インプラント ブリッジ 費用 (都内港区内幸町新橋虎ノ門日比谷霞ヶ関歯科歯医者)

歯を失い、その後の治療方法に悩まれている患者様が多く、当院には日々多くのご相談をいただきます。そのうちのお1人患者様のご相談に対する回答を供覧させていただきます。お困りの患者様に参考になれば幸いです。

ご相談内容

こんばんは。第1臼歯と第2臼歯が無く、近所の歯科でブリッジを勧められました。保険適用外になると40万と言われました。虫歯ではない隣の歯をあまり削ることなく、安くで済む方法はありませんか?40万は流石に高く、保険適用だと二本は銀歯だと言われ、、どうしたらいいのかわかりません。どうかよろしくお願いいたします。

 

おはようございます。はじめまして、宮崎歯科医院 宮崎と申します。どうぞよろしくお願い致します。ご相談頂きました内容に回答させて頂きます。

実際に拝見していないため、適切な回答とならない場合もございます。あらかじめご理解頂いた上でお読みいただければ幸いです。もうすでにお調べ頂いていらっしゃるかとは存じますが、歯を失った際の治療法についてご説明させていただきます。

抜歯後は、以下の治療法を選択することとなります。

① 入れ歯
② ブリッジ
③ インプラント
④ 移植

この4種類の治療法となります。この度、〇〇さまのご希望に叶う選択肢として考えられ得る治療法は、①か②でしょう。〇〇さまのご希望は以下の通りでよろしいでしょうか。

1)費用を抑える
2)銀歯はさけたい
3)なるべく歯を削らない

歯を失った両隣の歯の状況によりますが、②のブリッジを選択するならば、3)は多少なりとも必要となるかもしれません。最小限に削りかぶせる治療法として、メリーランドブリッジという治療法があります。

メリーランドブリッジについてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/17356

この治療法であれば、費用を抑える効果もございます。ただし、上下のかみあわせが適応症であるかどうかのチェックは必要です。

1)、2)、3)すべての叶える治療法としては、フレキシブルデンチャーという「入れ歯」がございます。費用としては15万円程でしょう(※各医療機関で異なります)。この治療法であれば、銀歯ではなく、削ることもなく、40万円にまでは達しません。ただし、これは取り外し式の入れ歯です。普通の入れ歯に比べて装着感は良いのですが、ご希望に即した治療法かどうかは疑問の余地が残ります。

また、削ることを許容することで白い歯を目指すのであれば、硬質レジン材料を用いたブリッジ治療もございます。こちらは本数にもよりますが、1歯5万円×本数の費用(※各医療機関で異なります)となります。ただし、硬質レジンは白い歯となりますが、やや強度が軟らかく、吸水性があります。長期の使用には不安が残る材料です。

ブリッジ(インプラント治療との比較)についてはこちらをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/16981

費用はかさみますが、「残っている歯を助ける、残っている歯を削らない、残っている歯にひっかけて負担をかけない」という観点からは、インプラント治療が一歩秀でた治療法でしょう。

インプラント治療については以下をご参考ください。

インプラントとは何か?当院からのご説明
https://miyazaki-dentalclinic.com/22112

当院のインプラントサイト
https://miyazaki-dentalclinic.com/11254

 

確かに治療費用は頭を悩ませる大切なことではございますが、こういった治療法を選択する際、一番考えなくてはならないことがございます。それは、「なぜこの歯を抜かなくてはならなくなったのか?」です。原因は何か?その問題を解決できる治療法はどれか?を選択しない限り、せっかく治しても再発してしまうことがあります。

歯の問題は3つだけです。
・むし歯
・歯周病
・かみあわせ(かみしめ、歯ぎしり、はならび)

この3つに対処できる、対抗できる治療法を選択する必要があります。

もしご来院いただけるようであれば、ぜひ一度ご来院ください。拝見すれば、もう少し明確な回答ができるかと思います。受付スタッフに申し伝えておきます、ご予約はお電話いただければ幸いです。03-3580-8110

当院初診の流れについてです。必ずご一読くださいます様お願い致します。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254

すこしでもこの回答が〇〇さんのお役に立てればいいのですが、いかがでしょうか。
治療法は様々です、〇〇さんにとって最善の方法がみつかるといいですね。お困りの際はご連絡ください。
よろしくお願い致します。

以上が当院で回答させていただきました内容です。

インターネットの普及により「様々な情報」を、誰もが自由に得ることができるようになりました。情報には「その情報を流した人の意思」がその背景にあります。

専門的な情報を読み、理解し、判断することは困難を極めます。
歯科に関する情報も同様でしょう。

お困りの際はご相談ください、回答させていただきます。
できれば、一度ご来院頂けると、明確な回答が出来ますので、ぜひいらっしゃってくださいね(^^)