トップページ > インプラントのブログ > 根管治療後に抜歯してインプラント

根管治療後に抜歯してインプラント



根尖病変と歯ぐきの腫れを主訴として拝見した患者さま。

歯ぐきの腫れの原因は根尖病変根管充填材も歯根先端より飛び出てしまっており、それが感染源となり周囲の歯槽骨を溶かしていました。

このような症例では腫れ以外、あまり痛みを伴いません。患者さまにご説明し、消炎処置前提の根管治療を行いましたが症状は緩解しなかったため、抜歯のご説明をさせていただきました。

適切な根管治療を行っても、治らない歯もあります。
そうような時は、さらなる炎症拡大を防ぐためにも「抜歯」が最適な治療法となります。

本症例では、病変も大きかったため、歯根端切除術の適応外でした。そのため、
抜歯と同時にソケットプリザベーションを行い経過を観察しました。後に患者さまよりインプラント治療のご希望をいただき、手術をおこない、本日上部構造をセットしました。当院では上部構造は原則スクリューリテイン方式


本症例のように、まずは根管治療を行い、歯を抜かないようにする。その後症状が改善しない場合は歯根端切除術を行い、さらに歯を抜かないようにしつつ、周囲歯槽骨を無くさないようにする。それでもダメならば、ソケットプリザベーションor抜歯即時埋入インプラント手術に移行する。

当院では、根管治療にだけ頼るのではなく、その後を見据えた治療が必要であると考えています。それにはエンド―インプラントロジーの考え方が必要です。徹底した根管治療(エンド)で残せなかった場合は、すみやかにインプラントできるような環境づくりを口腔内につくっておく、これがとても大切です。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。