MTAセメント

根管治療になくてはならないものとして定着した「MTAセメント」

MTAセメントの主要成分は、アルミン酸3カルシウム、シリケートオキサイド、酸化ビスマス、ケイ酸3カルシウムなどです。水と練和すると水酸化カルシウムを発生させ、その薬効が期待できます。高アルカリ性であることから、抗菌性を周囲に示し、硬組織産生を促進、ヒドロキシアパタイトを形成します。

むし歯は唾液中に存在する「菌」が歯の内部=根管に侵入感染する病気です。
このような、抗菌性をもつ材料は根管治療に有用な材料といえるでしょう。

適応症について、米国歯内療法学会(AAE)の記載によると、
「(訳文)MTAは逆根管充填材、穿孔修理や覆髄時、また根尖が広がっている歯の根尖部のバリアーとして用いられるセメント様の材料である」となっています。

宮崎歯科医院では、このような抜かなくてはならないといわれる難症例に対して、患者様に説明させて頂いた上で使用いたします。

しかしながら、MTAは根管治療の成功率を上げるひとつの因子であり、絶対要因ではありません。

MTAセメントを使用するには、
適応症の選択、使用環境、診断基準、術式を厳重に守ることが必要となるでしょう。

当院では、 ラバーダム防湿をしたうえで、マイクロスコープもしくは拡大鏡(10倍)で施術を行います。

抜歯してインプラント治療をする前に、全力で歯を残す。とても大切なことです。



神谷町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。

インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、顎関節症、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)麻酔、治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。舩井(船井幸雄)先生の良い歯医者 名医としてホームページや著書にて紹介された経緯をもつ。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!