トップページ > カテゴリー 'その他'

その他

マウスピースについて 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科













ラバーダムについて 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科






むし歯は唾液中に存在する「むし歯菌」の感染症です。むし歯の治療では、感染して溶かされた歯を削り、感染を除去することが治療の目的です。

歯は3層構造。
象牙質表層のむし歯ならば問題ありませんが、深く進行したむし歯をただ削ると、治療中に唾液が歯の内部に混入します。

それにより、歯の内部へ細菌が感染し、治癒阻害するばかりでなく、再感染の可能性を高くします。










1965年のDr.Kakehashiの論文では、根管治療の成否の最初の分岐点は、無菌的処置を徹底できるか否かと書かれています。これは、根管治療にラバーダム防湿が必須であることを明らかにした論文です。他の文献では、
ラバーダム防湿ができないなら根管治療は禁忌であると記載されています。

ラバーダムは、例えるならば、開腹手術を「手術室」で行うことに似ています。
ラバーダムをしてから根管治療をするのは、手術室で開腹手術をすること。
ラバーダムをしないで根管治療をするのは、不衛生は部屋で開腹手術をすること。
あなたはどちらを選択しますか?



歯周病を治す インプラント? 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

ご紹介で当院のホームページをご覧になり来院いただいた患者さまの症例。

で歯がゆれていたため、テレビで宣伝していた歯医者さんを受診されたところ、「全部抜いてインプラントにしましょう! 」と説明をされ、なんとかならないものだろうか?!というお気持ちでの来院でした。

当院の歯周病診断基準に従い、治療法を選択します。できるだけ抜かない、自分の歯に勝るものはありません。

レントゲン写真と歯周精密検査の結果、歯周病は高度に進行していました。

抜歯が避けられない歯、治療によって治すことできる歯はどれか?(抜歯の基準とは?なにか?)

当院ではできるだけわかりやすく患者さまに説明することを心掛けています。

治療をするのは歯科医師ではありますが、実際受けるのは患者さまです。

歯科治療を山登りで例えるならば、山を登るのは患者さま。困難な治療であればあるほど、登山は困難を極めます。それなりの準備(時間、期間、費用)と心構えが必要です。我々歯科医院はお手伝い、登るルート(治療計画と治療方法)をしめし、お手伝いをさせていただく役割です。一気に頂上までヘリコプターで!という方法はありません。やはり患者さまのお気持ちが必要なのです。そのためにも、可能な限り明確な治療計画(登山ルート)
をたてて治療に臨むことは遭難をさけるためにも大切なのです。

本症例の患者さまは、周囲の歯に悪影響を及ぼす歯は早々に抜歯し、残すことのできる歯は、歯周外科治療や歯周再生治療を行い連結固定して残すこととなりました。インプラントはしません。

これから長い道のりではありますが、登山ルートは明らかです。治癒へという頂上目指して頑張りましょう!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


上顎前歯 抜歯即時インプラント 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科



右上前歯(黄色矢印)の歯が折れて当院を受診された症例の抜歯即時インプラント手術の症例報告です。

こんなとき、ブリッジにするか?インプラントにするか?とても悩むことでしょう。
(そんなときは、こちらをクリック!ご参考ください)

ブリッジ治療にはいくつかの問題点があります。 
「削ってつなげること」は、歯の負担をさらに大きくします。今後もこのようなことが起こらないようにするためには、インプラント治療がよいでしょう。


写真はかぶせものを除去した後の口内の状態です。歯は真っ二つに割れており、周囲は炎症を起こしていました。周囲の歯肉・歯槽骨を傷つけないように丁寧に抜歯しして、そのスペースにインプラントを設置します。通常のインプラント手術は、歯槽骨に穴をあけてインプラントを埋入設置します。抜歯即時埋入インプラント手術は、 歯槽骨に穴をあけることなくインプラント設置できることから、術後の痛みが少ない治療であり、手術回数・期間を大幅に短縮することが可能です。



アテロコラーゲンで傷口を覆い、痛みの軽減と治癒の促進を図ります。その後は仮歯を調整装着です。

仮歯はあらかじめ型どりをして模型をつくり、技工士に製作を依頼します。口内でさらに調整を行ったうえで装着します。しばらくはこの仮歯で過ごしていただきます。



術前術後を比較した口内写真です。審美的にも機能的にも遜色ない仕上がりです。
治療後の痛みは少なく、腫れることもありません。1週間後には抜糸をおこない、しばらくは1か月に1度のクリーニングとチェックです。

このまま約3~4カ月経過を観察し、埋入設置したインプラントが歯槽骨に結合するのを待ちます。3~4カ月後に2回目の簡単なオペを行い、その1か月後に型どり。2週間後には治療が終了です。

インプラント治療は、期間はかかりますが、通院回数は少なく、一般歯科治療に比べて患者さまの負担はかなり少ないものです。またインプラント治療の成功率も高く、98%以上と云われています。(当院の成功率はほぼ100%です)





―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


ホワイトニングで白い歯に!(虎ノ門ヒルズ歯科歯医者神谷町霞ヶ関)

むし歯治療(根管治療=神経の治療)をしながらホワイトニングを行い、本来の白い歯に蘇る。かぶせものを入れるならば、本来の白い歯を取り戻してからのほうがいいですね!

むし歯の治療はしたいけれど、歯も白く綺麗にしたい!と思っている患者さまは必見です。




20代女性、左下小臼歯と大臼歯に神経に至るむし歯で来院されました。このような深く進行したむし歯でもあまり症状が無い方もいらっしゃいます。症状がないからいいや!と放置しておくと、むし歯はさらに奥深くまで進行します、可能な限り早めに治療することが大切です。

本症例ではラバーダムの上、根管治療を行いました。その後はファイバーコアを植立し、歯肉圧排+シリコーン印象で型どり(かぶせものは精度が命!)です。治療期間中は仮歯を製作、安心して治療にのぞんでいただけます。

治療しながらも、その間にホワイトニングを行い、本来の歯の白さを取り戻します。

数カ月後には結婚式を控えたブライダルホワイトニングです。


当院では、豊富な症例をもつホワイトニングコーディネーター資格を有する歯科衛生士がホワイトニング施術を行います。(施術症例はこちらをご参照ください)


きれいになった歯の白さに合わせてハイブリッドセラミックスを製作し、セットしました。ハイブリッドセラミックスは見えづらい位置に一部金属を使用します。金属の使用は歯の削る量を少なくし、かぶせものに強度をもたせることのできます。

ハイブリッドセラミックスについてはこちらをご参照ください。




―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


かみあわせのチェックポイント

歯は四六時中つかっています。
「くいしばり」や「はぎしり」は、歯を消耗させます。

歯も使いすぎると、車のタイヤのように、または包丁の刃のように、すりへってしまうのです。すりへった歯、様々な悪影響を及ぼします。

よい上下の歯のあたり具合(接触関係)は、
・ カチッとかんだときに、バランスよく奥歯がかみあっていること。
・ ギリギリと動かしたとき、奥歯がかんでいないこと。

しっかりとかんだ時は「奥歯 」がかみあい、横にずらした時は「前歯」がかみあいます。こうすることで、かんだときの「力」を逃がしているのです。


皆さんはいかがですか?かみあわせをチェックしてみてください!(こちらをクリック)



宮崎歯科医院では、かみあわせの検査を定期的に歯科衛生士がチェックします。
いつでもお気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

ソケットプリザベーション 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

ただ歯を抜いてはいけません。その後の治療をどのようにするのか?
ゴールを決めて、歯を抜きましょう!ソケットプリザベーション、大切です!



50代男性。歯では大変ご苦労を重ねていらっしゃる患者さまが当院を受診されました。左上奥歯のブリッジが折れてしまい、その上の上顎洞にまで炎症が波及した状態。ここまで病状が進行すると痛みはなく、咬んだ時の違和感と多少の腫れ程度の症状となります。
放置すると、周りの骨がさらに溶けてしまいます。将来的にはインプラントをお考えということもあり、可能な限り歯を支える歯槽骨を温存、できれば回復させるべく抜歯と同時にソケットプリザベーションを行いました。ソケットプリザベーションとは骨を回復温存させる抜歯術です。



術前のCT画像です。黄色の矢印がブリッジを支える歯。通常この歯を支える歯槽骨は赤線の高さまであるのですが、歯根が折れて感染したことで、黄色の線まで歯槽骨は溶けて失われています。このまま普通に抜歯してしまうと、黄色の線まで歯槽骨はなくなり、薄っぺらい歯槽骨となってしまい、インプラント治療の難易度を上げてしまうことになります。可能な限り、赤線のところまで歯槽骨を回復してあげる処置、つまりソケットプリザベーションが必要となるのです。



ソケットプリザベーションは滅菌消毒された手術ユニットにて行います。術者は簡易ガウンを着用します。抜歯後に生ずるスペース(穴)にはβ-TCP(リン酸3カルシウム)という人工骨を補填し、膜(バイオメンド)で覆ったうえで縫合します。



ソケットプリザベーション
には様々な術式があります。本症例では丁寧な抜歯後に歯肉溝切開(黄色の線)で粘膜を開き、病巣を除去しつつ歯槽骨の形態を整えます。その後にβ-TCPを補填して膜を置いてから縫合します。骨が回復するスペースを作るためにも粘膜には減張切開を付与します。これにより術後に頬部に腫れが多少生じます。「腫れ」はその部位に血液が集まっているということです。つまり治癒が促進しているということ。腫れはとても良いことなのです。しかし過剰な腫れは痛みを伴うため、腫れのコントロールが必要となります。当院では、腫れをコントロールします。術前・術後にどの程度、どの時期にどのくらい、どこに腫れが生ずるか?をあらかじめご説明いたします。安心して手術を受けていただけます。ここまで説明させていただいた治療はすべて「無痛麻酔・無痛治療」です。ご安心下さい。

ソケットプリザベーションには術後多少の腫れを伴いますが、この腫れはあって然るべきであり、なくては困るものです。腫れることは血液が集まることであり、そこに骨・歯肉が再生してくれている証です。

抜歯をする前に、その後どのような治療を望むのか?によって、抜歯の手技・方法は異なります。抜歯する前にご一考頂けますようお願い致します。お気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


ハイブリッドセラミックス 審美歯科治療



ハイブリッドセラミックス症例は以下をご参照ください。

〇 30代女性 右上小臼歯(ホワイトニンク・精密な型どり)
〇 50代男性 右上大臼歯(ファイバーコアについて)
〇 30代女性 右上犬歯(歯肉圧排)
〇 保険と保険外治療の違いについて(精密な型どり・仮歯・ホワイトニング)
〇 30代女性 左上奥歯(遠方より来院 根管治療)
〇 40代女性 左下奥歯(インプラントと同時治療)
〇 50代女性 右下小臼歯 ハイブリッドインレー(つめもの)
(ハイブリットセラミックスとはなにか?はこちらをご参照ください)
〇 30代男性 上顎前歯 歯を削らないメリーランドブリッジ
〇 40代男性 右下奥歯 短期治療
(裏面メタル 根管治療からの治療手順について)
〇 20代女性 右下大臼歯
〇 20代女性 左下2小臼歯・大臼歯 ホワイトニング裏面メタル


宮崎歯科医院では右記のかぶせもの(補綴物)より患者さまに最適な材質を選択し治療に臨みます。

かぶせものに求められることは以下の3つでしょう。

① 物理的安定性
② 化学的安定性
③ 審美性


① 物理的安定性とは?
形が変わらないということです。咀嚼・嚥下・くいしばりなど相当な荷重が歯にかかります。すり減ってしまっては、次第に他の歯への負担を大きくしてしまいます。「形が変化しづらい、すり減りにくいこと」はとても大切な物性です。

② 化学的安定性とは?
変質しないということです。
口内は温度変化、酸性・アルカリ性食品などにより、変質・変性しやすい環境下にあります。そんな過酷な環境下にあっても「変質しないこと」はとても大切な物性でしょう。

③ 審美性とは?
人の第一印象に大きな影響を与える口元。歯はその大事なポイントです。「透明感のある白い歯」は、清潔・さわやか、そして健康的な印象を与え、好感と信頼感を感じさせ、笑顔に自信を持たせます。


ハイブリッドセラミックスの利点
・白い歯、審美性に優れる(奥歯の症例に向いている)
・すり減りづらい材質(歯ぎしり症例に向いている)

ハイブリッドセラミックスの難点
・金属を使用している
・オールセラミックスに比べて透明度に劣る(奥歯に向いている)
・すり減るためにかみあわせを維持しづらい(奥歯に向いている)

ハイブリッドセラミックスでは以下の症例に向いています
・歯ぎしりの強い
・奥歯
・白い歯のご希望




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 


上顎大臼歯の根管治療について 都内東京虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯医者



上顎の奥歯2本を手前から上顎第一大臼歯、上顎第二大臼歯といいます。上顎大臼歯には歯根が3つあり、そこに神経(根管)が3つあります。歯の神経にまで深くむし歯が進行すると、神経の治療(根管治療)が必要となります。

上顎大臼歯の根管治療は痛みが取れないことが多く、噛んだ時に違和感や腫れが治療後に残ります。その原因として、4つ目の神経(根管)MB2の治療がされていないことが多く認められます。

上図の歯を黄色の線の方向からみた写真を右に上に示します。マイクロスコープ8倍拡大の写真です。一見綺麗に根管治療がなされているのですが、赤矢印の先のMB2根管の見落としがあり、患者さまは頬が腫れ、噛むと痛みがあります。



マイクロスコープ20倍拡大で観察するとみることのできるMB2。60~80μm(0.06~0.08mm)の器具を使用して丁寧除去拡大します。

このMB2は誰にでも認められるものではありません。MB2発現率は、第一大臼歯で約80%、第二大臼歯で約60%です。かなりの高確率で認められるのですが、その大きさが80μm以下であることが多く、肉眼やレントゲンで判別することは不可能なのです。当院CTのスラス幅が0.08mm(80μm)であることからも、その判定は困難です。マイクロスコープと知識と経験があってはじめて見つけることのできる根管といえるでしょう。



当院には痛みが取れずに来院される患者さまのほとんどが、このMB2根管の見落としです。肉眼・裸眼で治療をされている先生には見つけることのできない根管といえるでしょう。(肉眼ではみえませんについてはこちらをクリック)

上顎大臼歯近心根に認めらえるMB1とMB2。根尖(歯根の先)から3.6mmまではイスムスのない根管形態ですが、歯冠側に行くに従いイスムスの形態が観察されるという独特な形態となっています。イスムスとは、根管と根管をつないでいる狭小部のことであり、上下顎大臼歯の近心根など、扁平な歯根に多くみられる形態です。その形態から、機械的清掃が困難(治療が難しく、専用の機器が必要です)で、細菌や壊死歯髄などが残存しやすいため、化学的清掃が重要となります。そのため、イスムス部の治療には、極細の超音波チップ、マイクロ器具やマイクロスコープが必要となるのです。



ラバーダム防湿の上、 マイクロスコープで見ながら超音波チップを用いてイスムスを除去した状態です。根尖付近でつながっていたため、根管を無菌化したあとに詰める根充材(ピンク色)が残っていることがわかります。この根充材も除去して水酸化カルシウムを貼薬して経観を観察します。根管治療は根管内を無菌化することです。通常の根管治療で症状が改善する場合はそこで治療は終了です。しかし細菌が根管から歯根周囲の歯槽骨へと波及している場合は、歯根端切除術の適応となります。

根管治療には正しいコンセプトと診断機器としてCT、治療機器としてマイクロスコープとラバーダムの使用が必要であると当院では考えます。
保険診療、保険外診療に関わらず、当院ではベストを尽くしマイクロスコープラバーダムを使用します。歯を抜かないことに全力を尽くします。

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。


下顎前歯部 歯根端切除術



根管治療を行っても、痛みがとれない、違和感がある、歯ぐきの腫れが引かないなどの症状が残る場合があります。これは、歯ではなく、歯を支える骨にまで炎症が波及している状態です。このように、通法の根管治療をしても、症状に改善がみられない場合は、歯根端切除術を行います。根尖性歯周炎の外科的な治療法です。

感染が根尖外へ波及した症例、根尖3㎜の神経の分岐症例では根管治療による感染除去では困難な場合があります。その際は外科的に根尖部分を取り除きます。当院では歯根端切除術を拡大鏡あるいはマイクロスコープ下で行います。肉眼でおこなう方法比べ成功率が飛躍的に向上します。


写真は当院の実際の症例です。下顎前歯部の根管治療後に痛みが残ったため、歯根端切除術をマイクロスコープ下で行いました。無痛麻酔・無痛治療下のもと、粘膜を剥離して 病巣を除去します。マイクロミラーで根尖を下から観察しつつ、MTAで根尖を封鎖して粘膜を縫合して戻します。専用の器具器材を必要としますが、なによりマイクロスコープが必要です。

根管の複雑性(根尖3mmでの根管の分岐)や根管外への感染拡大では、通常の根管治療では治癒しません。マイクロスコープやCT機器による診査を用いて歯根端切除を行うことで、治癒が得られます。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。