フェイスブック

メール 問い合わせ 神経残したい 親知らず むし歯

親知らずが横から生えてきたことで、手前の歯が深いむし歯になり、神経の治療が必要と云われた患者様からのご相談メールです。

当院には類似した内容で、ご来院される患者様が多数いらっしゃいます。
皆さまのお悩みのお一助になれば幸いです。ぜひご一読、ご参考ください。


ご相談内容

先ほどはお電話でのご丁寧な対応をありがとうございました。X線写真を別メールでお送りします。
【症状】本人は2日前に強い痛みを感じていましたが今は落ち着いています。本人はまだ神経が生きているといっています。
【診療状況】他医院でX線を撮っていただき、左上奥歯の親知らずと接触している部分に大きな虫歯があると説明がありました。CTも見せていただきましたが、奥歯の4分の1ぐらい?が虫歯になっているとのことでした。
【治療法の説明】治療方法の説明を総合すると下記のような説明でした。
・奥歯を抜いてインプラント、または親知らずを移植。あるいは、
・奥歯の神経を抜く、または神経が死ぬのを待つ
・奥歯を抜く(かみ合わせによっては当分そのままいける)
・親知らずが出てくるのをまつ
・親知らずを部分矯正、または全体を矯正
【ご相談】奥歯の神経や歯をできるだけ残せないでしょうか。また、将来のために親知らずは残せるものでしょうか(歯内療法は歯の内側から治療すると理解しています)。
よろしくお願いします。

はじめまして。宮崎歯科医院の宮崎と申します。まずは詳細なる病状・前医の診断のご説明のメールをありがとうございました。また、レントゲン写真の添付送付、拝受し拝見致しました。

実際に拝見しておりません。そのため、適切な回答とならない場合もございます。その点ご理解とご了承頂いた上で以下の回答をご参考くださいます様お願い申し上げます。

本メールに頂きましたレントゲンに矢印を添付致しました。その画像(下模式図)を見ながらお読みいただければ理解が深まるかと存じます。

 

親知らずが横からはえてきて手前の歯が深いむし歯 根管治療神経の治療が必要と云われた 神経残したい 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 マイクロスコープ

回答させて頂きます。

レントゲン写真より、青矢印部に親知らずが接触し、その先に大きなむし歯が認められます。赤色の部分が歯の神経(=歯髄)でむし歯が近くまで進行していることが分かります。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

https://miyazaki-dentalclinic.com/19505

その細菌により歯が溶かされると歯は軟らかくなるため、レントゲン上では黒く写ります。
https://miyazaki-dentalclinic.com/3169
(レントゲンでは硬いものが白く、やわらかいものが黒く写ります。歯が黒く写っているということはむし歯が疑われます)

レントゲンでは、むし歯は神経にギリギリ到達していないように見えますが、このような症例の場合、細菌はすでに神経に達しており、感染していることがしばしば認められます。それについては以下のリンクに組織学的に説明しております、ご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/19490

奥歯のむし歯は、神経に達しており、歯髄炎あるいは歯髄壊死を起こしている状態といえるでしょう。
その根拠として、黄色の矢印部に黒い部分が認められます。
これを根尖病変といいます。根尖病変は、神経内に感染が認められる場合にしばしば認められる所見です。
根尖病変について⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/19617

マイクロスコープ 根管治療根っこ神経の治療 精密歯科治療 神経を残す治療 東京都内港区千代田区新橋虎ノ門内幸町霞ヶ関日比谷神谷町銀座 歯科歯医者根尖病変がある場合は、根管治療(歯の内部の細菌感染を取り除くこと)が適切な治療法となります。

当院の根管治療の実際についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23892

この度のむし歯については、根管治療が第一であり、その治療の際、神経が残せる状態にあるのであれば、神経を残す治療に切り替えるという治療法となるでしょう。
神経を残す治療について⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/23900

しかし、根管治療の際に、2つの問題点が生じます。
①親知らずの存在。
②むし歯となっている歯の生えている方向。

①について
根管治療の際には、ラバーダムを装着しますが、そのラバーダムの装着が親知らずで邪魔されます。
ラバーダムについてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17703

②について
むし歯となっている歯は、喉(のど)の方向、つまり奥に向かって生えています。非常に見づらく、器具の到達が困難なようにレントゲンからは推察されます。(実際に拝見しておりませんので推察の域をでません)

そのため、この歯を根管治療で残すならば、親知らずの抜歯が必要となるでしょう。
そのためには、CTで確認する必要があります。
当院にご来院頂いた場合は、当院で新たにCTを撮影し診断致します。※当院へCTデータをご持参頂く場合もございましたが、画像が不鮮明であるため、現在は他院でのデータ持ち込みはお断わりさせて頂いております。
CTについて⇒https://miyazaki-dentalclinic.com/17776

上記①②のため、根管治療が不可能であれば、これ以上の感染拡大を予防すべく、抜歯が適切な治療法といえるでしょう。その際は、親知らずを抜かずに移植や矯正による移動が考えられます。

頂いたメールおよび頂いたレントゲンからの当院の推断は以下の通りです。

・むし歯の歯は、感染が神経に至っている可能性が高く、根管治療を前提に治療に臨むべきであろうと推察される。
・その際、親知らずは治療の妨げとなる場合があるためあらかじめ抜歯が必要となる可能性がある。
・根管治療の際、もし神経の炎症が軽微なものであれば、神経を残す治療も可能性としてはあるが非常に少ないであろう。
・根管治療ができない状態である場合、これ以上の感染拡大を予防すべく、抜歯が適切な治療法となるだろう。
・その際は、親知らずの状況によるが、抜歯せず、矯正や移植などの再利用治療が可能性として考えられる。

実際に拝見していなことより、上記は推察の域をでません。また治療に際して、治療を受ける患者様が、どの程度お口を開いていられるか(時間、開口量など)の因子も治療の成否、治療方法の選択に関わってきます。

他ご送付いただいレントゲン写真を拝見すると、歯の治療をあまりご経験されていないご様子がレントゲン写真より推察されます。

大変ご心配でしょう。何もない歯を抜歯するのであれば、心配極まりないでしょう。しかし、現在の歯科医学をもってしても治療が不可能なのであれば、これ以上の感染拡大をさせない治療法をご選択することは、たとえそれが抜歯だとしても、それは適切な治療です。抜歯をしたとしても、大丈夫。適切に対応すれば問題ありません。

抜歯後についてどうなるのか?などの心配がなくなれば、今ある可能性のある治療法を前向きに選択できるかもしれません。

患者様のご参考になる回答となっていれば幸いです。よろしくお願い致します。(宮崎)

(当院の初診の流れ)
当院にお越しの患者様は必ずご一読くださいます様お願い申し上げます。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神経残した後の治療

親知らずの手前の歯がむし歯となり来院された患者様。歯の横からむし歯になっており、他院では神経の治療(神経を取る治療、神経を抜く治療、根管治療、歯内療法)が必要と診断され、できれば神経を残したいとのご希望を胸に当院を受診・相談されました。上動画は、MTAを使用した部分断髄法の治療の様子です。

神経を残す 根管治療をしない 神経をとらない 都内内幸町新橋港区虎ノ門千代田区日比谷神谷町霞ヶ関の歯医者歯科 断髄位置について

マイクロスコープ精密歯科治療 部分断髄後、1週間ほど経過を観察します。不快症状がなければ、早々に再度無痛麻酔の上、マイクロスコープで歯の形を整えて型どりします。その後、精度の高い「オールセラミックスインレー」を装着し、治療は終了です。
上動画は装着の様子です。術前後を比較して頂くと、その精度の高さを見て頂くことができるでしょう。

オールセラミックスインレー装着前後 マイクロスコープ 精度の高い歯科治療信頼できる歯科治療審美歯科治療
歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。


徹底的に取り去った後は、再度感染させないように、隙間のない、適合度の高いインレーが望まれます。

また、熱や酸、アルカリに変質せず、擦り減らない物性も求められます。

それには「セラミックス」が最善であり最高の材料といえるでしょう。

メール相談 歯科歯医者 かみあわせ 根管治療 神経を残す治療 マイクロスコープ根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

間接覆髄法 神経残す抜かない治療

メタルインレー 下がむし歯 深いむし歯 神経を残したい マイクロスコープラバーダム 根管治療 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷メタルインレー装着後、歯に時折痛みがあり当院を受診された患者様。

深いむし歯の神経を残す治療・マイクロスコープでむし歯を取り残さない治療」で当院をインターネット上で知り、「ラバーダムを装着し、マイクロスコープを使用した上での治療」をご希望され来院されました。

できるだけ歯を削らない その判定基準とは? 都内港区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷千代田区世田谷区の歯医者歯科ラバーダムを装着し、治療中の唾液感染を予防した上で治療に臨みます。

むし歯は適切な齲蝕検知液を使用し、むし歯を染色します。染色された部分はマイクロスコープで精査した上で、徹底的に削り取ります。

マイクロスコープでみることで、健全な歯質とむし歯を適切に判別可能です。

メタルインレー 下がむし歯 深いむし歯 神経を残したい マイクロスコープラバーダム 根管治療 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 齲蝕検知液使用

むし歯とは?どんな病気?細菌の感染症本症例は、歯の第2層である”象牙質”に達する深いむし歯ではありましたが、神経(=歯髄)に達するほどではありませんでした。

患者様の感じていた痛みは、「かみあわせ」によるものかもしれません。
(かみあわせのチェックはこちらをご参照ください)

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であり、その細菌はマイクロスコープをもってしても視認するこはできません。

そのため、当院では、齲蝕検知液を使用して徹底的にむし歯を除去後、抗生物質的効果の期待できるMTAを貼薬し神経(=歯髄)の保護に努めるようにしています。このような神経を残す治療を「間接覆髄法」といいます。

このような治療は、ラバーダムが不可欠です。また、徹底してむし歯を取り除くにはマイクロスコープが効果を発揮します。

当院ではやり直しのない歯科治療、一生に一度の歯科治療を目指し、日々の臨床に取り組んでいます。

マイクロスコープ ラバー―ダム 根管治療 神経残す治療 都内港区新橋汐留内幸町霞ヶ関虎ノ門 歯科歯医者

 

 

 

 

 

インプラント 手術室 抜歯と同時に仮歯

インプラントシミュレーション 治療計画 CT 手術室 抜歯即時インプラント手術
噛む力が強く、連結しているブリッジの1歯を抜歯することとなった患者様(D)。
10本以上連結しているブリッジを取り外し、すぐその場で仮歯を製作。

同時にCTで撮影すると、残っている歯の周囲の歯槽骨は失われている状態。歯はグラグラ、再度ブリッジで治すのは困難な状態でした。

患者様に数枚にわたり治療計画を立案。治療計画は基本全くの妥協なき治療計画をまず考えます。

・痛くないように
・お金がかからないように
・できるだけ早く治療が終わるように

ブリッジ入れ歯インプラント違い メリットデメリット 歯を抜歯したら 抜いたらどうする患者様のご希望は勿論伺いますが、そこが主となるろと、治癒から遠ざかります。何のための治療計画かわからなくなります。

痛み、お金、時間、期間・・・。まったく考慮せず、ただ治すことだけに集中して治療計画を立案します。

その治療計画を立てた後に、「時間に配慮」「痛みに配慮」「お金に配慮」「期間に配慮」した治療計画案を作成するのです。

治療計画書 インプラント 治療方法 手順 CTシミュレーション 2

歯医者 治療計画 インプラント
GBR 骨のないところに骨をつくる インプラント上CT画像の症例は、Aの半分の歯根とBを残し、AとCに抜歯即時インプラント手術およびDにGBR。

ABを残すことで、仮歯を維持できます。治療期間中に歯がなくなってしまうことはありません。

2か月後、ABを抜歯と同時にインプラントを埋入手術し、仮歯をAとCのインプラントで支えます。Dの骨欠損部には再度結合組織移植などの処置が必要となるでしょう。

歯を抜いた 歯が折れた そのあと ブリッジ 入れ歯 インプラント どれがいい? 
抜歯した後の治療として考えられる治療は、ブリッジ、入れ歯、インプラントです。
抜歯した理由がかみあわせで、噛む力が強くて歯を失ったのであれば、残っている歯を削ってつなげてかぶせるブリッジは、更なる負担を残っている歯に強いる治療です。入れ歯は論外といえるでしょう。

なぜ歯を失ったのか?ならどうするのか?を考えれば、適切な解決策が生まれます。

インプラント 手術室完備

 

 

 

歯髄炎 自然治癒するか 症状でチェック診断

むし歯 細菌の感染症 神経を残す治療 根管治療むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

歯は3層構造です。
2層目の象牙質近くまで達すると、歯の神経(=歯髄と云います)に軽度の炎症が生じます。これを歯髄炎と云います。

冷たいものがしみたり、あまいものがしみたりする症状を伴います。

https://miyazaki-dentalclinic.com/22012 神経を残せる基準チェック項目 どんな症状ならば神経を残せるのかさらに深く進行することで、その症状は強くなります。
ズキズキする、ジーンとする、ジワーっとする症状を伴います。
進行程度により、その強さと持続時間と頻度が強く多く増していきます。

歯髄炎には2種類あります。
①可逆性の歯髄炎と②不可逆性の歯髄炎です。

①は感染を取り除けば元に戻りますが、。②は根管治療(神経をとる、抜く治療、歯内療法)が必要となります。自然治癒はしません。

不可逆性歯髄炎がが更に進行すると神経は細菌感染により死んでしまいます。③歯髄壊死です。

これは細菌感染により歯の神経が死んでいるため、放置すると、感染はさらに歯槽骨へと波及し、④根尖性歯周炎となります。歯の周りの骨の炎症です。

まとめます。

深いむし歯で痛みがある場合の病名は3つです。
① 可逆性歯髄炎
② 不可逆性歯髄炎
③ 歯髄壊死

④ 根尖性歯周炎

① の場合は神経を残せます。上症例がそれです。
② ③の場合は早々に根管治療を行い、さらなる感染拡大を予防します。
(④は②③に伴い生ずる歯の周りの骨の炎症です。)

神経残す抜かない治療 動画で説明①と②と③を適切に診断するためには、マイクロスコープが必要です。肉眼では見えないため、診査診断することはできません。つまり神経を残すことはできません。

当院ではこの治療コンセプトを実行できる治療環境を整えています。

マイクロスコープを2機、CT常設、根管治療となった際のマイクロスコープ精密治療に必要な治療器具。そしてラバーダム。

適切な治療コンセプトのもと、適切な道具立てで歯は治ります。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

歯が折れた インプラント 手術室 CT

上動画は、歯が折れていた症例。

何十年も前に神経の治療(根っこの治療、根管治療)を施し、最近になって違和感を感じるようになり、当院を受診相談されました。

詳細はこちらをご覧ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/21610

マイクロスコープ マイクロスコープで歯が折れていることを確認(上動画をご参照ください)し、患者様に説明させていただきました。

患者様は抜歯してインプラントをご希望されたため、抜歯と同時にソケットプリザベーションを行いました。

インプラント CT必要 CT撮影 インプラント 手術室

半年後、CTを撮影し、骨ができあがっていることを確認しつつ、インプラントシミュレーションを行ったのが上画像です。

本日、インプラント埋入手術を行いました。手術自体は20分程のお時間をいただきました。

インプラントについては下動画をご参照ください。

本症例はブリッジでも対応できる症例です。

抜歯 歯を抜いた ブリッジ入れ歯インプラント治療にはすべて「メリット・デメリット」があるでしょう。

メリット・デメリットは患者様それぞれで異なります。

ブリッジは両隣の歯を削り、3つをつなげてかぶせます。

入れ歯は残っている歯に引っ掛けます。

ブリッジ、入れ歯共に、「残っている歯に負担をかける治療」であるというデメリットを超えるメリットを感ずるのであれば、ブリッジ・入れ歯治療は患者様にとって最善の治療法となるでしょう。

インプラントは、削ったりつなげたり引っ掛けたりしないため、「残っている歯の負担を助ける優しい治療」です。

インプラント 手術室完備

CT 完備 インプラント

 

 

 

神経を取らない抜かない治療 MTA直接覆髄法 上顎小臼歯

親知らずの抜歯で来院された患者様。レントゲン写真検査でむし歯がみつかり、治療することとなりました。

本動画の内容は、深いむし歯の神経を残す治療、マイクロスコープを用いたMTA直接覆髄法です。露髄(むし歯が神経に達すること)しましたが、根管治療せず(神経を取らない抜かない)歯の神経を残すことができました。

本症例は、以前にメタルインレーを装着している上顎小臼歯。

以前の治療の際にすでにむし歯は深く、覆髄をした跡が下レントゲン画像所見に認められます。(覆髄とは、神経近くまでむし歯が進行している際、神経周囲をセメントなどで覆う処置をいいます。つめたいものなど染みづらくする効果があります)

深いむし歯 神経に近い 神経に達している 露髄 根管治療が必要といわれた レントゲン画像 神経残す治療 対処法

深いむし歯 神経に近い 神経に達している 露髄 根管治療が必要といわれた レントゲン画像 神経残す治療 対処法 術前術中術後 画像マイクロスコープ 歯面消毒 むし歯を削る基準 齲蝕検知液 むし歯を染色する
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。
治療前にラバーダムを装着し、歯面に付着した唾液を洗浄消毒します。深いむし歯治療や根管治療では、治療中の患歯への唾液の付着・混入は、治癒を阻害するばかりでなく再感染の機会を与えかねません。唾液・呼気による湿潤状態では、覆髄材(コンポジットレジンやセメント材料)の硬化を阻害することもあり、ラバーダムは不可欠といえるでしょう。

たとえるならば、ラバーダは口内に手術室をつくって治療に臨むことと同じです。
開腹手術を行うならば、清掃消毒された無菌環境下で手術を行うのが当たり前でしょう。野原の感染しやすい環境下で開腹手術をする人はいないはずです。

唾液の入りやすい環境下で深いむし歯治療や根管治療を行うということは、野原で開腹手術をするのと似ていると当院では考えます。

ラバーダムの必要性を説明 根管治療深いむし歯治療ではラバーダムの装着が必要ですむし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です ラバーダムが必要です上写真はインターネットより引用させていただきました画像です。
左写真は、身体を洗う人の横で洗濯している人がいます。
右写真は、頭を洗う人のすぐ横で洗濯する人がいます。

どちらも茶色に汚れたところで洗濯、洗髪、身体を洗っていますが、皆さんキレイになるのでしょうか?

感染症治療であるむし歯治療にとって、唾液が流入する中で治療するということは、この写真以上に無意味なことといえるでしょう。

見えない感染症である歯科治療においては徹底した治療環境の整備が必要不可欠です。それが、ラバーダムでありマイクロスコープといえるでしょう。

深いむし歯 神経に近い 神経に達している 露髄 根管治療が必要といわれた レントゲン画像 神経残す治療 対処法 術前術中術後 画像マイクロスコープ

当院ではマイクロスコープやCTを用いて、徹底した歯科治療を行うことを目標に日々の臨床に取り組んでいます。

歯は削らない方がいいのです。歯科医院には来ない方がいい。
しかし、ひとたびむし歯となってしまったときは、「徹底してむし歯を削り取る」。感染を取り除くのです。取り残してはならないのです。

根拠 Kakehashi むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症  都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTA むし歯は徹底して削りとる その根拠「なるべく削らない治療」「できるかぎり削らない治療」・・・このような謳い文句を耳にします。

感染症であるむし歯治療において、そんなことはあり得ません。
感染症であることは、1965年のkakehashi先生の文献で証明済みです。

徹底してむし歯を削るということは、『徹底して健全な部分は削らない』と同義であると当院は考えます。そのためにはマイクロスコープとむし歯の適切な診査法が必要となるのです。

歯科治療のあるべき姿。感染症を取り除くべく、感染部位のみ取り除き、治癒しやすい環境をつくりあげ、再度感染しないように精密にクラウンやインレーをかぶせて機能回復を図る。

私の師匠の言葉、「究極の偽物と口内につくりあげる」これが私の臨床目標です。

 

 

 

 

 

 

 

 

深いむし歯 神経残す MTA直接覆髄法

本動画は、以前のメタルインレーをはずしてやりなおす際、深いむし歯が認められた症例です。

治療法は、マイクロスコープラバーダムを用いた神経を残す治療「MTA直接覆髄法」です。ぜひご参考ください。

本症例の患者様は噛む力が強く、そのような患者さまの場合、根管治療をした歯が、10数年後に折れてしまい、抜歯になることが多々あります。

本症例では、むし歯が深く、神経(=歯髄)にまで達していました。(⇒露髄といいます)従来の歯科治療では、『 露髄 = 根管治療 』と説明されることがほとんどでしょう。

歯の神経をとる デメリット 神経を残す取らない抜かない方法治療法マイクロスコープが使用できる現在の最新歯科治療では、マイクロスコープで徹底した感染除去と歯髄の生死・状態を診査、診断することが可能となりました。そのため、いままでは残せなかった神経(=歯髄)も安全確実に残すことができるようになっています。

当院ではマイクロスコープを2機用意して日々の臨床に取り組んでいます。

深いむし歯 神経残す 神経取らない治療法 方法 歯科 ラバーダムマイクロスコープ MTA直接覆髄法

上画像はマイクロスコープの拡大画像です。肉眼の12.5倍の拡大率の画像です。

私の経験と実感ではありますが、肉眼ではここまで診ることはできません。
見えているかもしれませんが、精査することは不可能でしょう。

拡大鏡(ルーペ)も使用していますが、拡大鏡でも「歯髄の精査」は難しいです。光源と視野が一致し、視野がしっかりと固定されている「マイクロスコープ」だからこそ得られる画像であり、それでこそ精査が可能といえます。

神経(=歯髄)にむし歯が達する深いむし歯の症例で、”神経が残せるか否か?”の判断基準は以下の通りです。
むし歯が取りきれいているか?(齲蝕検知液と変色歯質の硬さ
感染による神経(=歯髄)の炎症は治まるか?(出血部位と止血時間)
③ 神経(=歯髄)は壊死していないか?(健康歯髄の有無)
これらをマイクロスコープで精査、診断します。

むし歯 細菌の感染症 根管治療 ラバーダム マイクロスコープ 神経を残す取らない抜かない治療むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。感染を取りきれば、治ります。そのため、むし歯で神経(=歯髄)が炎症を起こし、一時的にズキズキとする痛みがあったとしても、感染が取りきれれば治るのです。むし歯が神経に達していたとしてもです。

安易な診査、診断、治療による根管治療の選択は残念でなりません。

しかし、このような診査診断に基づく根管治療なのであれば、たとえ神経をとったとしても、その歯は永く残ります。

当院では徹底した治療を行います。そのためにはマイクロスコープが不可欠です。
”適切な治療コンセプト”のもと、マイクロスコープとラバーダムを用いて「神経を残す治療」「根管治療」に臨めば、恐れるに足らずです。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

歯医者 歯科 メール相談 根管治療神経の治療 神経を残す取らない抜かない マイクロスコープ

 

 

歯が折れる原因 対処法 治療法 根管治療 インプラント

歯ぐきが腫れて当院を受診された患者様。部位は下顎の大臼歯。

痛みはまったありませんが、噛んだ時の違和感、ときおり腫れることがあるくらいとのことでした。

本動画は、腫れ・膿(うみ)の原因をマイクロスコープとレントゲンで診査する様子です。

以前に根管治療をされて、その歯ぐきが腫れている患者様にはご参考になる動画となっています。ぜひご覧ください。

歯が折れる 対症法 治療法 インプラント
まずは腫れの原因を診査します。

無痛麻酔を行い、膿の出口となっている赤矢印(赤〇)部に樹脂を挿入し、膿の原因・腫れの原因は何かをレントゲン写真を撮影し精査します。

上画像は撮影したデジタルレントゲン写真です。
挿入した樹脂はレントゲン上で白く写ります。
レントゲンの読影をわかり易く図示したのが右画像です。挿入した樹脂をピンク色で表示しています。

その先端は歯根の”側面”を指しています。

通常、根管治療に問題がある場合は、歯根の”先端”に樹脂の先端が位置します。
根管治療が問題の場合は、歯根の先端に病変をつくるためです。

本症例では、”側面”に膿の原因がありました。これは「歯根が折れている」ことを表す所見といえます。

歯根が折れている 抜歯 治療法 対処法

歯根破折を疑い、マイクロスコープで精査したところ、上画像のように歯根の「縦方向への破折」が認められました。詳細は上動画をご覧ください。

縦に割れてしまった場合、その歯根を残すことは困難です。
感染により、歯を支える周囲の歯槽骨を失わないようにするためにも「抜歯」が適切な治療法となります。

歯根破折 歯根が折れる 縦に折れる割れる なぜ抜歯が必要か

マイクロスコープ精密歯科治療根管治療後は、歯根に土台を差し込み、人工の歯(クラウン)をかぶせます。

上写真のように、枯れた竹の真ん中に土台を差し込むようなものでしょう。

噛む力が強いと、土台は楔(くさび)のように作用して、竹が割れてしまいます。根管治療後の歯が割れる理由です。

そのため、根管治療後は、ファイバーコアを土台として装着し、クラウンには「適切なかみあわせ」が必要となります。精度の高い補綴治療が必要となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の神経をとる デメリット 歯の神経を取らない治療法

数年前に他院にて深いむし歯治療を行い、メタルインレーを装着した患者様。

1カ月ほど前から、噛まずとも痛むことがあり、少しずつその頻度が多くなってきたため、当院を受診されました。

上動画は、その治療の様子です。
歯の神経をとる デメリット 神経を残す取らない抜かない方法治療法治療内容は、マイクロスコープを使用したMTA直接覆髄法神経を残す治療法についていです。

装着されているメタルインレーを外すと、コンポジットレジンで覆髄されている状態でした。覆髄とは、神経近くまでむし歯があった場合、その神経周囲を覆う処置をいいます。覆髄することで、染みづらくする効果がありますが、その際には「ラバーダム」を装着しなくては意味がありません。本症例ではそれが為されていませんでした。

歯の神経をとる デメリット 歯の神経を残す取らない方法治療法ラバーダムとは治療中に処置歯に唾液が付着しないようにする方法です。
以下がラバーダムについての当院の説明動画です。

歯の神経を残す治療 歯の神経をとるデメリット 神経を取らない抜かない治療法 方法

本症例の痛みの原因は、「歯の内部への細菌感染」です。

小さなトゲが皮膚に刺さっていると痛みがあります。
そのトゲが汚れていると痛みと共に腫れがでます。

歯の内部に感染があるため、そこに血液が流れ、細菌を殺そうとする。
そのために神経(=歯髄)の内圧が高まり痛みとなるのです。

その感染を取り除けば痛みは消失します。
皮膚に刺さったトゲを取り除くが如くです。

そのためには、治療中に、治療部位に唾液が混入することは防がなくてはなりません。また、むし歯を取り残してはいけません。それにはラバーダムをマイクロスコープが必要です。

詳しい治療の様子は上段の動画をご覧ください。
当院ではマイクロスコープを使用して、徹底した歯科治療を行います。一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療が当院の目標です。

メール相談 歯科歯医者 かみあわせ 根管治療 神経を残す治療 マイクロスコープ

 

 

 

1 2 3 4 5 6 75