痛みのある歯 神経を残す・取らない治療 (都内新橋港区内幸町虎ノ門歯科)

痛みのある深いむし歯の症例です。ズキズキと痛むことはあったものの、そのときどきだけ。長くは続かず、心配になり他院を受診すると「神経の治療が必要です」と説明され、当院を受診されました。レントゲンをみても明らかな神経近くにまで及ぶむし歯(黄色矢印の先)でした。患者様も根管治療の必要性は自覚しつつも、何とか残せないものかとご相談をいただきました。

「むし歯」は唾液中に存在する細菌の感染症です。感染した細菌を除去することが歯科治療の大目的です。そのためには「ラバーダム」は必須。治療の成否はこれで決まるといっても過言ではないでしょう。

むし歯治療の成否は、「治療中に、無菌的配慮がどれだけ為されているか?」にかかってきます。ラバーダムを装着し、歯面についた細菌をヨードで徹底除菌した上で神経を残すべく治療に臨みます。
「カリエスチェック(日本歯科薬品)」を用いてむし歯を染色します。むし歯は”マイクロスコープ”を診ながら徹底的に削ります。染色されない部分は「健全な歯」です。絶対に削りません。むし歯を取り除くと、神経(=歯髄)にまで到達しました。これを「露髄」といいますが、この状況をもって「根管治療が必要である」とする診断は間違いです。マイクロスコープを用いて、出血部位、出血時間、止血状況、歯髄の状態などを精査し、「根管治療が必要か否か?」を診断します。

上動画は本症例の治療の様子を簡単にまとめたものです。
本症例では、歯髄を1mm断髄、歯髄の血流と止血を確認した上で、MTAで部分断髄法を施術しました。術後、痛みは全くありません。経過は良好です。
・レントゲンで神経に到達したむし歯がみとめれる
・実際に露髄も確認された
・治療前にズキズキする痛みがあった
これらの所見、症状があっても神経を残すことは可能です。
むし歯は細菌の感染症です。感染により反応とした起こっている炎症で「痛み」を感じますが、痛いからといって、神経を取らなくてはいけない!ということではありません。

指の先に汚れた「棘(トゲ)」が刺さって腫れていたとしましょう。
「腫れている、痛い」といって、指先の神経や指先の一部を取り去るでしょうか?
腫れている原因は「トゲ」、つまり「細菌の感染」なのです。
トゲと取れば、腫れや痛みは自然となくなります。それと同じです。

但し、トゲを指しっぱなし二しておいて、感染が深部にまで進行し、指先の一部が壊死してしまっては話は別でしょう。指先を取らざる得ません。

いずれにしても、早々の治療が負担の少ない治療で治癒が得られることになるのです。