トップページ > カテゴリー '院長ブログ'

院長ブログ

根管治療 虎ノ門霞ヶ関 マイクロスコープ



当院
では根管治療マイクロスコープを必ず使用します。保険治療・保険外治療に関わらず、必ず使用します。

上記症例のように、上顎大臼歯の近心頬側根(3歯根のうちの1つ)には必ずといっていいほど2根管(MB2)を示します。

(MB2についてはこちらをクリック)

しかし、他院より再根管治療依頼で来院された患者さますべてが1根管しか治療されていません。仕方がありません、肉眼では見えないのです。

当院ではマイクロスコープCTを駆使して治療に臨んでいます。

ちなみに、根管治療の際は、ラバーダム必須です。
開腹手術をするなら滅菌消毒されたキレイな手術室で行うのと同じ。唾液の中には細菌が潜んでいます。根管治療は、歯の内部に感染した細菌を除去するのが目的です。ラバーダムは必須です!






―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


無痛 インプラント 虎ノ門霞ヶ関

左下2本を失いインプラント治療のご希望の患者さまの症例です。

術前にサージカルガイドを製作し、装着した上でCT撮影を行います。

インプラントはインプラントフィクスチャーのポジショニングが大切です。


最終的な仕上がりを模型上で想定して製作します。そこからサージカルガイドを製作し、そのガイドに従ってインプラントフィクスチャーを埋入することで、審美的にも機能的にも安定した仕上がりとなります。



CT撮影と画像解析により、術前に骨幅や骨質、厚み深さなどの3次元情報を把握することで安心確実なるインプラント治療が可能です。当院ではCTを常設しております

術前、術中、術後の口内写真です。

当院の手術は無痛麻酔・無痛手術です。インプラント手術と聞くと、みなさん「痛い?」と連想されますが、手術中に痛みはありません。安心して治療に臨んでいただけます。





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

根管治療 マイクロスコープ

他院にて1年以上にもわたって根管治療するも痛み・違和感が消えずに当院を受診されました。

症状は噛んだ時の違和感と軽度の痛みです。腫れたり、ズキズキしたりすることはありませんが、いつも違和感がとれないとのこと。

レントゲンでは大きく曲がった歯根が写っています。
一見、十分な根管治療根管充填が為されているようにみえますが、レントゲンは概略を把握するには優れていますが、像が重なるために詳細なところはみえません。

当院のCTにて精査することとなりました。



がった根管をCTで精査します。曲がりが強いとステンレスの根管治療器具(ファイル)では先端まで十分に治療できないことがあります。そのため、当院ではステンレスとNi-Ti(ニッケルチタン)のファイルを使い分けています。
CTでは様々な方向から精査することができます。上写真より、先端まで根管治療が十分に為されていないことがわかりました。


ラバーダムを患歯に装着し、治療中に唾液が混入しないように配慮します。赤色矢印の先に光るものがあります。マイクロスコープと超音波チップで慎重に丁寧に除去します。前医での根管治療の際に折れたステンレススチール製のファイルであることがわかります。除去することで、初診時の痛みは一気に軽減しましたが、まだ違和感が残っています。


根管治療をさらに進めます。
赤色矢印の先にある穴が前医の器具が刺さり出来た穴です。黄色矢印が本来の根管。この本来の根管をキレイにすると、痛みはなくなりました。出来た穴を塞ぐには、通常用いる根管充填材では不十分です。MTAという薬剤で封鎖します。これで痛みと違和感がなくなります。

当院ではCT、ラバーダム、マイクロスコープを使用して根管治療に臨みます。撤退した診査と治療で痛みをなくします。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


抜歯してすぐインプラント すぐ仮歯


右上犬歯が縦に割れてしまい抜歯が必要となった症例。両隣のオールセラミックスを外してブリッジで治す選択肢もありますが、患者さまは「抜歯即時インプラント手術+骨再生+同時仮歯装着」をご希望。

まずはCTにて術前診査とインプラントシミュレーションです。インプラント治療にはCTは不可欠。骨量、骨幅を精査した上でインプラント治療に臨みます。



左写真は抜歯後すぐにインプラントフィクスチャー(人工歯根)を埋入した状態。当院は無痛麻酔・無痛治療。治療中は全く痛みはありません、安心して手術を受けていただけます。インプラント手術では、インプラントフィクスチャーのポジショニング(歯槽骨内のどの位置・方向に埋入するか?)の良否が、長期的予後・審美性の改善を左右します。本症例では、頬側の歯槽骨に一部裂開(骨が一部的に喪失してしまっていた)があったため、抜歯と同時にインプラントを埋入しつつ、骨を再生する処置を行いました。同時に行うことで、骨を温存・再生し、手術回数を減らし、治癒期間を短縮することが可能となります。
(抜歯即時インプラント手術の治療の流れはこちらをご参照ください)


インプラントの仮歯を装着した状態です。仮歯はスクリューリテイン方式(取り外しが簡単)。この仮歯を利用して、審美的に優れた「周囲歯肉」を作り上げます。

歯を削ることのない、抜歯と同時に即日歯が蘇る「抜歯即時インプラント手術」
歯に優しい治療といえるでしょう。

当院の抜歯即時インプラント手術の他症例は、こちらをクリックご参照ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


東京虎ノ門霞ヶ関インプラント



本症例は、左下奥歯を抜歯。数カ月待ってから通常のインプラント手術。その後、インプラントが歯槽骨に結合する期間3カ月ほど待った後に型どりして、上部構造をセットしました。
上部構造はメンテナンスのし易いセメントリテイン方式。長くかかりましたが、これで美味しくお食事できそうです。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

歯根端切除術からブリッジ治療へ

黄色矢印の歯が折れてしまい来院。一つ後ろの歯は欠損しており、そのまま放置した状態だったため、黄色矢印の歯に負担がかかり折れてしまったのでしょう。

患者さまと相談して保険の範囲内で治療すべく、ブリッジで治すこととなりました。ブリッジを支えることとなる赤矢印の歯を再根管治療! しかし赤矢印の先には根尖病巣があります(近心頬側根)。再根管治療+歯根端切除をおこない、右写真は術後6カ月。痛みもなく、根尖病巣も消失。経過は良好です。患者さまも一生懸命ブラッシングしてくれるのでホントありがたい。定期的にかみあわせもチェック。とてもいい状態です!



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


マイクロスコープで診る

マイクロスコープを使用することで、安全・確実なる治療が可能です。

当院では、根管治療だけでなくすべての治療において、マイクロスコープや拡大鏡を駆使して治療に臨みます。

右写真は左下第一大臼歯の根管治療症例です。この画像で肉眼の3倍拡大。こと根管治療においては、肉眼では見えていないに等しいです。



下顎大臼歯の根管内を診るためには、写真のように、口腔内ミラーを介して観察します。ミラーは上下逆に映るため、マイクロスコープを使用した治療には”経験”が必要です。

肉眼の8倍拡大の画像です。肉眼では経験と勘に頼らざるえない根管治療。マイクロスコープでその情報を患者さまと共有しつつ治療を進めることが可能です。4根管(4つの神経)が観察されます。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


オールセラミックスインレー かみあわせ



右下第1大臼歯、奥から2番目の歯のむし歯治療。
歯と歯の間がむし歯になっているために治してほしいとのご希望より治療しました。
むし歯を削る前に、必ず「噛み合わせ」をチェックします。
カチカチした時が赤の点、ギリギリした時が青の点。このチェック、とても大切なんです。 むし歯を除去した後はシェードテイク。歯の色合わせです。撮影した画像をメールで技工士さん送ります。



術前・術後の比較写真。適合性(ぴったり合っているかどうか?)は良好。これ大切。審美性も問題ないのではないでしょうか。他症例は、右ボタンをクリックしてご参照くださいね。

やり直しのない徹底した治療、当院の目標です。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


根管治療 マイクロスコープ



根管治療に限らず、マイクロスコープを使用して診療することが多くなりました。裸眼・肉眼では見えないところが見えることで診査・診断の精度が向上します。



日々の臨床で、マイクロスコープの効果は絶大なるものです。左写真は肉眼の3倍拡大。肉眼ではこの3分の1に見えるということ・・・つまり肉眼では見えていないといえるでしょう。見えていなくても、経験と知識で何とかなったのが以前の医療ですが、現在ではそうはいきません。上記症例では差し歯が外れての来院。マイクロスコープと染色液で観察すると、歯が折れていることが分かりました。患者さまと相談して近々に抜歯即時インプラント手術の予定となりました。



再根管治療の症例。近心頬側根の根尖が以前の治療により破壊、膿んでいました。根管内を徹底清掃し、破壊された根尖にMTAセメントを貼薬。MTAセメントは生体親和性が高く、水酸化カルシウムを長期的に放出し、生体を治します。


上顎小臼歯の根管治療症例。上顎前歯の歯根は1本ですが、後方に行くにしたがい、噛む力を支えなくてはならないことから、歯根が2つ・3つと増えていきます。上顎小臼歯はその移行期の歯。そのため、歯根が2つだったり1つだったり。またその中にある根管も1つだったり2つだったり、つながっていたり。つながっているのをフィンを言いますが、そのフィンを除去しないと痛みが改善されません。除去の際は、マイクロスコープとCTで安全に除去できます。フィンを除去してPUI。その後は水酸化カルシウムで1週間経過観察すると痛みは消失します。根管治療ではラバーダム必須です。

こんな感じの根管治療を日々行っております。ブログで根管治療を多く取り上げているからでしょうか?最近、根管治療の問い合わせが多い。根管治療の名医でも専門医でもないのに、結構な症例数(笑)。日々精進、がんばります!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


再根管治療 樋状根


他院にて根管治療をしたが、痛みがとれずにご紹介にて当院を受診された患者さま。

下顎第2大臼歯は、通常2根・3根管(2つの歯根に3つの神経)です。

この歯は、2つの歯根が癒合(くっついてしまっている)し、その中にある根管もくっつき「樋状」になっています。これを樋状根といいます。

樋状根の根管治療は難易度が高く、根管内の清掃が行き届かず、痛みや違和感が残ることがあります。

そのため、樋状根の根管治療では、マイクロスコープCTを駆使し、根管形態を明確に把握した上で治療に臨む必要があります。


前医の施した根充材を丁寧に除去します。根管治療中に唾液が混入することは、治療を阻害するだけでなく、再感染の機会を与えるため、ラバーダムは治療に必須です。マイクロスコープで見ながら徹底的に根管内をキレイにします。

根管内をキレイにした後は、薬液を使用してPUI(passive ultra irrigation=根管内を薬液にて超音波洗浄します)。その後は水酸化カルシウムを貼薬し、1週間根管内を消毒します。1週間後、痛みがなくなったことを確認し、広がっている根尖をMTAで封鎖します。


MTAセメントの硬化を数日待ち、その後、通常の根管充填を行い、根管治療は終了です。術前と術後の根管充填の写真を比べて頂くと、その違いがわかるかと思います。

以前は歯科医師の経験と勘に頼った盲目的な根管治療は、現在、ラバーダム+マイクロスコープ+CTを使用することで、「歯科医師の目でみてしっかり治せる」治療に進化しています。お困りの際はご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。