インプラントと健康 内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関歯医者


写真の患者さまは、右上奥歯にブリッジを装着されていましたが、ブリッジがお食事中に外れてしまい来院されました。

拝見すると奥歯はむし歯になっており、縦に2つに割れていました。10数年前に治療したブリッジとのこと、これまで長く頑張ってくれた歯ではありますが、縦にわれた際は、抜歯が必要です。

抜歯してそのままではいけません。

奥歯でしっかりかめることは、全身の健康に寄与します。

働き盛りの壮年期(30代・40代・50代)の奥歯の喪失は、「軟食に伴う炭水化物と脂質の過剰摂取」につながります。
壮年期は働き盛り、食べなくては働けません。40代、50代の歯の喪失は、カロリー摂取過剰による肥満へとつながり、心臓病・高血圧・糖尿病へとつながります。

また老年期(60代以降)の歯の喪失はどうでしょう?
老年期はカロリーを必要としないことから、炭水化物や脂質を摂取しない代わりに、カロリー不足となり痩せてしまいます。食べれても炭水化物などの軟食傾向に偏るために、全身の健康被害へとつながるのです。

現在、片方の奥歯がないくらいで死ぬことはありません。しかし、栄養摂取には多大なる支障をきたしており、積み重なって成人病を抱えていらっしゃる患者さまが日本にはとても多いのです。

自分の歯でしっかりかめるように、炭水化物や脂質に偏ることなく、タンパク質やビタミン・ミネラルなどを多く含んだ緑黄色野菜を「自分の歯で咀嚼」できるように、しっかりと治しておくことの大切さを上写真の患者さまにはご説明させていただいております。

本症例において、治療法は様々です。
理想としては2本のインプラントへ埋入し、しっかりとかめるようにすることでしょう。
には通常のインプラント手術が可能ですが、は抜歯の際に注意が必要です。抜歯時のソケットプリザベーションを施し、後にインプラント手術をする方法がベストではないでしょうか。
いま、抜歯しなくてはならない歯を抱えている患者さまはお気をつけください!


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。