フェイスブック

オールセラミックス 根っこ/神経の治療 (都内港区歯科医院 内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関)


他院で根管治療(=根っこの治療、神経の治療)をして頂いたのですが、痛みが治まらず当院を受診された患者様の根管治療の1症例です。

根管治療の詳細につきましては右動画画面をクリックご参照ください

上写真は、根管治療後の根管充填写真とその後のオールセラミックスクラウン装着の写真です。むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。治療中に感染しないような「ラバーダムの装着」を配慮するのは当然ですが、治療後に再感染しないように「クラウンの精度」にこだわるのも非常に大切なことです。

オールセラミックスはその美しさ・自然さから「審美性」に目がいきがちですが、化学的にも物理的にも安定した優れた歯科材料であることに目を向けることのほうが、とても大切です

当院では全ての治療において、その「精度」にこだわります。そこには「マイクロスコープ」が不可欠です。一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を求め、日々精進です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

MTA 歯の神経を残す・取らない治療とは (都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関)


歯の神経を残すには?根管治療をしなくて済むには?
上写真をクリックしてご参照ください。

神経が残せるか否か?の判断基準は、「痛みが強いか、強くないか?」「むし歯が神経に到達しているか否か?」ではありません。
「細菌感染しているか否か?」
「歯髄壊死しているか否か?」が、判断基準となります。
⇒当院の判断基準につきましてはこちらをご参照ください。

当院ではラバーダムの上、直接覆髄法にて神経を残します。
直接覆髄法については以下をご参照ください。

 

日々「神経を残す治療」について症例報告をさせていただいております。当院の取り組みを見ていただけるかと思います。ご参考頂きお役に立てれば幸いです。

以下に一部ではございますが、当院の「神経を残す、取らない治療」実際の症例を供覧させて頂きます。ご参考ください。(※詳しくは、当院までご連絡ください!精査の上、適切なアドバイスをさせて頂きます。)





神経を残す、神経をとらない治療とは?



歯の神経を残す 生活歯髄療法とは?



歯の神経簡単にとってはいけない?


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

MTA・水酸化カルシウム  神経を残す治療(都内港区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関歯科)

水酸化カルシウムとMTA、どのように使い分けるのか?

どちらが直接覆髄法の薬剤として優れているのかという研究は、2018年現在5つの比較文献があるとされています。そのうちの4つは差はなく、1つはMTAが優れた結果となっています(クインテッセンス出版泉先生著書「治る歯髄治らない歯髄」)

当院ではMTAを直接覆髄材の第一選択として使用しています。

その理由は以下の通りです。

〇 露髄した箇所は、湿潤状態であることが多く、その状況下でもしっかりと硬化するMTAは確実性が高い。水酸化カルシウムは歯に対する接着性がないこと。
〇 MTAの歯質接着性により、術後のマイクロリーケージ(微小な隙間からの再感染)が少ないということ。

しかし、MTAにも欠点があります

〇 高価であること
〇 硬化時間が長いこと
〇 歯質を変色させること

このような欠点を補うべき症例の際は、水酸化カルシウム・水酸化カルシウムペーストを使用します。「歯を変色させる」のは内容物に「酸化ビスマス」が含まれていることに起因します。当院では、酸化ビスマスを含む「プロルートMTA」は、審美領域の使用を控え、含まない「エンドセムMTA」を使用しています

直接覆髄法を行ったとしても、その上にかぶせる「クラウン」や「インレー」の精度がお粗末であると、その隙間から再感染します。

「神経を残す治療」の成功率を高める要因として、
① 感染の有無
② 歯髄のバイタリティー
そして
③ マイクロリーケージの有無

③のマイクロリーケージとは微小漏えい。小さな隙間からの再感染を意味します。
適切な直接覆髄法とあとは、適切な精度の高い補綴が必要といえるでしょう。

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

インプラント 安全性 (都内港区新橋内幸町虎ノ門歯医者)



痛みに敏感な患者様のインプラント治療症例。

インプラント治療については右図をクリックご参照ください。

一度は麻酔が効きづらいこともありましたが、先日無事、インプラント治療終了です。左下奥歯に2つのインプラント。これで美味しいお食事ができますね。

歯を失った際、従来であれば、両隣を歯を削りつなげて橋渡ししてかぶせる「ブリッジ治療」や、残っている歯に引っ掛ける「入れ歯治療」でした。

現在は、抜いたところに歯を蘇らせる「インプラント」が世界の主流となっています。これ以上、残っている歯に負担をかけないインプラント治療は、けずらないかぶせない優しい治療と云えるでしょう。


上症例は、奥歯に違和感があり来院された患者様の下顎第2大臼歯の1症例です。

マイクロスコープで観察すると、歯が縦に折れていました。幸い早々に発見できたこともあり、炎症はわずか。抜歯と同時にインプラントを埋入する抜歯即時インプラント手術となりました。

治療の流れはこちらをご参照ください。

抜歯即時インプラント手術は、通常のインプラント手術と比較して、治療期間が短く、手術回数を減らし、痛みを少なくすることが可能です。当院では多くの症例を拝見させて頂いております。上症例は、術前のCTインプラントシミュレーション画像です。このシミュレーション通り、30分程で手術は終了です。緊張されていた患者様でしたが、無事終了に安心されていました。インプラント手術は特別なものではありません。歯科治療の一方法でしかありません。

 

 

 

 

 

 

根っこの治療 根尖病巣病変 治す (都内港区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関歯医者)

メンテナンスで通院いただいた患者さまのレントゲン写真。
担当歯科衛生士より、「先生!治ってますよ」

上のレントゲン写真、術前と術後を比較すると、白矢印先の黒い影がなくなっているのが分かります。根管治療が上手くいかないと、根っこの先に病変(病巣)をつくります。炎症をおこし、骨を溶かすため、レントゲンでは黒く写るのです。

当院でラバーダムを装着しマイクロスコープを用いて根管治療を行いました。特別なことはしていません。すべきは「根管内の感染をしっかりと取ること」。
いわば「えんとつ掃除」。えんとつもしっかりと掃除をすればえんとつとしての役割を果たし煙を外に出してくれますが、えんとつが詰まってしまっていては、煙が中にこもって出してくれません。

本症例では根管治療後に、CWCTにて根管充填し、術後の再感染を極力予防できるよう精度の高い補綴ファイバーコアハイブリッドセラミックスクラウン)で治しました。

治るのは本当に嬉しい。
一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を求め、日々精進です。

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

直接覆髄法

神経を残す治療に、直接覆髄法があります。

直接覆髄法とは、露髄(深いむし歯を削ることで神経(=歯髄)に到達・露出すること)した歯髄に何らかの薬剤を用いて細菌感染を防ぎ、歯髄を保存しようとする治療です。
(右動画症例は、当院で治療した直接覆髄症例です)

歯髄を取り去る部位により、3つの手技があります。
直接覆髄 :歯髄には触れずに貼薬する方法
部分断髄 :歯髄を1~2mm取り去り貼薬する方法
歯頚部断髄 :大きく歯髄を取り去り貼薬する方法

 

神経を残せる基準とは?

当院のマイクロスコープを使用した診断基準とは?

患者様の症状から推測する診断基準とは?

歯髄(=神経)を取る(=根管治療)には理由があります。
① 歯髄に細菌が感染していること
② 感染により歯髄が壊死していること
この2つです。

感染しているか否か?壊死しているか否か?を「症状」や「マイクロスコープによる観察」で診査診断します。

「痛い」という症状は、細菌感染により生じた「炎症反応の強弱」です。「一過性の反応」であることもあり、「痛い」という症状は、根管治療をするか否かの絶対的判断基準とはなりえません。

 

露髄が大きいと、歯髄(=神経)は残せないのか??

露髄とは、むし歯を取り去ることで神経に到達し、歯髄が露出することを云います。

歯科大学生の教科書的には、「露髄面は小さく2mm以下のもので感染のないものを直接覆髄法の適応症とする」と記されています。

露髄面が大きくても予後は良いという論文報告もあり、当院でもマイクロスコープを使用した治療により問題なく経過している症例も多数経験しています。
「露髄したから根管治療」にはなりません。
感染があるから、歯髄が壊死しているから根管治療をするのです。

細菌感染と歯髄壊死は徐々に進行します。
露髄したからといって、すぐ抜髄する必要はありません。

健全な歯髄には「内圧」があり、細菌の侵入に抵抗しているのです。
そのため、まずは歯髄(=神経)を残すことに注力することが大切です。

直接覆髄法では、断髄位置さえ正しければ、歯髄は残せるのです。

しかし、その「断髄位置(どこまで感染していて、どこからが健全なのか?」を特定するのが難しい。当院では、症状とマイクロスコープでの診査の上、患者様と今後起こりうる可能性を相談、ご理解頂いた上で、治療に臨んでいます。

当院での直接覆髄法の実際

保存可能な歯髄の基準(根管治療をしないで神経を残せる基準)については、
右写真をクリック、ご参考ください

残念ながら、直接覆髄法に100%はありません。しかし、残せるのであれば、最善の策を講じて、「神経を残す」ことに全力で臨みます。

当院では、術前の問診(症状)、各種診査、CTやレントゲンなどを考慮して、病状を「推断」し患者様にご説明いたします。ご説明内容は、治療法について(直接覆髄法、断髄法、根管治療など)、その成功率や残念ながら痛みが生じた場合の根管治療について分かりうる限りご説明いたします。その上で、患者様とともに治療法を模索して共に治療に臨んでいるのが現状です。

 

使用する薬剤について

当院では、2つの薬剤を使用しています。
① 水酸化カルシウム
② MTA
③ 接着性レジン

水酸化カルシウムには多くの臨床研究においてその治療成績の良さが証明されている信頼できる薬剤です。2011年のAguilarらの文献では、直接覆髄法で70.6%、部分断髄で94.8%の成功率を示しています。

 

MTAは直接覆髄にもちいられる材料として世界のスタンダードとなっています。残念ではありますが、日本では保険診療では認められていません。
MTAについては別記致します、ご参照ください。


③ 接着性レジン

クラウンなどを接着する接着材です。当院では使用致しません。
接着性レジンは、「水」と「空気」の存在する環境下ではその接着力が低下します。出血を伴う環境下での直接覆髄法では不向きであると考え、当院では使用しません。

 

水酸化カルシウムとMTA、どちらが優れているのか?

別記いたします。ご参照ください。

 

 

 

 

むし歯 削らない治療 (都内内幸町新橋虎ノ門港区千代田区歯医者)

当院では、むし歯は徹底して削り取ります。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
「むし歯を削らない」「むし歯を取り残す」ということは、感染を残すことになります。治りません。

よって、当院では、むし歯は徹底的に削ります。健康な歯は、徹底的に残します。神経も徹底して残します

では、具体的にはどうするのか?

当院では、齲蝕検知液(むし歯を染色する液)でむし歯を染色し、マイクロスコープで診ながらむし歯のみを削り取ります。(上写真をクリックしてください、歯を削っても、神経を残すことが出来るのが分かります

齲蝕検知液には種類があります。

齲蝕検知液とは?

当院では、「カリエスチェック」(1%アシッドレッドポリプロピレングリコール溶液)を使用します。

他に「カリエスディテクター」(1%アシッドレッドプロピレングリコール溶液)もありますが当院では使用致しません。

両者ともに齲蝕感染象牙質(=細菌感染が認められる象牙質)を染色しますが、齲蝕影響象牙質はカリエスディテクターで染まり、カリエスチェックでは染まりません。その為、カリエスディテクターは除去不要な象牙質まで染まる可能性から、薄く染色された場合は削らず残すという判断基準となっています。当院では、「感染した歯質のみ」削りとりたいという基準から、「カリエスチェック」を使用しています。

当院のむし歯を削り取る基準は以下の通りです。
〇 カリエスディテクターでは淡いピンク色(当院では使用しません)
〇 カリエスチェックでは染まらなくなるまで
しかし、この齲蝕検知液では、慢性齲蝕、着色の有る齲蝕象牙質では効果がないことが分かっています。

また、Javaheriらの研究では、
カリエスディテクターとカリエスチェックを用いて、齲蝕除去を行った場合の細菌の有無を組織学的に調べています。結果として、染まる部位すべて除去すると、両者とも過剰切削になること結論付けています。歯髄に近接する部位は、象牙質の石灰化の程度が低く、齲蝕検知液に染まり易いのです。

一般的に、むし歯を削り取り、神経に到達すると、神経の治療(根管治療)が必要と説明され、根管治療をすることがあるようです。

当院では露髄した(削ることで神経が露出すること)からといって、根管治療という診断には至りません。露髄しても神経は残せます。徹底して齲蝕を除去した方が予後が良いという文献もあります。徹底して神経は残します。このためには、マイクロスコープが不可欠となります。

齲蝕検知液が使用できない場合は、削る歯の「硬さ」がその判断基準となります。

歯の「硬さ」の基準とは?

むし歯になると、歯の硬さは軟かくなります。
齲蝕感染象牙質は、容易に抵抗なく器具で除去できます。齲蝕影響象牙質は、軟らかいが、ひっかかる感じです。健全象牙質は、硬く、引っかかる感触はありません。

そのため、「硬さ」では象牙質に食い込まなくなるまで削り取ることで、むし歯を取り去る基準とします。

このような歯の「硬さ」を指標とした齲蝕除去については、多くの質の高い研究が行われており、信頼できる判断基準です。

また、歯の硬さがないと、その上にかぶせる「クラウン」や「インレー」と接着力に問題が生じます。接着力が低いと、隙間から再度感染し、再度むし歯になってしまいます。これを「マイクロリーケージ」といいます。
これには、精度の高いクラウン、精度の高いインレー、化学的物理的安定性の高いオールセラミックスが最適といえるでしょう。


宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

インプラントとは? (都内新橋内幸町虎ノ門神谷町霞ヶ関港区千代田区の歯医者)

インプラント治療に関するお問い合わせを多く頂きます。
先日お問い合わせ頂きました患者様への回答を供覧させていただきます。
ご参考いただければ幸いです。

〇 インプラントって「入れ歯」みたいなものですか?簡単につくれますか?

回答)
インプラント治療は、歯槽骨内に「インプラントフィクスチャー」という「純チタン製の人工の歯根」を埋入します。

数カ月後(上顎で4~6カ月、下顎で2~3カ月)間、インプラントフィクスチャーと骨が結合するのを待ちます。

数カ月待った後に、人工歯根に土台を差し込み、上部構造という歯を作り上げます。治療の流れはこちらをご参照ください
https://miyazaki-dentalclinic.com/17842

上部構造などのインプラントの構造についてはこちらをご参照ください
https://miyazaki-dentalclinic.com/17975

いわゆる「インプラント手術」とは、このインプラントフィクスチャーを埋入することをいいます。このインプラントフィクスチャーを埋入する手術は、「抜歯後いつ行うのか?」によって、手術内容が異なります。術式については、こちらをご参照ください⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/22057

上顎の奥歯の場合、「骨の厚み」が2mm以下、4mmほど、4mm以上により、治療法が異なります。つまり、この厚みが不足している場合は、その骨を増やす治療が必要になります。「ソケットリフト」であり「サイナスリフト」です。

サイナスリフトについてはこちらをご参照ください
https://miyazaki-dentalclinic.com/20259

当院のインプラント治療の基本的な流れ(上顎例)は以下の通りです。
1)口内の精査
2)レントゲンおよびCT撮影。インプラントシミュレーション、型どりで模型精査。
3)インプラント手術(フィクスチャーの埋入手術)
4)手術内容により異なりますが、インプラントフィクスチャーが骨に結合する期間を 4~6カ月待ちます。その間は1カ月に1度チェックします。
5)6カ月後に、埋め込んだインプラントフィクスチャーの頭出しをする手術
⇒部位は異なりますが、こちらをご参照ください
https://miyazaki-dentalclinic.com/18041
6)型どり
⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/18070
7)チェック(メタルトライ)
https://miyazaki-dentalclinic.com/21066
8)上部構造セットで治療終了

3)~5)までは4~6カ月
5)~6)は1カ月

6)~8)は1カ月

全体の大まかな流れ、期間はこんな感じです。
インプラント治療につきましては、当院のブログにまとめております。ご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/category/%E3%81%84%E3%82%93%E3%81%B6%E3%82%8D

 

 

オールセラミックス 根管治療 (都内新橋内幸町霞ヶ関神谷町歯科)

他院でのむし歯治療後に続く「違和感と痛み」を主訴に来院された患者様。当院にて根管治療を行い、その後ファイバーコアを装着。
(根管治療の実際はこちらをご参照ください)

むし歯が深くまで進行すると、「根管治療」が必要となります。
むし歯の原因は細菌の感染です。そのため、根管治療はラバーダムを装着して細菌の感染を徹底的に除去します。その後は再度感染しないように根管内に樹脂を充填します(=根管充填)が、「その後の治療がとっても大切!!」なのです

装着する「ファイバーコア」やその上にかぶせる「クラウン」の「精度」が良くないと、その隙間から再度感染し、またむし歯になってしまうのです。

当院では治療の精度にこだわります。

当院では、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目標に日々の臨床に取り組んでいます。上動画は、当院の日々の臨床の一コマといえるでしょう。


宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

ラバーダム (都内新橋港区千代田区内幸町虎ノ門歯医者) 根っこ神経の治療

神経を残す治療根管治療には、ラバーダム防湿が不可欠です。

ラバーダムをご存じですか?
ぜひ、上の動画をご覧ください。

(上動画は、他院にて長期間にわたり麻酔をせずに根管治療を行ってきた患者様です。痛みに対する恐怖感が強いため、少しずつ、当院の治療方法を体験していただき、無痛麻酔・無痛治療を実感して頂いています。上動画はそのうちのラバーダムについて体験動画です。同様のご経験のある方の恐怖心が払拭できることを願いつつ、ぜひご覧いただけますように、投稿させて頂きます。)

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。治療中に原因である「細菌バクテリア」が、治療部位に混入することは、治療を阻害するばかりでなく、再感染の原因となります。

ラバーダムの有効性を示す論文は現在見当たりません。ということは、科学的根拠が薄い?ということでしょうか?

そういうことではありません。
「当たり前のこと」だから、論文が見当たらないのです。

ラバーダムとは、いわば「手術室」。
開腹手術の成功率を語るならば、「手術室」で行うのは当たり前でしょう。
「手術室」で手術を行うことは当たり前であって、その有効性を示す必要はないのです。
つまり、ラバーダムは当たり前の事なのです。当院では「神経を残す治療」「根管治療」では、100%装着します。

宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。

 

1 2 3 4 5 6 62