもの(インレー)を外しました。この歯の歯根は3つ。その中に根管(神経)は3つ~4つです。術前のレントゲンからも根尖病変の大きさは認められました。実際外してみた状態が下の写真です。



術前の歯周病の検査にて、その病変の大きさは推測しておりましたが、内側の歯根が割れてしまっていました。そこから感染が拡がり、周囲の歯槽骨を大きく溶かしていました。患者様に提案し、CTを撮影。その根尖病変の大きさを把握した上で、今後どのように治療計画をたてて進めていくかを話しあいました。

① 抜歯 ブリッジ
② 抜歯 メリーランドブリッジ
③ 一部抜歯 連結ブリッジ(ルートアンプテーション)
④ 抜歯 その後ソケットリフトあるいはサイナスリフトしてインプラント
入れ歯(スマイルデンチャー)


治療計画は多岐にわたります。それによって、次なる「適切な」治療法は異なります。
患者様のご希望に沿った治療法を、患者様と共に悩み、選択します。

歯医者が提案する治療法が、患者様にとって必ずしも「最高」とはなりません。
最高でなくても、最善となる治療を!当院の目標です!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。




マイクロスコープ オールセラミックス 審美 根管治療



当院にて再根管治療、歯根端切除術後にオールセラミックスにて機能回復した1症例。マイクロスコープを用いて施術することで、審美・機能両面において優れた回復を見せた1症例。当院では徹底した診査診断で日々の臨床に取り組んでおります。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


根っこの治療 神経の治療 何回で終わる?


他院にて数年かけても治らなかった根管治療症例。根管治療とは、俗に「根っこの治療」「神経の治療」と呼ばれています。何度も何度も数カ月にわたり通院することがほとんどと聞きます。本症例も同様に数年にわたり通院されていた患者さまの上顎大臼歯症例。

治療とは、「原因の除去」と「環境の改善」です。問題を解決するには、その原因を突き止めて解決し、再発しないような環境づくりをする。これが問題の解決につながるかと思います。歯科治療も同じ。適切な診査の上。原因を突き止め、治療をし、再発しないように適切なクラウンなどをかぶせて治療を終了する。たったそれだけです。適切な治療計画に基づき、1つ1つの治療ステップを妥協なく進めることで、治癒へ向かいます。


なにか難しい技術や知識があるわけでもなく、淡々と治療することで治癒へ向かいます。本症例は2回の根管治療で終了です。「数年にもわたり治らなかったのには、僕にはわからない何か?あるのかな??」と自分を疑いつつの治療(笑)でしたが無事終了。

原因としては「むし歯の取り残し」。肉眼では見えなかったのかもしれません。

当院ではすべての治療において拡大視野のもと治療に臨みます。見えないなんてことは、ありません!

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


マイクロスコープ 審美歯科 オールセラミックス


再根管治療およびインプラント治療を主訴として来院された患者様。インプラント治療をしつつ、待期期間に前歯部の再根管治療と歯根端切除術を行いました。1回あたりの施術時間を長くいただけるとスムーズに治療が進行します。予約もキャンセルなく必ず来ていただける、そしたお口も長時間しっかりと開いていただける。施術者としては大変ありがたい患者様、淡々と通院していただき治癒へ努力される姿勢には頭の下がる思いです。。

上写真(左)は、ファイバーコアおよび仮歯が装着された状態です。

上写真(中央)は、「歯肉溝」にシルクの糸を巻き込んだ状態です。
オールセラミックスをかぶせる際、その境界を「歯肉溝内」に設定します。
⇒その設定位置についてはこちらをご参照ください


歯肉溝内に設定位置を設けることで、審美性の高いオールセラミックス治療が可能となります。上写真(右)は、シルクの糸を巻き、その境界を明確にした後に外し、歯の形を整えている状況です。大変細かな作業のため、当院ではマイクロスコープや10倍の拡大鏡を使用して歯を削り、形を整えます。この際、歯は「適正量」削ります。当然削りすぎはよくありません。しかし削らないのもさらに良くない。かぶせるオールセラミックスの厚みが薄くなってしまい強度不足につながってしまったり、オールセラミックスが厚く張り出てしまい、歯肉に問題を起こしたり、審美性の改善が不十分となってしまう恐れがあります。適正に「削る(形を整える)」必要があるのです。



歯の形を整え終わったら、再度シルクの糸を巻きます。この作業を「圧排」といいます、とても大切な治療ステップです。シルクの糸を巻きしばらく時間をおいた後、再度外して型どりをおこないます。



型どりには患者様に合わせたカスタムトレーを製作し、シリコーン材料で型どりします。オールセラミックスの製作には「精度」が重要です。一つ一つのステップに妥協なき施術が必要となります。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

インプラント 虎ノ門霞ヶ関新橋



数年前より当院を受診して頂いている患者様の1症例。

左下の奥歯(上レントゲン写真の黄色矢印)を失いそのままとしていた患者様。もともと噛む力がとても強い骨格をされていることもあり、負担のかかる歯の「やり直し治療」を繰り返されていました(上写真赤矢印)。

上レントゲン写真を診て頂くとわかる通り、奥歯しか治療されていません(レントゲン上に白く写ったかぶせもの)。もし、むし歯になり易い方ならば、唾液中にむし歯の菌が多いため、全部の歯に処置した跡があるはずです。つまり、この患者様が治療に至る原因は「かみあわせ」。強い咬合力を持つがゆえに、歯が欠けて治療に至るというのがこの患者様の病因なのです。

右上写真は1年前と来院時のレントゲン写真の比較です。赤矢印の歯根が折れているのがわかります。すべての患者様で言えることではありませんが、噛む力の強い方は、抜いたまま歯を放置することで、残っている歯に負担がかかり、このような結果を招くことが多い実感があります。残った歯の負担を軽減するインプラント治療は歯に優しい治療といえます。


折れた歯を抜歯後に患者さまのご希望もあり、インプラント治療をすることとなりました。抜歯後3カ月に行いました。抜歯の際に歯槽骨を失わないようにソケットプリザベーションを行ったことで、歯槽骨は再生されていました。写真は術後のCT画像です。術前のCTシミュレーション通りの結果が得られています。
今後は2~3カ月後に2次オペを行い、3~4か月後には治療を終了する予定です。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 


神経を残す 神経をとらない治療



かぶせものの縁が黒くなってきたこと、セラミックの歯の色があっていないこともあり、再治療をすることとなりました。
かぶせものを外してみると、以前むし歯が深かったことが伺えます。従来、むし歯が深い場合には、「セメント」と呼ばれる材料でその部分を覆い、かぶせたあとでも冷たいものなどが染みづらくする処置がされます。この治療の際、治療部位への唾液の混入であったり、水分の流入がなきようにすることが不可欠です。そのため、「ラバーダム」を使用して患歯を隔離したのちに治療することが大切です。本症例では、以前そのような「ラバーダム」を用いた治療が為されていなかったこともあり、徹底して当院にて治療するためにラバーダムを装着することとなりました。

上写真は、口内カメラによる画像です。本症例ではマイクロスコープではなく、肉眼の10倍の拡大鏡を装着し、治療に臨んでいます。




ラバーダムを装着し、齲蝕検知液を用いて齲蝕(むし歯)を染色し丁寧に慎重にむし歯を除去します。除去後は、水酸化カルシウムを貼薬し周囲をコンポジットレジンにて硬めます。「コンポジットレジン」は水を介在することで硬化が鈍くなるため、このようなラバーダムが効果的です。



処置後は仮歯を製作して治療は終了です。これでしばらく経過を観察し、問題なければ再度歯の形を整え形成(削る)し、型どりします。
当院では徹底した治療を心掛けています。一生に一度の治療、当院の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


マイクロスコープ 根管治療 いつ治る?


複数の歯科医院を経て当院を受診された患者様。上顎大臼歯の根管治療を数年にわたり続けいるが一向に治らないとのこと。「膿んでいるので消毒しましょう」を繰り返して数年間、この期間、患者さまのお心持ちとしたら計り知れないものです。察するに余りある。
〇 何度通っても治らない
上写真は、初診時のレントゲン写真と根管内のマイクロスコープ画像です。ラバーダムを装着し根管内を診ると、排膿と出血が認められました。齲蝕検知液を使用して齲蝕(むし歯)を染色すると、むし歯の取り残しが認められます。「数年間も何をしていたのか…」患者様を思うと切なくなります。
肉眼では根管内を精査することは困難です。おそらく拡大鏡やマイクロスコープを使用せずの根管治療だったのでしょう。



術前にCTを撮影させて頂きます。上顎大臼歯では近心頬側根のおけるMB2イスムスを疑い治療する必要があります、CTはその鑑別に有用です。
〇 MB2とは何か?
〇 イスムスとは何か?
髄床底を整理した上で、汚れた根管内を拡大清掃します。次亜塩素酸が効きやすくなるように、06テーパーのニッケルチタンファイルを使用して#40(400ミクロン)の大きさまで根管を拡大します。その後は次亜塩素酸とEDTAを適切に使用して洗浄消毒します。「ラバーダムを使用せずに、長期間にわたり根管治療をしていた」ことから、根管内の象牙質内に細菌が潜伏感染している可能性があります。EDTAを効かせた後に、水酸化カルシウムを念のため貼薬し本日の治療は終了です。時間にして1時間ほど。次回で根管充填して根管治療は終了です。
治療の目的は、「原因の除去」。つまり細菌バクテリアの徹底駆除。それが為されるのであれば1回でも治療は終了します。感染の機会を与える複数回の根管治療は必要ありません。適切なコンセプトに基づき、適切な診断の上に行った根管治療で、治癒が得られないのであれば、更なる先への治療が必要となります。歯根端切除術であり、抜歯であり、インプラントでしょう。

〇 歯根端切除術、なぜ必要か?

当院では適切な道具立てのもと、適切なコンセプトに基づき根管治療を行います。一生に一度となる治療を目指す、当院の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、内幸町、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


歯を削る マイクロスコープ



歯を削りクラウンをかぶせる際には細心の注意をはらい慎重に削り形を整えます。
歯と歯ぐきの境目には「溝(ミゾ)」があります。これを歯肉溝といいますが、その溝の深さは健康な方で1~2mmほどです。歯周病(歯を支える組織である歯ぐきが腫れて骨が溶ける病気)が進行すると、この溝は「ポケット」のように深くなります。4mm以上に深くなった歯周ポケットの状況を歯周病といいます。

歯周ポケットと歯周病の進行状態についてはこちらをクリックご参照ください。



歯を削りかぶせる際、まずは歯周病を完治させた上で、かぶせる治療(=補綴治療)に臨みます。健康な方の歯肉溝は1~2mmといわれていますが、詳しく文献を紐解くと、上記の0.69mmと≒1mmという文献が代表的なものといえるでしょう。そのため、当院で歯を削る際、この0.69mm~1mmという数値を目安に、個人個人の歯周組織の深さと厚みを考慮して(Maynardの分類およびKoisの分類)、歯を削ります。

この原則に従い歯を削れば問題は起こりません。しかし、この範囲を逸脱した位置のクラウンの境界を設定すると、歯ぐきは痩せ、黒くみえてきたり、そこから歯周病やむし歯が再発することがあります。慎重かつ丁寧な配慮が必要となります。(写真はインターネットより引用させて頂いております)


マイクロスコープや拡大鏡を用いることで、その設定位置を明確に設定することが可能です。症例は下顎に義歯を新しく製作する患者様の左下第一小臼歯と犬歯。入れ歯を引っ掛ける歯の再補綴治療です。今後負担のかかるだろう2本の歯の補綴には注意に注意をかさて治療が必要です。いずれは残っている歯に負担のかけない「インプラント治療」も必要でしょう。マイクロスコープで診ることで、これだけ明瞭に歯・歯周組織の状態を観察することができます。


精密なかぶせものの製作(補綴治療)には、精密に再現された模型、そのためには精密な型どりが不可欠です。歯肉溝にシルクの糸を巻き型どりすることで、精密な模型を製作することが可能です。


精密な型どりの後には、適切に調整した「仮歯」を製作し装着します。治療期間中、削ったままでは見た目も悪く、食事もできません。またせっかく整えた「歯と歯ぐきの関係」を維持するためにも「仮歯」は非常に大切です。

当院では再発のしない、徹底した治療を目指し、日々の臨床に取り組んでおります。やり直しのない人生で1度で済む治療。当院の目標です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、新橋、内幸町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。