投稿者「mdcweb」のアーカイブ

審美歯科 オールセラミックス 前歯 (港区新橋虎ノ門内幸町日比谷の歯科)


上顎前歯の再根管治療後、歯に負担の少ない土台「ファイバーコア」を植立し、精密にあわせた仮歯を装着した患者様の型どり動画です。

型どりの前には、歯肉を健康な状態に仕上げなくてはなりません。精度の高い仮歯を装着することで、歯肉は正常で健康な状態に戻ります。この状態でオールセラミックスの型どりを行います。

肉眼ではなく、マイクロスコープを使用することで、肉眼では診ることのできない「精度の高い治療」をすることが可能です。

前歯はその方のパーソナリティーを決めかねない大切な部分。
顔貌の審美性にも影響を与えるため、妥協なき治療が求めらて然るべきでしょう。

当院ではやり直しのない、一生に一度の歯科治療を目指しています。
日々精進です。

神経取った歯が痛む (都内新橋内幸町虎ノ門の歯医者)

10年以上前に銀の詰め物をした歯が時々腫れるということで来院された患者様の下顎大臼歯症例です。来院時はほぼ無症状でしたが、これまで体が疲れると腫れて痛むことを繰り返されており、心配なため当医院を受診ご相談されました。外すと歯の中はむし歯となっており、以前に神経の治療をした跡が認められました。

上に再根管治療初回時の治療の様子を動画でご説明いたします。ご参考ください。

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。

ラバーダムを装着し、歯面を消毒した後、再根管治療に臨みます。歯の内部のむし歯は、専用の染色液を使用してむし歯を染色し、徹底的に除去します。

歯の内部のむし歯はかなり進行した状態でした。根管治療も不十分。感染が残っている状態では治癒しません。上写真 左が肉眼の5倍、右が肉眼の12.5倍拡大のマイクロスコープが像です。5倍ですら良く見えない根管内の状態。根管治療に限らず、歯科治療は、「細菌の感染を駆除する」治療です。当院では、すべての治療において「拡大視野」で治療に臨みます。5倍、10倍の拡大鏡、マイクロスコープを用いて治療に臨みます。

当院ではマイクロスコープを2機、常設。すべての治療に使用します。保険・保険外治療の隔てなく使用しています。

繰り返しむし歯を染色する液を使用して、徹底的に感染を取り除きます。これにはラバーダムとマイクロスコープが必要です。健全な部分は削りません。むし歯の染色液では染まらない感染部位もあります。歯の硬さ検査を行い、むし歯を除去します。

徹底的に除去した後は、薬液(次亜塩素酸)を使用して洗浄し、歯の内部を無菌化します。(洗浄の様子は上動画をご参考ください)治療後は、根管内に水酸化カルシウムを貼薬し、経過を観察します。本症例で2~3回の来院で根管治療は終了です。

歯医者さんの治療は、なにをしているかわからず、ちゃんと治療してくれているのだろうか?と不安になることもあるでしょう。当院では、術前・術中・術後の記録を撮りながら治療を進めています。緊張してしまう歯医者さんではありますが、少しは安心できるよう日々精進しています。お困りの際はご相談くださいね。

 

 

 

根管治療 神経の治療 自費vs保険の違いとは?(都内港区新橋虎ノ門内幸町日比谷の歯医者)


他院で深いむし歯の治療をされた患者様の症例。部位は上顎大臼歯。1回で治療は終了されたとのこと。来院時、噛むだけでも痛みがあり、なにもせずとも強い鈍痛を感じる状態でした。レントゲンを診ると神経(=歯髄)に至るむし歯にプラスティック樹脂が詰めてありました。

前医での治療の内容を伺うと、ラバーダムや拡大鏡・マイクロスコープは使用せずに治療されていたとのことでした。上顎の大臼歯、口内でも一番奥でミラーを介してやっと診ることのできる歯。肉眼での治療は大変困難を極めます。

樹脂を外すとむし歯が取り残されています。

これでは痛かったことでしょう。むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。むし歯の治療で「歯を削る」目的は、「感染を取り除くこと」です。むし歯の細菌に感染した部分は徹底的に削り取らなければ治りません。健全な部分は徹底的に残すこと、これも大切です。これにはマイクロスコープや拡大鏡が必要となり、無菌的な治療には、治療中の唾液の混入を予防する「ラバーダム」が絶対となります。

上右写真は、樹脂と表層のむし歯を取り除いた状態です。プラスティック樹脂を取り除くと神経(=歯髄)が露出していました。

神経(=歯髄)のある歯の内部のスペースを「根管」といいます。この根管内に、水風船のようなピンク色の「神経(=歯髄)」が存在します。

健全な神経の場合、むし歯を削り神経に到達すると、血流のある神経からの出血が認められますが、本症例では認められませんでした。

「細菌感染し、神経の死んでしまっている(歯髄壊死)」場合は、根管治療が必要です。痛みがあろうがなかろうが、細菌感染を取り除かなければ病状は進行します。早々の根管治療が必要です。


ラバーダムを装着し、歯の表面についた細菌を洗浄消毒したのちに根管治療に臨みます。本症例のように、術前にかんで痛みがあるは、その当日に積極的に歯根の先端にまで至る根管治療は術後の持続的な痛みにつながります。

本症例は3~4つの神経があります。その根管孔を明示し、水酸化カルシウムを貼薬し、本日の治療は終了です。2~3回の根管治療で終了となる予定です。

治療後、患者様より前医での治療は「自費(保険外)」治療であったことをお聞きしました。この杜撰な治療が保険外治療と聞き、大変残念でなりませんでした。

当院では保険治療、保険外治療に関わらず、治療のコンセプトは変えません。マイクロスコープも必要であれば、保険・保険外に関わらず使用します。別途費用は必要ありません。お困りの際はご相談ください。

一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指し日々精進しております。


腫れて噛むと痛い (神経の治療 都内新橋日比谷内幸町虎ノ門の歯医者)


他院にて深いむし歯の治療を受けた患者様。
部位は下顎の第一大臼歯。奥から2番目の歯となります。治療後徐々に痛むようになり、来院時は噛むと痛みがあると同時に歯ぐきが腫れていました。

レントゲンを撮影、拝見すると、歯の神経にまで到達するプラスチック樹脂が認められます。①と②の歯を比較して頂くとそれが分かるかと思います。歯は3層構造です。表層からエナメル質→象牙質→神経という構造で、レントゲンでは硬いものがより白く、軟らかいものがより黒く写しだされます。骨が黒く写るということは(黄色矢印)、炎症が骨に認められるということです。

本症例では、術前のCT画像にて周囲歯槽骨への炎症所見が認められました。このような場合、神経(=歯髄)が深いむし歯による細菌感染により「壊死」していることが疑われます。患者様にご説明させていただき、ラバーダムを装着、マイクロスコープを用いて治療に臨むこととなりました。

上写真はプラスチック樹脂を外し、取り残されていたむし歯を除去した後の歯の内部です。健康な神経(=歯髄)であれば、この時点で「出血」が認められます。しかし本症例では認められませんでした。これは神経(=歯髄)の血流が無いことを意味しており、歯髄壊死が疑われます。歯髄壊死の原因は、細菌の感染です。

残せる神経(=歯髄)は徹底して残します。残せる神経とは、「感染のない神経」であり、「壊死していない神経」です。これは、マイクロスコープによる歯髄の視診で判定することが可能です。

上動画は本症例の治療中を記録解説した動画です。

当院では一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療を目指し日々の治療に臨みます。それは細菌感染の徹底除去が必要不可欠です。日々精進です。

 

 

開院 院内ご紹介 治療コンセプト

1月7日に新医院を開院いたしました。

関係者の皆さまには大変お世話になりました。素晴らしい医院が出来上がりました、ありがとうございました。

拝受致しました御恩をこれからの診療に生かし、精進してまいります。今後ともよろしくお願い致します!

皆さまより素敵な沢山の御花を頂きました。本当にありがとうございます!

新医院の広さは、虎ノ門の旧医院の約2倍、約50坪です。
治療ユニット数は5台。そのうちの2台にはマイクロスコープを常設し、手術室とし特別診療室を設置いたしました。すべて個室診療室が窓側に設置されていることから、開放感のあるリラックスできる診療室となっています。

滅菌設備は世界最高レベルのクラスB準拠の高圧蒸気滅菌機を2機用意しました。治療に使用するタービン(歯を削る機器)を滅菌するための滅菌機器も用意。使用した治療器具の自動洗浄機など、最新設備で患者様の治療に臨める環境が整っています。

CT(歯科用3DCT)は今まで同様に常設。今後はレントゲン画像をすべてデジタル化にすべく、レントゲン設備をバージョンアップしていきます。

マイクロスコープは、Leica社製 歯科用顕微鏡 Leica M320 F12を2つの診療室にそれぞれ常設。精密なる歯科治療を実現します。

治療ユニットにはCT・レントゲン・メドバイザー(患者様説明用ソフト)をみることのできるディスプレイに加え、マイクロスコープで撮影した静止画・動画をみることのできるディスプレイも用意。治療前・中・後のご説明に役立て、わかりやすい歯科治療を実現します。

しかし、何と言っても当院の一番の特徴は、明るいスタッフです。明るく優しい当院のスタッフに患者様は心がやわらぐようです。

当院の治療のコンセプトは「一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療」です。
このためには徹底した歯科治療で臨むことが大切です。
徹底すべきは「無菌的配慮」です。

むし歯や歯周病は唾液中に存在する細菌の感染症です。
感染部位を取り去り、再感染しない環境を口内に構築すれば、治癒します。

このためには最高レベルの滅菌機器とマイクロスコープが不可欠となるのです。

 

当院における具体的な治療方針は以下の通りです

まず予防。そして早期発見早期治療です。
そのためには患者様には当院との永いお付き合いをお願いしております。

しかし、むし歯が深く進行した場合は、「神経を残す治療」です
徹底して神経を残す治療を行います。簡単には神経を取り去りません。

残念ながら、むし歯の進行が深く、「神経が死んでしまった(歯髄壊死)」場合は、適切なコンセプトに基づくマイクロスコープ根管治療が必要です。神経を取ることは怖いことではありません。適切なコンセプトに基づき、適切な治療環境を整えて治療に臨めば大丈夫!

しかし根管治療でも治癒しない症例があるのも事実です。その際は、歯を抜くのではなく、「歯根端切除術」で歯を残します。

それでもダメならば、歯の周囲歯槽骨を無くす前に、「抜歯即時インプラント手術「ソケットプリザベーション」

歯を抜かざる得なくなった場合、「両隣の歯を削りブリッジをかぶせる」「残っている歯に引っ掛けて使う入れ歯」は残っている歯に負担を強いる「古い治療法」です。当院ではおススメいたしません。これ以上残ってい歯を失わないためにも、歯に優しい治療法を選択すべきではないでしょうか。

このようなすべての局面において、「かみあわせ」への配慮が必要不可欠な知識となります。すべての局面のおいて「かみあわせ」への配慮をしつつ治療に臨みます。

 

 

神経が死んでいる 根っこの治療 先が黒い(都内港区千代田区新橋内幸町虎ノ門霞ヶ関神谷町)

全く症状はなく、他の歯の治療を期に、全体のチェックと治療をご希望された患者様。

上顎前歯には以前にプラスチック樹脂を詰めた形跡があります。

レントゲン写真では、歯根の先に黒い影が認められます。CTではさらにはっきりと明確にそれが認められます。
このような場合、3つのことが推察されます。

① かみあわせの力が過剰にかかっている。
② むし歯により神経が炎症をおこしている。
③ むし歯により神経が死んでしまっている。

本症例では③が強く疑われましたが、神経が生きている可能性もあります。いずれにしても、「むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症」です。ラバーダムをして治療に臨みます。

むし歯は神経に到達していました。

もし神経が生きていれば、神経のある「根管」から出血が認められますが、本症例ではそれがあり
ません(動画をご参照ください)。そのため、壊死した歯髄を取り除くべく根管治療を行いました。次回で根管治療は終了です。


 

 

歯の根に膿、死んでいる、神経抜く?回答

こんなお問い合わせを多くいただきます。

「歯の根の先に膿がたまり、歯の神経が死んでしまっているため神経を抜かなくてはいけないと言われました。電気を通して神経が生きてるか確認する検査をして、神経が死んでいることが分かったのですが、もうこの場合は神経を抜いてしまうしかないのでしょうか?」

「神経を取る」という言葉には重みがあり、決断に苦渋し、痛みがないならそのままでも・・・と考えてしまうことも多いようです。

大変多くのご質問をホームページの問い合わせ画面よりいただきます。
回答させていただきました内容を下に列記させていただきます。
ご参考いただければ幸いです。

―上記「」内のお問い合わせに対する回答―

〇レントゲンで根尖に透過像(黒く見える)があったとしても、神経を残す治療を行った症例がございます。詳しくはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22440

〇実際に拝見させていただき、症状や病状、CTやレントゲンなどの診査を行うと、詳しい現状のご説明と対処法がご説明可能です。

〇「神経を残す治療」や「根管治療」など、日々の当院施術症例につきましてはこちらに供覧させていただいております。ご参考になれば幸いです。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17366

〇電気歯髄診断器で反応が無い場合、歯髄(=歯の神経)が壊死している可能性は高いといえるでしょう。当院でも歯髄壊死の確定診断に電気歯髄診断機を使用しています。

歯の神経が死んでいるということは、「細菌感染」していると考えられます。

神経が死んでいる(=歯髄壊死)歯には、血液供給がないため、神経を残しておく意味がありません。放置すると感染が拡大します。そのため、神経が死んでいる場合は、感染を取り除くため、これ以上の感染拡大を早期予防するためにも根管治療が必要です。

無菌的に徹底した根管治療を行うと、予後は良好です。神経を取った歯は脆くなるという説がありますが、必ずしもそうではありません。

神経を取った歯の寿命についてはこちらをご参考ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22450

歯の神経をとるデメリットについてはこちらをご参考ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22462

徹底した治療を行うこと、感染症に対して無菌的な処置を徹底することで、根管治療は恐れるに足らずです。これにはラバーダムとマイクロスコープが不可欠でしょう。

根管治療とは、神経を取るちりょうではありません。
神経のある根管内に感染した細菌を取り去る治療です。結果、神経を取り去りますが、目的は「細菌感染を取り除くこと」。

体内に細菌が感染したら、皆さん迷わず取り去るはずです。それは、放置したら感染は拡大していくのを知っているからでしょう。

歯も全く同じなのです。早期発見、早期治療。徹底した歯科治療でやり直しのない、一生に一度の歯科治療を日々目指し、当院は精進します。

 

診療は12/21(金)まで

新たな医院への移転に伴い、本年診療は、12/21(金)までとさせていただきます。
ご通院中の患者様におかれましては、ご不自由をお掛けいたしますがよろしくお願い致します。

尚、電話が一時不通となる場合がございます。お困りのことなどございます時は、当院のホームページ問い合わせ画面よりご連絡頂ければ対応させて頂きます。

来年は1/7(月)より新医院にてスタートです!よろしくお願い致します!

 

歯 神経 取らない方法 (都内港区新橋虎ノ門内幸町千代田区日比谷の歯科)


強い痛みはなく、食事でしみる程度の左下第2大臼歯の症例です。根管治療(神経の治療、根っこの治療、歯内療法)の可能性を他院にて説明を受け、当院を受診されました。

むし歯は非常に深く、神経(=歯髄)にまで到達していました。右写真のピンクに染色している箇所が「神経」です。

このような神経に到達した状態を「露髄」といいます。

『露髄した場合は根管治療が必要』と判断するのが普通です。誤りではありません。

しかし、むし歯は「唾液中に存在する細菌の感染症」です。感染を取り除けば、たとえ痛みが在ったとしても治癒します。

本症例では、感染により部分的に壊死した歯髄を除去し、MTAを貼薬する「部分断髄法」を適用し、根管治療をすることなく、神経を温存しました。

この治療には、露髄部を精査するための「マイクロスコープ」と無菌的に治療を進めるための「ラバーダム」が不可欠です。

むし歯は、唾液中に存在する細菌の感染症です。無菌的配慮の成否が、治癒の成否を決定します。徹底した歯科治療でやり直しのない一生に一度の歯科治療を!当院の目標です。

治療の詳細は、上動画をご参照ください!

 

 

 

移転・新医院スタートのお知らせ

この度、宮﨑歯科医院は移転することとなりました!

現医院での診療は12/21(金)をもって終了いたします!

来年は1/7(月)より新しい医院にて診療をスタートいたします!

新医院は、都営三田線内幸町駅より徒歩30秒。
新橋駅のSL広場から3分ほどの立地となります。
虎ノ門駅からも8分程です。

すべての機器を最新に。医院の大きさも約2倍に拡大します。
スタッフ一同、笑顔でお迎えいたします。

引き続きのご愛顧をよろしくお願い致します!


新医院住所
〒105-0004 東京都港区新橋2-12-1 ランディック第3新橋ビル4階

電話番号
03-3580-8110(電話番号に変更はございません)

年末、当院引越しなどでご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い致します。

ご通院されている患者様におかれましては、お困りのことなどございますときは、「当院ホームページの問い合わせ』よりご相談くださいますようお願い致します。

1 2 3 4 5 6 125