投稿者「mdcweb」のアーカイブ

歯の神経をできるだけ残す⇒根管治療《歯髄壊死+不可逆性歯髄炎》

セラミックインレー装着後より違和感のあった患者様。部位は、下顎第1大臼歯です。

本動画は、その治療の様子です。神経を残したい!でも痛みがある患者様はぜひご参考ください

病状の詳細は以下の通りです。

患者様のご希望は、「できれば神経を残したい」とのことでした。
症状は、はじめ冷たいものがしみて違和感がありました。いつも痛いということはなく、なにもせずともジワーっとするような違和感に似た痛みでした。
最近になって、その痛みの頻度と強度が強くなり、温かいものがしみて痛むようになったとのことです。以前は痛かった冷たいもので痛みが和らぐ感じもあったとのことでした。

歯は3層構造噛んだ時の痛みは無く、食事では問題なくできていたました。
歯ぐきの腫れなど、他、気になる症状はなく、鎮痛剤を服用したこともありませんでした。

むし歯は唾液の中にある「細菌」が、歯に感染し、歯を溶かしながら内部へと感染を拡げていく病気です。

感染症は、感染を取り除けば治りますが、失った歯は元には戻らないため人工的に修復する必要があります。

感染の進行度合いにより、治療法は異なり、また感じる症状も変わります。

神経を残せるか否か 根管治療は必要か その症状から診断名と治療法をチェック

本症例は、術前に「温かいものがしみる」ようになっていました。上表に照らし合わせると、根管治療が必要な症例といえます。しかし、鎮痛剤の服用は無かったため、なんとか神経を残せないか?と臨んだ症例です。

深いむし歯患者様には根管治療が必要となる可能性を説明した上で、治療に臨みました。

この歯には3~4の神経が在ります。
そのうちの1つが不可逆性歯髄炎であり、2つが歯髄壊死となっていました。
結果、根管治療となってしまい残念ではありますが、感染を取りきれたことは、この歯の今後にとって、大きな一歩です。

むし歯は感染症です。
感染して死んでしまった神経を残しておいても、さらに感染を拡大するばかりでなく、痛みも治まりません。

マイクロスコープとラバーダムを装着し、適切なコンセプトに基いた根管治療を行えば、歯は永く永く残ります。

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

神経は残せるか否か?根管治療は必要か?

間接覆髄法 直接覆髄法 部分断髄法 根管治療 のむし神経を残す治療 できるだけ削らない治療 できるだけ神経を残す治療 歯の進行度合いを図で説明

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要むし歯は唾液中に存在する「細菌」が、歯を溶かしながら内部へと感染を拡げる病気です。治療法は、感染部分を削り取ることになります。

その感染の拡がり・深さによって、治療法が異なります。
上図は、むし歯の広がりと、それに対する治療についてです。

詰める治療とは、インレーやコンポジットレジン樹脂で削った部分を補う治療法です。

間接覆髄法とは、神経に近いところまで削った後に、神経を保護する「覆髄材」を貼薬し、歯の神経を残す・温存する治療法です。

直接覆髄法は、むし歯を削り、露出した神経(露髄といいます)に直接、覆髄材を貼薬し、歯の神経を残す・温存する治療法です。

部分断髄法は、感染した神経(=歯髄)を一部取り去り、そこに覆髄材を貼薬し、歯の神経を残す・温存する治療法です。

根管治療は、感染した神経をすべて取り去り、歯を保存する治療法です。

歯の神経をとる デメリット 神経を残す取らない抜かない方法治療法根管治療根っこの治療 神経の治療 どんな治療?何をしているの?詳しく知りたい 動画で説明 

神経を残せるか否か 根管治療は必要か その症状から診断名と治療法をチェック

むし歯の進行度合いに従って、歯の神経は、「細菌の感染」により、徐々に炎症を起こし、「しみる」「違和感」「痛む」といった症状を強く感じるようになります。(表の上から下にいくに従い、むし歯が深く進行していることを示しています)

神経を残す取らない抜かない治療法 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTA歯の神経は、炎症を起こすと、徐々に死んでいきます。

軽い炎症の場合は、むし歯を削り取ることで治まります。これを「可逆性の歯髄炎」といいます。進行すると、その炎症は治まらず、神経が徐々に死んでいきます。

これを「不可逆性の歯髄炎」、「歯髄壊死」といいます。

可逆性の歯髄炎であれば、神経は残せます。
不可逆性歯髄炎・歯髄壊死は、根管治療で壊死組織や感染部分を取り去る必要があります。

上表には、その時の症状を詳細に記載しております。
ご自身の現在の症状と照らし合わせていただくと、必要な治療が分かるでしょう。

マイクロスコープ&ラバーダム根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

 

 

歯の神経をできるだけ残す治療 MTA

レントゲンンで神経に近い、深いむし歯が認められ、根管治療(根っこの治療、歯の神経を取る治療)を説明された患者様。歯が欠けており、しみる症状はあるものの、痛みは全くありませんでした。

本動画は、その歯の治療の様子です。
マイクロスコープを活用して歯の神経を残す治療を行いました。
術式は、一部感染した神経(=歯髄)を取り去る部分断髄法です。

直接覆髄法 断髄法 神経を残す治療 神経を取らない治療 都内内幸町新橋虎ノ門港区千代田区霞が関日比谷の歯医者歯科
むし歯治療は、感染した部分のみを取り去れば治ります。

むし歯 細菌の感染症 根管治療 ラバーダム マイクロスコープ 神経を残す取らない抜かない治療
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。細菌が歯を溶かしながら内部へと深く感染・侵攻する病気です。

そのため、細菌感染を取り残すと、治りません。そのまま銀歯などを被せると、痛みや違和感などの症状が続きます。

マイクロスコープ&ラバーダム

再発のない、やり直しのない「むし歯治療」には2つのポイントがあります。この2つ+1つを徹底すれば、むし歯の再発はないでしょう。

① むし歯を取り残さない
② 削った部分を精密にかぶせる
③ 定期的な歯医者さんでのクリーニングとチェック

①は、マイクロスコープとラバーダムを用いたむし歯治療。覆髄材にはMTAを使用すること。

②は、マイクロスコープで歯の形を整えて、シリコーンで型どる。隙間のない自然な形のセラミックを使用してかぶせること。銀合金は錆びます、変色・変質・変形しないセラミックが最適でしょう。

③は、定期的な歯科医院でのクリーニングです。

この3つのうち、1つでも欠けてはいけません。
むし歯は目に見えない細菌の感染症です。徹底した無菌的治療が、治療の成否を左右します。

当院ではマイクロスコープを活用した精密歯科治療を心掛け、日々の臨床に取り組んでいます。

マイクロスコープとラバーダム 都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者日比谷 根管治療神経の治療根っこの治療歯 セラミック 違い 保険と 精度 キレイ 後悔 審美 都内内幸町新橋虎ノ門神谷町日比谷千代田区有楽町 歯科歯医者 神経を残す治療 ④

 

 

 

 

 

再発のない歯の「根っこ」の治療 《メール相談》

《ご相談内容》

はじめまして。再発のない歯の根っこの治療をしてくれる歯医者さんを探しています。患部は2箇所です。

〇 左上 奥から2番目の歯
3年前に神経を取り、薬を詰めて、土台を作りオールセラミックにしました。土台には金属の心棒が入っています。現在の症状として、歯科でCTをとったところ、奥から2番目の歯から伸びる三本の根っこの全てに病巣ができている状態です。病巣はかなり大きく上顎の骨にまで到達しています。また、歯茎には膿が出ている膨らみがあります。

〇 左最前歯
7年前、歯科で治療しました。当時、すでに前歯の歯茎に病巣ができて、歯茎が腫れており、抜かざるを得ないと診断され、インプラントは避けたいということで2軒目に伺った歯科でした。なんとか歯を残すため苦肉の策の処置としては、

NIN部分矯正
歯茎歯肉カット 仮歯

メタルボンドの差し歯

このとき外科的処置として歯の根っこを引っ張り出し短くし薬詰めて土台(コア)というのをいれています。
引っ張り出した根っこは太くて短い状態で②リカテックスという薬を根のいっぱい溢れ出すくらいいれてます。今の症状としては少し根っこが痛く(神経は抜いていますが)歯茎に膨らみある状態です。

上記二本の歯について
③歯を残して治療することは可能でしょうか
④また、治療後、少なくとも10年程度の持ちは望めますでしょうか
また、あわせて以下についてもお答えできる範囲でご回答お願いします。

⑤保険内治療、保険外診療どちらになる見込みでしょうか
⑥目安程度、予算額を教えていただければありがたいです

⑦治療に使用する器具は使い捨てにできますか

更なる悪化を防ぐため、早めにお返事をいただければありがたいのですが、歯を抜いてしまうことは避けたく思っており、非常に神経質になっておりました。急な長文メールで申し訳ございません。何卒よろしくお願いします。

こちらこそ、はじめまして。宮崎歯科医院 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。詳細なるメール、拝読いたしました。大変ご苦労をされて今に至っているご様子をメールより拝察いたしました。頂きましたメール(上記)に番号を付しました。その点につきまして回答させて頂きます。なお、実際に拝見していないため、適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解頂いた上でお読みくださいます様お願い致します。

NIN部分矯正
②リカテックス
私の不勉強かもしれません。この2つの治療法について存じ上げません。そのため、現状がどのような状況となっているのかが推察できず、回答することができず残念です。 

③歯を残して治療することは可能でしょうか。
左上の奥から2番目の歯はメタルコアにオールセラミックスが装着されており、その歯根の先には炎症所見がCTで認められているとのこと。また、左最前歯の治療法は不明ではございますが、歯根を短くし、なんらかの薬剤を歯根先端に貼薬しつつ、メタルコアを植立してある状況とのこと。かみあわせの状況や残存している歯の厚み、歯根破折の有無や歯周病の状況等の情報がないため、歯を残せる否かは、メール本文からは推察することがとても難しい状況です。根管治療が不十分であることだけが原因で、根尖病巣ができているのであれば、再根管治療をすることで症状は緩解するでしょう。

根管治療の成功率について

病状に対する治療法とその成功率」につきましては以下のリンクに表でまとめています。ご自身のこれまでの病歴と症状をご参照の上、ご参考ください。よろしくお願い致します。
https://miyazaki-dentalclinic.com/13407

また「再根管治療の成功率など」につきましてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/13305

④また、治療後、少なくとも10年程度の持ちは望めますでしょうか。
「根管治療後、どの程度持つか?」につきましては、皆さま心配される内容です。これには残存している歯質(歯の厚み、残ってい歯の量など)やかみあわせが関与します。そのため、根管治療は上手くいっても、かみしめが強く歯が折れてしまう方もいらっしゃいます。何もなく永く使用できている患者様も多くいらっしゃいます。個人差があるといえるでしょう。また、治療後のメンテナンスの有無、ナイトガードの装着なども関連いたします。当院では適切な治療コンセプトに基づき根管治療を行っております。これは「治療の成功をお約束する」ものではないのが現状です。治癒の良好な方もいらっしゃれば、治癒が不良な方もいらっしゃいます。

⑤保険内治療、保険外診療どちらになる見込みでしょうか。
当院は保険医療機関のため、基本保険診療で治療に臨んでおります。現在の保険医療制度は1970年代の頃をほぼ変わりありませんが、歯科治療は日進月歩進歩しているため、保険治療での限界があるのも現実です。詳細は以下のリンクに説明させて頂いております。ご参考くださいます様お願い致します。

https://miyazaki-dentalclinic.com/23190

保険と保険外(自費)の根管治療の違いについて わかりやすく説明

⑥目安程度、予算額を教えていただければありがたいです
根管治療に関する目安は上記リンクをご参照ください。また、補綴治療(クラウンやインレーなどの人工歯)の保険外治療費用につきましては以下のリンクをご参照ください。保険治療費用につきましては全国一律となっております。
https://miyazaki-dentalclinic.com/wp/wp-content/uploads/6ff7e8c77aac25ec52a483075388dcc34.jpg

自費治療(保険外治療)が必要、またはより良好な結果が得られる可能性がある場合は、事前にご説明させて頂き、ご理解・ご希望があった場合に限り、治療に臨ませて頂いております。

初診は保険診療で拝見しております。だいたいではございますが、4000~5000円程かと思います。
CT(\3,500-)等撮影させて頂く場合は、あらかじめご説明させていただき、ご同意頂いた上で撮影させて頂いております。また当院には大変多くの初診の患者様が来院されております。

1)1人でもお困りの多くの患者様を拝見させていただきたいこと
2)診査診断の上、治療に臨むことが治癒への近道であること

この2点より、初診時は当院でトレーニングされた歯科衛生士2名が問診と基本検査を行い、そのデータに基づき歯科医師の推断・総括のもと、今後の可能性ある治療法などにつきましては歯科衛生士に一任し、ご説明させて頂いております。時間にして約1時間です。そのため、初診時に、歯科医師が治療を行うことはございません。(※応急治療時はその限りではございません。)ご来院される際は、あらかじめご理解・ご協力いただけますよう切にお願い致します。

以下に初診の流れについてご説明させて頂いております。ご来院される際は必ずご一読ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

⑦治療に使用する器具は使い捨てにできますか。
https://miyazaki-dentalclinic.com/23190

根管治療に関する器具をすべてディスポーザブルにする場合は保険外治療(自費治療)とさせて頂いております。

回答は以上となります。
患者様にとって適切な回答、少しでもご参考になっていれば幸いです。
よろしくお願い致します。宮崎

わかりやすく説明 歯医者

マイクロスコープ&ラバーダム

宮﨑歯科医院 アクセス 地図

 

 

 

 

 

 

 

 

銀歯 痛い しみる 違和感 なぜ? 神経を出来るだけ残す治療とは?

他院にて銀歯装着後よりジーンとした違和感・痛みのある患者様。
鎮痛剤を飲むほどではないものの、痛みがおさまることはなく、「担当医の先生からは、徐々に慣れてきますよ」とのこと。

心配になりインターネットを調べて当院にご相談、ご来院いただきました。

本動画で以下の事に回答しています。
・本症例の痛みの原因について。
・本症例の治療の様子。術式はマイクロスコープを活用したMTA直接覆髄法。
・神経を残した後はどのようになるのか?精密な補綴について。

本症例のようなインレー装着後・治療後の痛みや違和感、冷水痛の原因は2つです。
① むし歯が取り残されている
② 覆髄材が接着していない

神経に近い・深いむし歯治療の際、そのむし歯を取り除くにはラバーダムとマイクロスコープが不可欠です。本動画をみて頂くと、その重要性がよく分かるでしょう。
肉眼では見えません、マイクロスコープが必要です。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要
むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。むし歯を取り除いている最中に、唾液が患歯に混入・接触することは、治癒を阻害するばかりでなく再感染の機会を与えかねません。ラバーダムは必須の治療環境といえるでしょう。

またラバーダムのない状態では、神経を保護する覆髄材は適切に接着・硬化しません。
その覆髄材も、現在ではMTAが最適であることが世界的文献からも明らかです。

マイクロスコープでむし歯を取り残さず、ラバーダムとMTAでしっかりと覆髄することで、深いむし歯治療に関わらず、神経が露出(露髄)した症例でも神経は残せます。

むし歯治療には2つのポイントがあります。
1)上記のようにむし歯を取り残さないこと
2)その後は感染させないように精密にかぶせること(=補綴)

本動画ではその精密補綴についても言及しています。
ぜひご参考ください。

マイクロスコープ ラバー―ダム 根管治療 神経残す治療 都内港区新橋汐留内幸町霞ヶ関虎ノ門 歯科歯医者メール相談 歯科歯医者 かみあわせ 根管治療 神経を残す治療 マイクロスコープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神経近い 冷たいもの熱いものしみる 神経を残したい《メール回答》


《ご相談内容》

こんちには。右下の4番を3週間ほど前に治療したのですが、神経に少し近いところまで触りました。現在の状態で、冷たいものや熱いものがしみ、なにもしてなくても時たま違和感があります。激痛が走ることはないのですが、今後、神経を残したままケアすることは可能でしょうか?

《回答》

はじめまして。宮崎歯科医院 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。
回答させて頂きます。実際に拝見していないため、適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解頂いた上でお読みくださいます様お願い致します。

いくつか質問させていただきながら回答させていただきます。
「神経に少し近いところまで触りました」
⇒その際に、ラバーダムなどの無菌的配慮はなされていましたか?

(むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症であるため、神経に近接する深いむし歯治療の際や、根管治療の際、治療中に患歯(処置している歯)に唾液が混入・接触することは、治癒を阻害するばかりでなく再感染の機会を与えかねません。この配慮が為されている治療であるか否かは、その治療の妥当性を評価する1つの基準となるため、この質問をさせて頂いております。)

 


また、担当して頂いた先生は、拡大鏡ルーペやマイクロスコープは使用されていましたか?
現在はどのような状況にありますか。

1cmにも満たない歯の内部のむし歯の有無は、肉眼では精査不可能であると当院は考えています。

当院の神経を残す治療のブログをご一読いただくとご理解いただけるでしょう。むし歯が残存がないか?を徹底して診査しているのか否かを知るために、この質問をさせて頂いております。)

 

・むし歯治療後に、冷水痛と違和感の原因は?なぜそれが起きたのか?
・歯を深くまで削ると、違和感や痛みが残るのはショウガナイことなのか?
・歯の神経を残す、歯の神経を抜かない治療法は??

これらの事につきましては、以下のリンクで動画でわかりやすく説明をさせていただいております。ぜひご参考ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/24552

また、現在感じていらっしゃる症状から、根管治療(神経を取る治療)が必要か否かを推測する方法があります。

これについては以下のリンクをご参照頂き、ご自身の症状と照らし合わせてみてください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22012

回答は以上となります。
患者様にとって適切な回答となっていれば幸いです。
よろしくお願い致します 宮崎

※当院の初診の流れ 必ずご一読ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

宮崎歯科医院 youtubeチャンネル チャンネル登録お願いします

マイクロスコープ&ラバーダム

根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 

 

 

 

 

歯根に穴 抜歯と診断された歯を残す 根管治療

根管治療したけれど痛い 歯ぐきが腫れているしみることから根管治療となり、治療後の痛みや違和感が治まらず、担当医に相談すると、痛みが治まらなければ抜歯と説明されたたた当医院を受診・相談されました。

痛む歯は、下顎の第1大臼歯。奥から2番目の歯です。

本動画は、そのCT診査の様子、1回目の根管治療の様子について解説しております。

まずは術前にレントゲンやCTを撮影し、患歯を診査しました。

CT立体画像所見 周囲の歯槽骨が失われている 原因は歯根に穴があいていること ストリップパーフォレーション周囲に歯槽骨は失われ、その炎症は大きなものと推察されます。
その原因は何でしょうか?無痛麻酔、ラバーダムを装着の上、再根管治療に臨みます。

歯根の側壁に横に穴が空いている 抜歯を診断された 歯を残す MTAで穿孔部を封鎖する根管内を清掃すると、根管の側壁に穴があいていることが分かりました。

この穴に細菌が感染し、十分な根管治療ができなかったため、この度の症状につながっていると考えられます。

当院では、適切に根管治療を行い、穿孔部を洗浄・消毒し、水酸カルシウムを貼薬。
次回、MTAで封鎖し、この歯の保存に努める予定です。

根管治療は、えんとつ掃除に似ています。

えんとつ内のススをキレイに掃除するように、根管内の細菌感染を洗浄消毒するのが根管治療です。

えんとつ=根管
スス=細菌

この際に、えんとつの内壁を傷つけてしまったり、むし歯が深かったため穴があいてしまうと、そこから煙が逃げ出てしまいます。つまり細菌の感染が拡がってしまうのです。

根管治療 動画で説明本症例はそのような状況が患歯に認められました。

下顎の大臼歯の近心根は非常に見えづらいため、肉眼での治療は困難を極めます。また、お口を開きづらい患者様もいらっしゃるため、器具の到達が不十分となり、このような結果となる症例を拝見することもございます。

マイクロスコープ&ラバーダム
当院では、マイクロスコープを活用し、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指し、日々の臨床に取り組んでいます。

正しいコンセプトとは?適切な治療環境とは?

歯の神経をできるだけ残す治療 MTAセメント

直接覆髄法 断髄法 神経を残す治療 神経を取らない治療 都内内幸町新橋虎ノ門港区千代田区霞が関日比谷の歯医者歯科他院にて神経の治療が必要と診断された患者様の症例です。

部位は下顎第一大臼歯、奥から2番目の歯です。痛みは全くありませんが、レントゲン画像所見では大きなむし歯が認められます。

本動画は、歯の神経を残す治療の実際の様子です。

術式はマイクロスコープを活用したMTA部分断髄法です。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要齲蝕検知液でむし歯を染色むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症の感染症です。

ラバーダムを装着し、治療中に唾液が接触・混入しないよう配慮した上で治療に臨みます。

むし歯か否かは、齲蝕検知液を用いてむし歯を染色し診断します。これにはマイクロスコープの使用が有効です。

露髄 神経に達する本症例は、むし歯を徹底的に取り去ることで、露髄しました。露髄はむし歯が神経に達することを云います。

このような症例では、神経(=歯髄)の一部感染を疑い、部分的に神経を取り除く「部分断髄法」で神経を残します。

その後は神経を保護する覆髄材としてMTAを使用します。MTAは高アルカリ性で抗菌作用を有する優れた薬剤です。

MTA 神経をできるだけ残す歯への接着性を有することから、術後のむし歯予防にも効果的な覆髄材といえるでしょう。

当院では多くの症例で応用し、良好な結果が得られています。

当院ではマイクロスコープを活用して一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指し日々の臨床に取り組んでいます。

歯の神経を残す治療についてわかり易く説明した動画
根管治療 むし歯が神経に達している 根っこの治療 神経の治療 歯内療法 マイクロスコープ  CT ラバーダム 症例 専門医 関東近郊東京都内港区千代田区虎ノ門新橋内幸町霞ヶ関汐留日比谷神谷町銀座 宮崎歯科医院 youtubeチャンネル チャンネル登録お願いします

 

 

 

 

 

 

 

ラバーダムを用いた治療・神経を出来るだけ残す・MTAセメント《問い合わせ》


《ご相談内容》

初めまして。ラバーダムを用いた治療・神経を出来るだけ残す・MTAセメント、などのキーワードでネット検索し、宮崎歯科医院様のホームページを拝見致しました。左の上顎、奥から三番目の歯に仮歯が入っているのですが、当方に確認の無いまま自費診療の高価な被せものをされる予定を組まれ、その医院の治療に不信感を覚えたため、以降の治療…被せものは別の医院様でと、探しております。数日前、他の医院でカウンセリングしていただいた所、仮歯を入れて一年以上経っていることから、内部が虫歯になっている可能性もある、しかし実際に内部を見てみなければ分からないとの事でした。そちらでは、虫歯部分を除去し被せものをする、また虫歯が神経に近い・神経に達しているのであれば神経を抜きコアを立て、被せものをするというご説明を受けました。ご説明が先生ではなくほぼ助手の方からだった事、神経を残すご提案が全くされなかった事から、引き続き他の医院を探しております。宮崎歯科医院様に是非伺いたいと考えておりますが、①初診では、検査やご説明等のみで、実際の治療は二回目以降となりますでしょうか?また、②一度の診察に対してのお時間は、だいたいどの位になりますでしょうか。(仕事を何度も抜けることが難しく、もし可能でしたら、③出来る限り治療のお時間が長くいただけるようでしたら大変ありがたいです)ご多忙の所お手数をおかけして恐れ入りますが、ご返信をいただけましたなら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

はじめまして。宮崎歯科医院 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。お問い合わせいただきました内容に回答させて頂きます。実際に拝見していないため、適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解頂いた上でお読みくださいます様お願い致します。

① 初診では、検査やご説明等のみで、実際の治療は二回目以降となりますでしょうか?
⇒はい。そのようになるかと思います。

詳しくは当院の初診の流れをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

② 一度の診察に対してのお時間は、だいたいどの位になりますでしょうか。
⇒病状・病歴から推察した限り、神経を残す治療あるいは根管治療となるでしょう。

初診時の検査結果の上、その後治療内容やスケジュールの概要は担当の歯科衛生士よりご説明させて頂くこととなります。神経を残す治療となった場合は、2回目の治療はだいたい1時間を頂いております。根管治療となる場合でも同様の1時間を頂いております。

当院の「神経を残す治療」について、残せるか否かについて、マイクロスコープ根管治療についての詳細につきましては以下のリンクをご参照ください。わかり易く解説しております。

宮崎歯科医院 youtubeチャンネル チャンネル登録お願いします

残せる神経、残せない神経(=根管治療が必要な症例)について
https://miyazaki-dentalclinic.com/22037

神経を残す治療について
https://miyazaki-dentalclinic.com/23900

マイクロスコープ根管治療について
https://miyazaki-dentalclinic.com/23892

③ 出来る限り治療のお時間が長くいただけるようでしたら大変ありがたい
⇒患者様のご予定と当院の予約状況により、そのようにさせていただいております。

急なキャンセルなどはご遠慮いただいております。
しっかりとお時間をお取りくださいます様お願い申し上げます。

当院では歯科医師と同等の診査診断能力を有する当院のトレーニングを修了した優秀な歯科衛生士が初診時の診査と患者様へのご説明にあたります。
私も拝見し、診断を致しますが、治療内容に関するご説明は当院のスタッフに一任しております。何卒よろしいくお願い致します。

回答は以上となります。患者様のご心配が少しでも和らげる回答となっていれば幸いです。

以上の詳細につきましては当院の受付スタッフに申し伝えておきます。
ご希望の際は、当院までご連絡ください。03-3580-8110 宮崎

マイクロスコープ&ラバーダム宮﨑歯科医院 アクセス 地図

 

 

むし歯は削る! 削らない治療などない!

神経を残す取らない抜かない治療法 都内港区内幸町新橋虎ノ門霞ヶ関日比谷千代田区歯科歯医者 マイクロスコープラバーダムMTA本動画は、当院の治療方針である「むし歯は徹底的に残さず削る!」を実践した治療の様子です。

治療法は、神経を残す治療法の「MTA間接覆髄法」です。

ラバーダム&マイクロスコープを活用した治療の様子をぜひご覧ください。

マイクロスコープ&ラバーダム

なるべく削らない治療」を謳う歯科医院のホームページをしばしば目にします。

転院していらした患者様からは「なるべくけずらないでください」と切なる希望をいただきます。理由をお聞きすると、次のようなお言葉。

むし歯を削って露髄(=神経に達すると)すると、根管治療が必要になると言われたから。
むし歯を深くまで削ると、あとで違和感や染みるようになると言われたから。
歯の寿命が短くなると言われたから。
深く削ると痛くなると言われたから。

「?」と感じます。

歯の神経(歯髄)を残す・取らない・根管治療しない 東京都内内幸町西新橋虎ノ門霞ヶ関神谷町日比谷有楽町の歯科歯医者 マイクロスコープが必要

むし歯は唾液中に存在する細菌の感染症です。歯の内部に深く進行する細菌の感染症です。感染症は取り去らなければ治らず、取り残すと感染が拡大します。
取り去らなければ治癒しないのが、感染症です。

上記① 当院では露髄しても神経が生きていれば残せます。
残せないのは、神経が壊死しているか、その炎症が治まらない(=不可逆性歯髄炎)の場合です。


上記② 当院では違和感、しみるは残りません。
違和感はむし歯を取り残しているから。マイクロスコープで徹底的に取り除きます。
しみるは覆髄材が接着していないから。ラバーダム装着下でMTAを応用すれば大丈夫で
す。


上記③ むし歯を取り残す方がよっぽど寿命は短くなります。たとえ根管治療になったとしても、そのまま放置するよりは歯の壽寿命は永くなるはずです。

上記④ ラバーダムも装着せず、肉眼で治療していればそのようなことも起こるかもしれません。むし歯は感染症治療です。感染源を取り除けば症状は治まります。

治療中の唾液感染を「ラバーダム」で予防しつつ、マイクロスコープで徹底的に感染部位を削り取る。その後は再度感染させないように精密にインレーやクラウンを装着する。

これで治ります。

適切な診査と診断基準に基づき、マイクロスコープでむし歯を削り、健全部分を削らない。

削るべきを削り取る治療こそ、むし歯治療であり、「なるべく削らない治療」といえるでしょう。

そのためには、その治療法を実践するならば、「マイクロスコープとラバーダム」は最低限必要な治療機器といえるのではないでしょうか。

皆さまの受けている治療、肉眼ではないですよね?

マイクロスコープとラバーダムを活用した精密歯科治療で、一生に一度の歯科治療・やり直しのない歯科治療を目指す。当院の目標です。

歯 セラミック 違い 保険と 精度 キレイ 後悔 審美 都内内幸町新橋虎ノ門神谷町日比谷千代田区有楽町 歯科歯医者 神経を残す治療 ④マイクロスコープ ラバー―ダム 根管治療 神経残す治療 都内港区新橋汐留内幸町霞ヶ関虎ノ門 歯科歯医者